新商品情報 2013年

2013年05月15日 13-NR074

SSD入門者に最適!
添付品充実でパソコンの環境をカンタンに移行できる 2.5インチSSD!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWSerial ATA Ⅲ対応 パソコン内蔵 2.5インチSSD

  型番 JANコード 出荷予定 価格
60GB SSDN-3V60 4957180108759 5月末 オープン価格
120GB SSDN-3V120 4957180108766 5月末 オープン価格
240GB SSDN-3V240 4957180108773 5月末 オープン価格

「SSDN-3Vシリーズ」は、パソコンに内蔵されている2.5インチハードディスクと交換できるSSDです。
ハードディスクに比べ衝撃・振動に強く、かつ軽量のため、ノートパソコンを持ち歩く方に最適です。また、読み込み・書き込みが高速なので、Windowsやプログラムの起動を大幅に短縮することも可能です。
本製品には環境移行ソフト「Acronis True Image 2013」のダウンロード提供と、添付品のSATA⇔USB変換ケーブルがセットになっていますので、お使いのパソコンの環境をまるごとSSDに移行でき、ハードディスクからの交換がとてもカンタンです。

SSDへの交換で、パソコンが快適に!

高速なSSDでノートパソコンを快適に!

SSDはハードディスクに比べて、読み込み・書き込みが高速で、また衝撃・振動にも強く、かつ軽量です。パソコンのハードディスクをSSDに交換することで、パソコンの使用がとても快適になります。
特に持ち運ぶことの多い、モバイルノートパソコンには最適です。

SSD入門者に最適!カンタン環境移行!

パソコンの環境をまるごと移行できる!

本製品には、ハードディスクをSSDに交換するにあたって、移行作業が簡単になる添付品が充実していますので、SSD入門者におすすめです。

ダウンロード提供の環境移行ソフト「Acronis True Image 2013」と、USB 3.0対応のSATA⇔USB変換ケーブルがセットで付いていますので、別途オプション品を購入することなくハードディスクの内容をまるごとSSDへ複製することが可能です。

パソコンの環境をまるまる移行できる!

※複製にあたっては、HDDの使用容量が、SSDの容量以下である必要があります。
※Acronis True Image 2013 のサポートは、本製品との組み合わせで、かつディスク作成モードを使用した場合のみが対象となります。他の機器へのバックアップや他のモードについてはサポート対象外となります。
※AcronisおよびTrue Image 2013は、Acronis International GmbHの登録商標または商標です。
※Acronis True Image 2013の対応OSはWindowsのみです。

環境移行手順は3ステップ!

事前に、「Acronis True Image 2013」を、パソコンへダウンロード&インストールしておきます。

手順1

ステップ1.
本製品とパソコンを、添付のSATA⇔USB変換ケーブルでつなぎます。

ステップ2.
デスクトップ画面にある、「Acronis True Image 2013」のアイコンをダブルクリックし、「環境移行ガイド」に沿って、画面操作を進めていきます。

手順2

 

手順3

ステップ3.
環境の移行が終わったら、パソコンからハードディスクを取り外し、代わりに本製品を装着して完了です。

※添付の9.5mm変換スペーサーを使用することでパソコンに合わせて7mm・9.5mmを変換し、パソコン内に装着できます。

対応機種 DOS/Vマシン、Apple MacBook RoHS
対応OS
(日本語版のみ)
●Windows 8(32・64ビット)/Windows 7(32・64ビット)/Windows Vista(32・64ビット) SP1以降/Windows XP SP3以降 ●MacOS X 10.4~10.8
仕様 ●外形寸法:69.9(W)×100.1(D)×7.0(H)mm ●質量:約70g(梱包時:約140g) ●インターフェイス:Serial ATA Ⅲ ●電源:PCより電源供給 ●使用温度範囲:0~35℃ ●使用湿度範囲:10~90% ※結露なきこと ●保証期間:1年保証 ●各種取得規格:RoHS指令準拠

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
一般に会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】