REC-ON+USB 3.0対応HDDで3番組同時録画を楽しむ!

REC-ONとUSB 3.0対応HDD

(写真)上段 ネットワークテレビチューナーREC-ONと録画用ハードディスクAVHDシリーズ

録画テレビチューナーREC-ON(レックオン)を購入して数ヶ月が経ちました。前回の記事にも書きましたがREC-ONは、地上/BS/110度CSデジタルチューナを搭載し、USB HDDを接続して録画も可能。家じゅうどこでも、外出先でも番組を観ることができます。REC-ON購入後すぐに、家に使っていなかったUSB HDD(USB 2.0対応)があったので、初期化しREC-ONにつないでみました。USB 2.0でも利用できるのかわかりませんでしたが、試してみると録画もリモート視聴もできたので、楽しんできました。 (※注意 USB 2.0対応USB HDDはメーカー推奨ではありません。個人の責任で使用してください)

HDD(USB 2.0)とREC-ONの接続

(写真)購入時は右下の白のHDD(USB 2.0)をREC-ONにつないで録画用として利用

その状況で使い続けていると、先日、困ったことが起きました。家録画する番組が重なって、3番組同時に録画しないといけなかったのです。REC-ONは、USB 2.0対応のUSB HDDでは、2番組同時録画までしかできません。

注意書きの画面表示

(写真)USB 2.0対応のHDDは、2番組同時録画まで。3番組同時録画を試みるとこのような注意書きがでる。

USB 3.0対応なら3番組同時録画が可能で、今の録画用HDDも容量いっぱいになってきたので、思い切ってUSB 3.0対応のHDDを購入することにしました。とはいえ、いろんなタイプのHDDがあるのでREC-ONの動作確認済み機器一覧を見てみました。

録画用ハードディスク AVHDシリーズ

(写真)録画用ハードディスク AVHDシリーズ

  • 高速転送規格USB 3.0

    USB 3.0はUSB 2.0に比べて約10倍(規格値)の転送速度。録画用ハードディスクAVHDシリーズはUSB 3.0にも対応。
    ※接続する機器がUSB 2.0の場合はUSB 2.0で動作
  • USB 3.0とUSB 2.0の転送速度の比較

今回はその中からAVHDシリーズを選びました。選んだ理由は2つ。REC-ONを購入してから録画の頻度が上がりました。今後さらに、録画時間が増えそうです。また、録画失敗のリスクを極力少なくしたかったのです。そう考えていくと24時間連続録画に耐えうる厳しい品質検査をクリアしたAV用ハイグレードカスタムハードディスクを採用しているこのモデルが良いと考えました。

AVHDシリーズ 同梱物

(写真)録画用ハードディスク AVHDシリーズ 同梱物
本体、取扱説明書、電源コード(約1.5m)、USBケーブル(約1.5m)

AVHDシリーズ裏側

(写真)録画用ハードディスクAVHDシリーズ裏側

付属のUSBケーブル

(写真)添付されているUSBケーブルはUSB 3.0/2.0対応

REC-ON裏側

(写真)REC-ON裏側 USB端子はUSB 3.0/2.0対応

2つ目の理由は、デザイン性です。REC-ONとAVHDシリーズは床面積が同じなので重ね置きしても美しくスペースに無駄がなくなります。あと、静音設計で音も気にならないのも嬉しいですね。補足ですが、これを見た妻は「スッキリして美しいね」と褒めてくれました。

REC-ONとAVHDシリーズ

(写真)REC-ONとAVHDシリーズは床面積が同じ

これで、REC-ONを使って3番組同時録画が可能となりました。今回は、地上波での3番組同時録画を試しましたが、REC-ONは3波(地上/BS/CS)の同時録画も可能です。

BS/CSを契約して録画・視聴している方はさらに楽しみ方が広がりますね。REC-ON+USB 3.0対応のHDDで録って、録って、録りまくって、見まくりたいと思います。

REC-ON裏側

(写真)REC-ON+USB 3.0対応HDD で3番組同時録画
※REC-ON は3波(地上/BS/CS)同時録画も可能。

◎関連リンク
AVHD-VRシリーズ(商品説明ページ)
AVHD-URシリーズ(商品説明ページ)

AVHD-VR2.0(購入ページ)
AVHD-UR2.0C(購入ページ)

REC-ON(商品ページ)
REC-ON(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】