お知らせ 2015年

2015年01月21日 15-NR009

LAN DISK Hシリーズが機能アップ
「クローン機能」によるバックアップで万一の時の復旧をサポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

LAN DISK Hシリーズ クローン機能のご紹介

LAN DISK Hシリーズに新たなデータ保守機能「クローン機能」が新登場。
その名の通り、使用しているNASのデータ保存だけでなく、システム設定情報も保存したクローンを作成することで、万一の時も自動切り替えや設定情報の復元を行い、復旧にかかわる工数を大幅に削減いたします。

LAN DISK Hシリーズ2台を使ったマスター・スレーブ構成や、バックアップ用USBハードディスクでの構成もあり、求める機能やコスト、データ容量によりお選びいただけます。

※ 本機能はファームウェア1.04以降よりご利用いただけます。
※ 事前に本機能を使用するLAN DISK Hシリーズに「レプリケーション(Ver. 1.03 以降)」、「クローン」パッケージ(ともに無償)を追加する必要があります。

クローン機能に対応したLAN DISK Hシリーズラインアップは以下の通りです。
HDL6-HシリーズHDL2-HシリーズHDL2-H/TMシリーズ

クローン機能でできること

データだけでなく設定情報も保存できる!

万一NASが故障してしまった時、バックアップをとっていればデータは保全されますが、バックアップからデータを戻すのに時間がかかり、その間業務が止まってしまいます。また、故障したNASの情報を新しいNASに設定し直したりと、その負担は非常に大きくなります。

今回新たに追加された「クローン機能」では、データだけでなくシステム設定情報も保存します。NASを2台利用して「クローン」を作っておくと、NASに障害が発生しても、クローンに保存されたデータと設定情報で短時間で復旧することができ、ダウンタイムの短縮や、管理者の負担を軽減することができます。

<LAN DISK Hシリーズを使ったマスター・スレーブ構成の場合>

クローン機能でできること

※ 以下の内容以外全て保存が可能です。
RAIDモード(暗号化設定含む)、NarSuS設定、管理者設定、追加パッケージの設定(ただしクラウド同期パッケージ、FTPパッケージ、AppleShareパッケージは保存対象)

全フォルダーをクローン先に一括保存できる

レプリケーションやUSBハードディスクを使ったバックアップの場合、データ保存をしたいフォルダーは個別に設定する必要がありますが、クローン機能の場合、全フォルダーを対象としてクローン先にも同じデータを保存します。

全フォルダーをクローン先に保存できる

求める機能やコストにより選べる構成例

LAN DISK Hシリーズ同士なら「自動切替」に対応!ダウンタイムを大幅短縮

■LAN DISK Hシリーズ同士でのマスター機・スレーブ機構成の場合
データはマスター機からスレーブ機へリアルタイムにレプリケーションされ、設定情報はマスター機に変更があると、その都度スレーブ機へ転送されます。

[自動切替設定]を行った場合、スレーブ機からマスター機へ定期的に死活監視パケットが送られます。もし故障などでマスター機から一定時間応答がない場合、スレーブ機がマスター機に自動で切り替わります。クローン機能では、データだけでなく設定情報もクローン先であるスレーブ機に保存されますので、スレーブ機がマスター機に昇格して、早期の業務復旧が可能です。

マスタースレーブ構成

※ マスター機とスレーブ機は、LAN DISK Hシリーズであれば同じ商品である必要はありません。
(HDL6-HシリーズとHDL2-Hシリーズの組み合わせも可能)
※ スレーブ機のデータボリュームサイズがマスター機以上である必要があります。

USBハードディスクにもクローン保存!ローコストに安心感UP

■LAN DISK Hシリーズとバックアップ用USBハードディスクによる構成の場合
クローン元のLAN DISK Hシリーズの設定情報は暗号化されてクローン先のUSBハードディスクに保存され、データはLAN DISK Hシリーズの履歴差分バックアップ機能により保存されます。

万一LAN DISK Hシリーズに障害が発生したときは、新しいLAN DISK Hシリーズにクローン先のUSBハードディスクを接続し、データと設定情報の復元を行うことにより復旧します。データを復元するのに容量に応じた時間が掛かりますが、設定情報の復元も手間無く行うことができ、低コストで備えることが可能です。

USBHDDの構成

※USBハードディスクの容量がLAN DISK Hシリーズ以上である必要があります。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
2015年1月21日の発表時、本ページに記載しておりました、クローン機能に必要なファームウェアのバージョンに誤りがございました。2015年1月21日現在、訂正済みです。謹んでお詫び申し上げます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】