HOME > 

録画用HDDの容量がいっぱいになったら

テレビの番組録画には、テレビ内蔵のハードディスクや外付けハードディスクが便利ですが、いくら大容量とはいえ、どんどん録り貯めていけば容量がいっぱいになり録画できなくなってしまいます。

新しくUSB接続のハードディスクを買い足すのも一つの方法ですが、録画した番組のバックアップし、さらに活用できる方法をご紹介します。

録画容量がいっぱいになったら

たまった番組はRECBOXに「ダビング」しよう

録画用のUSB接続ハードディスクがいっぱいになったら、不要な番組データを消去して残容量を増やすのがひとつの方法ですが、残しておきたいお気に入りの番組は、LAN接続型の録画用ハードディスク「RECBOX」にダビングするのがおすすめです。

RECBOXにムーブダビング

地デジ番組のダビングができるのは、著作権保護のきまりから「DTCP-IP対応」の機器だけ。
「RECBOX」は、〈レグザ〉をはじめとするHDD録画対応テレビやパソコンなどからのダビングに対応しています。

RECBOXへのダビング対応テレビ

・東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉
・日立プラズマ/液晶テレビWooo
・シャープ液晶テレビ「アクオス」

RECBOX(LAN DISK AV)対応表 RECBOXへの直接録画・ネットワークダビング対応機種

テレビを買い替えても再生できる

テレビ内蔵のハードディスクやテレビ録画用の外付ハードディスクに録画した番組は、録画に使用したテレビ以外では再生することができません。

しかし、録画番組をRECBOXにダビングして保存しておけば、買い替えなどでテレビが変わっても再生できるので安心です。(DTCP-IP対応テレビのみ)

テレビが変わっても録画した番組を再生可能

レコーダーやパソコンがあればメディアにも残せる

RECBOXにダビングしておけば、対応レコーダーやパソコン+対応ドライブを使って、DVDやブルーレイに残しておくこともでき、楽しみ方が広がります。
レコーダーの対応機種は、RECBOX対応表でご確認ください。

録画番組を「ダビング」できる製品

録画番組のダビングに最適

RECBOX(HVL-AVシリーズ)

録りためた録画番組をダビングしてとっておこう。他のDTCP-IP対応テレビでも再生できるから、録画したテレビの故障や買い替え時も安心。

特長 仕様

RECBOX(HVL-AVシリーズ)

このページのトップへ

I-O FUN アイオーファン

スマートフォン、テレビなどのデジタル家電、PCでホームネットワークを構築して、
みんなの暮らしをもっと楽しくもっと便利にする情報をお届けします。

I-O FUN アイオーファン

I-O DATA

COPYRIGHT©I-O DATA DEVICE,INC.