検索

検索結果

ヘルプ

QwatchView

Qwatch視聴アプリ

4G LTE でご利用される方へ

ライブ映像の連続視聴により一か月のデータ量がご契約プランの規定量を超えると、通信速度低速化の制限を受ける場合があります。解像度を下げたり、Wi-Fi接続でご利用になるなど、注意してご利用ください。

※ データの規定量についてはご利用の電気通信事業者との契約内容をご確認ください。

メイン画面

メニュー 「メニュー画面」参照
編集 カメラの登録や登録内容の変更がおこなえます。
タップするとライブ映像を表示します。(「ライブ映像」参照)
カメラ名、ユーザー権限、使用可能な機能を表示します。
タップすると、本マニュアルを表示します。

カメラの複数表示や拡大表示をする場合

端末を横にすると、カメラの複数表示や拡大表示がおこなえます。


▼複数表示
登録済みのカメラの映像を1画面に複数台ずつまとめて表示します。
※ カメラの映像をタップすると、そのカメラの映像を1 画面で表示します。
※ 複数台カメラを登録している場合、画面を左右にスワイプすると、次のライブ映像を表示します。

▼拡大表示

ライブ映像

ライブ映像の視聴や録画等の各機能の操作がおこなえます。

メイン画面に戻る メイン画面に戻ります。
カメラ名 カメラの名前を表示します。
ユーザー権限 現在のアカウントのユーザー権限を表示します。タップすると、アカウントの変更がおこなえます。
ライブ画面 ライブ映像を表示します。
メニュー メニューを左右にスワイプして選択します。
選択したメニューの操作ボタンが下に表示されます。
※ ユーザー権限およびご利用のカメラにより操作できる機能は異なります。
操作できない機能はグレー表示になります。
各カメラの対応機能については、「▼カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。
管理者メニュー 選択しているメニューの設定画面が表示されます。
※管理者用アカウントでログインしている場合のみ表示

「TS-WRLP」または「TS-WRLA」をご利用の場合で、かつ、イベント録画が無効になっている場合、アイコンが表示されます

イベント録画を有効にする場合は、[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]の順にタップし、[保存設定]→[録画]からイベント録画を[有効]に設定してください。

メニュー画面

アプリ全体の設定やネットワーク環境のチェックなどがおこなえます。

▼画面例:iOS


メイン画面に戻る メイン画面に戻ります。
お知らせを見る アイ・オー・データ機器からのお知らせを確認できます。
自動ロックまたはスリープ する QwatchView起動中に何も操作しなかった場合、スマートフォン等の自動ロック機能またはスリープ機能は動作します。
しない QwatchView起動中はスマートフォン等の自動ロック機能またはスリープ機能は動作しません。
音声再生 する ライブ映像の音を再生します。
しない ライブ映像の音をミュート(消音)します。
ネットワークチェック 自宅に設置したカメラに外出先からアクセスできるかどうかを、自動で診断します。(下記「「ネットワークチェック」機能とは」参照)
キャッシュクリア TS-WRLP、TS-WRLAのキャッシュをクリアするために使用します。キャッシュをクリアすると端末の容量が空きます。
※キャッシュをクリアしても、イベント録画等の保存したデータは削除されません。
画面で見るマニュアル 本マニュアルを表示します。
ライセンス QwatchViewのライセンス情報を表示します。
利用規約 ソフトウェアの利用規約を表示します。
※ Android端末のみ プライバシーポリシー 弊社のプライバシーポリシーを表示します。
バージョン QwatchViewのバージョンを表示します。

「ネットワークチェック」機能とは

外出先からカメラにアクセスできるかどうかを診断する機能です。
カメラを接続する予定のWi-Fiルーターに、スマートフォンやタブレットをWi-Fi接続して、診断を開始します。
ご利用のネット環境に問題が見つかった場合は、画面の案内にしたがって環境を設定してください。


※ IPアドレスを取得して診断します。あらかじめご了承ください。診断結果によりおすすめ商品などをご紹介することがありますが、個人情報と関連付けするなど、目的以外での利用はいたしません。

アカウントについて

カメラは出荷時状態で管理者権限のアカウントが1つと、ユーザー権限のアカウントが1つ設定されています。(※1)
ご利用のカメラにより、設定されているアカウントおよび操作できる機能は異なります。セキュリティ上、ご利用用途にあわせて管理者が使い分けしてください。

※1:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WPTCAM2、TS-WRFEにはユーザー権限のアカウントは設定されていません。


ユーザー権限と概要

カメラには管理者権限とユーザー権限のアカウントがあります。用途にあった権限のアカウントを使用してください。

ユーザー権限 ご利用用途 ユーザー名 パスワード
管理者 カメラの管理者が利用します。すべての操作、設定がおこなえます。 admin カメラのMACアドレス
(出荷時設定)(※1)
ユーザー
(共有ユーザー)
(※2,※3,※4,※5)
管理者が用途にあわせて使用制限を設定・編集できます。(※6)
主に機能や期間を限定してライブ映像を公開したい場合に利用します。
※ 出荷時に設定されているアカウント
▽TS-WPTCAMの場合
 IO-WPTCAM
▽TS-PTCAMの場合
IO-PTCAM
▽ TS-WLCAMの場合
IO-WLCAM
▽上記以外カメラの場合
IO-CAM
カメラに添付のシートに記載
(TS-WLCE、TS-WRLCの場合、設定されていますが、確認することはできません)

※1:セキュリティのため、「QwatchView」で初めてアクセスする際にパスワードの設定変更画面が表示されます。新しいパスワードに変更するとカメラの映像を見ることができます。

※2:下記「カメラ別QwatchView対応機能」参照

※3:オペレーター権限、ゲスト権限はQwatchViewのバージョンアップにより「ユーザー権限」と表示されます。

※4:TS-WLCAMの場合は、カメラの設定画面ではオペレーター権限またはゲスト権限と表示されます。

※5:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WPTCAM2、TS-WRFEは出荷時状態ではユーザー権限のアカウントは設定されていません。

※6:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WLCAMを除く

カメラ別QwatchView対応機能

ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能(使用制限)は異なります。
QwatchViewからカメラを視聴する場合、使用できない機能はグレー表示になります。
○…使用可能  ×…使用不可

カメラ型番 ユーザー権限 映像の視聴/
全画面表示/
ズーム
イベント センサー ライブラリ 録画 パン・チルト モード 通話 共有 設定
TS-WPTCAM 管理者 × × ×
ユーザー
※1,※9
× ×
※4
× ×
TS-WPTCAM2 管理者 × × ×
ユーザー
※9
× ×
※4
× ×
TS-PTCAM 管理者 × ×
※5
ユーザー
※1,※9
× ×
※4
× ×
TS-WLCAM 管理者 × ×
※6

※6
× × ×
ユーザー
※1,※2
× × ×
※3
× × × × ×
TS-WLC2 管理者 × × ×
※7
ユーザー
※1,※9
× × ×
※7
× ×
TS-WLCE
TS-WRLC
管理者 × ×
※6

※6
×
※8
×
ユーザー
※9
× ×
※6

※6
×
※8
× ×
TS-WRLP
TS-WRLA
管理者 ×
※8
ユーザー × ×
※6
× × × × × ×
TS-WRFE 管理者 × × ×
※8
×
ユーザー × × × × × × × × ×
TS-NA220
TS-NA220W
TS-NS210
管理者 × × ×
※7
×
ユーザー × × × × × × × × ×

※1:オペレーター権限、ゲスト権限はQwatchViewのバージョンアップにより「ユーザー」と表示されます。

※2:TS-WLCAMの設定画面ではオペレーター権限またはゲスト権限と表示されます。

※3:静止画のローカル(スマートフォン等)への保存のみおこなえます。

※4:プリセット設定をおこなう場合は管理者でおこなってください。

※5:カメラに別途スピーカーを接続する必要があります。

※6:SDカードは使用できません。

※7:プライバシー、暗視モードのみ使用できます。

※8:プライバシーモードのみ使用できます。

※9:管理者が[設定]-[アカウントの編集]画面で各機能の使用可能/不可を変更することができます。(「各メニューの操作」-「アカウントの編集」参照

カメラ別の機能比較については以下のURLをご覧ください。
http://www.iodata.jp/product/lancam/lancam/

アカウントの追加や削除、パスワードの変更等は、[設定]-[アカウントの編集]からおこないます。

アカウント変更

視聴中にログインしているアカウントを変更することができます。
※ 共有ユーザーはアカウントを変更できません。
  1. 画面右上のアカウント(管理者またはユーザー)をタップ

  2. ①[ユーザー名]と[パスワード]に変更する内容を入力
    ② [完了]または[変更]をタップ

ユーザー名 [admin]またはカメラで登録しているアカウントのユーザー名を入力します。(「アカウントについて」参照)
パスワード 上記[ユーザー名]に設定しているパスワードを入力します。
※ ユーザー名が[admin]の場合、出荷時設定はカメラのMACアドレス(12桁)を入力します。カメラ本体に記載しています。(半角英数字で入力)

元の画面に戻ります。以上で変更は完了です。

イベント

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


イベント録画が有効の場合に、動作検知、人感、音、気温、湿度センサー検知時に撮影された動画のリストが表示されます。
画像をタップすると動画(15秒)を表示します。

イベント画面では以下の操作、設定がおこなえます。

▼イベント録画再生

▼イベント設定

▼プッシュ通知




イベント録画再生

イベント録画が有効(初期設定)の場合に、動作検知、人感、音、気温、湿度センサー検知時に撮影された動画を再生する手順を説明します。

イベント録画の再生は直近の一週間分を表示します

イベント録画はSDカードの容量分録画し続けますが、QwatchView上では直近の一週間分を表示します。
なお、イベント録画の最大表示件数は、1000件です。
また、SDカードの容量が足りなくなると自動的に古いデータを削除し上書きしていきます。


  1. ①[イベント]をタップ
    ②[Live]をタップし、日付を選択

  2. 再生する映像を選択

  3. ⇒ 映像が表示されます。[Live>]をタップすると、元の画面に戻ります。



イベント設定

イベント検知の感度や範囲を設定することができます。
  1. ①[イベント]をタップ
    ②右下のをタップ

  2. 設定するイベントの名前をタップ

  3. 感度や範囲を設定し、[完了]をタップ

    ▼気温の場合


    ▼湿度の場合


    ▼音の場合


    ▼動作検知の場合
    :検知範囲を塗りつぶします。
    :検知範囲を解除します。
    :検知範囲をすべて解除します。


    ▼人感の場合



プッシュ通知

イベント検知時にプッシュ通知をおこなうかどうかを設定することができます。
  1. ①[イベント]をタップ
    ②右下のをタップ

  2. ①[このカメラのイベントをプッシュ通知で受け取る]をオンにする
    ②プッシュ通知をおこないたいイベントにチェックをつける
    ③[完了]をタップ

ライブラリ

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


SDカードやLAN DISKに保存したファイルを確認し、表示/再生することができます。


  1. ①[ライブラリ]をタップ
    ② ファイルの保存先をタップ


  2. フォルダーをタップ

    ※ ご利用のカメラにより表示されるフォルダーは異なります。

    ※ 外出先からはLAN DISKに保存したファイルの表示/再生はできません。(詳しくは「困ったときには」-「外出先からLAN DISKに保存したファイルが表示されない」参照)

    ※ iOSでLAN DISKに録画したファイルを再生する場合、別途アプリのインストールが必要な場合があります。(下記「iOS端末でLAN DISKに保存したファイルを再生する場合」参照)

    例)

iOS端末でLAN DISKに保存したファイルを再生する場合

「QrecView」をインストールし、ご利用ください。

※ TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210をご利用の場合は、本手順は不要です。
  1. ① [LAN DISK]をタップ
    ② [OK]をタップ
    ⇒App Storeが開きます。

  2. ①「QrecView」をインストール
    ②「QrecView」インストール後、再度QwatchViewを開く

  3. [LAN DISK]をタップ

  4. 再生するファイルのあるフォルダーを開き、ファイルを再生する

  5. 再生後、「QwatchView」に戻る場合は、[完了]をタップ

  6. [QwatchViewに戻る]をタップ

録画(TS-WRLP、TS-WRLAの場合)

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。

※ ご利用のカメラにより設定が異なります。詳しくは「録画(TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合)」「録画(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210以外の場合)」参照。


【写真(静止画)を撮る場合】
ローカル(スマートフォン/タブレット)にのみ保存できます。
2.撮影する参照

【動画を撮る方法】
撮影したいタイミングで動画を撮り、SDカードやLAN DISKに保存する場合は、イベント録画を無効に設定してから、撮影をおこなってください。
1.準備する
2.撮影する



1.準備する

イベント録画を無効にし、保存先の設定をおこないます。

  1. ①[録画]をタップ
    ② 右下のをタップ

  2. [録画]をタップ

  3. ① [イベント録画]で[無効]を選択
    ②[設定]をタップ
    ⇒ 元の画面に戻るまで、数秒待ちます。

▼LAN DISKに保存する場合は、下記「LAN DISKに保存する場合」にお進みください。
▼SDカードに保存する場合は、「SDカードに保存する場合」にお進みください。


LAN DISKに保存する場合


  1. ①[保存先]で[LAN DISK]を選択
    ② 各項目を設定
    ③[設定]をタップ

    ※ 各項目の詳細は下記「LAN DISK保存設定」参照

    ④[完了]をタップ

    ■ LAN DISK保存設定※1

    保存先 LAN DISKを選択します。
    ステータス LAN DISKの状態を表示します。
    保存場所(LAN DISK) 保存先LAN DISKのIPアドレスとフォルダー名を入力します。
    (\\IPアドレス\共有フォルダー名\(フォルダー名))

    ※入力例
     


    ※ルートフォルダーに保存する場合は、「\(フォルダー名)」は不要です。
    ※フォルダーおよびファイルを含めたフルパスで256文字まで入力できます。
    ※保存先フォルダー名は半角英数字で指定します。
    ※[保存場所]に設定したフォルダーの下に、以下のフォルダーが追加されます。また、以下のフォルダーの下に各カメラ名のフォルダーがそれぞれ追加されます。
    【Event】イベント録画で自動的に録画されたファイルが保存されます。
    【Schedule】手動録画のスケジュール機能で撮影したファイルが保存されます。
    【Manual】手動で撮影したファイルが保存されます。
    録画容量不足の通知 [有効]にすると、録画容量が足りなくなった場合にメールでお知らせします。
    [有効]にした場合は、カメラの設定画面でメールの設定をおこなってください。[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]→[基本設定]→[メール設定]の順に開いて設定します。
    連続録画 [有効]にすると、連続で録画します。
    ※容量が足りなくなった場合、古い録画ファイルを消して(上書きして)、録画を続けます。
    LAN DISKへの最大保存サイズ 上記[保存場所(LAN DISK)]に設定したフォルダーの階層下にある、カメラ名のフォルダーに録画できるファイル容量を制限する設定です。1台のLAN DISKに対して複数のカメラで録画をおこなう場合に設定します。
    LAN DISKの容量を超えないように設定してください。(使用しない/10GB/50GB/100GB/250GB/500GB/750GB/1000GBから選択)
    ※例:カメラ名が「CAM-12345」で、10GBに設定した場合
    「Event\CAM-12345」「Manual\CAM-12345」「Schedule\CAM-12345」の各フォルダーそれぞれに10GBまで保存できます(合計30GBまで保存できます)。
    アクセス制限 【制限あり】保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定している場合に選択します。LAN DISKに登録したユーザー名とパスワードを入力してください。
    【制限なし】保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定していない場合に選択します。
    スケジュール機能 [有効]にすると、設定した時間、自動的に録画します。
  2. [ステータス]が[接続]に変わったことを確認する

  3. ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

SDカードに保存する場合

  1. ①[保存先]で[SDカード]を選択
    ② [録画容量不足の通知][連続録画][スケジュール機能]を設定
    ③ [設定]をタップ
    ※ 各項目の詳細は下記「SDカード保存設定」参照
    ④[完了]をタップ

    ■SDカード保存設定

    保存先 SDカードを選択します。
    イベント録画 [無効]を選択します。
    ステータス SDカードの状態を表示します。「使用可能」と表示されていることをご確認ください。(「使用可能」以外の表示になり、SDカードに保存できない場合は、「困ったときには」-「SDカードに保存できない(TS-WRLP、TS-WRLA)」参照)
    残り容量 SDカードの空き容量を表示します。

    ※ 本製品はシステム使用領域として512MBを使用します。
    そのため、SDカードの容量に関わらず、常に512MBの使用できない領域(空き領域)が発生します。

    SDフォーマット SDカードをフォーマット(初期化)する際に使用します。

    ※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。
    SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。
    接続製品の保存データの毀損・ 消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。
    (バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません)

    マウント解除

    SDカードを本製品より安全に抜く際に使用します。
    [マウント解除]をクリックし、ステータスに「マウントが解除されました」と表示されたことを確認してから、SDカードを抜いてください。


    ※ SDカードをマウント解除せずに抜くと、保存データの毀損・消失や故障の原因となります。保存データの毀損・消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。

    録画容量不足の通知 [有効]にすると、録画容量が足りなくなった場合にメールでお知らせします。
    [有効]にした場合は、カメラの設定画面でメールの設定をおこなってください。[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]→[基本設定]→[メール設定]の順に開いて設定します。
    連続録画 [有効]にすると、連続で録画します。
    ※容量が足りなくなった場合、古い録画ファイルを消して(上書きして)、録画を続けます。
    スケジュール機能 [有効]にすると、設定した時間、自動的に録画します。
  2. ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

2.撮影する

ここでは手動で撮影する方法を説明しています。スケジュール機能を有効にしている場合は、設定した時間、自動的に録画します。


  1. ①[録画]をタップ
    ② SDカードまたはLAN DISKに保存する場合は、[ローカル]をタップして保存先を選択
    ③ 静止画⇔動画をタップして選択
    ④ 撮影したいタイミングで◎をタップ
    ⑤ 動画の場合のみ、撮影を終了したいタイミングでもう一度◎をタップ

  2. ※ ローカル(スマートフォン/タブレット)には静止画のみ保存可能です

    ※ ユーザー権限のアカウントでは、静止画のローカル(スマートフォン等)への保存のみおこなえます。

    ※ 「録画の自動停止時間」を設定している場合、指定した時間が経過すると自動で録画が停止します。すぐに録画を停止する場合は◎アイコンをタップしてください。

以上で撮影は完了です。保存したファイルは「ライブラリ」から確認できます。

録画(TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合)

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。

※ ご利用のカメラにより設定が異なります。詳しくは「録画(TS-WRLP、TS-WRLAの場合)」「録画(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210以外の場合)」参照。


写真や動画を撮る場合の手順を説明します。

1.準備する

2.撮影する



保存先をご用意ください

スマートフォン/タブレット以外に保存する場合は、保存先(microSDカード(市販品)やLAN DISK(別売))をご用意ください。
動作確認済みLAN DISKについては、弊社Webページをご覧ください。
また、LAN DISKは設置し、ご利用のパソコンやスマートフォンからご利用可能な状態にしておいてください。

1.準備する

事前に保存先の設定をおこないます。

※ ローカル(スマートフォン等)に保存する場合は、以下の設定は不要です。「2.撮影する」へお進みください。


  1. ①[録画]をタップ
    ② 右下のをタップ

  2. 保存先([SDカード][LAN DISK設定]のいずれか)を選択

▼LAN DISKに保存する場合は、下記「LAN DISKに保存する場合」にお進みください。
▼SDカードに保存する場合は、「SDカードに保存する場合」にお進みください。


LAN DISKに保存する場合


  1. ① LAN DISKの保存場所など、詳細を設定する

    ② [設定]をタップ

    ※ 各項目の詳細は下記「LAN DISK設定」参照

    ■ LAN DISK設定※1

    ステータス LAN DISKの状態を表示します。
    保存場所(LAN DISK) 保存先LAN DISKのIPアドレスとフォルダー名を入力します。
    (\\IPアドレス\共有フォルダー名)

    ▼入力例


    ※ フォルダーおよびファイルを含めたフルパスで256文字まで入力できます。

    ※ 半角英数字で指定します。

    LAN DISKへの最大保存サイズ(1~2000Gbyte)

    上記[保存場所(LAN DISK)]に設定したフォルダーの階層下にある、カメラ名のフォルダーに録画できるファイル容量を制限する設定です。1台のLAN DISKに対して複数のカメラで録画をおこなう場合に設定します。 LAN DISKの容量を超えないように設定してください。(1~2000Gbyteの間で設定します。初期値:10)

    ※ 設定した最大保存サイズを超えると、自動的に古いファイルから削除されます。

    ※ LAN DISKに表示される空き容量と実際にデータが書き込める領域は若干誤差があるため、空き容量と同じ値に設定しないでください。本設定は、LAN DISKの空き容量より10%ほど少なめに設定することをお勧めします。

    アクセス制限 【制限あり】保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定している場合に選択します。LAN DISKに登録したユーザー名とパスワードを入力してください。
    【制限なし】保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定していない場合に選択します。

    ※1 製品により「LAN DISK」を「NAS」と表示している場合があります。

  2. [ステータス]が[接続]に変わったことを確認する

  3. ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

SDカードに保存する場合

  1. ① [SDフォーマット]をタップ

    ② 「SDカードをフォーマットすると、既に保存されているデータは消えます。よろしいですか?」と表示されたら、[OK]をタップ

    ※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。 SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。接続製品の保存データの毀損・消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。(バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません)

    ③ [SDカードステータス]が[使用可能]になっていることを確認

    ■SDカード

    SDカードステータス 本製品に取り付けたSDカードの状態を表示します。
    SDカードの容量 本製品に取り付けたSDカードの総容量を表示します。
    使用容量 本製品に取り付けたSDカードの使用済みの容量を表示します。
    空き容量 本製品に取り付けたSDカードの空き容量を表示します。
    SDフォーマット SDカードをフォーマット(初期化)する際に使用します。

    ※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。
    SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。
    接続製品の保存データの毀損・ 消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。
    (バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません)

    マウント解除

    SDカードを本製品より安全に抜く際に使用します。
    [マウント解除]をクリックし、ステータスに「マウントが解除されました」と表示されたことを確認してから、SDカードを抜いてください。


    ※ SDカードをマウント解除せずに抜くと、保存データの毀損・消失や故障の原因となります。保存データの毀損・消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。

    SDカードファイル管理 本製品に取り付けたSDカードのフォルダー名を表示します。また一覧にはディレクトリの下層フォルダー名やファイル名が表示されます。フォルダー名やファイル名をクリックすると、そのフォルダーやファイルを開くことができます。
    【ディレクトリ】現在、表示している階層を表示します。
    【表示単位】1ページあたりに表示するファイル数を指定します。
    【ファイル】ファイル名を表示します。
    【ファイル数】フォルダー内にあるファイル数を表示します。
    【サイズ】ファイルサイズを表示します。
    【削除】[選択]欄でチェックしたフォルダーやファイルを削除します。

    ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

2.撮影する

ここでは手動で撮影する方法を説明しています。


スケジュール録画や検知録画もおこなえます

スケジュールを設定すると、設定した時間に自動的に録画することができます。また、動作検知、音検知の設定をおこなうと、検知した際にのみ録画することもできます。
設定方法について詳しくは、カメラの「詳細ガイド」をご覧ください。

※ カメラの「詳細ガイド」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

  1. ①[録画]をタップ
    ② SDカードまたはLAN DISKに保存する場合は、[ローカル]をタップして保存先を選択
    ③ 静止画⇔動画をタップして選択
    ④ 撮影したいタイミングで◎をタップ
    ⑤ 動画の場合のみ、撮影を終了したいタイミングでもう一度◎をタップ

  2. ※ ローカル(スマートフォン/タブレット)には静止画のみ保存可能です

    ※ ユーザー権限のアカウントでは、静止画のローカル(スマートフォン等)への保存のみおこなえます。

以上で撮影は完了です。保存したファイルは「ライブラリ」から確認できます。

録画(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210以外の場合)

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。

※ ご利用のカメラにより設定が異なります。詳しくは「録画(TS-WRLP、TS-WRLAの場合)」「録画(TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合)」参照。


写真や動画を撮る場合の手順を説明します。

1.準備する

2.撮影する



1.準備する

事前に保存先の設定をおこないます。

※ ローカル(スマートフォン等)に保存する場合は、以下の設定は不要です。「2.撮影する」へお進みください。
※ TS-WLCAM、TS-WLCE、TS-WRLCではSDカードをご利用いただけません。
下記「LAN DISKに保存する場合」へお進みください。
  1. ①[録画]をタップ
    ② 右下のをタップ

  2. [保存先設定]をタップ

  3. ① 保存先を選択
    ②[設定]をタップ
    ③[戻る]をタップ

▼LAN DISKに保存する場合は、下記「LAN DISKに保存する場合」にお進みください。
▼SDカードに保存する場合は、「SDカードに保存する場合」にお進みください。


LAN DISKに保存する場合

※ 製品により「LAN DISK」を「NAS」と表示している場合があります。


  1. [LAN DISK保存設定]をタップ

  2. ① 各項目を設定する

    ※ 各項目の詳細は下記「LAN DISK保存設定」参照

    ②[設定]をタップ

    ③[完了]をタップ

    ■ LAN DISK保存設定※1

    ステータス LAN DISKの状態を表示します。
    非接続 LAN DISKにファイルを保存できない状態です。LAN DISKが非接続または未設定または設定内容が間違っています。
    接続 LAN DISKにファイルを保存できる状態です。
    保存場所
    保存先LAN DISKのIPアドレスとフォルダー名を入力します。
    (\\IPアドレス\共有フォルダー名\ (フォルダー名))

    ※ サブフォルダーを使用しない場合、3番目を空欄にしてください。

    ※ フォルダーおよびファイルを含めたフルパスで256文字まで入力できます。

    ※ 保存先フォルダー名は半角英数字で指定します。

    (例)IPアドレス「192.168.0.200」、共有フォルダー名「disk」、フォルダー名「camera」の場所を保存先に指定する場合、「\\192.168.0.200\disk\camera」と入力します。

    ※ [保存場所]に設定したフォルダーの下に、以下のフォルダーが追加されます。また、以下のフォルダーの下に各カメラ名のフォルダーがそれぞれ追加されます。

    IPCamera_Event 動作検知機能で撮影したファイルが保存されます。
    IPCamera_Manual 手動で撮影したファイルが保存されます。
    IPCamera_Record 「TS-WLCAM」で撮影したファイルが保存されます。「TS-WLCAM」以外のカメラでは、本フォルダーは作成されません。
    IPCamera_Schedule スケジュール機能で撮影したファイルが保存されます。
    録画容量不足の通知 有効にすると、録画容量が足りなくなった場合にメールでお知らせします。
    ※ メール設定はカメラの設定画面からおこないます。[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]→[基本設定]→[メール設定]の順に開いて設定します。
    録画の自動停止時間 選択した時間が経過すると自動的に録画を停止します。[指定なし]を選択すると録画停止ボタンをタップするまで録画を続けます。
    連続録画
    ※2

    有効にすると、連続で録画します。

    ※ 容量が足りなくなった場合、古い録画ファイルを消して(上書きして)、録画を続けます。

    ※ TS-WRFEの場合、前の録画と次の録画の間の数秒間は録画されません。

    1ファイル当たりの最大サイズ 1ファイルに保存できる最大のファイルサイズを選択します。
    LAN DISKへの最大保存サイズ
    ※2
    [保存場所]に設定したフォルダーの階層下にある、カメラ名のフォルダーに録画できるファイル容量を制限する設定です。1台のLAN DISK に対して複数のカメラで録画をおこなう場合に設定します。LAN DISKの容量を超えないように設定してください。
    (例)カメラ名が「CAM-12345」で、10GBに設定した場合(TS-WLCAM以外の場合)
    「IPCamera_Event\CAM-12345」「IPCamera_Manual\CAM-12345」「IPCamera_Schedule\CAM-12345」の各フォルダーそれぞれに10Gバイトまで保存できます(合計30Gバイトまで保存できます)。
    アクセス制限 制限なし/制限ありを選択します。
    制限あり 保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定されている場合に選択します。LAN DISKに登録したユーザー名とパスワードを設定します。
    制限なし 保存先LAN DISKの共有フォルダーにアクセス制限を設定していない場合に選択します。
    ユーザー名 上記、アクセス制限を[制限あり]にした場合、LAN DISKに登録したユーザー名とパスワードを入力し、設定します。
    パスワード

    ※1 製品により「LAN DISK」を「NAS」と表示している場合があります。

    ※2 製品により本項目は表示されません。

  3. [ステータス]が[接続]に変わったことを確認する

  4. ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

SDカードに保存する場合

※ TS-WLCAM、TS-WLCE、TS-WRLCでは、SDカードをご利用いただけません。


  1. [SDカード保存設定]をタップ

  2. ① 各項目を設定
    ③[設定]をタップ
    ※ 各項目の詳細は下記「SDカード保存設定」参照
    ③[完了]をタップ

    ■SDカード保存設定

    ステータス SDカードの状態を表示します。
    SDカードが挿入されていません。 SDカードが取り付けられていないか、保存できない状態です。
    使用可能 SDカードにファイルを保存できる状態です。
    残り容量 SDカードの空き容量を表示します。
    録画容量不足の通知 有効にすると、録画容量が足りなくなった場合に、メールでお知らせします。
    ※ メール設定はカメラの設定画面からおこないます。[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]→[基本設定]→[メール設定]の順に開いて設定します。
    録画の自動停止時間 選択した時間が経過すると自動的に録画を停止します。[指定なし]を選択すると、録画停止ボタンをタップするまで録画を続けます。
    連続録画

    有効にすると、連続で録画します。

    ※ 容量が足りなくなった場合、古い録画ファイルを消して(上書きして)、録画を続けます。

    ※ TS-WRFEの場合、前の録画と次の録画の間の数秒間は録画されません。

    1ファイル当たりの最大サイズ 1ファイルに保存できる最大のファイルサイズを選択します。
    SDフォーマット タップすると、SDカードを初期化します。
    ※ 初期化するとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。接続製品の保存データの毀損・ 消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。
    (バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません。)
    マウント解除 タップすると、カメラの電源が入っている状態でもSDカードを取り外せます。
    ※ SD カードをマウント解除せずに抜くと、保存データの毀損・消失や故障の原因となります。保存データの毀損・消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。
  3. ⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.撮影する」へお進みください。

2.撮影する

ここでは手動で撮影する方法を説明しています。


スケジュール録画や検知録画もおこなえます

スケジュールを設定すると、設定した時間に自動的に録画することができます。また、動作検知などの設定をおこなうと、検知した際にのみ録画することもできます。
設定方法について詳しくは、カメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。

※ カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

  1. ①[録画]をタップ
    ② SDカードまたはLAN DISKに保存する場合は、[ローカル]をタップして保存先を選択
    ③ 静止画⇔動画をタップして選択
    ④ 撮影したいタイミングで◎をタップ
    ⑤ 動画の場合のみ、撮影を終了したいタイミングでもう一度◎をタップ

  2. ※ ローカル(スマートフォン等)には静止画のみ保存可能です

    ※ ユーザーおよびゲスト権限のアカウントでは、静止画のローカル(スマートフォン等)への保存のみおこなえます。

    ※ 「録画の自動停止時間」を設定している場合、指定した時間が経過すると自動で録画が停止します。すぐに録画を停止する場合は◎アイコンをタップしてください。

以上で撮影は完了です。保存したファイルは「ライブラリ」から確認できます。

パンチルト

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


カメラを左右・上下に動かすことができます。


  1. ①[パンチルト]をタップ
    をタップ

    ※ 中央(●)を押すと、ホームポジションに戻ります(出荷時設定の場合、カメラがまっすぐ正面の向きに戻ります)。

    ※ 視聴中、録画中にパンチルトをおこなうと、カメラの駆動音が収録されますのでご注意ください。

カメラの方向を登録する方法(プリセット設定)

あらかじめカメラの方向を登録しておくと、パンチルトする場合やパトロールモードを利用する場合に便利です。

※ プリセット設定は管理者のみ設定できます。

① [パンチルト]をタップ

② 右下のをタップ

③ [プリセット設定]をタップ

④ パンチルト操作ボタンをタップし、設定したい方向にカメラの向きを変更する

⑤ プリセット番号を選択

⑥ [設定]をタップ

⑦ [完了]をタップ

※ プリセットは4つまで登録できます。手順③~⑥までを繰り返して登録してください。

モード

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


各モードの設定および操作を説明します。

▼パトロール

▼プライバシー

▼暗視



パトロール

設定した範囲をパトロールします。また、スケジュール機能を有効にすると、設定した時間に自動的にパトロールをおこないます。

1.準備する

2.利用する


1.準備する


設定した範囲を、設定したスケジュールで確認することができます。
はじめに「プリセット設定」でカメラの方向を登録し、「パトロール設定」でスケジュール等を設定します。

※ プリセット設定およびパトロール設定は、管理者のみ設定できます。

※ すでにプリセットを設定されている場合は、2.利用するへお進みください。

  1. ①[パンチルト]をタップ
    ② 右下の をタップ

  2. [プリセット設定]をタップ

  3. ① パンチルト操作ボタンをタップし、設定したい方向にカメラの向きを変更する
    ② プリセット番号を選択
    ③[設定]をタップ
    ④[戻る]をタップ

    ※ プリセットは4つまで登録できます。
    手順①~③までを繰り返して登録してください。

  4. [パトロール設定]をタップ

  5. ① 各項目を設定
    ②[設定]をタップ
    ③[完了]をタップ

パトロール設定
パトロールモード 有効/無効を選択します。
スケジュール機能 有効/無効を選択します。

※ TS-WPTCAM2では、本項目は表示されません。

パトロール時間 スケジュール機能を[有効]にした場合、パトロールする時間帯を設定します。

※ スケジュールの開始と終了は、3分以上に設定してください。

※ 開始時間と終了時間を同じ時間に設定することはできません。

パトロール範囲 パトロールする範囲を設定します。
「プリセット設定」で設定した向きを選択します
※ 4つまで範囲を設定できます。
プリセット位置での停止時間 プリセット設定した位置で停止する時間を設定します。
※ ご利用のカメラにより設定できる時間が異なります。詳しくは各カメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。
カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

長時間(24時間)連続でのパトロール動作はお避けください

部品が消耗し、短期間で故障にいたる場合があります。

以上でパトロールの設定は完了です。「2.利用する」へ進みます。

2.利用する

  1. ①[モード]をタップ
    ②[パトロール]をタップ
    ⇒パトロールを開始します。

もう一度[パトロール]をタップすると停止します。

※ スケジュール機能が[有効]になっている場合は、設定したパトロール時間になると自動的にパトロールをおこないます。


プライバシー


カメラの映像を公開したくない場合に使用します。スケジュールを設定する場合は、以下「1.準備する」へお進みください。

※ TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合、パソコンから設定画面を開くと、公開したくない範囲を設定することができます(QwatchViewでは設定できません)。設定方法について詳しくは弊社Webページから「詳細ガイド」をご覧ください。


1.準備する

2.利用する


1.準備する

  1. ① [モード]をタップ
    ② 右下のをタップ

  2. [プライバシー設定]をタップ

  3. ① 各項目を設定
    ②[設定]をタップ
    ③[完了]をタップ

プライバシー設定
プライバシー機能 [有効]を選択します。
表示設定 [暗転]のみ選択できます。
スケジュール機能 スケジュールを設定する場合は、[有効]を選択し、[開始時間][終了時間]を設定します。

⇒ 以上で設定は完了です。次に「2.利用する」へ進みます。

2.利用する

  1. ① [モード]をタップ
    ② [プライバシー]をタップ
    ⇒画面が暗くなります。

もう一度[プライバシー]をタップするとライブ映像に戻ります。

※ スケジュール機能が[有効]になっている場合は、設定した時間になると自動的に暗くなります。


暗視

暗闇の中、約5m先の映像まで表示ができます。
暗視モードへの自動切り替え機能が[有効](出荷時設定)になっている場合は、周りの明るさを感知し、自動的に暗視モードに切り替わります。

※ カメラの自動切り替え機能が[有効]になっていても、カメラの周りが明るい場合は暗視モードに切り替わりません。

※ 暗視モード(上の画面)の状態で[暗視]をタップすると、カメラの自動切り替え機能の[有効]⇔[無効]を切り替えることができます。

※ カメラの周りが明るく暗視モードになっていない状態では、カメラの自動切り替え機能の[有効]を[無効]を切り替えることはできますが、[無効]を[有効]に切り替えることはできません。

通話

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


スマートフォン等に向かって話しかけた音声をカメラのスピーカーから出力することができます。
※ カメラにオーディオ端子がある場合は、オーディオ端子にスピーカーを接続してください。詳しくはカメラの「画面で見るマニュアル」をご参照ください。
  1. ①[通話]をタップ

    ※ 「QwatchViewがマイクへのアクセスを求めています」のメッセージが表示された場合は[OK]をタップします。

    ②[]アイコンを押しながらスマートフォン等に話しかける
    ⇒カメラのスピーカーから声が出ます。

  2. 通話を終了する場合、[]アイコンから手を離す

通話中、カメラ設置環境の音声は、端末側で聞こえません
(※一部環境を除く)

]アイコンを押している間は、本製品のマイクからの音は聞こえません。[]アイコンから手を離すと、本製品のマイクからの音が聞こえる状態になります。

※ ただし、TS-WRLPまたはTS-WRLA、かつiOS端末をご利用の場合は、通話中でも本製品のマイクからの音を聞くことができます。(双方向通話対応)

共有

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


家族や知人とカメラを共有する場合に便利です。本手順で作成したQRコードや登録用URLを送ることで、他の端末で簡単にカメラを登録、共有することができます。


● 視聴期間や使用する機能を限定してライブ映像を公開することができます。
⇒お店の様子やイベント会場等のリアルタイム配信に利用できます。

● メール等で登録用URLを送ることができます。
⇒ 遠隔地にいる家族や知人でもカメラを登録できます(添付のシートを見せなくても登録ができます)。

● 本手順で登録したカメラは共有ユーザー権限になります。
⇒ 用途にあわせ、ユーザーごとに操作できる機能(使用制限)を設定できます。
※ 共有ユーザー権限で登録したカメラは他のアカウントに変更できません。

ここでは作成したQRコードをメールでユーザーに送り、登録する手順を説明します。

1.ユーザーアカウントの追加/編集をおこなう

2.QRコードを作成する

3.カメラを登録する



1.ユーザーアカウントの追加/編集をおこなう

用途にあわせ、アカウントごとに操作できる機能(使用制限)を設定することができます。
初期設定から変更する場合やアカウントを追加する場合は、「設定」-「アカウントの編集」を参照し、設定してください。

※ ユーザー権限のアカウントで操作できる機能の初期設定については、「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。

※ TS-WLCAMの場合は、ユーザー権限(オペレーター権限)とゲスト権限で使用できる機能が決まっており、変更はできません。アカウントの追加のみおこなえます。

⇒ユーザーアカウントの追加/編集が完了したら、「2.QRコードを作成する」に進みます。



2.QRコードを作成する

  1. [共有]→[このカメラを共有する]の順にタップ

  2. TS-WLCAM以外の場合は、共有するアカウントを選択(TS-WLCAMの場合は、手順3.へ進む)

    ※ [アカウントの編集]をタップすると、アカウントの追加や編集がおこなえます。(「設定」-「アカウントの編集」参照)

  3. ① 視聴期間を選択

    ②[作成]をタップ

  4. 共有ボタン()をタップ

    ※ ここでは「メッセージ」アプリで送る場合の手順例を説明しています。

    ※ 表示されたアプリでもカメラ登録用のURLを利用者に送ることができます。

  5. 「メッセージ」アプリを選択

  6. 宛先を選択し、送信する

  7. ⇒ 以上でQRコードの作成は完了です。「3.カメラを登録する」に進みます。



3.カメラを登録する

受け取ったURLで利用者がカメラを登録する手順を説明します。

※ 本手順でカメラを登録すると、ユーザー権限は「共有ユーザー」になります。
TS-WLCAMの場合、使用できる機能は「ユーザー」と同じです。(「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」
TS-WLCAM以外の場合、「1.QRコードを作成する」手順2.で選択したアカウントに設定している機能になります。
また、共有ユーザーで登録したカメラは他のアカウントに変更できません。


  1. [App Store]または[Google Play]をタップし、QwatchViewをインストールする

  2. ① 再度Webブラウザーを起動し、手順1.の画面を表示する

    ②[カメラを登録する]をタップ

  3. [OK]をタップ

  4. 映像が表示されたことを確認し、映像をタップ

  5. 以上でカメラの登録は完了です。

設定

※ ご利用のカメラおよびユーザー権限によって操作できる機能は異なります。詳しくは「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」をご覧ください。


▼IPカメラの設定画面を開きます

▼アカウントの編集



IPカメラの設定画面を開きます

カメラの設定画面を開きます。カメラの詳細な設定がおこなえます。


  1. [設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]の順にタップ

    ※ ご利用のカメラにより表示されるメニューは異なります。

  2. 以上で設定画面は開けました。
    設定画面の詳細については、各カメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。

    ※ カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
    http://www.iodata.jp/lib/



アカウントの編集

ユーザー権限、ゲスト権限のアカウントの追加や編集がおこなえます。

※ ご利用のカメラにより表示されるメニューは異なります。

  1. [設定]→[アカウントの編集]の順にタップ

カメラにより表示されるメニューが異なります。操作するメニューの説明をご覧ください。

▼ユーザー設定(TS-WLCAM以外の場合)

▼ユーザー設定(TS-WLCAMの場合)

▼権限設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WLCAM以外の場合)

▼匿名ログイン設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WLCAM以外の場合)

▼管理者設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-WRFEの場合)

▼カメラ共有(TS-WRLP、TS-WRLAの場合)

ユーザー設定(TS-WLCAM以外の場合)


ユーザーリスト 登録されているユーザー名を選択します。
追加 ユーザー権限のアカウントを追加登録します
編集 ユーザーリストで選択したユーザーの名前とパスワードを変更します。
削除 ユーザーリストで選択したユーザーを削除します。

ユーザー設定(TS-WLCAMの場合)


ユーザーリスト 登録されているユーザー名を選択します。
ユーザー名 追加登録もしくは変更する場合、新しいユーザー名を入力します。
※ 半角英数字、1~63文字まで
パスワード 追加登録もしくは変更するユーザーのパスワードを入力します。
※ 半角英数字、1~63文字まで
パスワード再入力 パスワードを再入力します。
ユーザー権限 ユーザー権限(オペレーターまたはゲスト)を選択します。
※ オペレーター権限、ゲスト権限はQwatchView上では「ユーザー」と表示されます。
匿名でログイン 有効/無効を選択します。有効にすると、パソコンからカメラにアクセスした場合に、ユーザー名やパスワードを入力せずにカメラの映像を見ることができます。
※ [有効]に設定した場合でも、QwatchViewでは無効になります。

権限設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WLCAM以外の場合)


ユーザーリスト 登録されているユーザー名を選択します。
スナップショット/録画(ローカル、PCのみ)※1 ローカルドライブへスナップショットの保存や映像の録画を許可します。
スナップショット/録画(LAN DISK) LAN DISKへスナップショットの保存や映像の録画を許可します。
パン・チルト/プリセット/パンチルト反転 パン・チルトとプリセットの操作ができます。
全画面/ズーム(PCのみ)※1、2 全画面表示やズーム機能が使用できます。
プライバシー プライバシー機能が使用できます。
動作検知(PCのみ)※1 パソコンで使用した際に動作検知機能のオン/オフがおこなえます。
カメラ共有(QRコード作成) QwatchViewで共有ユーザーのカメラ登録用QRコードを作成できます。
ライブラリ管理 ライブラリメニューからSDカードやLAN DISK内のデータを確認することができます。
権限を変更する 許可する機能にチェックをつけ、[権限を変更する]をタップします。

※1 パソコンで使用する場合の設定です。

※2 QwatchViewではすべてのユーザー権限で使用できます。

※ カメラ別の対応機能については、「アカウントについて」-「カメラ別QwatchView対応機能」参照

匿名ログイン設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WLCAM以外の場合)


匿名でログイン 有効/無効を選択します。有効にすると、パソコンからカメラにアクセスした場合にユーザー名やパスワードを入力せずにカメラの映像を見ることができます。
※ [有効]に設定した場合でも、QwatchViewでは無効になります。

管理者設定(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-WRFEの場合)


管理者パスワード 管理者パスワードを変更する場合は、新しいパスワードを入力します。
※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。
パスワード再入力 管理者パスワードを変更する場合は、新しいパスワードと同じパスワードを入力します。

カメラ共有(TS-WRLP、TS-WRLAの場合のみ)


ユーザーリスト 登録されているユーザー名を選択します。

QRコードで登録

QRコードでカメラを登録する手順を説明します。ご利用の製品により手順が異なります。

※ 添付のシート上のQRコードで登録すると、TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFE、TS-WRLC、TS-WLCEの場合、管理者権限になります。TS-WPTCAM、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2の場合、ユーザー権限で登録されます。

▼TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEの場合

▼TS-WRLC、TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEの場合



TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEの場合

※ 添付のシート上のQRコードで登録すると、TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEの場合、管理者権限になります。
  1. [編集]をタップ

  2. [登録]をタップ

  3. [QR コードで登録]をタップ

  4. [読み取り開始]をタップ

  5. 添付のシートに記載のQRコードにかざして読み取る

    ※ 添付のシートは製品により異なります。

    添付のかんたん接続シートを紛失した場合

    「困ったときには」-「Q:添付のかんたん接続シートを紛失した場合」をご覧ください。

  6. [次へ]をタップ

  7. 初期パスワードが設定されている場合のみ、パスワードの変更画面が表示されます。以下の画面が表示されない場合は、手順9へお進みください。
  8. ① 1行目と2行目に新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ②[変更]をタップ

  9. [OK]をタップ

  10. ① 1行目に“admin”を入力

    ※ 管理者権限になります。

    ② 2行目に変更後のパスワードを入力

    ③[登録]をタップ

  11. [OK]をタップ

  12. カメラ名をタップ

  13. 「メンテナンスアップデート機能について」の画面が表示されたら、よく読み[OK]をタップ

  14. 画面上のボタンを押して閉じる

  15. カメラ名をタップ

  16. 以上でカメラの登録は完了です。

TS-WRLC、TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEの場合

※ 添付のシート上のQRコードで登録すると、TS-WPTCAM2、TS-WRLC、TS-WLCEの場合、管理者権限になります。TS-WPTCAM、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2の場合、ユーザー権限で登録されます。
  1. [編集]をタップ

  2. [登録]をタップ

  3. [QRコードで登録]をタップ

  4. [読み取り開始]をタップ

  5. 添付のシートに記載のQRコードにかざして読み取る

    ※ 添付のシートは製品により異なります。

    添付のかんたん接続シートを紛失した場合

    「困ったときには」-「Q:添付のかんたん接続シートを紛失した場合」をご覧ください。

以上でカメラの登録は完了です。
次にパスワードの変更をおこないます。


  1. カメラ名をタップ

    管理者パスワードの入力画面が表示された場合

    管理者パスワードを入力し、[OK]をタップしてください。

    ※ 管理者パスワードの出荷時設定はカメラのMACアドレス(12桁)です。MACアドレスはカメラ本体に記載しています。(半角英数字で入力)

  2. 「不正アクセス防止のために 管理者パスワードが出荷時設定です。…」の画面が表示された場合は、管理者パスワードの変更をおこなってください。

    ① 一行目に新しいパスワードを入力

    ② 二行目にも新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ③[OK]をタップ

  3. 「不正アクセス防止のために ユーザー(ユーザー名)のパスワードが出荷時設定です。…」の画面が表示された場合は、ユーザー権限のアカウントのパスワードの変更をおこなってください。

    ① 一行目に新しいパスワードを入力

    ② 二行目にも新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ③[OK]をタップ

  4. [OK]をタップ

  5. 以上でパスワードの変更は完了です。カメラ名をタップすると、映像が表示されます。

カメラ名を選択して登録

カメラ名を選択して登録する手順を説明します。
※ ご利用のスマートフォン等と同じネットワーク上のカメラを登録する場合は、本手順で登録が可能です。
  1. [編集]をタップ

  2. [登録]をタップ

  3. カメラ名をタップ

  4. ① 一行目にユーザー名を入力

    ② 二行目にパスワードを入力

    ③[OK]をタップ

ユーザー名 [admin]またはカメラで登録しているアカウントのユーザー名を入力します。(「アカウントについて」参照)
パスワード 上記[ユーザー名]に設定しているパスワードを入力します。
※ ユーザー名が[admin]の場合、出荷時設定はカメラのMACアドレス(12桁)を入力します。カメラ本体に記載しています。(半角英数字で入力)
※ パスワードを忘れた場合、本製品を初期化してください。初期化後、再度ルーターとの接続をおこない、カメラの登録をやり直してください。(詳しくはカメラのマニュアルをご参照ください。以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/
  1. [OK]をタップ

以上でカメラの登録は完了です。
次にパスワードの変更をおこないます。

  1. カメラ名をタップ

    管理者パスワードの入力画面が表示された場合

    管理者パスワードを入力し、[OK]をタップしてください。

    ※ 管理者パスワードの出荷時設定はカメラのMACアドレス(12桁)です。MACアドレスはカメラ本体に記載しています。(半角英数字で入力)

  2. 「不正アクセス防止のために 管理者パスワードが出荷時設定です。…」の画面が表示された場合は、管理者パスワードの変更をおこなってください。

    ① 一行目に新しいパスワードを入力

    ② 二行目にも新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ③[OK]をタップ

  3. 「不正アクセス防止のために ユーザー(ユーザー名)のパスワードが出荷時設定です。…」の画面が表示された場合は、ユーザー権限のアカウントのパスワードの変更をおこなってください。

    ① 一行目に新しいパスワードを入力

    ② 二行目にも新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ③[OK]をタップ

  4. [OK]をタップ

  5. カメラ名をタップ

  6. 「メンテナンスアップデート機能について」の画面が表示されたら、よく読み[OK]をタップ

  7. 画面上のボタンを押して閉じる

  8. カメラ名をタップ

  9. 以上でカメラの登録は完了です。

MACアドレスから登録

カメラのMACアドレスで登録する手順を説明します。

※ 本手順はTS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEのみご利用いただけます。

  1. [編集]をタップ

  2. [登録]をタップ

  3. [MACアドレスから登録]をタップ

    ※ [MACアドレスから登録]のメニューが表示されていない場合は、QwatchViewアプリを最新バージョンにアップデートしてください。

  4. カメラのMACアドレス(12桁)を入力し、[次へ]をタップ

    ※ MACアドレスはカメラ本体に記載しています。(半角英数字で入力)

    ※ 過去に登録したことのあるカメラのMACアドレスが表示されますので、今回登録するカメラのMACアドレスに入力しなおしてください。

  5. 初期パスワードが設定されている場合のみ、パスワードの変更画面が表示されます。以下の画面が表示されない場合は、手順7へお進みください。
  6. ① 1行目と2行目に新しいパスワードを入力

    ※ a ~ z、 A ~ Z、 0 ~ 9 の文字を半角で入力。記号や文字は使用できません。英字と数字を組み合わせた4文字以上を設定してください。

    ②[変更]をタップ

  7. [OK]をタップ

  8. ① 1行目に“admin”を入力

    ※ 管理者権限になります。

    ② 2行目に変更後のパスワードを入力

    ③ [登録]をタップ

  9. [OK]をタップ

  10. カメラ名をタップ

  11. 「メンテナンスアップデート機能について」の画面が表示されたら、よく読み[OK]をタップ

  12. 画面上のボタンを押して閉じる

  13. カメラ名をタップ

  14. 以上でカメラの登録は完了です。

カメラの登録内容の変更をする

カメラ名を変更する方法

登録したカメラの名前を変更することができます。カメラの設置場所などの名前をつけると、どこに設置したカメラの映像なのかが判別しやすくなります。


  1. [編集]をタップ

  2. 変更するカメラ名をタップ

    上記の画面でマークをロングタップしたまま移動しすると、カメラの順番を入れ替えられます

  3. [カメラ名]をタップ

  4. ① 任意のカメラ名を入力する(半角英数字で入力)

    ②[完了]またはチェックマークをタップ

  5. 以上でカメラ名の変更は完了です。



ユーザー名とパスワードを変更する方法

登録したアカウントのユーザー名やパスワードを他の端末上で変更した場合、同じアカウントを利用しているすべての端末でユーザー名やパスワードを変更する必要があります。


  1. [編集]をタップ

  2. 変更するカメラ名をタップ

    上記の画面でマークをロングタップしたまま移動しすると、カメラの順番を入れ替えられます

  3. ① 変更する[ユーザー名]または[パスワード]をタップ、正しい内容を入力

    ② [完了]またはチェックマークをタップ

  4. 以上で変更は完了です。

カメラの削除

登録したカメラを削除する方法を説明します。


▼iOS端末の場合

▼Android端末の場合



iOS端末の場合

  1. [編集]をタップ

  2. 削除するカメラのマークをタップ

  3. [削除]をタップ

  4. [完了]をタップ

  5. 以上でカメラの削除は完了です。



Android端末の場合

  1. [編集]をタップ

  2. 削除するカメラのマークをタップ

  3. [OK]をタップ

  4. [完了]をタップ

  5. 以上でカメラの削除は完了です。

Q:外出先でカメラの映像が表示されない(家の中では表示される)



対処1:マンション等のインターネット回線や、モバイルルーターの回線(ポケットルーター・WiMAXルーター等)を使用している場合

外出先からカメラにアクセスするにはグローバルIPアドレスと呼ばれる、世界に1つだけの、住所のような、“グローバルIPアドレス”と呼ばれるアドレスが必要となります。
マンション等の集合住宅や、モバイルルーターのインターネット回線を使用している場合、“グローバルIPアドレス”を取得できない場合があります。
“グローバルIPアドレス”が各部屋に割り当てされているかどうかを、マンション等の管理会社、または契約しているプロバイダーにお問い合わせください。

“グローバルIPアドレス”が取得できない環境の場合は、申し訳ございませんが、外出先から視聴できない環境です。(TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRLCを除く)
「グローバルIPアドレスが割り当て可能なオプション契約」への変更をご検討ください。 (オプション契約については、マンション等の管理会社や、契約しているプロバイダーにお問い合わせください)

それでも、外出先でカメラの映像が表示されない場合は、ご利用のルーター側で手動でポート開放設定をおこなってください。(弊社サポートQ&Aページ参照)
ポート開放設定をおこなった後、本製品の映像が表示できるかどうか、ご確認ください。


対処2:自宅の固定回線を使用している場合

カメラを設置した環境に複数のルーターが設置されていないかどうかをご確認ください。
例えば、インターネット回線のモデムにルーター機能があり、さらにWi-Fiルーターを接続している場合は、ルーター機能が2重になっており、外出先からの視聴ができないことがあります。

下記のケースに該当する場合は、2重ルーターの環境である可能性が高いです。Wi-Fiルーターをアクセスポイントモード(ブリッジモード)に設定してください。(アクセスポイントモード(ブリッジモード)への設定手順は、ご利用のルーターメーカーにお問い合わせください)

●NTT回線をご契約の場合で、モデムのPPPランプが点灯しており、さらにモデムにWi-Fiルーターを接続している場合

●auひかり、Yahoo!BB回線をご契約の場合で、モデムに別途Wi-Fiルーターを接続している場合



それでも、外出先でカメラの映像が表示されない場合は、ご利用のルーター側で手動でポート開放設定をおこなってください。(弊社サポートQ&Aページ参照)
ポート開放設定をおこなった後、本製品の映像が表示できるかどうか、ご確認ください。

Q:カメラが登録できない(TS-WRLC以外の場合)

カメラがルーターに接続できていない可能性があります。
LANケーブル(市販品)をご用意いただき、いったん有線接続してから、Wi-Fi接続し直してください。
その後、「カメラ名を選択して登録」の手順でカメラが登録できるかどうかご確認ください。
それでもカメラが登録できない場合は、カメラを初期化してカメラとルーターの接続からやり直してみてください。

▼対処1:TS-WRLPまたはTS-WRLAの場合

▼対処2:TS-NA220Wの場合

▼対処3:TS-WRFEの場合

▼対処4:TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEの場合


対処1:TS-WRLPまたはTS-WRLAの場合

LANケーブル(市販品)をご用意いただき、いったん有線接続してから、Wi-Fiルーターに手動で接続してください。
「TS-WRLPシリーズ、TS-WRLA 画面で見るマニュアル」の「困ったときには」参照)
その後、「カメラ名を選択して登録」の手順でカメラが登録できるかどうかご確認ください。

それでもカメラが登録できない場合は、カメラを初期化してカメラとルーターの接続からやり直してみてください。



対処2:TS-NA220Wの場合

LANケーブル(市販品)をご用意いただき、いったん有線接続してから、Wi-Fiルーターに手動で接続してください。
「TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210 詳細ガイド」の「困ったときには」参照)
その後、「カメラ名を選択して登録」の手順でカメラが登録できるかどうかご確認ください。

それでもカメラが登録できない場合は、カメラを初期化してカメラとルーターの接続からやり直してみてください。



対処3:TS-WRFEの場合

LANケーブル(市販品)をご用意いただき、いったん有線接続してから、Wi-Fiルーターに手動で接続してください。
「TS-WRFE 画面で見るマニュアル」の「困ったときには」参照)
その後、「カメラ名を選択して登録」の手順でカメラが登録できるかどうかご確認ください。

それでもカメラが登録できない場合は、カメラを初期化してカメラとルーターの接続からやり直してみてください。



対処4:TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEをご利用の場合

LANケーブル(市販品)をご用意いただき、いったん有線接続してから、Wi-Fiルーターに手動で接続してください。
その後、「カメラ名を選択して登録」の手順でカメラが登録できるかどうかご確認ください。
それでもカメラが登録できない場合は、カメラを初期化してカメラとルーターの接続からやり直してみてください。

※ カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

Q:カメラが登録できない(TS-WRLCの場合)

▼対処1:TS-WRLCで、初めてカメラを登録する場合

▼対処2:TS-WRLCで、2台目の端末でカメラを登録する場合


対処1:TS-WRLCで、初めてカメラを登録する場合

以下の手順でカメラを登録してください。

  1. カメラの初期化をおこないます。

    ※ 先の細いピンなどをご用意ください。

    ① WPS/初期化ボタンをPOWERランプが点滅するまで約10秒間長押しします。
    ② すべてのランプが点灯するまで待ちます。

    ※ しばらくすると、POWERランプ以外は消灯します。

  2. カメラをWi-FiルーターにWi-Fi接続します。

    ① Wi-FiルーターのWPSボタンを、ランプが点滅するまで長押しします。

    ② TS-WRLCのWPS/初期化ボタンを細いピンなどで押します。(約1秒)
    ③ ACCESSランプが点滅から点灯になるまで待ちます。(数分)

    ※ ACCESSランプが点灯にならない場合は、一旦、Wi-FiルーターとTS-WRLCをLANケーブルで接続してください。

  3. 5分ほどそのままの状態で待ちます。

    スマートフォン/タブレットをカメラと同じWi-FiルーターにWi-Fi接続します。

    ※ スマートフォン/タブレットの設定画面でWi-Fiの接続先がWi-Fiルーターになっていることをご確認ください。

  4. QwatchViewを起動します。

  5. ▪ 管理者権限のアカウントで登録する場合
    「カメラ名を選択して登録」の方法で登録してください。

    ▪ ユーザー権限のアカウントで登録する場合
    「共有」の方法で登録してください。



上記の手順でもカメラを登録できない場合、パソコンから設定をお試しください

パソコンからカメラの設定画面を開き、[基本設定]→[Remote Link 3]メニューで[Remote Link 3]を[無効]に設定します。
その後、「カメラ名を選択して登録」の方法でカメラの登録をお試しください。

※ カメラの設定画面の開き方やパソコンでの操作方法については弊社サポートページより「TS-WRLC 画面で見るマニュアル」をご覧ください。
http://www.iodata.jp/r/4922

上記すべてをお試しいただいても改善しない場合は、弊社サポートセンターへお問い合わせください。



対処2:TS-WRLCで、2台目の端末でカメラを登録する場合

添付のかんたん接続シートでの登録は1度しかおこなえません。2台目以降のスマートフォン/タブレットでカメラを登録する場合は、以下の方法で登録してください。


▪ 管理者権限のアカウントで登録する場合
「カメラ名を選択して登録」の方法で登録してください。

▪ ユーザー権限のアカウントで登録する場合
「共有」の方法で登録してください。



Q:添付のかんたん接続シートを紛失した場合

「かんたん接続シート」の再発行はおこなえません。
以下より対処方法を選択してください。

▼対処1:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEの場合

▼対処2:TS-WRLCで、初めてカメラを登録する場合

▼対処3:TS-WRLCで、2台目の端末でカメラを登録する場合

▼対処4:TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEの場合


対処1:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210、TS-WRFEの場合

「カメラ名を選択して登録」の方法でカメラを登録してください。

※ カメラをルーターに接続しておいてください。また、スマートフォン/タブレットをカメラと同じルーターにWi-Fi接続しておいてください。
(スマートフォン/タブレットの設定画面でWi-Fiの接続先がWi-Fiルーターになっていることをご確認ください)

※「QwatchView」アプリは[App Store]または[Playストア](Google Play)で検索し、インストールしておいてください。



対処4:TS-WPTCAM、TS-WPTCAM2、TS-PTCAM、TS-WLCAM、TS-WLC2、TS-WLCEの場合

以下の手順でカメラを登録してください。

  1. カメラの初期化をおこないます。

    ※ 先の細いピンなどをご用意ください。

    ① カメラのRESETスイッチまたはWPS/初期化スイッチを、POWERランプが点滅するまで約10秒間長押しします。
    ② すべてのランプが点灯するまで待ちます。

    ※ しばらくすると、POWERランプ以外は消灯します。

  2. カメラをルーターに有線またはWi-Fi接続します。

    ※ 詳しくはカメラのマニュアルをご参照ください。以下のURLを開き、型番で検索してください。
    http://www.iodata.jp/lib/

  3. QwatchViewを起動します。

  4. ▪ 管理者権限のアカウントで登録する場合
    「カメラ名を選択して登録」の方法で登録してください。

    ▪ ユーザー権限のアカウントで登録する場合
    「共有」の方法で登録してください。



Q:更新アイコンまたは「接続に失敗しました。ユーザー名もしくはパスワードが間違っている可能性があります」と表示される

複数台の端末に「QwatchView」をインストールし、映像を視聴している場合、いずれか1台の端末でパスワード変更をおこなう必要があります。
1台の端末でパスワード変更をおこなった後、残りの端末で新しいパスワードを登録し直してください。

※ 「ユーザー名またはパスワードが違います。管理者に確認してください。」と表示される場合、既に別端末でパスワードは変更済みです。
パスワードを変更した方に変更後のパスワードを確認し、以下の手順で設定をおこなってください。


1.カメラ名をタップします。


2. ①ユーザー名とパスワードをタップし、正しい内容を入力します。
②[完了]またはチェックマークをタップします。

Q:スマートフォンでカメラの映像表示が遅い

お使いのスマートフォンによっては、高画質設定にすると、カメラの映像表示が遅くなる場合があります。
主にスマートフォンを使用する場合は、以下の設定に変更してお試しください。


TS-WRLP、TS-WRLAの場合

カメラの設定画面の[ビデオ・サウンド]→[映像設定]画面で[画質]を[低画質]に設定してください。


TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合

カメラの設定画面の[映像]→[ビデオ]画面で[解像度]を低く設定してください。(640×360など)


TS-WRFEの場合

カメラの設定画面の[ビデオ・オーディオ]→[映像設定]画面で[QwatchViewで視聴時の画質]を[低画質]に設定してください。


TS-WRLP、TS-WRLA、TS-WRFE以外の場合

カメラの設定画面の[ビデオ]→[映像設定]画面で以下の値に設定してください。
解像度:QVGA
画質:普通
最大フレームレート:15

Q:外出先からLAN DISKに保存したファイルが表示されない

外出先からは、LAN DISKに保存したファイルの表示/再生はできません(LAN DISKとスマートフォン等が同じネットワークに接続している場合にのみ表示/再生できます)。
ただし、お使いのLAN DISKがRemote Link 3対応機種の場合は、LAN DISKに付属のアプリ「Remote Link Files」を利用して外出先から録画データの表示/再生が可能です。詳しくは、LAN DISKのマニュアルをご覧ください。

なお、SDカードに保存したファイルは外出先からでも表示/再生することができます。

Q:動作検知する範囲を設定したい

対処1:TS-WRLP、TS-WRLAの場合

「イベント設定」で範囲を設定することができます。動作を検知させたい範囲を塗りつぶしてください。


対処2:TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210の場合

[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]を開き、[カメラ検知設定]→[動作検知(検知)]メニューで範囲を設定することができます。[動作検知]を[有効]にし、動作を検知させたい範囲を塗りつぶして設定してください。


対処3:TS-WRLP、TS-WRLA、TS-NA220、TS-NA220W、TS-NS210以外の場合

QwatchViewでは動作検知する範囲を設定できません。パソコンからカメラの設定画面を開き、設定してください。詳しくはカメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。

※ カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

Q:SDカードに保存できない(TS-WRLP、TS-WRLA)



「挿入されたSDカードを使用することができません。本製品で使用する際は、フォーマットボタンを押してフォーマットすることをお勧めします。」と表示されている場合

挿入されたSDカードのフォーマット形式がFAT32以外のため使用できません。
SDカードをFAT32形式でフォーマットし直してください。
[SDフォーマット]ボタンをクリックすると、フォーマットがおこなえます。

※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。 SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。 接続製品の保存データの毀損・ 消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。 (バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません)




上記以外の場合

  1. [マウント解除]をクリック


  2. ステータスに「マウントが解除されました。」と表示されたことを確認してから、SDカードを抜く

  3. 再度SDカードを挿す
    ⇒ ステータスに「使用可能」と表示されたら、ご利用いただけます。

「使用可能」以外の表示になる場合は、SDカードをフォーマットしてください。
[SDフォーマット]ボタンをクリックすると、フォーマットがおこなえます。

※ フォーマットするとSDカード内のデータがすべて消えてしまいます。 SDカード内に保存された重要なデータについては、必ず定期的にバックアップをおこなってください。 接続製品の保存データの毀損・ 消失などについて、弊社は一切の責任を負いません。 (バックアップとは保存したデータを守るために、HDD・BD・DVD などの記憶媒体にデータの複製を作成することです。データを移動させることはバックアップではありません)


⇒ フォーマットしてもご利用いただけない場合は、他のSDカードに差し替えて、ご確認ください。

Q:スケジュール録画中に手動で録画停止できない

[設定]→[IPカメラの設定画面を開きます]の順にタップし、設定画面上でいったんスケジュール録画を[無効]にしてください。
またはパソコンがある場合は、パソコン上から録画を停止することができます。

※ ご利用のカメラにより表示されるメニューは異なります。設定画面の詳細については、各カメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。

※ カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

Q:ファームウェアの更新後に映像が見られなくなった

● 本製品とつないでいるルーターやPoE電源供給装置などの再起動(電源の入れ直し)をおこなってください。

● 本製品のNETWORKランプまたはACCESSランプまたはインターネット接続ランプが点灯または点滅していることをご確認ください。消灯している場合はルーターと接続できていません。
本製品をLANケーブルでつないでいる場合は、LANケーブルの抜き差しをおこなってください。
ルーターとWi-Fi接続してご利用の場合は、Wi-Fi接続をやり直してください。

● 上記の対処でも改善しない場合は、本製品の初期化とルーターとの再接続をおこなってください。
詳しくは各カメラの「画面で見るマニュアル」をご覧ください。
カメラの「画面で見るマニュアル」は、以下のURLを開き、型番で検索してください。
http://www.iodata.jp/lib/

お問い合わせ

お問い合わせいただく前に、以下をご確認ください

・「QwatchView」アプリを最新バージョンにアップデートする
・ 弊社サポートページのQ&Aを参照。
http://www.iodata.jp/support/qa/camera/
それでも解決できない場合は、サポートセンターへ
電話:050-3116-3014
※ 受付時間 9:00~17:00 月~日曜日(年末年始・夏期休業期間をのぞく)

メール:https://contact.iodata.jp/sp/inquiry/network/

<ご用意いただく情報>
製品情報(製品名、シリアル番号など)、パソコンや接続機器の情報(型番、OSなど)

個人情報の取り扱いについて

個人情報は、株式会社アイ・オー・データ機器のプライバシーポリシー(http://www.iodata.jp/privacy.htm)に基づき、適切な管理と運用をおこないます。

本マニュアルをダウンロード/印刷する

本マニュアルをお手元でご覧になるための方法をご案内します。

ダウンロードする

印刷する

ダウンロードする

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルを展開してindex.htmlを開くことで、インターネットにつながなくても本マニュアルをご覧いただけます。

※[ダウンロード]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

印刷する

全ページをプリント全ページプリント(PCのみ)

上のボタンをクリックすると、本マニュアル全体をWebブラウザーのプリント機能で印刷できます。
ただし項目が多いマニュアルはページ数が多くなり、全体の印刷には向きません。
プリントしたいページを開き、そのページだけをWebブラウザーのプリント機能で印刷することをおすすめします。

※[全ページプリント]ボタンは、スマホ・タブレットではお使いになれません。

ライセンス情報

●本マニュアルで使用しているソフトウェアライセンス情報
------------------------
jquery.min.js
------------------------
jQuery v1.10.2 | (c) 2005, 2013 jQuery Foundation, Inc. | jquery.org/
license
@ sourceMappingURL=jquery.min.map

------------------------
jquery.cookie.js
------------------------
jQuery Cookie Plugin v1.4.1
https://github.com/carhartl/jquery-cookie

Copyright 2006, 2014 Klaus Hartl
Released under the MIT license

------------------------
jquery.easing.1.3.js
------------------------
jQuery Easing v1.3 - http://gsgd.co.uk/sandbox/jquery/easing/

Uses the built in easing capabilities added In jQuery 1.1
to offer multiple easing options

TERMS OF USE - jQuery Easing

Open source under the BSD License.

Copyright c 2008 George McGinley Smith
All rights reserved.

------------------------
jquery.lazyload.js
------------------------
Lazy Load - jQuery plugin for lazy loading images
Copyright (c) 2007-2015 Mika Tuupola

Licensed under the MIT license:
http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php

Project home:
http://www.appelsiini.net/projects/lazyload

Version: 1.9.5

------------------------
jquery.hashchange.min.js
------------------------
jQuery hashchange event, v1.4, 2013-11-29
https://github.com/georgekosmidis/jquery-hashchange
------------------------

------------------------
lity.js
------------------------
Copyright (c) 2015-2016 Jan Sorgalla

Permission is hereby granted, free of charge, to any person
obtaining a copy of this software and associated documentation
files (the "Software"), to deal in the Software without
restriction, including without limitation the rights to use,
copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the
Software is furnished to do so, subject to the following
conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be
included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND,
EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES
OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND
NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT
HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY,
WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING
FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR
OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

------------------------
moji.js
------------------------
Copyright (c) 2015 niwaringo

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all
copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR
IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY,
FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE
AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER
LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM,
OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE
SOFTWARE.

本マニュアルのご利用について

● Google アナリティクスを利用した計測について

本マニュアルではサービス向上のため、Google アナリティクス を使用しております。
これによって、データ収集のためにGoogleがお使いのWebブラウザーにcookie を設定したり、既存のcookie を読み取ったりする場合があります。
また、本マニュアルをご利用中のWebブラウザーは、Googleに特定の非個人情報(IPアドレスやアクセスしたウェブページのアドレスなど)を自動的に送信します。
弊社はそれらの情報を、マニュアル利用状況の把握やユーザー体験の改善といった用途で利用いたします。
利用者は、本マニュアルを利用することで、上記方法および目的においてGoogleと弊社がおこなう、こうしたデータ処理に対して許可を与えたものとみなします。

※ なお「cookie」は、お客様がWebブラウザーを設定することで拒否できる場合があります。
その場合、本マニュアルの機能が一部利用できなくなるおそれがあります。
設定方法については、Webブラウザーのヘルプなどをご覧ください。

16版 © I-O DATA DEVICE, INC.
ページトップ
戻る
ホーム