お知らせ 2015年

2015年10月14日 15-NR110

有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス」が
「LAN DISK Hシリーズ」の上位容量交換に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス」

この度、有償保守サービス「アイオー・セーフティ・サービス(ISS)」の対象範囲を拡張し、ビジネスNAS「LAN DISK Hシリーズ」について、上位容量にカートリッジ交換を行った場合でも保守対象とすることができるようになりました。
「LAN DISK H シリーズ」では、「拡張ボリューム」をご利用の場合(※1)、運用を止めることなく内蔵カートリッジを上位容量に交換する事ができます。
従来のISSでは、出荷時のハードウェア構成のみを保守対象品とし、上位容量への交換後は保守対象外としておりましたが、今回、ISS対象範囲を拡張することにより、「LAN DISK Hシリーズ」の上位容量交換後も、安心してご利用いただくことが可能となりました。
※1 出荷時は「拡張ボリューム」に設定されております。

対象商品

シリーズ名 型番 備考
対象のNAS商品
LAN DISK Hシリーズ※ HDL6-Hシリーズ 6ドライブモデル
HDL4-HEXシリーズ 4ドライブモデル
HDL2-Hシリーズ 2ドライブモデル
HDL2-H/TMシリーズ 2ドライブモデル(ウイルス対策機能搭載)
HDL4-HRシリーズ 4ドライブラックマウントモデル
入れ替え対象となる交換カートリッジ
LAN DISK Hシリーズ用
交換カートリッジ
HDLOP-Hシリーズ
HDLH-OPRシリーズ

※ただし、拡張ボリュームでのご利用の場合に限る

入れ替え登録について

上位容量交換を行った「LAN DISK Hシリーズ」をISSの対象とするためには、ISS管理ページにて「上位容量交換入れ替え登録」を行う必要があります。
スロットから取り出したカートリッジと、上位容量への交換用にご購入いただいた交換カートリッジのシリアル番号の組み合わせを「入れ替え登録」ページ内で入力してください。

ISS管理ページログインはこちら

注意事項

・取り外したカートリッジは、保守サービスの対象外となります。
・入れ替え対象となる交換カートリッジは、NAS本体に搭載されたカートリッジのみとなります。外付けハードディスク等、NAS本体以外の機器はサービス対象外となります。
・入れ替え対象となる交換カートリッジは、単品販売の新品のみとなります。他の環境で利用していたものや中古品、他のNASに内蔵されていた交換カートリッジはサービス対象外となります。
・入れ替え登録後、取り外したカートリッジを保守対象に戻すことはできません。
・NAS商品本体のISSへのご登録は「入れ替え登録」の前に行ってください。
・入れ替え登録を行った交換カートリッジのISS保守サービス期間は、NAS本体のサービス期間と同一となります。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】