プレスリリース 2009年

2009年08月19日 09-PR008

安全性を追求したRAID 6対応、新世代LAN接続型ハードディスク
~SOHOから大企業まであらゆるニーズに応えます~

このエントリーをはてなブックマークに追加

型番 JANコード 出荷予定 価格
HDL-XR2.0 4957180078984 9月17日出荷予定 \95,600
HDL-XR4.0 4957180078991 9月17日出荷予定 \138,000
HDL-XR6.0 4957180079318 9月17日出荷予定 \170,000
HDL-XR8.0 4957180085029 受注生産 \285,000
株式会社アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)は、データ転送速度の高速化と耐障害性の向上をはかり、ビジネス用途に最適なRAID(レイド) 6 に対応したLAN接続型ハードディスク「LAN DISK XR(ラン ディスク エックスアール):HDL-XRシリーズ」を発表いたします。本製品は、容量別に2TB(テラバイト)・4TB・6TB・8TB※1 の4モデルをラインアップし、発売開始は2009年9月17日、目標出荷台数は月間約1,500台を予定しております。

LAN接続型ハードディスク「LAN DISK XR」について

本製品は4台の脱着可能なハードディスクを備えた、RAID 6対応の大容量LAN接続型ハードディスクです。高速CPUを搭載し、従来製品(HDL-GTシリーズ)と比較して2倍以上のデータ転送速度の向上を実現。また、パソコンの推奨最大同時接続台数を32台まで拡大し、より大規模なオフィスへの導入を可能としました。

現在主流となっているデータ保護システムRAID 5は、1台のハードディスクの故障時に復旧できるシステムですが、本製品が採用したRAID 6は、2台のハードディスクが同時に故障しても復旧可能なシステムで、よりディスク障害に対する耐性を向上しました。

さらに、「Wake On LAN(ウェイク オン ラン)」と呼ばれるネットワーク経由で電源投入操作をおこなう機能の対応により、停電後の復旧時の電源再投入や、起動後の動作確認等を遠隔地から操作することが可能になり、ネットワーク管理者の負担を軽減します。

【その他の主な製品特長】

1.無停電電源装置(UPS)に対応※2

本製品では、オムロン社の技術協力により、本製品とオムロン社製UPSをUSBケーブルで接続するだけで簡単に以下の連動動作が実現できます。
・入力電源異常などの電源異常が発生した場合、自動的に「LAN DISK XR」をシャットダウンします。
・入力電源が回復し、UPSが再起動すると、自動的に「LAN DISK XR」が再起動します。

2.各種バックアップソフトとの動作を確認

下記のバックアップソフトに対応しておりますので、安心してお使いいただけます。なお、各ソフトウェアの詳細に
ついては、各社へお問い合わせください。
■IBM社「Tivoli Storage Manager FastBack」
■OBC社「BACKUP奉行」
■シマンテック社 「Symantec Backup Exec™ System Recovery ver7.0 , ver8.5」
■ラネクシー社「Acronis True Image」

3.アイオー独自の履歴差分バックアップ方式を採用

バックアップした時点でのファイルやフォルダの構造が日付ごとに丸ごと残るため、世代管理ができます。また、フルバックアップとは異なり、差分データのみが保存されるので、容量が最小で済み、バックアップ時間も短縮できます。

4.フルバックアップを実現する「eSATAミラーリング」※3

フルバックアップを実現する「eSATAミラーリング」

eSATA接続ハードディスクを接続することで、丸ごとシステムの複製(ミラーリング)ができるため、バックアップしておくことで、万一、4台すべてのハードディスクが故障しても、データの復旧ができます。

5.管理者不在時の状態監視サービス「ISS監視」を提供(別途申込が必要)

管理者不在時の状態監視サービス「ISS監視」を提供

ISS監視とは、本製品の動作状態を遠隔監視し、メールにてお客様に定期レポートを送付するサービスです。なお、異常が感知された場合には、お電話などでお知らせし、業務の継続性をサポートします。サービス費用は年間36,000円~となります。

◆HDL-XRシリーズの詳細について
http://www.iodata.jp/product/hdd/lanhdd/hdl-xr/

本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※1:HDDを4台搭載。使用モードにより利用可能容量は異なります。表記容量はストライピングモードとなります。
※2:オムロン社製 USB接続タイプBY50FW/BY75SW/BN50S/BN75Sに対応。オムロンの対応UPSの詳細については、オムロン社ホームページでご確認下さい。
※3:RAID 5/6運用時に設定可能。 

本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口

アイ・オー・データ機器  広報販推部 広報販推課
担当:毘比野(ひびの)・渡辺
TEL:03-6859-1054

本製品に関するお客様の問い合わせ窓口

インフォメーションデスク
TEL:03-3254-1076 / 076-260-3643

会社概要

株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】