お知らせ2016年

2016年3月2日 16-NR024

fidata「HFAS1」がアップデートでUSB-DAC接続に対応!
接続するDAC次第でDSD11.2MHzに対応&ギャップレス再生も可能なネットワークプレーヤーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

fidata

オーディオブランド「fidata」のネットワークオーディオサーバー「HFAS1」がバージョンアップ!
高性能なUSB-DAC接続に対応し、本商品1台でOn Device Playlistやギャップレス再生に対応した高機能プレーヤーとしてお使いいただけるようになりました。
最新ファームウェアVer.1.20にアップデートしてご利用ください。

fidata「HFAS1」とお好みのUSB-DACを組み合わせてプレーヤーに!

ファームウェアVer.1.20適用後、USB Audio Class 2.0に対応した動作確認済みUSB-DACを本商品のUSBポートに接続するだけで、ネットワークオーディオプレーヤーになります。単体USB-DACはもちろん、お使いのCDプレーヤーやヘッドホンアンプなどのUSB-DAC内蔵機器を組み合わせることで、最新のハイレゾミュージックを使いやすいネットワーク操作でお楽しみいただけます。

fidata「HFAS1」とお好みのUSB-DACに合わせてプレーヤーに!

お使いの機器を使って、ネットワークオーディオが楽しめる

資産活用!お好みの音でネットワークオーディオが楽しめる

単体USB-DACはもちろん、お手元のCDプレーヤーやヘッドホンアンプ等にUSB-DAC機能が搭載されていれば、お気に入りのオーディオ機器の音でネットワークオーディオが楽しめます。これまでネットワークオーディオに躊躇していた方にとって、ネットワークオーディオサーバーとプレーヤーをひとまとめにご導入いただけます。

組み合わせ自由

PCM最大32bit/384kHz、DSD最大11.2MHzのUSB出力に対応

PCM最大32bit/384kHz、DSD最大11.2MHzのUSB出力に対応

ネットワークオーディオプレーヤーとしても洗練された機能を提供します。ハイレゾ対応は現在のスタンダードを網羅。PCMは最大32bit/384kHz、DSDもDoP(DSD Audio over PCM Flames)による最大11.2MHzまでのネイティブ出力に対応(※1)。高音質な音源をお楽しみいただけます。

※1 再生性能はUSB-DACに依存します。
出力可能フォーマットは2016年3月2日時点の仕様です。

プレーヤー機能は「OpenHome」「DMR」の2モードをサポート

プレーヤー機能は、OpenHomeとDMRの2つのモードを備え、設定画面上でモードを切り替えることができます。

・OpenHomeモード
OpenHome Mediaに対応したコントローラーアプリがご利用いただけます。

・DMRモード
DLNA互換のDMC(Digital Media Controller)アプリがご利用いただけます。

HFAS1にプレイリストを記憶できる!On Device Playlist

OpenHomeモードでは、本商品上にプレイリストを記憶するOn Device Playlistに対応。コントローラーアプリで作成したプレイリストはHFAS1に記憶されるため、再生中にコントローラーアプリを終了しても、本商品はプレイリストに従って再生し続けます。また、本商品の電源をオフにしてもプレイリストを保持します。

ギャップレス再生に対応

ギャップレス再生に対応

OpenHomeモードでは、曲間を無音時間なしに継ぎ目なく再生するギャップレス再生に対応。ライブ音源など、継ぎ目のないアルバムの再生に最適です。

※対応ファイル形式は .wav .aiff .m4a(alac) .flac .dsf .dffとなります。
※ファイル形式、量子ビット数、サンプリングレートが同一の曲間のみ
※11.2MHzのDSDはギャップレス再生ができません。(2016年3月現在)

ファームウェア・アップデートについて

インターネットに接続されている場合、アップデートができる状態になると電源ランプがオレンジに点灯します。その状態で本商品の電源を切ると最新ファームウェアに更新されます。

オフラインでアップデートする場合は、ダウンロードページに掲載のマニュアルをご確認ください。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】