有線ルーター(省電力モデル)ETX2-Rシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

ETX2-R

「ETX2-Rシリーズ」は、インターネットへの接続設定がCD-ROM不要でカンタンにできるブロードバンドルーターです。 商品をつないでブラウザーを起動するだけで、自動で回線の判別が完了。初めての方でも安心です。

また、アイドル時に自動で消費電力をカットする「EEE技術」を採用。さらに、ポートの使用状態を判別して電力を低減することで無駄な電力を節約する、がっちり節電モデルです。
ブロードバンドルーターは、一度設定すると割と長く使うもの。だからこそ、意識せずに節電ができる本商品がオススメです。

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ETX2-RA 4957180119229 ¥4,400   詳細
ETX2-R 4957180103662 -   ¥3,100   詳細  2015/7/1生産終了 2013/1/9価格改定  後継品ETX2-RA
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

回線自動判別でかんたん接続

接続したパソコンからブラウザーを起動するだけで、インターネットの接続が完了!難しい設定が不要なので、初めての方でも安心です。
フレッツなどのPPPoEでも設定画面にユーザー名とパスワードを入力するだけで設定が完了します。

インターネットにつなぐだけのかんたん接続!

がっちり節電の省電力モデル

ブロードバンドルーターは、一度設定すると割と長く使うもの。だからこそ、意識せずに省エネできるかっちり節電モデルの本商品がオススメです。

EEE(Energy Efficient Ethernet)技術採用!

EEE(Energy Efficient Ethernet)技術ロゴ画像

本商品は、データが流れていない待機時に消費電力を抑えるEEE(Energy Efficient Ethernet)技術を採用し、LANポートにケーブルを挿したままの状態でも、待機時の消費電力を最大約23%抑えることができます。
※LANケーブルで接続された機器同士がEEE(IEEE802.3az)に対応している必要があります。

待機時消費電力比較

<測定環境>
・電力測定器:YOKOGAWA WT110
・交流電源:エヌエフ回路設計ブロック EC1000S
<測定方法>
・全ポート100BASE-TXで接続
・100mのLANケーブルを使用して測定
・装置システムとしての電源/電圧はAC100V/60Hz

使用状態を自動判別して電力消費を抑える

ポートの使用状態を判別して電力を低減することで、「無駄な」電力を節約します。

一般のご家庭では、時間帯によってはパソコンがほとんど使われることがありません。ポートが使われていない時間帯に電力を抑えることで、「省エネ」な環境を提供いたします。

リンク速度に応じて段階的に消費電力を抑える!/リンクダウンしているポートを検出し余分な電力をカット!

省エネ法基準の記載に 誤記がございました。
詳しくは、以下お知らせをご参照いただきますようお願いいたします。
ブロードバンドルータ「ETX2-R」パッケージ表示誤記修正のお知らせとお詫び

高速スループットで快適!

実測FTP約95Mbps、PPPoE約94Mbps

  • FTPによる実測で「約95Mbps」のスループットを発揮します。(PPPoE実測値約94Mbps)
  • Bフレッツ、フレッツADSLモアや、Yahoo! BB 50Mなど高速なブロードバンド回線にも十分対応します。
    スループット測定環境

外出先から自宅ネットワークを利用できる!

「VPNリモートアクセス」で自宅のNASなどにアクセス!

「VPNリモートアクセス」を利用して、外出先から自宅のネットワークへ接続して、NASに保存された文書を開く、音楽や動画ファイルにアクセスしたり、Windows PCのリモートデスクトップ機能で自宅PCを操作することができます。
外出先からでも、自宅のネットワーク内に存在しているような環境を手軽に構築できます。WindowsやMac、iPhoneやiPadなどでも標準で搭載されている「PPTP」を採用しているため、セキュリティ面でも安心してVPNリモートアクセスをご利用いただけます。

VPNリモートアクセスで自宅のネットワークにカンタン接続!

VPNリモートアクセス対応OS
●Windows 7(32・64ビット)/Windows Vista(32ビット)/Windows XP(SP3以降)
●Mac OS X 10.6~10.9 ●Android 2.3~4.4 ●iOS 4.3~7
※VPNリモートアクセスをご利用の場合は設定画面で設定変更が必要です。詳しくは画面で見るマニュアルをご覧ください。
※VPNリモートアクセスを利用して外部よりアクセスする場合、各ネットワーク機器の名前ではなく、ローカルIPアドレスを使用します。

フィルタリング機能搭載

悪質サイトブロック ファミリースマイル

悪質サイトをブロックする「ファミリースマイル」は不適切なサイトの閲覧を制限し、安心してインターネットを利用できるフィルタリングサービスです。ルーターに接続される機器をまとめてフィルタリングするので、各機器毎にフィルタリングソフトのインストールなど不要!管理もカンタンかつ費用面でもオトクです。ルーターに接続されるパソコン、ゲーム機、デジタル家電等、家族みんなが安心してインターネットをお使いいただけます。 

※インターネット接続がブリッジ接続(ルーター機能無効)になっている場合はご利用いただけません。
※URLリストは、携帯電話キャリアで採用されているアルプスシステムインテグレーション株式会社のURLリストを使用しています。
※ファミリースマイルはファームウェア1.10以降でご利用いただけます。
※ファミリースマイル機能を有効とした場合、フィルタリング動作のためにインターネット接続速度(スループット)が低下します。

フィルタリングルール例

フィルタリングで安心インターネット
フィルタリングの詳細について特集ページをチェック!

2ヶ月間無料で利用できる!

利用開始日から2ヶ月間無料でご利用いただけます。無料期間以降は更新用ライセンスを直販サイト「アイオープラザ」にてご購入の上、ご利用ください。
※2015年2月現在年額2,037円(税込)

更新ライセンスのご購入はこちら
直販サイト「アイオープラザ」

その他搭載している様々な機能

ルーターの状態をランプでお知らせ

ルーターにとって最も重要なインターネットの接続状態に加え、ファームウェアの更新情報も専用の「お知らせランプ」で通知。さらに、設定画面を開くことで、詳細な情報を表示します。

ルーターの状態をランプでお知らせ

IPv6パススルー機能搭載

IPv6通信を利用したひかりTVなどの映像配信や、フレッツ・v6アプリ、フレッツ・ドットネットなどの各種サービスをご利用いただけます。

IPv6パススルー機能搭載

ダイナミックDNSサービスを無料で利用できる!

自宅のサーバーを公開するときに便利なダイナミックDNSサービス「iobb.net」が無料でご利用いただけます。アイオーのダイナミックDNSサービス[iobb.net」は、変化するIPアドレスに「***.iobb.net」というユーザー毎の名称をつけ、会社や外出先からのリモートアクセスを容易にする無償サービスです。

リモートアクセスを簡単にするiobb.net

壁掛けにも対応!

壁への取り付け方の図

商品背面にある「壁掛け穴」に別途、ネジを用意して取り付ければ、壁に取り付けることも可能です。

※ネジは同梱していません。右の図の様なネジを2本ご用意ください。
※ネジ面から壁面までは約5mm空けます。
※ネジとネジの間は105mm空けます。
※石こうボードなど、中空の壁に取り付ける場合は、それぞれの壁に対応したボードアンカーやボードプラグを使用して、ネジ止めを行ってください。

ブロードバンドルーターに求められる、様々な機能に対応

以下一覧にあるようなブロードバンドルーターに求められる様々な機能に対応しています。

機能名 機能説明
SPI 内部から要求があったデータだけを通過し、要求がない外部からのアクセスは自動で遮断します。複雑な設定は不要で効果的にセキュリティを高めます。
DoS攻撃防御 大量の接続要求を送りつけることでルーターやネットワークの機能を奪う。
DHCPサーバー LAN側に接続した機器のIPアドレス設定が自動で行われます。(最大253台)
ポートの解放
(最大10エントリー)
サーバーの公開やネットワークゲームで使用します。
DMZホスト
IPsecパススルー LAN内のPCからインターネット側のVPNサーバーへの接続ができます。
PPTPパススルー
L2TPパススルー

VCCIマークは安心のあかし

VCCIマーク

本商品は「VCCI クラスB」適合商品です。
本商品から発生する電波(妨害波)により、テレビ画像の乱れやラジオの雑音、コンピューターで制御されている装置の誤動作など、他の機器に悪影響を与えないよう設計・製造し、機器から発生する電波(妨害波)が許容範囲に収まっていることを確認しています。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】