リモートアクセス機能搭載 超高速 LAN接続型ハードディスクHDL-AR/Eシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDL-AR/Eシリーズ

HDL-AR/Eシリーズは、約90MB/s(Read時※1)の高速なアクセスを実現したLAN接続型ハードディスク(NAS)です。FTPサーバー機能、Active DirectoryなどNASの基本機能はもちろん、クラウドとの連携、デジカメ簡単コピー機能など、多くの機能を備えています。
また、外出先から本商品にアクセスできる「Remote Link 3」を搭載。アプリ「Remote Link Files」をスマートフォンにインストールすることで、動画や写真、文書ファイルをアップロード・ダウンロードすることができます。ストリーミング再生もできるので、音楽や動画もスマホの容量を圧迫することなく見ることができます。
HDL-AR/Eと接続可能なDTCP-IP対応機器の情報はこちら

※1 HDL-A2.0Rを使って計測した場合のReadの実測値です。

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDL-A2.0R/E 4957180115320 2TB   グリーン購入法 オープン価格   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

約90MB/s(Read時)の超高速、快適アクセス!

高速CPUの採用によりUSB 2.0の約1.5倍の転送速度(Read時)を獲得。動画ファイルなどの大容量データもらくらく転送できます。

従来製品との速度比較

■測定方法:4GBファイルのSamba転送を行い、コピーにかかる時間を10回測定しての平均値
■使用PC:NEC Mate PC-MJ32MEZCB ■CPU:Core i5 CPU 650 @3.20GHz
■メモリー:2GB ■OS:Windows 7 Professional 32bit

※グラフの値はあくまでも開発中のテストサンプルを特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。
※転送速度は、転送するファイルサイズや数、アクセスの種類、お使いの環境などで大きく異なることがあります。

外出先からスマホでファイルアクセス

インターネットを介して外出先からでもLAN DISKとファイルのやりとりができる「Remote Link 3(リモートリンク3)」搭載。Remote Link 3では、これまで設定が複雑だった環境(※)でも添付のQRコードを読むだけでつながるので、マンションにお住まいの方やネットワーク設定に自信が無い方にもオススメです。アプリ「Remote Link Files」をスマートフォンにインストールいただくことで利用することができます。
リモートリンクFilesはスマホからの利用を前提に開発しているので、UI、設定、操作感、いずれも違和感なくお使いいただけます。

※マンション契約や、多段ルータ環境など、グローバルIPアドレスが割り当てられないインターネット

リモートリンク3 設定画面

ストリーム再生にも対応した専用iOS/Androidアプリ

【アプリはこちらからダウンロードしてください】

iPhone/iPad/iPod touch版リモートリンクFiles iTunesでダウンロードAndroid版リモートリンクFiles Google Playでダウンロード

スマホから3ステップの簡単設定

スマホからの設定も3ステップで簡単に設定できます。

スマホから3ステップの簡単設定

※商品に添付したQRコードは一度初期設定をすると使えなくなります。
2台目以降の登録は、すでに登録しているスマホからQRコードを表示させて登録する必要があります。

パソコンでもアクセス

ネットブックやノートパソコンなどを使い、外出先のホテルやカフェ、会社、学校などからインターネットを経由してハードディスクにつなぐことができます。

ハイビジョン番組を録画・共有・ムーブする(DTCP-IP対応)

東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉や日立プラズマ/液晶テレビWooo、シャープ液晶テレビ「アクオス」、パナソニック液晶テレビ〈ビエラ〉、ソニー液晶テレビ〈ブラビア〉からLAN DISKへのダビングに対応しています。

〈レグザ〉の内蔵ハードディスクやUSB/LAN接続の外付けハードディスク、Woooの内蔵ハードディスクや、Woooに接続したカセットHDD(iVDR-S)、アクオスまたは〈ビエラ〉に接続したUSB接続の外付ハードディスクに録画した番組をダビング可能です。

テレビの内蔵ハードディスクやUSB接続ハードディスクに録画した番組をバックアップできる

※ダビングしたコンテンツの削除には、録画した各テレビからの操作やテレビ、パソコンからのブラウザー操作が必要です。
※Woooでダウンロードした「アクトビラビデオ・ダウンロードセル」コンテンツをLAN DISKにダビングした場合、LAN DISKからさらに〈ヴァルディア〉にコンテンツをムーブすることはできません。
※対応のテレビ機種および再生・ダビング可能なコンテンツについてはLAN DISK A対応表でご確認ください。

スカパープレミアムサービスLinkに対応

ケーブル1本で接続OK!

スカパープレミアムサービスチューナーにLANケーブル1本で接続して録画が可能。チューナーに付属のリモコンで番組表から録画したい番組を選ぶだけで、録画予約が完了します。
スカパープレミアムサービスのハイビジョン番組を録画すれば、全85ch以上の映画やスポーツ・バラエティに至る様々な番組が見たいときに見られます。

ブルーレイレコーダーにムーブしてブルーレイディスクに残せる(ムーブアウト対応)

東芝ブルーレイレコーダー「レグザブルーレイ」、Panasonicブルーレイレコーダー「ブルーレイディーガ」へ、LAN DISK上のコンテンツを高速ムーブ可能。気に入ったコンテンツを、レコーダー上で編集し、DVDメディアまたはブルーレイメディアで残すことが可能です。

また、「DTCP-IPネットワークダビング」に対応した当社製のブルーレイディスクドライブ(BRP-UA6DM2)でもDVDメディアまたはブルーレイメディアに残すことが可能です。

メディアに残して保存できる

<「DLPA NAS Level3」に準拠!>
DLPA NAS 3

DLNA(Digital Living Network Alliance)によって著作権保護映像(主に、デジタル放送の録画番組)についての対応範囲を規定した規格、「DLPA NAS」に対応しています。
本商品はネットワークダビング(ムーブアウト)の機能を備えたとを示すLevel3に対応しています。

様々なDTCP-IP対応機器で再生可能

録画した番組はネットワークにつながったDTCP-IP対応テレビ(※)で再生が可能。東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉やソニー〈ブラビア〉などが再生に対応しています。また、手持ちのテレビがDTCP-IPに対応していない場合でも、PlayStation® 3(※)やネットワークメディアプレイヤー(当社AV-LS700など)で保存したハイビジョン番組の再生が可能です。

 DTCP-IP対応機器で離れた場所でも再生できる

※各機器の対応状況について詳細はLAN DISK A対応表をご確認ください。

<パソコンでも番組を再生できる!(「DiXiM Digital TV plus for I-O DATA」をダウンロード提供)>

家族に遠慮せずパソコンを使って一人で番組を楽しめる!「DiXiM Digital TV plus for I-O DATA」をお持ちのパソコンにインストールすることで、LAN DISKに録画した番組を、ホームネットワークを介して、パソコンで再生できます。
家族がリビングのテレビを見ている時でも、離れた部屋のパソコンでいつでも楽しめます。また、年齢視聴制限(アダルト)コンテンツも再生することができます。

※アナログRGBおよびHDCP未対応のデジタル(DVIなど)ディスプレイが接続されたパソコンでの視聴には未対応です。
※クライアントパソコン1台につき1ライセンス必要です。
※外出先からのアクセスには未対応です。
無償ダウンロード

【OS(日本語版)】
Windows 8.1/8.1Pro(32・64ビット)※1、Windows 8/8 Pro(32/64ビット版)※1、Windows 7 Home Premium/Professional/Ultimate(32/64ビット版)※2、Windows Vista SP2以降(32・64ビット、Home Premium/Ultimate)※2

※インストール時には、インターネット接続環境が必要です。
※1 「ハイコントラストテーマ」選択時は再生ができません。
本商品はデスクトップアプリケーションであり、Modem UI上での動作はいたしません。
※2 Windows Aeroでの動作が必要です。

<「ARROWSシリーズ」にハイビジョン番組を配信!>
LAN DISKに保存した番組を富士通のスマートフォン「ARROWSシリーズ」で観ることができます。スマートフォンなら手軽にどこへでも持ち歩くことができるので、お風呂やキッチン、寝室など家の中の好きな場所で録画番組を楽しめます。

LAN DISKにダビングした番組をARROWSで再生!

※無線LANルーターが必要です。
※コンテンツの再生には、ARROWSに標準で搭載されている「DiXiM PLAYER」をご利用ください。
※外出先でのリモート視聴は未対応です。
※DRモードやTSモードといったデジタル番組を直接、変換なしで録画するモードで録画したコンテンツは正常に再生できない場合があります。
※LAN DISKに保存したスカパー標準画質、ひかりTVコンテンツの再生には対応しておりません。
※全てのコンテンツの再生を保証するものではありません。また、ネットワーク環境によっては、最大再生可能画質では再生できない場合があります。
詳しくはこちらをご覧ください

クラウド連携でファイルを同期

クラウドストレージサービスとLAN DISKの指定フォルダーを同期させることができます。データを2重にバックアップできますので、もしもの時も安全です。クラウド上のデータを自宅のLAN DISKにバックアップしておけば、所在の知れぬクラウドサービスの万が一に備えることができます。
また、クラウドサービスからも、外出先でスマートフォンから閲覧したりPC上にファイルを持ち出して編集することが可能。LAN DISKの電源OFF時もファイルにアクセスすることができます。

データを2重にバックアップ

こんな時に便利

<データが自動的にバックアップ>
過去一カ月分の変更履歴がDropboxに自動保存されるので、万が一操作ミスによりLAN DISKやパソコンのデータを削除・上書きしてしまった場合でも復旧できます。

<データが自動的にバックアップ>

対応クラウドサービス

<Dropbox>
Dropbox は、写真、ドキュメント、ビデオをどこにいてもアクセスできるようにするためのオンラインストレージサービスです。
対応商品の共有フォルダーを Dropbox 共有設定すると、指定した Dropbox フォルダーと自動的に同期されます。

※LAN DISKとの連携機能に関して、Dropbox社へのお問い合わせはご遠慮ください。
Dropbox連携の活用法
Dropbox連携の制限事項や注意事項

<フレッツ・あずけ~る>
「フレッツ・あずけ~る」はお持ちの写真や動画などのデータを、インターネット経由でオンラインストレージに格納し、共有・閲覧を可能とするフレッツ光契約者様を対象としたNTT東日本様が提供するサービスです。

一度設定してしまえば、LAN DISKに保存されたデータは自動で「フレッツ・あずけ~る」に保存されるため、ネットワークカメラの画像保存先をLAN DISKにしておけば、いつでもどこでも撮影した写真を見ることができ、家に残してきたペットの様子を確認することができます。

※LAN DISKに保存されたデータをフレッツ・あずけ~るにて閲覧する場合、静止画のみ対応です。またリアルタイムではなくLAN DISKからフレッツ・あずけ~るに同期された直近のデータとなります。
⇒詳しくは「フレッツ・あずけ~る」をご確認ください。

USB機器をネットワークで使える「net.USB」

LAN DISKにUSB機器を接続し、ネットワークを経由して離れた場所で使ったり、無線LANと組み合わせて利用もできます。
※Windows Server系OS、Windows Vista(64ビット版)には対応しておりません
※USB機器は2台まで接続可能です

離れた位置にあるプリンターや地デジキャプチャー、DVDドライブをまるで自分のパソコンに接続しているかのように操作できる!

※対応のUSB機器につきましては、LAN DISK 機能一覧 「net.USB」対応機器をご確認ください。
net.USBについて詳しくはこちら

ハードディスク単体で「BitTorrent」が動かせる

BitTorrent

人気のファイル共有ソフト「BitTorrent(ビットトレント)」を搭載。通常は、パソコンを使って行うファイルのダウンロードをLAN DISK単体で行うことができるので、大容量のファイルをダウンロード中も長時間パソコンをONにしておく必要がなく、電気代がかかりません。

LAN DISKでダウンロードするメリット 電気代が少なくて済む/大容量のハードディスクにたっぷり保存できる/ダウンロードした動画や音楽、写真ファイルをそのままDLNA対応テレビで再生できる

※BitTorrent機能をOFFにすることも可能です。

TimeMachine対応

Macの標準のバックアップ機能「TimeMachine」に対応。Macのシステムファイル、アプリケーション、アカウント、環境設定、文書など全てのファイルが、自動でバックアップ可能です。

TimeMachineでバックアップしておけば、失われたはずのファイルを過去から復旧します

他にも様々な機能を満載

UPSに対応

UPSをモニタリングし、電源状況によって安全にシャットダウンができる機能を搭載しています。
Webブラウザーを使った設定画面で、UPSの接続状況、バッテリー残量を確認できます。電源停止があったとき、情報をログに記録することができます。

対応UPS一覧

外付HDDへのバックアップ、増設に対応

外付USBハードディスクで簡単増設!

容量が足りない場合も、本体背面のUSBポートにハードディスクを接続して容量を増設することが可能です。
また、指定したファイルをフォルダ単位でバックアップ可能。随時同じ内容を記録する「同期バックアップ」か何世代かをフルバックアップで残せる「履歴バックアップ」を選択できます。

⇒増設&バックアップに対応したハードディスクはバックアップ&増設用HDD一覧をご確認ください。

他のLAN DISKをバックアップ

同一ネットワーク上の他のLAN DISKやWindows PCの共有フォルダなど最大10共有フォルダからLAN DISKへネットワーク経由のバックアップが行えます。従来からあるUSB HDDへのバックアップ機能と併用することで、大切なデータを2重にバックアップすることができます。
Windows PCをバックアップ対象とする場合も、バックアップソフトは不要です。

ネットワークバックアップ機能

バックアップ方法 差分を上書きする バックアップ元とバックアップ先を比較し、差分(追加ファイル、編集したファイル)をバックアップします。
また、バックアップ元で消去したファイルも、バックアップ先に残ります。
履歴モード 毎回バックアップ元のデータを丸ごとバックアップします。保存する履歴数に応じて過去のバックアップデータはそのまま残します。
履歴数は1~10までの範囲で設定できるほか、全ての履歴を残すこともできます。

デジカメデータをカンタン取り込み!クイックコピー機能搭載

デジカメデータを簡単取り込み

USBポートに接続したUSBメモリーやデジカメのデータをパソコンなしで直接LAN DISKの中に保存できる「クイックコピー」機能も搭載しています。

USBメモリーでネットワーク設定を反映可能

LAN DISKを接続したネットワーク上に設定用のパソコンを接続できない場合でも、詳細なネットワーク設定をパソコンからUSBメモリーに保存することでLAN DISKに反映可能です。あとは、USBメモリーをLAN DISKに接続するだけで設定の反映が完了!ファームウェアアップデートにも対応しています。
リビングでテレビやレコーダーやLAN DISKが接続されているネットワークに設定用のパソコンが接続できない場合に有効な機能です。

USBメモリーで簡単セットアップの手順

他にも多数の機能を搭載

省電力モード 非アクセス時にハードディスクの回転を自動停止し、消費電力を抑えます。
Wake On LAN機能 電源ボタンを押さなくてもネットワーク越しに電源をONできます。
FTPサーバー機能 LAN DISK単体でFTPサーバーを構築可能です。
Active Directoryに対応 Active Directoryを使ったユーザー管理に対応しています。

便利なバックアップソフトをダウンロード添付

便利なバックアップソフトを無料でダウンロードいただけます。
詳細はリンク先をご確認ください。

Easy Saver LE

大切なデータを守るバックアップソフト「Easy Saver LE
⇒詳しくはこちらから

Sync with

2つのフォルダの内容を一致させるデータシンクソフト「Sync with
⇒詳しくはこちらから

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】