Serial ATA III対応 最大転送速度600MB/s 内蔵ハードディスクHDI-SAシリーズ 仕様

仕様書印刷
画像

HDI-SAシリーズ 正面

※商品写真はイメージです。実際の外観とは異なる場合があります。
HDI-SAシリーズ 「HDI-SAシリーズ」は、Serial ATA III対応、最大転送速度600MB/s(規格値)の高速転送を実現した内蔵型ハードディスクです。7,200rpmの高速ドライブを採用し、Serial ATA IIIのアクセス最適化技術「NCQ(ネイティブ・コマンド・キューイング)」対応でデータの読み書きを効率よく行えます。
また、「HD革命/CopyDrive4 Lite」など便利なソフトを標準添付。環境移行もラクラク行えます。

HDC2-Uシリーズ、HDL2-Gシリーズ、HDL4-Gシリーズ、HVL4-Gシリーズをご使用の方はこちら

対応メモリー検索
PCメーカー
タイプ
発売年
機種・モデル名

(一部のみ入力も可能)

商品型番
  • ※「機種・モデル名」は PCの型番・モデル名は半角で入力してください。一部のみ入力も可能です。
  • ※商品ご購入前のお問い合わせについては「インフォメーション デスク」をご利用ください。

添付品

添付品 取付ネジ、Serial ATAケーブル(約50cm)、サポートソフト(CD-ROM)
添付ソフト ・HD革命/CopyDrive4 Lite(※1)
・Partition EX Lite(※1)
・DiskRefresher LE for HDD(※1、2)

※1 添付ソフトは、Windows Serverには対応しておりません。
※2 Windows上で作成した起動ディスク(別途フロッピーディスクが必要です。)からの実行となります。

対応機種

対応機種 DOS/Vマシン
動作環境 ・Serial ATAインターフェイスを搭載している機種。また、それに本製品を接続できること。
・本体BIOSが対応している場合、別途Serial ATAインターフェイスを増設していただくことでご使用いただけます。(当社製 SA-PCI/2R推奨)
※NCQを利用するには、NCQ対応の機種・マザーボードまたは、Serial ATA II以上のインターフェイスが必要です。
・PC本体が本製品の容量に対応していること。
・パソコン本体に内蔵増設が可能な空きスペースがあること。
・Serial ATAインターフェイスやBIOSの設定については、インターフェイスまたは、パソコン本体の取扱説明書をご確認の上、お使いのメーカーにお問い合わせください。

対応OS

対応OS Windows 10(※1)/Windows 8.1(※1)/Windows 8(※1)/Windows 7/Windows Vista SP1以降(32ビット)/Windows XP SP2以降(32ビット)/Windows Server 2003 R2(※)/Windows Server 2003(※)/Windows Server 2008(※)/Windows Server 2008 R2(64ビット)(※)
備考 ※ 添付ソフトは、Windows Serverには対応しておりません。
※1 添付ソフト「Disk Refresher LE for HDD」は対応しておりません。

仕様

型番 HDI-S1.0A7 HDI-S2.0A7
容量 1TB 2TB
消費電力(typ) 8W 10W
グリーン購入法基準 適合 適合
エネルギー消費効率(W/GB) 区分:B 0.0050 区分:B 0.0027
※エネルギー消費効率とは、省エネルギー法で定める測定法により測定した消費電力を省エネルギー法で定める記憶容量で除したものです。
質量 約720g
質量(梱包時) 約940g
ディスク回転速度 7,200rpm
転送速度(規格値) Serial ATA III:600MB/s 
電源 PCより電源供給
使用温度範囲 5~35℃
使用湿度範囲 20~80% ※結露なきこと
保証期間 1年保証
各種取得規格・法規制 RoHS指令準拠、グリーン購入法
備考 ・本製品にはインターフェイス、5インチベイ金具、電源ケーブルは添付されておりません。
・環境移行には、ハードディスクを 2台取付けられる環境が必要です。
・起動用HDDとしてご利用いただけますが、当社および本体メーカーではOSの再セットアップについてのサポート、保証はいたしかねます。
・ユーザー登録やソフトウェアダウンロードなどの際に、製品のシリアル番号が必要になります。
・対応外機種:SONYバイオ VGC-RAxxシリーズ
HDC2-U1.0、HDC2-U2.0、HDC2-U3.0をご使用の方はこちら

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】