お知らせ 2009年

2009年09月16日 09-PN156

機器の故障からデータを救う!ISS復旧10月1日よりサービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

壊れた機器からデータを復旧する、アイオー・セーフティ・サービスシリーズ「ISS復旧」が10月1日よりサービス開始となります。設置から保守、データの復旧まで、アイオー・セーフティ・サービスは当社製品のご利用をトータルでサポートいたします。
ISS復旧について、詳しくはこちらをご確認ください
ISSについて、詳しくはこちらをご確認ください

機器の故障からデータを救う!ISS復旧

機器が壊れても大事なデータを取り出せる!

ISS復旧はトラブルにより参照できなくなった、弊社NAS製品のデータを復旧するサービスです。万が一機器が故障した場合、大切なデータは失われてしまいます。「ISS復旧」であれば、そうした場合のデータの復旧が可能。失った大切なデータを取り戻すことができます。

こんな場合でも復旧できる!

データ喪失には様々な要因があります。下記のような場合でもデータの復旧が可能!データ復旧のスペシャリストがお客様のデータを復旧します。※状況によっては復旧できない場合もあります。

こんな場合でも復旧できる!

お申し込み手順について

お申し込みの流れは下記のような手順となります。

お申し込み手順について

※復旧をご希望されない場合はそのままご返却、または通常修理(修理のお申込をされている場合)となります。

本サービスのお問い合わせ窓口はこちら

本サービスのお問い合わせ窓口はこちら

価格例

下記は価格の一例となります。破損領域、破損状態によって価格は変動します。

HDD容量 ~99GB 100GB~ 500GB~ 1TB~ 2TB~ 4TB~ 8TB~
論理障害(※1) \250,000 \300,000 \500,000 \550,000 \700,000 \1,000,000 \1,400,000
物理障害(※2) \400,000 \450,000 \750,000 \900,000 \1,150,000 \1,600,000 \2,300,000
※1:論理障害とは誤削除や誤フォーマット等、ハードウェアに問題は無いがファイルにアクセスが不可能な状態です。
※2:物理障害とは電気的、機械的に破損し、機器にアクセスできなかったり、異音が発生したりする状態のことです。
ISS復旧およびアイオー・セーフティ・サービスに関して詳しくは http://www.iodata.jp/iss/ をご確認ください。

【詳細】 ●対象製品:HDL-XRHDL-GTHDL-GTRHDL-GTR2UHDLM-UHDLM-GWINHDL-GXRHDL-GXHDL-F ●申込方法:専用電話番号までお問い合わせください ●注意事項:・ISS復旧は10月1日からのサービス開始となります。 ・ISS保守等、他のサービスに加入していなくても、ISS復旧にお申込み可能です。 ・媒体上の記録状態によっては、データ復旧ができない場合があります。 ・輸送中の事故については関与しません。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】