Q&A

OSの省電力機能を使用すると移行や復帰時に失敗するのですが?


原因はさまざまです。 以下の点を確認してください。

■常駐ソフトウェアの影響
 常駐ソフトの影響を受けている可能性があります。
 以下の方法で常駐ソフトを解除してお試しください。

 【 常駐ソフトの解除方法 (Windows XP/Vista/7)】
 1) スタートボタンを押し「すべてのプログラム」の「アクセサリ」から
   [ファイル名を指定して実行]を選択します。
   (XPの場合はWindowsのスタートボタン→[ファイル名を指定して実行])
 2) [MSCONFIG]と入力してOKボタンを押します。
 3) システム構成ユーティリティ画面が開きますので、その中から
   [スタートアップ]タブを選択します。
 4) 一覧に表示されたスタートアップ項目で、チェックされているもの
   (常駐するようになっているもの)のチェックを外し、常駐を解除します。
   
  ※チェックを外す前には予めチェックされていた項目を控えておいてください。
   チェックがすべて入っている場合は不要です。
  ※チェックをすべて外す場合は「すべて無効にする」ボタンを押していただけ
   ますと簡単です。

  5) OKボタンを押し、常駐の解除を有効にするため、Windowsを一度再起動します。

  ※改善が見られないようであれば、チェックを元に戻してください。
   すべての項目のチェックを有効にしたい場合は「すべて有効にする」ボタン
   を押すとチェックが入ります。

 【 常駐ソフトの解除方法 (Windows 8)】
 1) デスクトップでタスクバーを右クリックし「タスクマネージャ」を選択します。
 2) [スタートアップ]タブを選択します。
  (タブが見当たらない場合は、左下の[詳細]をクリックしてご確認ください。)
 3) スタートアップで起動するプログラム一覧が表示されますので、「状態」という
   部分をクリックして有効・無効で並び替えます。
 4) 有効となっているものを右クリックし「無効化」を選択して無効にします。

   ※無効にする前に、予め有効になっていた項目を控えておいてください。
    改善が見られないようであれば、有効に戻してください。


■BIOS設定の確認
 お使いのパソコン(マザーボード)のBIOS設定にてACPI関連の設定
 変更をお試しください。
 例)
  ・サスペンドモードとして
    「S1」、「S3」、「S1&S3」などの選択肢があれば変更してください。
  ・ACPI の有効無効を切り替えできる場合は、有効[YES]や[Enable] 
 ※設定項目詳細はパソコン(マザーボード)メーカーへお問合せください。

■BIOSの更新
 お使いのパソコン(マザーボード)メーカーより最新のBIOSが提供
 されている場合、そちらへの更新をお試しください。

■Windows Vista/7/8/10の場合
 「スリープ解除タイマーの許可」と「ハイブリッドスリープを許可する」の設定変更
 以下の手順で「スリープ解除タイマーの許可」と「ハイブリッドスリープを許可する」の設定を
 変更してお試しください。

 1.コントロールパネルの「電源オプション」(または「システムとセキュリティ」→「電源オプション」)を開きます。
 2.選択されている電源プランの「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」を開きます。
 3.スリープの横の「+」マークをクリックし、
  1)「スリープ解除タイマーの許可」を「有効」にします。
  2)「ハイブリッドスリープを許可する」を「オフ」にします。
 4.「OK」ボタンを押します。
Q&A番号 15664
このQ&Aの対象製品 GV-MVP/HS GV-MVP/HX GV-MVP/HZ GV-MVP/HZM GV-MVP/HS2 GV-MVP/HX2 GV-MVP/HZ2 GV-MVP/HZ2W GV-MVP/HSBH GV-DL/H2 GV-MVP/VS GV-MVP/VZ GV-MVP/HS3 GV-MVP/HZ3 GV-MVP/XS GV-MVP/XSW GV-MVP/XZ GV-MVP/FZ GV-MVP/XS2 GV-MVP/XZ2 GV-MVP/XS2W GV-MVP/XS3W GV-MVP/XZ3 GV-MVP/XS3

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】