お知らせ 2014年

2014年04月01日 14-NR038

不要になったハードディスクの機密データを完全に消去する
「データ消去サービス」を開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NASのリプレイスやハードディスクの故障、ハードディスクの交換などで不要になったハードディスクには、外部に漏えいしてはいけないデータも多数含まれています。
「データ消去サービス」は、不要になったハードディスクのデータを消去、物理的に破壊することで機密情報の外部漏洩を防ぎます。
また、どのハードディスクをいつ、どういった方法で消去を行ったか確実に管理するために、消去を証明する証明書を発行します。

サービスの対象は、当社製ネットワークハードディスク、外付ハードディスク、内蔵ハードディスクとなります。


2重の消去方法でより安心

データの上書きを行う論理消去

「論理消去」は、米国国家安全保障局(NSA)推奨のデータ消去方式を採用しました。
ランダムデータを2回書き込んだ後に、0(ゼロ)で上書きします。

ハードディスクを破壊する物理消去

「物理消去」は、ハードディスクを破砕機にかけ物理的に穴を開けて破壊します。
物理的に破壊されるため、データを読み込むことができません。

サービスのお申し込み

専用サイトよりお申し込みいただきます。本サービスの規約に同意いただき、必要事項をご入力ください。

データ消去サービス(ISS消去)

データ消去作業及び消去証明書発行お申し込み

 

【2014/04/03 内容更新】
・「データ消去サービス(ISS消去)」リンク追加
・「データ消去作業及び消去証明書発行お申し込み」リンク追加

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】