お知らせ 2012年

2012年05月16日 12-NR119

ハイビジョン番組がダビングできるハードディスク、
RECBOXがケーブルテレビコンテンツのダビングに対応!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイビジョンレコーディングハードディスクRECBOXが、日本ケーブルラボの定める「ケーブルDLNA運用仕様 JLabs SPEC-020」に対応。最新のファームウェアを適用することで、同規格に対応したSTBから本製品へのハイビジョン番組の録画や、本製品から同規格に対応したブルーレイレコーダーへのムーブ(およびブルーレイディスクへの書き込み)が可能になります。
※最新ファームウェア(ver1.52以降)にしてお使いください。サポートライブラリからダウンロードすることができます。

「JLabs SPEC-020」対応STBからの録画が可能

録画・再生が可能

「JLabs SPEC-020」対応のSTBとネットワークで接続することで、受信したハイビジョン番組の録画が可能になります。録画予約などの操作はSTBのリモコンから行えます。

動作確認済機器(2012年5月16日現在)
パイオニア製:BD-V371、BD-V371L、BD-V301

※当社にて2012年5月16日現在、動作確認を行った機器です。
パイオニア社へのお問い合わせはご遠慮ください。

「JLabs SPEC-020」対応ブルーレイレコーダーへの書き出しが可能

メディアに残して保存できる

録画した番組は、本製品から同じネットワークを通じて「JLabs SPEC-020」対応ブルーレイレコーダーへ書き出し(ムーブアウト)が可能。その後、ブルーレイディスクへ書き出しすることができます。

JLabs SPEC-020とは

一般社団法人日本ケーブルラボにて策定された、DLNA技術を用いたCATV録画再生運用仕様です。CATVの受信機と市販AV機器との相互互換性向上を目的として 策定されました。

対応のRECBOX

アイ・オー・データ機器:HVL-AVシリーズ

※最新ファームウェア(ver1.52以降)にしてお使いください。サポートライブラリからダウンロードすることができます。

このページの情報は発表時点の内容です。案内内容などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】