Q&A

OS標準のPPPではなく、FreePPP V2.6.2を使用して、モデムをセットアップ
する際の設定について

<内容>

以下に、FreePPP V2.6.2の場合の変更方法についてご案内します。
明記されていない点は、初期値のままとなります。
また、FreePPPのバージョンが異なりますと表示が若干異なります。

−方法−

◎ FreePPP SETUPを開きます。
 「General」、「Accounts」、「Locations」、「Modems」の4つのタブが
   表示されています。
  以下の様に、各項目をご確認ください。
 
「General」
 [Open TCP/IP]ボタンを押します。
 (Appleメニュー コントロールパネル TCP/IPの画面が表示されます。)
 経由先        FreePPP、
 設定方法       PPPサーバを参照、
 ネームサーバアドレス 契約されたプロバイダからプライマリDNS
 検索ドメイン名    xxxxxx.ne.jp    ←例 iodata.co.jp
    
「Accounts」
 <Account>
  Accountname            例 I-O DATA
  Connect                 Directly
  Username                ログインIDを入力します。
  Password                パスワードを入力します。
 <Dial up>
  Area Code                空白
  Phone number               xxx-xxx-xxxx 
    [Dial area code]           チェックしない
    [Dial as long distance]    チェックしない
 <Options>  
  Domain name   xxxxxx.ne.jp  (Open TCP/IPで設定された検索ドメイ
                                  ン名)←検索ドメイン名で入力された
                     ものを記入します。
    Primary DNS   xxx.xxx.xxx.xxx(Open TCP/IPで設定されたプライマリ
                  DNS)←ネームサーバアドレスに入力
                                          されたプライマリDNSを入力
                                          します。 
    Secondry DNS  xxx.xxx.xxx.xxx (Open TCP/IPで設定されたセカンダリ
                  DNS)←ネームサーバアドレスに入力
                                           されたセカンダリDNSを入力
                                           します。

  [Configure OT TCP/IP for This Account]にチェックしない
   IP address  ●Assingned by PPP server
  <Modems>
    Modem config name xxxxxx   例 DFML-560EL、USB-9664Pなど製品名
   connected to     「xxxxxxx」 ←ここに使用したいモデムが表示され
                                    ていること
  Port Spped       「115200bps」←PCDC-96シリーズ、PCMD-560/96シ
                                    リーズ(PDC)、USB-PDCは38400bps
                                    に設定
  Flow Control     「CTS&RTS(DTR)」
   Dial Type         「Tone」  ←携帯電話、PHS、プッシュ回線でご使
                  用の場合は、Toneを選択します。ダイ
                  ヤルパルス回線の場合、Palusを選択
  [Speaker enabled]            チェックを付ける
   [Hangup on disconnect]       チェックを付ける
  [Preforma internal modem]    チェックを付ける
   [Long redial delay]            チェックしない
  [Fast modem initialization]     チェックしない
 Modem init string settings
   ●Use         モデムによって異なります。以下の例を参照して半角大文字
         にて追記してください。  

 USB-9664P   AT&F#CLS=x  (PDCのデータ通信の場合 xを1に、PHSの
                場合 xを3に)
 USB-PDC            AT&F^S1
 PCDC-96シリ−ズ       AT&F^S1^M3
  PCMD-560/96(PDC)シリーズ  AT&F^S1^M3
 PCMD-560/96(MODEM)シリーズ AT&F
 PCML-560シリーズ      AT&F
 USB-PDC2          AT&F#CLS=x (PDCのデータ通信の場合 xを1
                      に、ドッチーモを使用してPHS
                      で使用する場合 xを3に)
 USB-cdma          AT&F    (電話機にてAYSNC/FAXを選択) 
 USB-PHS64シリーズ      AT&F    (PIAFS2.0接続の場合) 
 USB-H64シリーズ             AT&F        (PIAFS2.1接続の場合)
 DFML-xxxx モデム           AT&F
 USB-DM560                   AT&F
 PCMA-9664Pシリーズ     AT&F#CLS=x (PDCのデータ通信の場合xを
                      1に、PHSで使用する場合xを
                      3にする。)
 
  
    
     
    
Q&A番号 10152
このQ&Aの対象製品 DFML-560E PCDC-96 PCMA-9664P PCMD-560/96E PCML-560 PCML-560E PCML-560EL USB-DM560 USB-PDC USB-PHS64 USB-H64 PCDC-96P USB-9664P PCMA-9664P2 USB-PDC2 PCMD-560/96P USB-cdma CFDC-9664P PCDC-9664P USB-H64L USB-PHS64L DFML-560EL

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】