プレスリリース 2012年

2012年05月31日 12-PR005

アイ・オー・データがiVDRでのハイビジョンコンテンツ販売ビジネスに参入

このエントリーをはてなブックマークに追加

~大容量のカセットHDDで高画質・長時間コンテンツの提供が可能に~

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:細野 昭雄)は、iVDRメディアを利用したハイビジョンコンテンツの販売を開始します。
カセットハードディスクであるiVDR-Sを利用することにより、著作権保護技術「SAFIA」を利用したコンテンツ保護を備えたこれまでにない高画質なハイビジョンコンテンツ流通を可能とし、高い利便性を実現いたしました。
本展開に必要となる新型iVDRプレイヤーと共に7月上旬の出荷開始を予定しております。

詳細
Get ADOBE READER
印刷に適したPDF形式の文書を掲載しています。閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口

アイ・オー・データ機器  営業統括部 広報販推課
担当:佐藤・渡辺
TEL:03-6859-1054

本製品に関するお客様の問い合わせ窓口

インフォメーションデスク
TEL:0120-777-618

会社概要

株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】