Q&A

最大録画・録音可能時間や、容量・形式などについて

<内容>

【mAgicTVによるTV/ビデオ録画】
− 録画時間 −
1番組につき24時間まで録画可能です。

−映像形式− (サポートソフトのバージョンにより異なります)

<サポートソフト V1.30より>

「MPEG2」  CBR/VBR可能
画像サイズ          ビットレート
FullD1(720*480)      4 / 6 / 8 / 10 Mbps
HalfD1(352*480)      2 / 3 / 4 / 5 Mbps
SIF(352*240)         1 / 1.5 / 2 / 2.5 Mbps 

「MPEG1」 CBR固定
画像サイズ          ビットレート
SIF(352*240)        1 / 1.5 / 2 / 2.5 Mbps


<サポートソフト V1.20まで>

「MPEG-1/2ともに共通。CBR/VBR可能」

画像サイズ          ビットレート
fullD1(720*480)      4 / 6 / 8 Mbps
HalfD1(352*480)      2 / 3 / 4 Mbps
SIF(352*240)         1 / 1.5 / 2 Mbps


キャプチャ容量は画像サイズに関係なく、ビットレートにより決定されます。
例えば4Mbpsで取り込んだ場合、約32Mバイト/分の容量が必要となります。
VBR(バリアブルビットレート)を選択された場合については、キャプチャ映
像の内容により必要な容量は変化します。

※ご利用になる環境・設定するサイズによっては、キャプチャ時にコマ落ちな
 どが発生する可能性があります。


−音声形式−

サンプリング周波数:44.1 / 48 KHz
ビット精度:16Bit ステレオ
ビットレート:192Kbps

※ サウンドカード側の設定に依存することなく、上記設定となります。
   なお、サンプリング周波数48KHzはサポートソフトV1.30より対応してい
   ます。


<参考>

「mAgicTV」で録画時のファイルは、一般的なMPEG形式のファイルではあり
ません。録画したデータは添付のmAgicTVでのみ視聴可能です。
MediaPlayerや市販の編集ソフトで認識可能なMPEG形式にするには、mAgicTV
より「MPEGファイル出力」処理を行なう必要があります。
また、MPEG出力時の注意事項としては以下の様な点があります。

【MPEG出力先に指定するドライブがFATシステムの場合】
・最大容量は4GBまでとなります。
・mAgicTVでの録画データが4GBを超えている場合、変換時にはそのデータの
 頭から4GB分までがMPEGファイルとして保存されます。
 また、変換時は必ず録画データの頭からになります。
 (録画データの途中から任意に4GB分を保存するという事はできません。)    

【MPEG出力先に指定するドライブがNTFSシステムの場合】
・容量制限はございません。
 ※サポートソフトV1.10より対応しています。

    サポートソフトは、インターネットよりご入手いただけます。
『ホームページアドレス』
  http://www.iodata.jp/lib/index.htm
   ( 上記アドレスでは、製品名をアルファベット順に掲載しています。
  一覧から製品名を探し、選択してください。)

※インターネットからの入手が不可能な場合は、直接サポートセンターへお問い合わせださい。

 
【mAgicRadioによるFMラジオ放送録音】
チャンネル : ステレオ/モノラル
ビット精度 : 8Bit/16Bit
サンプリング周波数 : 11.025/22.050/44.100KHz

FMラジオ受信ソフト「mAgicRadio」については、OSのフォーマット形式にかか
わらず1番組 2GBまでの録音となります。
こちらは録音時に「WAV」ファイルとして記録しますので、mAgicTVにおけるよ
うなファイル変換処理は必要ありません。


Q&A番号 9359
このQ&Aの対象製品 GV-BCTV5/PCI GV-BCTV5/PCI(DELL)

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】