お知らせ 2012年

2012年09月27日 12-NR218

〈レグザ〉 Z7シリーズ用 大容量ハードディスクを開発中

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムシフトマシン対応ハードディスク「AVHD-ZRシリーズ」

2012年9月27日に株式会社東芝よりリリースされました東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉Z7シリーズに対応した外付けUSBハードディスク「AVHD-ZRシリーズ」を2012年12月出荷に向け、鋭意開発していることを発表します。

「AVHD-ZRシリーズ」はタイムシフトマシン用として内蔵ハードディスクを2台、通常録画用としてカセットタイプ(挿抜式)のハードディスクを1台、合計3台のハードディスクを搭載しました。
各ハードディスクはZ7シリーズとUSBケーブルで接続することによってご利用いただけます。

合計7TBのハードディスクを搭載した「AVHD-ZRC7」であれば、内蔵ハードディスクに、約120時間(地上デジタル放送6チャンネル分)、カセットタイプのハードディスクに、約120時間(地上デジタル放送1チャンネル分)の番組を録画することが可能です。
 

製品イメージ

AVHD-ZRシリーズ ラインアップ(予定)

型番 AVHD-ZRC5 AVHD-ZRC7
容量(タイムシフトマシン用/通常録画用) 4TB/1TB 6TB / 1TB
タイムシフトマシン一時保管可能時間※ 約80時間 約120時間
通常録画可能時間
[地デジ(17Mbps)/BS・110度CS(24Mbps)]
約125時間/約88時間 約125時間/約88時間

※地デジ(17Mbps)を最大6チャンネル一時保管した場合。

AVHD-ZRシリーズ 主な特長

AVHD-ZR背面図イメージ

・縦置き・横置き両対応
・24時間録画に最適な高信頼性AVHDDを採用(タイムシフトマシン用のみ)
・録画容量が簡易に追加できる、カセットタイプのハードディスクを採用
・電源ユニット内蔵(ACアダプターレス)
・大口径冷却FAN装備
・横幅215mmのコンパクト設計
【サイズ】
 215(W)×189(D)×70(H)(mm)※横置き時・突起部含む
 

※デザイン、仕様などは予告なく変更となる場合がございます。

カセットタイプのハードディスクは、オプション品として別途販売を予定。録画容量がいっぱいになってもビデオカセット感覚で簡単に交換することができるのでとても安心です。

カセットハードディスクの使用イメージ

大容量ハードディスクでもかんたんにライブラリ化でとっても便利!

当社は、「AVHD-ZRシリーズ」で、〈レグザ〉のタイムシフトマシンを最大限に活用する大容量ハードディスクと、容量を手軽に増やすことができる利便性を、お客様にご提供します。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・外観・動作環境などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】