ミュージックサーバーとして楽しむ

「たくさん持っている音楽データを、自分のパソコン以外でも利用したい」という時には、LAN DISKの「iTunesサーバー機能」がオススメです。iTunesを起動すればiTunesのミュージックサーバーとして認識されるので、音楽の保存先をLAN DISKに設定するだけで、ネットワーク上のどのパソコンからでも、お気に入りの音楽を楽しめます。
※iTunesを最新バージョンにアップデートしてご使用ください。

対応機種:HDL2-ART、HDL-ART

だれでも簡単!すぐに使えるiTunesサーバー機能

iTunesを起動すると、LAN DISKが共有フォルダとして認識されますので、iTunes上でLAN DISK内の楽曲が楽しめます。

iTunesの保存先をLAN DISKにするには

1)iTunesの設定をする

iTunesの設定を開き、「詳細」タブを選びます。 「iTunes Musicフォルダ」の「変更」ボタンをクリックします。

2)データ保存先を変更する

「マイネットワーク」のLAN DISKを選びます。
これで保存先がLAN DISKに設定されました。今後はLAN DISKに音楽データが保存されます。

3)音楽データをLAN DISKにまとめる

さらに、「ライブラリの統合」を行えば、設定変更前に保存されていたデータもLAN DISK上にまとめることができます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】