ジェットダイスケの「ポケドラCloud」ここがすごいぞ!!

ジェットダイスケの「ポケドラCloud」ココがすごいぞ!

デジモノ商品の動画レビューを中心に活躍中のビデオブロガー。
YouTube開始当初より活動しているユーチューバーの先駆け的存在。動画の総視聴回数は1億5千万回に上り、商品レビューに関しては達人的な位置を築いている。2011年よりアイオーとのタイアップ動画を多数公開中。
【ガジェットダイスケ.com】 http://gajetdaisuke.com/
【アイオー商品のレビュー動画】 http://www.iodata.jp/ssp/movie/

達人レビューを見よ!ジェットダイスケが動画で実演!

「ポケドラCloud」というこの商品、一体何だと思いますか?
じつは「NAS」なんです。え?それが何か知らない?「NAS」は「ナス」と読みます。野菜の「茄子」と同じ発音で親しみが持てますね。ネットワーク・アタッチト・ストレージ(Network Attached Storage)の略で、家庭内LANなどのネットワークに接続して使えるハードディスクのことをそう呼びます。

「ポケドラCloud」は超小型化された「NAS」だ

ポケドラCloud(メガネはサイズ比較用)/LANケーブルとルーターを接続/商品同梱の読込みカード

「ポケドラCloud」の場合には無線LANルーターを介してパソコンやスマホと接続します。そう、皆さんがご家庭などでインターネットやプリンターの接続に利用しているあの無線LANルーターです。ややこしい設定は不要、まずは付属のLANケーブルで「ポケドラCloud」と今お使いの無線LANルーターを接続。あとは、電源アダプターを挿すだけです。たったそれだけで、MacやWindowsなどのパソコンからアクセスできます。またAndroidおよびiOSのスマホ・タブレットからも、商品パッケージに同梱されたカードのQRコードを読込めば、アクセスが可能になります。スマホ・タブレットで使えるというのは画期的だと思いません!? 「ポケドラCloud」内に置いた写真や動画、音楽やPDFファイル(書類)などをスマホで閲覧・視聴することが可能なんです!

スマホのバックアップに最適。クラウドとの違いは?

動画のような大容量データも再生が可能/「ポケドラCloud」内の写真や動画、音楽をワイヤレスで閲覧・視聴できる

「ポケドラCloud」は、USBハードディスクのような有線接続のわずらわしさがありません。スマホやタブレットとの接続は無線LANルーターを介して完全にワイヤレスです。またUSBハードディスクを接続できないiPhone(iOS端末)でも利用できる点は大きな特長です。複数の端末から接続できますので、お父さんはPCから、お母さんはタブレットから、子供たちはスマホからといった風に「ポケドラCloud」を家族間で共用もできます。
最もお薦めしたい用途としては、スマホで撮影した写真・動画のバックアップ。スマホで撮影した写真や動画はとても大きいデータなので、スマホの保存容量を圧迫します。時にはそれが上限いっぱいになり、スマホの操作に支障が出るという事態も。それらのデータを「ポケドラCloud」へ転送しておくことで、スマホの空き容量を確保しつつも、ネットワーク経由でいつでも写真・動画を閲覧できる環境を作れます。

また最近は家電商品や電子機器の取扱説明書がPDFで提供されていることも多く、それらを「ポケドラCloud」に入れておけば、いつでもアクセスして読めます。紙の説明書は手元にないことが多いですけど、PDFで「ポケドラCloud」に置いてあれば即、スマホからでも機器の操作や設定を確認できますね。

「ポケドラCloud」に入れた写真ライブラリ
をアルバム感覚で操作できた

そして「ポケドラCloud」が本当に凄いのは、本体を自宅に設置していても、外出先からインターネットを介して利用できるということ。最近はクラウドサービスが流行っていますが、その代わりとしても使えるんです。

外出先からの利用イメージ

皆さんクラウドサービスは何かお使いでしょうか?

文章やメモ、写真、その他のファイルをインターネット上に保管、いつでもどこでもアクセスできるという便利なサービスではありますが、心配なことも少なくないです。まずパスワードなど情報漏えいを思い浮かべがちですけども、単純に「アクセスできない」状態に遭遇するだけでも大変な損失となる場合があります。
事実、クラウドサービスの同期ができない不具合により、出張先で資料やメモが読めず困ったことがあります。不具合でなくとも、メンテナンス作業等でサービスが停止する可能性も皆無ではありません。最悪の場合、サービス自体の終了や運営企業の倒産なども。自己の責任範囲外に大切なファイルを預けるといったことは、そういう危険性を常に含んでいるというわけです。突然の有料化や値上げなんて可能性もありますよね。

一般的なクラウドサービスと「ポケドラCloud」との比較

※「フレッツ・あずけ~る」はフレッツ光契約者様を対象としたNTT東日本およびNTT西日本が提供するサービスです。
⇒ 詳しくは「フレッツ・あずけ~る」をご確認ください。
⇒ NTT東日本「フレッツ・あずけ~る」  ⇒ NTT西日本「フレッツ・あずけ~る」

その点、「ポケドラCloud」であれば、サービス提供企業の都合により発生する諸事情とは無縁です。月額利用料なども不要です。もちろん自宅などの設置場所が停電する可能性もあり100%大丈夫というわけでもありませんが、クラウドサービスと併用することで外出先からのファイルアクセスもより確実性が増しますね。

さて「ポケドラCloud」では「CDレコ」という商品とも連携できます。「CDレコ」では、スマホにCDの音楽データを直接読み込めるのですが、この保存先をスマホではなく「ポケドラCloud」にも指定できるんです。つまり家のどこにいても、たとえ外出先※だとしても、スマホなどから「ポケドラCloud」にアクセスして音楽を聴くことができるということ。特にiOSデバイスの場合には、Appleの「iTunes Store」で購入した楽曲も合わせて「CDレコ」のアプリで聴くことができます。
※外出先でポケドラCloudに保存した音楽を聞く場合は、ポケドラCloud専用アプリ「Remote Link Files」を利用する必要があります。

CDレコWi-Fi(CDRI-W24AI)なら
ワイヤレス接続で、CDの楽曲データをスマホやタブレットに転送できる

「ポケドラCloud」は最大2TBという大容量モデルが用意されていますから、スマホよりも圧倒的なデータ量を保存可能、容量を気にせず写真や音楽ファイルを置いておけますね。また従来のNAS商品よりもずっと小型で、一輪挿しの花瓶を置くような設置スペースがあれば十分ですから、気軽に導入できますね。

小さな花瓶程度のフットプリントで、
設置面積をとらない

スマートフォン向けパーソナルクラウドストレージ 「ポケドラCloud」 商品の詳細はこちら

iOS&Android両対応
音楽CD取り込みドライブ 「CDレコ」 商品の詳細はこちら

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】