新商品情報 2010年

2010年04月28日 10-NR077

ファイルコピーを制御し、情報漏えいを徹底抑止
EasyDiskシリーズの最上位モデル

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWコピー制御機能搭載セキュリティUSBメモリー「EasyDisk コピー制御Vシリーズ」

  型番 JANコード 出荷予定 価格
ED-CCV1G 4957180087849 受注生産 オープン価格
ED-CCV2G 4957180087856 受注生産 オープン価格
ED-CCV4G 4957180087863 受注生産 オープン価格
管理コンソールソフトウェア
SUM-CCV 4957180087900 受注生産 オープン価格

※本ソリューションには管理コンソール「SUM-CCV」の導入が必須となります。
※本製品はカスタマイズを要する個別受注生産品となります。詳しくは当社営業担当にお問い合わせ下さい。
※本製品の購入時には保守へのユーザー登録が必要となります。詳しくは当社営業担当にお問い合わせ下さい。
※本製品は店頭では販売しておりません。

「EasyDiskコピー制御Vシリーズ」は、USBメモリーのファイルコピーを制御することのできるセキュリティUSBメモリーです。USBメモリーからのデータ持ち出し、外部のPCからのデータ持ち込みを制限することによって、オフィス内データの漏えいを防ぎます。あわせてパスワードロック・自動暗号化・ウイルスチェック機能を搭載し、盗難・紛失やウイルスなどの脅威にも対策可能です。
また、管理コンソールの設定によりコピー制御項目やパスワード文字数など、企業ポリシーに則って自由にカスタマイズすることも可能。USBメモリーからの情報漏えいを徹底的に抑止したい企業様に最適なUSBメモリーです。

様々な情報漏えいリスク対策となるコピー制御機能

「EasyDiskコピー制御Vシリーズ」は従来からあった盗難・紛失対策、ウイルス対策に加え、内部データのコピー制限等による強力な情報漏えい対策を施しており、様々な情報漏えいリスクから機密データを守ります。

コピー制御ソフトウェアにはアルプス システム インテグレーション社の「InterSafe SecureDevice for EasyDisk」を採用。ファイルコピー、印刷、画面のキャプチャなどあらゆる情報漏えい経路への対策が可能です。

様々な情報漏えいリスク対策となるコピー制御機能

管理コンソールでUSBメモリーを統括管理

管理コンソール「SUM-CCV」(USBメモリー本体とは別売)にて、「EasyDiskコピー制御Vシリーズ」の仕様を各企業のセキュリティポリシーに従った仕様にカスタマイズできます。また、ファイルアクセスログの取得や使用期限等の設定も可能。あらゆる角度からお使いの「ED-CCVシリーズ」の管理が可能です。
※管理コンソールは導入必須となります。

管理コンソールでUSBメモリーを統括管理
対応OS Windows Vista SP1以降/Windows XP SP2以降 (USBメモリー、管理コンソールとも同様) RoHS
※各OSの32ビット版のみ対応です。 ※OSには最新のサービスパックの適用を推奨します。 ※ユーザー権限で利用する場合は、ドライバソフトのインストールが必要です。 ※管理コンソール「SUM-CCV」をインストールするハードディスクはNTFSでフォーマットされている必要があります。
製品仕様 ●質量 約11g ●質量(梱包時) 約19.3g ●外形寸法 約23.5(W)×58.6(D)×8.8(H)mm ●インターフェイス USB 2.0/1.1 ●電源 5V(USBバスパワーにて供給) ●消費電流(最大) 300mA ●使用温度範囲(℃) 0~45 ●使用湿度範囲(%) 10~90 ●保証期間 ハードウェア保証(1年間) ●各種取得規格 VCCI Class B、CE、FCC ●その他 RoHS指令準拠

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】