Q&A

見守り機能の利用手順

alimoの見守り機能の利用手順は以下の通りです。

見守られる側 = alimo
見守る側 = alimo またはiPhoneなどSkypeのビデオ通話ができる環境

見守り機能はskypeの通話で行います。
そのため、見守られる側、見守る側 とも異なるskypeアカウントでのサイインインが必要です。

<見守られる側の準備>
1.alimoでskypeを起動します。
2.サイインインします(skypeのアカウントが必要)。
3.「コンタクトリスト」にコンタクト追加で見守る側の端末(iPhone等)の
  skypeユーザーを追加します。
  (「コンタクト追加」は、メニューボタンを押すと表示されます。)
4.コンタクトリストに追加されたskypeユーザーをタップして選び、
  ユーザー情報が開いたら右上の「見守り未登録」をタップして登録済にします。
5.設定の「通話設定」で「着信時、自動応答する」「通話中、ビデオを自動的に開始」に
  チェックをつけます。
以上で準備は終了です。

見守り機能を使うときは、見守りボタン(四角に両目と口のイラストのボタン)をタップします。
見守り待機状態のスクリーンセーバーになり見守り中と表示されますので、
その状態となったalimoを見守りで見たい方向に向きを合せて置いておきます。

<見守る側>
Skypeにサインインし、見守られる側のSkypeユーザーに通話発信します。
通話がつながったら、ビデオ通話の操作をすれば、見守られる側のalimoの映像が映ります(音声も聞こえます)。
Q&A番号 18626
このQ&Aの対象製品 IAT-PSR701

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】