新商品情報 2011年

2011年07月06日 11-NR132

パナソニック〈ビエラ〉にも対応!テレビ録画に最適なUSBハードディスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWテレビ用USB接続ハードディスク

  型番 JANコード 出荷予定 価格
1.0TB AVHD-U1.0V 4957180097824 7月下旬出荷予定 ¥10,400
2.0TB G AVHD-U2.0V 4957180097831 7月下旬出荷予定 ¥14,600

「AVHD-UVシリーズ」は、テレビ録画に最適な横置きハードディスクです。テレビ録画・再生を快適にする4つのこだわり設計を実現!
パナソニック プラズマテレビ/液晶テレビ〈ビエラ〉はもちろん、シャープ製液晶テレビ「アクオス」、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉など、様々なテレビからの直接録画に対応しています。
テレビとはUSBケーブルをつなぐだけの簡単接続。テレビに付属のリモコン操作で、ハードディスクへの録画・再生を簡単に行うことができます。

4つのこだわり設計で、快適テレビ視聴

高さわずか42.5mm

高さわずか42.5mmのスリムさはテレビの下やAVラックにもピッタリ。2mのUSBケーブルを添付しているので、余裕をもって設置できます。
テレビ録画に最適な4つのこだわり設計と工夫で、快適なテレビ視聴を実現しました。

雑音が気にならない!ファンレス&防振設計

防振設計

ファンレス構造を採用し、ファンの回転による雑音をカットしました。
さらに、内部のハードディスクの振動を吸収するゴム製の「防振ダンパー」を採用。振動による雑音を低減しました。
ファンレス&防振設計で、より静かなテレビ視聴の環境を実現しました。

熱問題の心配もクリア!エアフロー構造

ボディの前面から空気を自然に吸い込み、後ろへ吐き出す「エアフロー構造」にすることで、空気の流れでハードディスクを冷却します。ファンレスでも、熱問題の心配はありません。

エアフロー構造

節電にも効果あり!テレビの電源オン・オフに連動

接続したテレビの電源オン・オフに合わせて、ハードディスクも自動でスタンバイになる「電源連動機能」を搭載!消費電力を節約できる、環境にやさしい機能です。
※番組表の更新などでテレビを視聴していないときでも、内部的にテレビの電源がONになった場合は本製品の電源もONになります。

光が気にならない!LEDセーブモード搭載

LEDの点滅をおさえる「LEDセーブモード」を搭載。視聴の邪魔になる、録画や再生時の動作をお知らせするLEDの点滅をおさえることができるので、快適にテレビを楽しむことができます。

テレビとつないで録画できる!

USBハードディスク録画対応テレビにケーブルを1本つなぐだけで、本製品にハイビジョン番組を録画できます。録画・再生の操作もテレビに付属のリモコン1つで行うことができます。

つなぐだけでハイビジョン録画!

テレビ接続時も安心の「かんたんガイド」添付

初めての方でも安心の「かんたんガイド」を添付しているので、安心してお使いいただけます。

土日も電話サポート対応で、安心

土日もサポート

本製品を購入後に安心してお使いいただくために、平日はもちろん土曜日・日曜日の電話サポートにも対応した「AV家電向け製品」専用窓口をご用意しております。いつでも安心して、本製品をご利用いただけます。

「AV家電向け製品専用サポート窓口」詳細

対応機種 USB 2.0もしくはUSB 1.1ポートを装備した機種(USB 2.0もしくはUSB 1.1インターフェイス製品を装備した機種を含む)
●テレビ:対応機種は1項目めをご覧ください。 ●パソコン:DOS/Vマシン、Apple Macintoshシリーズ
RoHS
対応OS ●Windows 7(32・64ビット)/Windows Vista(32・64ビット)/Windows XP ●Mac OS X 10.4~10.6
添付品 ●USB 2.0/1.1ケーブル(A-B、2m)1本 ●ACアダプター ※サポートCDは添付しておりません。
仕様 ●外形寸法:約196(W)×124(D)×42.5(H)mm ※突起部・ゴム足含む ●質量:約1.2kg ※本体のみ(梱包時:約1.4kg) ●各種取得規格・法規制:VCCI Class B、電気用品安全法(PSE)※ACアダプター、RoHS指令準拠、グリーン購入法※2.0TBモデルのみ適合

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
一般に会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】