目に優しい「ブルーリダクション」機能

     

液晶ディスプレイでブルーライトを低減する新発想「ブルーリダクション」

パソコンで作業をする際に目の疲れの原因と言われるブルーライト。専用のメガネをかけたり、ディスプレイにフィルムを貼ったりといった対策が一般的ですが、「ブルーリダクション」機能はディスプレイ自体でブルーライトを低減させるという新しい発想の機能です。さらに簡単なボタン操作で調整できるので、手軽に利用することができます。
※本機能を適用することで青色成分をカットすることになるため、画面全体が黄色がかって見えるようになります。
※ 画面はイメージです。画面を分割して、ブルーリダクション機能を使用することはできません。

液晶ディスプレイでブルーライトを低減する新発想「ブルーリダクション」

●ブルーライトとは・・・
ディスプレイから発せられる青色光のことを指し、目の疲れの原因であるだけでなく、長時間あびることで体内時計を狂わせる作用があると言われています。
ブルーライトとは

5段階でブルーライトカット率を調節できる!

メガネやフィルムと異なり、低減率を5段階で調節できます。
デザインやWEBなど色味が気になる作業では強度を弱く、エクセルやワード文書などの編集作業では強度を強く設定するなど、作業内容に合わせて調整することが可能です。
また、1台の液晶ディスプレイを複数名で利用するときも、利用者に合わせて調整できるので非常に便利です。  

5段階でブルーライト低減強度を調節可能

最大約50%カットできる!

ブルーライト低減効果
青色グラフ:ブルーリダクションオフ時
[測定環境]
●画面解像度:3840×2160
●リフレッシュレート:60Hz
●画面表示:白色全画面
●輝度設定:出荷時設定
[測定対象機]LCD-M4K282XB
[測定機器]コニカミノルタ製分光放射輝度計CS-2000

ボタン操作でブルーライト低減を簡単切り替え!

ボタン操作でブルーライト低減を簡単切り替え!
フィルムは、はがさないとOFFにはできませんが、「ブルーリダクション」機能は、ダイレクトメニューの操作でON/OFFできます。

こんなシーンで便利!

作業の内容でブルーライトカットを調節

デザインやWEBなど、色味が気になる作業ではブルーリダクションをOFFに。文書や資料作成などは、ブルーリダクションをONにし、1~5段階で設定を変更できます。  

作業の内容でブルーライトカットを調節

1台を共有するときにも便利!

家庭で1台のディスプレイをみんなで使う際に、使う人にあわせて簡単に設定を変更できるので家族分のメガネなど不要です。  

1台を共有するときにも便利!

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】