お知らせ 2012年

2012年07月18日 12-NR168

RHDM-US/EXのサポートソフトがバージョンアップ
iVDR-Sに録画したハイビジョン番組のムーブアウトやコンテンツ操作が可能に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB2.0対応 iVDRアダプター「RHDM-US/EX」

iVDR-Sに録画したハイビジョン番組をパソコンでこだわり編集できる!
iVDR-Sの録画コンテンツを、当社製DTCP-IP Disc Recorderを添付したUSB接続のブルーレイドライブやDTCP-IP/DLNAに対応したサーバーへムーブできる「ネットワークムーブアウト」機能に対応。これまでiVDR-Sに録りためてきた録画コンテンツを、ブルーレイにしたり、「RECBOX」に集めたりできます。
さらに、株式会社ペガシスが現在開発中の動画編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」と組み合わせて使うことで、著作権保護された状態でiVDR-Sに録画されている番組を、世界で初めてパソコンでカット編集することが出来るようになります。

※世界初:2012年5月31日現在、当社調べ。
※iVDR-Sに登録されるすべての動画での編集動作を保証するものではありません。
※iVDR-Sメディア「RMSシリーズ」や動画編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」は別売です。
型番 JANコード 出荷予定 価格
RHDM-US/EX 4957180086712 好評発売中 ¥4,700
サポートライブラリより最新版をダウンロードしてご利用ください。

iVDR-Sの録画コンテンツをムーブできる!

対応ブルーレイドライブや〈レグザブルーレイ〉、RECBOXへムーブ

添付ソフト「iVDR-S Media Server Ver.3」を使えば、iVDR-Sの録画コンテンツをDTCP-IP/DLNAに対応したサーバーへムーブできる「ネットワークムーブアウト」機能に対応。これまでiVDR-Sに録りためてきた録画コンテンツを、ブルーレイディスクへ保存したり、サーバーにコンテンツを集めたりすることができます。
サポートライブラリより最新版をダウンロードしてご利用ください。

ブルーレイでライブラリ化できる

iVDR-Sに保存された番組は、パソコンを使って当社製ブルーレイドライブ「BRD-U8DM」「BRP-U6DM」などを使って、ブルーレイやDVDにムーブすることができます。お気に入りの番組を編集して自分だけのこだわりのコレクションをつくることができます。

iVDR-Sに録画した番組をブルーレイにムーブしてライブラリ化!

さらに便利に使える機能が充実!

iVDR-Sの録画コンテンツのタイトル編集や削除もできる!

「iVDR-S Media Server Ver.3」には、コンテンツの管理のための操作用ユーザーインターフェイス画面を新設。
録画コンテンツのタイトル編集や削除が、出来るようになりました。

他にもDiXiM Digital TV iVDR EditionのiVDR接続後の自動起動に対応するなど、より便利で使いやすくなりました。
詳しくは、RHDM-US/EX製品ページをご確認下さい。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】