発売から20年。いま、Windows 95を振り返る。

Windows 95

今年は2015年。あのWindows 95が発売されてから、ちょうど20年目を迎えます。

1995年8月25日に英語版が発売され、日本語版は同年11月23日になった時間(深夜)からの販売が多く、秋葉原はいち早く購入したい人と業界関係者、報道関係者が入り乱れ、大変なお祭り騒ぎだったことは、未だ記憶に新しく、強烈なインパクトがありました。

秋葉原での販売の様子

Windows 95は、それまで一部の人だけが持つパーソナルコンピューター(PC)の存在を、「誰もが持つ」その大きなきっかけをつくってくれました。

何よりも、Windows 95が優れていたのは、グラフィックユーザーインターフェイス(GUI)の素晴らしさ。そのGUIのわかりやすさが、一般の人に受け入れられたのです。個人的には、あのスタートボタンが印象的でした。

Windows 95 スタート画面

スタート。その象徴があのCMだったと思います。

Rolling Stonesの”Start Me Up”をバックに瞬く間に切り替わっていく映像。

「Start Exploring」
「Start Discovering」
「Start learning」
「Start doing」
「Start Organizing」
「Start Connecting」
「Start Managing」
「Start Creating」
「Start Playing」
「Start Moving」
「Start Windows 95」

Windows 95 CM画面

まさにそれは、スタートボタンと重なる意味でも、PC黄金時代の幕開けを意味としても象徴的なCMだったように感じます。

あれから20年。Windows 10が正式リリース。Windows 10が正式リリースされます。折しも、Windows 8で一度なくなった「スタートメニュー」が復活。Windows 10はまさに新たな「スタート」の期待がかかったOSとなることでしょう。

Windows 10 ロゴ

◎関連リンク
最新OS、Windows 10が7月29日に登場!
ここで、おさらい。5つの基本的な魅力。

I-O DATAからヒトコト

Windows 95を機に、総合周辺機器メーカーとしてのI-O DATAへ

当時のハードディスク
当時のハードディスク
HDSシリーズ
HDSシリーズ

Windows 95の発売は、当時、半導体メモリーが主力だったI-O DATAにとっても大きな転換期となりました。

Windows 95の販売で一気に増えたパソコンユーザー。「少しでも早く、少しでも大容量」の要望に応えるべく、ハードディスク市場へ参入したのです。

1995年には「HDSシリーズ」をリリース。それまでのメモリー事業で得たPCメーカーとのパイプやユーザーサポートのノウハウが強みとなって、一気に大きなシェアを得ることできました。

時を経て2015年。Windows 10のリリースに向けて、I-O DATAも様々な商品を開発していきます。みなさんのストレスのかからない、スマートなデジタル生活のお手伝いに貢献すべく、邁進していきます。ご期待ください。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】