レプリケーションソフトウェア「arcserve RHA」LDOP-SW/Aシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

LDOP-SW/Aシリーズ

バックアップソフト「arcserve Replication/High Availability(RHA)」は、災害や人的トラブルなど、万が一の事態に備え、NASを使った遠隔地レプリケーションに最適なソフトウェアです。
セットでご購入いただいたNASのバックアップ、またはレプリケーション環境の構築にご利用いただけます。

※別売の対応LAN DISKとの同時購入が必要となります。(対応LAN DISK一覧はこちら
※シングルサーバーレプリケーションでは遠隔地レプリケーションには対応しておりません。

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
arcserve Replication
LDOP-SW/ASR 4957180107837 オープン価格   詳細 受注生産
arcserve High Availability
LDOP-SW/ASH 4957180107844 オープン価格   詳細 受注生産
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

組み合わせで購入できるLAN DISK専用レプリケーションソフト

LAN DISK専用レプリケーションソフト

LDOP-SW/AシリーズはLAN DISKと組み合わせてご利用いただくレプリケーションソフトです。
単体でのご購入はできません。必ず対象LAN DISKと同時にご購入ください。

※ 本商品には当社での1年間の専用サポートが付属しています。
※ 本商品にはメディアは付属しておりません。
※ 対象LAN DISK1台につき、本番サーバー用と複製先サーバー用として最大2本までご購入が可能です。用途に応じたライセンス必要数は組み合わせ例よりご確認ください。
※ 対応LAN DISK一覧はこちらからご確認ください。

専用サイトからのダウンロードで使用可能!

ご購入いただいたNASと本商品のシリアル番号を使用し、アイ・オー・データ会員専用サイト「IOPortal」よりソフトウェアライセンスキーとソフトをダウンロードいただきます。

専用サイトからのダウンロードで使用可能!

※「IOPortal」への接続はインターネット環境が必要です。
※「IOPortal」ご利用の際はユーザー登録をしていただく必要があります。

専用回線による一括サポートを実現

当社専用回線によるNASとソフトウェアの一括サポートが受けられます。お客様でのNASとソフトウェアの障害切り分けは不要です。
初年度無償対応で、以後は有償サポートパックの導入が必要です。

有償サポートバック 型番:SUP-LDOP-A1

※ ソフトウェアおよびサポートのご利用にはアイ・オー・データ会員専用サイト「IOPortal」への登録が必要です。

万が一のデータ損失を防ぐファイルサーバー専用レプリケーションソフト

レプリケーション

LDOP-SW/Aシリーズはarcserve RHAのバンドル専用OEM品です。
arcserve RHAは、稼働中の本番サーバーのデータを、ほぼリアルタイムで複製先サーバーに複製するソフトです。ファイルサーバーのバックアップ、またはレプリケーション環境を構築することができます。災害や人的トラブルなど、万が一の事態に備え、NASを使った遠隔地レプリケーションで既存サーバーのバックアップ強化が可能です。

遠隔地レプリケーションに対応

一カ所だけにデータを保持するのでなく、元データとは物理的に離れた場所にバックアップを持つことで、大規模災害等により拠点が機能しなくなった場合も、遠隔地にあるバックアップから速やかにデータを復旧し業務を再開できます。
離れた場所に複数の営業拠点を持つ場合は、各拠点のNAS同士でインターネットを経由し保存データを同期することが可能です。

性能で選べる2タイプをご用意

スイッチオーバー(自動切替)機能付き上位モデル (LDOP-SW/ASH)

レプリケーション機能に加え、スイッチオーバー(自動切替)機能が追加された上位モデルです。障害発生時には管理者による復旧作業を待たずして自動で複製先サーバーに切り替えることができ、各ユーザーもサーバーの切り替えを意識することなく利用し続けることができます。

スイッチオーバー付きのレプリケーション(CA arcserve High Availability)

コストを抑えたスタンダードモデル (LDOP-SW/ASR)

ファイルサーバー専用レプリケーションソフトです。障害発生時には管理者がユーザーに通知を行い、手動で複製先サーバーへ接続先を変えることでメインサーバーで行っていた業務を継続することが可能です。

通常のレプリケーション(CA arcserve Replication)

用途に応じた組み合わせ例

arcserve RHAを使用したレプリケーションには、2ライセンスを使用したサーバーのレプリケーションと、1ライセンスを使用したシングルサーバーレプリケーションがあります。用途や環境に応じてどちらかのレプリケーション方法をお選びいただけます。

サーバーのレプリケーション(遠隔地レプリケーション対応)

災害対策や遠隔地のレプリケーションに最適です。既存のサーバーに導入することが可能です。
対応のWindows Storage Server搭載のLAN DISK Zシリーズにarcserve RHA(LDOP-SW/ASRまたはLDOP-SW/ASH)をインストールしてご利用ください。


使用環境 必要ライセンス数 対応LAN DISK 例
・WAN経由でレプリケーションをする場合
・ファイル量が多い場合
・遠隔地でのレプリケーションをする場合
LDOP-SW/ASR(2ライセンス)

LDOP-SW/Aシリーズ
(2ライセンス)

HDL-Z4WMC2シリーズ

Windows Storage Server 2012 R2
Workgroup Edition 搭載NAS
HDL-Z4WMC2シリーズ

⇒サーバーのレプリケーションを使用した導入事例  【導入事例】株式会社エス・ケイ様
⇒対象LAN DISK一覧はこちらを御覧ください

シングルサーバーレプリケーション

対象がファイルサーバの場合、arcserve Replicationを使用して同じサーバ内でデータをレプリケーションするシングルサーバーレプリケーションが可能です。この際にはネットワーク ストレージ機器(以降 NAS)を複製元/複製先に設定することや、外付けハード ディスクを複製先とすることもでき、必要なライセンスは1つとなります。
ただしこの場合、1台のサーバがマスタ(複製元)とレプリカ(複製先)2台分の役割を実行します。1台のサーバに 2台分の負荷がかかることから、サーバ間のレプリケーションに比べて同期時間が長くなることが想定されるため、シングル サーバ レプリケーション構成では以下条件を推奨しています。

[推奨構成]
・同一拠点に設置した機器同士であること
・複製元のフォルダと複製先のフォルダが物理的に別なディスクにあること
・レプリケーション対象のファイルが200万個以下であること

これ以外の構成でのレプリケーションについては、通常の2ライセンスによるレプリケーションをご利用ください。

※ シングルサーバレプリケーションの対象はarcserve Replication(LDOP-SW/ASR)のみとなります。詳細はこちらから(外部リンクとなります)


使用環境 必要ライセンス数 対応LAN DISK 例
・同一LAN内でリアルタイムにバックアップをしたい場合 LDOP-SW/ASR(1ライセンス)

LDOP-SW/ASR
(1ライセンス)

HDL-XRWシリーズ
HDL-XRWシリーズ

⇒シングルサーバーレプリケーションの詳細  【ホワイトペーパー】日本 CA 株式会社様
⇒対象LAN DISK一覧はこちらを御覧ください

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】