買い替えの1台、IPv6(IPoE)・1733Mbps(規格値)対応高速無線LANルーター「WN-AX2033GR2」

1733Mbps(規格値)対応高速無線LANルーター「WN-AX2033GR2」

(記事公開日:2018年4月12日)

入学・入社で引っ越したり、新年度スタートで気分一新など、ライフスタイルに変化が多いこの春の時期。ぜひ皆さんにご紹介したいルーターが「WN-AX2033GR2」です。つい先日行われたプレス向け新商品発表会でも注目を集めていました。

プレス向け新商品発表会

(写真)プレス向け新商品発表会で紹介された「WN-AX2033GR2」

快適にインターネットを楽しむのに欠かせないのはインターネット回線のスピードです。「インターネットが遅い=ストレス」と感じる方も多いはず。特にYouTubeなどをはじめとする映像配信サービスを使って高画質で快適に動画視聴するには、無線LANルーターが高速であることは必須です。

「WN-AX2033GR2」のパッケージ

(写真)「WN-AX2033GR2」のパッケージ

本体と添付品

(写真)上:ACアダプター、LANケーブル、本商品「WN-AX2033GR2」、設置用スタンド
下:取扱説明書、無線LAN設定情報シート

スッキリしたデザイン

(写真)スッキリしたデザイン

こんなにスッキリした外観にもかかわらず、4ストリームの通信に対応しています。しかも、「360コネクト」技術で、上下・左右・奥行き360度全方向に電波が放出されるので、家中ムラなく電波を飛ばしてくれます。どこの部屋に移動しても快適にインターネットを楽しめます。「WN-AX2033GR2」の場合は、3階戸建て、4LDKマンションの広さで利用が可能です。

リビングに設置

(写真)リビングに設置

横置きにすれば高さがないスペースにも設置可能

(写真)横置きにすれば高さがないスペースにも設置可能

背面 LANポートは全てGiga対応

(写真)背面 LANポートは全てGiga対応

次世代通信方式IPv6

高速な無線LANルーターを使っていても遅いと感じることも多くなってきています。それには理由があります。インターネットのデータの通り道には大きく2種類あり、IPv4とIPv6です。IPv4は従来のインターネット回線で、IPv6は次世代のインターネット回線です。

まだまだ、IPv4を利用したインターネット利用者が多く、インターネット回線が混み合っているため遅くなってしまうのです。それに比べIPv6の利用者は少なく、インターネット回線も空いていて快適に利用できるというわけです。今回ご紹介する「WN-AX2033GR2」はIPv6を利用するための「IPv6(IPoE)」や「IPv4 over IPv6」に対応しているので、「インターネットが遅い」といったストレスから解放され、快適にインターネットを楽しむことができます。

IPv6(IPoE)とIPv4 over IPv6の接続イメージ

(図)IPv6(IPoE)とIPv4 over IPv6の接続イメージ

IPv6(IPoE)サービスを利用するには

IPv6(IPoE)サービスを利用するには、対応プロバイダーへ申し込む必要があります。I-O DATA MAGAZINEの記事「自宅でネット動画を快適に観るためにIPv6(IPoE)対応の無線LANルーターを設定してみよう。」で利用手順をご紹介しています。

IPv6(IPoE)の利用手順

(図)IPv6(IPoE)の利用手順

(参考)対応サービスプロバイダー一覧

安心・安全のインターネットアクセス

「WN-AX2033GR2」は、「ネットフィルタリング」「ペアレンタルコントロール」「Wi-Fiマモル」のセキュリティ機能がルーター本体に入っていますので、PCやスマホ・タブレットに特別なアプリは不要で、安心・安全なインターネットアクセスをカンタンに実現できます。

「ネットフィルタリング」機能は、悪質なサイトやワンクリック・フィッシングサイトをまとめてブロックしてくれます。インターネット閲覧による被害は後を絶ちません。自分は大丈夫と思っている方でも「明日は我が身」なのです。私の場合、小さな子供もいますので、見せたくないサイトをフィルタリングでき、大変重宝する機能です。この「ネットフィルタリング」機能は、5年間無料で利用できます。

何でもクリックしてしまう困った娘

(写真)何でもクリックしてしまう困った娘

「ペアレンタルコントロール」機能は、接続しているPCやスマホごとに通信可能時間を設定できる機能です。例えば、子供がYouTubeで動画を視聴できるのは17時~19時までなど、細かな設定をすることができます。

「Wi-Fiマモル」機能は、近所からの不正な接続をブロックできる機能です。家族の所有するPCやスマホだけ接続許可し、それ以外の端末はすべて接続拒否できます。ここ数年、ルーターセキュリティの甘さにより、他人に無線LANの「ただのり」をされたり、不正アクセスにより犯罪に利用されるなど、様々なニュースをよく聞きます。そういった被害に遭わないためにも「Wi-Fiマモル」は大切な機能です。

安心して料理サイトなどを利用

(写真)安心して料理サイトなどを利用

カンタンな接続設定

無線LANルーターと端末の接続はカンタンにできてしまうので、とても便利です。スマホやタブレットの場合は、無償の専用アプリ「QRコネクト」を使って、添付されている「無線LAN設定情報シート」のQRコード読み取るだけです。

「QRコネクト」アプリでQRコードを読み取ってカンタン接続

(写真)「QRコネクト」アプリでQRコードを読み取ってカンタン接続

「QRコネクトアプリ」のアイコン
Google Play App Store

(アイコン)「QRコネクト」アプリ Androidスマホ・タブレットは「Google Play」より、
iPhone・iPadは「App Store」より、無償ダウンロードできます。

Windows PCやゲーム機との接続は、「WN-AX2033GR2」の「WPS」ボタンをワンプッシュで接続できます。

「WPS」ボタンを押してゲーム機と接続

(写真)「WPS」ボタンを押してゲーム機と接続

困ったときのサポートも土日対応で充実

こだわりの2大保証 ペイバック保証&土日もサポート

無線ルーターの新規購入や買い替えで一番困るのは、うまくつながらないときではないでしょうか。そんな時でも、ネットワーク商品専用窓口があり、平日はもちろんのこと、土・日曜日も電話サポートをしてもらえるので、苦手な方でも安心してご購入いただけると思います。

サポートしてもらっても、残念ながらつながらなかった場合でも、購入代金を返金してもらえる「ペイバック保証」にも対応しています。

土・日曜日も対応のサポートセンター

(図)土・日曜日も対応のサポートセンター

ペイバック保証対応で安心

(図)ペイバック保証対応で安心

MU-MIMOで家族みんなが同時に使っても安定したインターネット

土・日曜日も対応のサポートセンター

MU-MIMO(マルチインプット・マルチアウトプット「通称マイモ」)に対応しており、最大4台まで同時に端末をつないでも速度を落とすことなく安定したインターネットが利用できます。※
※通信する端末(子機)側もMU-MIMOに対応している必要があります。

「WPS」ボタンを押してゲーム機と接続

(写真)左上:娘は子供部屋でYouTubeを視聴 右上:妻はリビングでSNS
左下:私は書斎で調べもの 右下:友達が遊びに来ても大丈夫

無線ルーターの新規購入や買い替えを検討されている方には、IPv6(IPoE)対応無線ルーターをオススメします。快適なインターネット生活を始めてみませんか。

◎関連リンク
360コネクト搭載1733Mbps(規格値)対応Wi-Fiルーター「WN-AX2033GR2」(商品ページ)
360コネクト搭載1733Mbps(規格値)対応Wi-Fiルーター「WN-AX2033GR2」(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示