お知らせ 2010年

2010年01月27日 10-NR015

コピー制御機能搭載!オフィス外では「データをコピーさせない」セキュリティUSBメモリーが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

USBメモリー「EasyDisk コピー制御Vシリーズ」

「EasyDisk コピー制御Vシリーズ」は、USBメモリーのファイルコピーを制御することのできるセキュリティUSBメモリーです。USBメモリーからのデータ持ち出し、外部のPCからのデータ持ち込みを制限することによって、オフィス内データの漏えいを防ぎます。また、パスワードロック・自動暗号化・ウイルスチェック機能を搭載し、盗難・紛失やウイルスなどの脅威にも対策可能です。

コピー制御ソフトウェアにはアルプス システム インテグレーション社の「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」を採用。管理コンソールの設定によりコピー制御項目やパスワード文字数など、企業ポリシーに則って自由にカスタマイズすることも可能。USBメモリーからの情報漏えいを徹底的に抑止したい企業様に最適なUSBメモリーです。

※ご使用には別売の「InterSafe SecureDevice for EasyDisk 管理コンソール」の導入が必要です。
※本製品は法人様専用の製品となります。

⇒製品の詳細は製品ページをご覧ください。

あらゆる脅威に対策できる最高位のセキュリティUSBメモリー!

データの持ち運びに便利なUSBメモリーには、その利便性の裏に「盗難・紛失」「外部からのウイルス持ち込み」「オフィス外部のPCにうっかりデータを置き忘れる」など、数々の情報漏えいリスクが秘められています。

「EasyDisk コピー制御Vシリーズ」はパスワードロック、自動暗号化、ウイルスチェック機能、そしてファイルコピーの制御機能によりオフィス外での安全なデータ運用を可能にします。

あらゆる状況に対応したコピー制御機能

「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」により、ファイルコピー、印刷、画面のキャプチャなどあらゆる情報漏えい経路への対策が可能です。

保存したデータの行動制限が可能

アルプス システム インテグレーション社様のエンドースメント

ALSI

アルプス システム インテグレーション株式会社は、株式会社アイ・オー・データ機器のセキュリティUSBメモリ「EasyDisk コピー制御V」シリーズに、当社「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」をご採用いただいたことを大変感謝しております。
当社は1990年の創業以来、企業や学校、官公庁に向けWebフィルタリングや内部情報漏洩防止等のセキュリティ製品を提供しておりますが、この度のご採用により、情報漏洩対策の充実を図ることができると共に、製品を通じて各企業様のセキュリティ対策の強化につながるものと確信しております。
当社は今後も株式会社アイ・オー・データ機器と協力し、発展していきたいと願っております。

アルプス システム インテグレーション株式会社 代表取締役社長 麻地 德男

アルプス システム インテグレーション社

【対応機種】 USBインターフェイスを搭載し、インターネット接続環境があるパソコン RoHS
【対応OS】 ●Windows Vista(SP1以降)/Windows XP(SP2以降) ※各OSの32ビット版のみ対応です。
【仕様】 ●インターフェイス:USB 2.0/1.1 ●電源電圧定格:5V(USBバスパワーにて供給) ●消費電流:300mA(最大) ●質量:約11g(梱包時:約19.3g) ●外形寸法:約23.5(W)×58.6(D)×8.8(H)mm ●使用温度範囲:0~45℃ ●使用湿度範囲:10~90%(結露しないこと) ●保証期間:ハードウェア保証(1年間) ●各種取得規格:VCCI Class B、CE、FCC、RoHS指令準拠

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】