Q&A

Windows2000/XPパソコンから印刷をしたい場合の設定・確認方法について

<内容>

Windows2000/XPパソコンからET-FPS3 を通じて印刷をする場合は、
「 LPR印刷 」(TCP/IPによる接続)で対応となっており、以下の設定
(確認)が必要となります。


[1]ET-FPS3 にIPアドレスが割り当てられているかの確認
   → 既に、Windows2000/XP以外のパソコンからTCP/IPにて印刷可能で
      あれば、ET-FPS3にIPアドレスは設定済みです。
   → Windows2000/XP以外のパソコンからはNetBEUIで使っていた等、 
      TCP/IPの設定をされたことがない場合は、まずET-FPS3にIPアドレス
      を割り当てる必要があります。−別記1− をご参照ください。

[2]これからET-FPS3に印刷できるようにしたいWindows2000/XPパソコンに
   IPアドレスが割り当てられているかの確認
   → Windows2000/XPでTCP/IPによるLPR印刷をしたい場合は、
      ET-FPS3とWindows2000/XPが TCP/IP で接続されるために、
      Windows2000/XPパソコンにもIPアドレスの割り当てが必要です。
      ネットワーク環境によっては、パソコンのIPアドレスは自動割り
      当てされるようになっている場合もあります。
      お手元のネットワーク環境では、各パソコンのIPアドレスが自動
      割当てかどうかご確認ください。

  【 IPアドレスが自動割り当てされる環境ではない場合 】
    Windows2000/XPパソコンにIPアドレスが手入力されているか
    ご確認ください。
    1)「スタート」-「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」を
       開きます。
       ※ WindowsXPの場合は「コントロールパネル」-「ネットワークと
          インターネット接続」を開きます。
    2)「ローカルエリア接続」アイコンを右クリックしてプロパティを
       開きます。
    3)コンポーネントの一覧から「インターネットプロトコル(TCP/IP)」 
      とを選択し、「プロパティ」ボタンを押します。
    4)開いたTCP/IPのプロパティで、「次のIPアドレスを使う」にチェック
      し、IPアドレス、サブネットマスク に 割り当てる値を入力します。

  【 IPアドレスは、自動割り当てされるようになっている場合 】
    現在Windows2000/XPパソコンがIPアドレスを自動取得できているか、
    また、自動取得で割り当てられたIPアドレスが何番かは、以下の方法で
    確認できます。
    1)「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」
      を開きます。
    2)開いた画面で「>」のあとに「IPCONFIG」と入力し、エンター
       します。
           入力例: C:\>IPCONFIG
    3)表示された内容で、Ethernet Adapter...と表示された下に、
      IP Address、SubnetMask  として 自動割り当てされた値が
      表示されます。

[3]Windows2000/XPから ET-FPS3へTCP/IPで通じているかどうかの確認
   IPアドレスの設定を確認しましたら、実際にそのIPアドレスで
   Windows2000/XPパソコンから ET-FPS1へ通じているかどうか確認し
   ます。

  【 確認方法 】
    1)Windows2000/XPパソコンの「スタート」-「プログラム」-「アクセ
      サリ」-「コマンドプロンプト」を開きます。
    2)開いた画面で「>」のあとに「PING xxx.xxx.xxx.xxx」と入力し、
      エンターします。(xxx.xxx.xxx.xxx には、ET-FPS3に割り当て
      られているIPアドレスを当てはめて入力してください。)

         入力例:(ET-FPS3のIPアドレスが192.168.0.250の場合)
                 C:\>PING 192.168.0.250    [ENTER]

     返ってくるメッセージで、先頭の単語が同じになっている4行の
     メッセージが
    「Reply form 192.168.0.1:bytes=32 time=XXms TTL=128」
     となればWindows2000/XPパソコンとET-FPS3は正常に通じております。
     (「Request timed out」 「Destination hostunreachable」
       となった場合は、TCP/IPでアクセスできていない状態です。
       Windows2000/XP、ET-FPS3 のLANケーブルの配線や、割り当て
       られたIPアドレスに間違いがないかご確認ください。 )


[4]Windows2000/XPパソコンで、プリンタ、及びET-FPS3に印刷するため
   のポートの追加を行ないます。

   1)まず「スタート」-「設定」-「プリンタのインストール」を選び、
     ポートを LPT1: として、お使いのプリンタのインストールを
     行なってください。 
    (プリンタメーカーによっては、独自のプリンタインストールプログ
      ラムが付属している場合があります。その場合は、プリンタメーカー
      の指定するインストール方法で行なってください。 )
   2)インストールされたプリンタのアイコンを右クリックし、プロパティ
     を選択します。
   3)開いたプリンタのプロパティで[ポート]タブを選択し、「ポートの
     追加」ボタンを押します。
   4)利用可能なポートの種類 を選択する画面になりますので、「Standard
     TCP/IP Port」をクリックで選択し、「新しいポート」ボタンを押し
     ます。
   5)[標準TCP/IPプリンタポートの追加ウィザード]画面が出ますので、
     「次へ」ボタンを押します。
   6)ポートの追加 画面になりますので、「プリンタ名またはIPアドレス」 
     に ET-FPS3に割り当てられているIPアドレスを入力し、「次へ」ボタン
     を押します。
       ※ポート名は自動的に IP_xxx.xxx.xxx.xxx と入りますが、
         設定するプリンタによって名称が異なるよう変更してください。
         例えば、1台目は「IP_xxx.xxx.xxx.xxx」のままでもかまいませ
         んが、2台目、3台目のポートの追加の際は必ずポート名を任意
         に変更し、1台目と重複しない名称にしてください。
   7)デバイスの種類 を選択する画面になりますので「カスタム」にチェック
      をつけ、「設定」ボタンを押します。
   8)開いた「標準TCP/IPポートモニタの構成」画面で、以下の点を
     設定し、「OK」ボタンで閉じます。
       ・プロトコル で 「LPR」にチェックを付ける。 
       ・LPR設定のキュー名に「L1」と入力する。
         ※キュー名はET-FPS3の3つのポートによって異なります。
           詳しくは、−別記2− もご参照ください。
   9)デバイスの種類 の選択画面に戻りますので、「次へ」ボタンを押し
     ます。
  10)設定した内容の確認画面になりますので、設定内容に間違いがないか
     確認し、「完了」ボタンを押します。
  11)「プリンタポート」画面で、「閉じる」ボタンを押します。
  12)プリンタのプロパティ画面になり、ポートの一覧に 追加した
     ポートが表示されるかと思いますので、そちらにチェックがついて
      いることを確認し、「適用」ボタンを押します。
  13)以上で ポートが追加されますので、OKボタンを押してプリンタ
     のプロパティを閉じます。


  以上 で Windows2000/XPパソコンでの設定が終了です。
  
  あとは、今一度プリンタアイコンを右クリックしてプロパティを開き、
  「テストページの印刷」をお試しください。


−別記1−

ET-FPS3にIPアドレスを割り当てるには・・・
ET-FPS3の設定は、付属の「ET-FPS3設定ツール」を使って 設定を行ないます。
また、「ET-FPS3設定ツール」は、ET-FPS3を使って印刷するパソコンの
うちのどれか1台にインストールされていれば結構です。
参考:http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s5643.htm

◎ ET-FPS3設定ツール「FPS3CFG」がインストールされたパソコンで、設定ツール
   「FPS3CFG」を起動し、メニュー[TCP/IP](IPボタン)を開いてIPアドレス、
   サブネットマスクを入力してください。
 
※ET-FPS3を接続されているネットワーク環境に、ルーターやTCP/IPによる
 ネットワークを使うパソコンがある場合は、ルーターや、ルーターがパソ
 コンに自動割り振りするIPアドレスの範囲などを確認し、その値以外のIP
 アドレスをET-FPS3に割り当てる必要があります。

  例:ルーターとパソコン数台があり、ルーターがパソコンへIPアドレスを
      自動割り振りしている場合で、ルーターのIPアドレスが 192.168.0.1
      ルーターがパソコンに自動割り振りするIPアドレスの範囲が 
      192.168.0.2?192.168.1.50 という場合は、ET-FPS3には 
   192.168.0.60や192.168.0.244というような値を設定します。
      (254 より大きい値は設定できません。)


−別記2−

キュー名には、ET-FPS3のポート名を入力します。
ET-FPS3の場合、設定するキュー名は、L1?L8 を入力します。ただし、
設定ツールにて「論理ポート」と「物理ポート」の対応を正しく設定してください。
( 出荷時、ET-FPS3の1ポート目は「L1」、2ポート目は「L2」、3ポート目は「L3」に
  なっています。今設定しようとしているET-FPS3につないでいるプリンタが
  何ポート目につながっているかご確認の上、キュー名を設定してください。)
Q&A番号 10802
このQ&Aの対象製品 ET-FPS3

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】