新商品情報 2014年

2014年10月29日 14-NR151

手軽に遠隔地間でのデータ保存を実現
お使いのルーターのままで低コストにBCP対策!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEW遠隔地レプリケーション用 VPN専用ボックス

型番 JANコード 出荷予定 価格
親機・子機(2台セット)
BX-VP1-S 4957180115382 11月中旬 ¥39,800
増設用子機(1台)
BX-VP1 4957180111728 11月中旬 ¥22,800

「BX-VP1シリーズ」は、既存のネットワークはそのままに、ルーターの置き換えなしで、低コストで手軽に遠隔地間でバックアップ専用ネットワークを構築できる装置です。
親機-子機ペアリング済み2台セットなので、既存ルーターの配下に設置し、ルーターのIPsecパススルーを有効にした後に接続するだけでバックアップ専用ネットワークが構築できます。
大規模災害のリスクを想定したBCP対策として、遠隔地間でのデータ保存、バックアップ用途にお使いいただけます。

※本商品はルーターではありません。

簡単&低コストにLAN DISKのデータを遠隔地バックアップ

既存のネットワークにつなぐだけでバックアップ専用ネットワークを構築

「BX-VP1シリーズ」でVPNを構築することにより、遠隔地に設置したLAN DISKのバックアップが可能になります。親機-子機のペアリング設定済みなので、箱から出して既存ルーターの配下に設置するだけでバックアップ専用ネットワークを構築できます。

通常、遠隔地にデータをバックアップするには高額な導入費用や月額費用が必要となりますが、BX-VP1シリーズを使えば、既存のネットワークはそのままに、低コストで安心のセキュリティでのバックアップ専用VPN環境を実現します。

<本商品によるVPN構築範囲> 

VPN構築範囲

※ 子機は最大2台まで接続可能です。接続先を増やす場合は、BX-VP1(増設用子機)をお求めください。(構成例はこちらをご参照ください。)
※ VPN構築にあたり、お使いのルーターの[IPsecパススルー]を有効にする必要があります。古い製品の場合は、対応していないことがあります。お使いのルーターのメーカーにお問合せください。
※ 本商品はルーターではありません。
※ 本商品子機の配下に接続できるデバイスは1台のみとなります。
※ 本商品の性能を発揮する上で、十分なスループットが確保できる光回線のご利用をおすすめいたします。

遠隔地へのデータ保存で万一の時も業務を止めない

リモートレプリケーションでBCP対策

災害など、万が一の時に備えるBCP対策の一つとして、企業のデータバックアップがあげられます。
離れた場所に複数の営業拠点を持つ場合は、遠隔地間でバックアップを行うリモートレプリケーションが最適。
レプリケーションとは、1つのサーバーデータを、もう1 台のサーバーに自動的に複製する仕組みです。手間をかける事なく、最新の同じデータを2つのサーバーに持つことができ、簡単にデータのバックアップが可能です。
「BX-VP1シリーズ」を使い、各拠点のLAN DISKをリモートレプリケーションにより遠隔地間でバックアップすることで、一方の拠点でトラブルが発生した場合も、遠隔地にあるバックアップから速やかにデータを復旧し業務への影響を最小限に抑えることができます。

BCP対策


BCPとは・・・事業継続計画(Business Continuity Plan )
企業が自然災害、大火災、事故などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。
社内の連絡体制やバックアップシステムへの切り替えルール、復旧の優先順位や手順などを定める。

LAN DISKを組み合わせたリモートレプリケーション

本商品を使うことで、リモートレプリケーションの際に必要となる VPNを安価に構築することができます。

構成例①:本社から支社へデータをバックアップする

本社から支社へのバックアップ

※ 子機の配下に接続できるデバイスは1台のみとなります。

構成例②:支社のデータを本社へ集約する

親機1台につき最大2台の子機とペアリングができるため、2台ずつLAN DISKをご用意いただくことで、最大2台のバックアップが可能です。

 構成例②:支社のデータを本社へ集約する

※ 子機の配下に接続できるデバイスは1台のみとなります。

リモートレプリケーションによる共有フォルダーの同期を行う場合、初回は同一の状態になるまでにタイムラグが発生します。また、ネットワーク環境に負荷がかかるため、通常の業務に支障が出る可能性があります。初回の同期は、業務に支障が少ない時間帯に行うか、ローカル環境にて行うことをお勧めします。

<初回同期の所要時間目安>
実効帯域60Mbps程度のインターネット回線において、データ容量1.0TBのファイルのレプリケーションを行ったときの所要時間:約40時間

安心のセキュリティ

VPN接続方式にはL2TP over IPsecを採用し、データの機密性や完全性を確保したVPN接続を実現いたしました。

VPN接続方式 L2TP over Ipsec
暗号化方式 DES, 3DES, AES128bit, AES192bit, AES256bit
認証方式 MD5, SHA1

さらに、IPsecプロトコル の AH、ESPをサポートし、パケットの盗聴や改ざんを防止します。

カプセル方式 AH、ESP

仕様 ●VPN接続方式:L2TP over IPSec
●L2TP:L2TP v2、認証方式(MS-CHAP v2)、暗号化なし
●IPSecトンネリング機能:パスフレーズ方式、IKE v1、カプセル方式(ESP、AH)、認証方式(なし、MD5、SHA1)、暗号化方式※(DES、3DES、AES128bit、AES192bit、AES256bit)、DH Group(なし、1、2、5、14)、PFS(なし、1、2、5、14)、NAT Traversal
※出荷時は、AES 128bitに設定されています。
●VPN対地数(本商品親機との接続可能数):同時合計4台まで推奨
※本商品子機(2台まで)を含む。子機を2台接続した場合、残り2台まで他デバイス(タブレットやPCなど)の接続が可能です。
※本商品子機の配下に接続できるデバイスは、各1台ずつです。
●IPSecスループット:最大約108Mbps(当社実測値より)
●ネットワーク共通機能:DHCPクライアント(WAN側)、固定IP(WAN側)、iobb.net(DDNS)、UPnPクライアント、VPNサーバーモードDHCPサーバー(8台まで)、VPNクライアントモード DHCPサーバー(1台まで)
●表示LED:POWER、LINK/ACT、GIGA、STATUS、VPN、SERVER
●操作スイッチ:SERVER/CLIENT モード選択スイッチ、RESETボタン
●VPNクライアントOS対応:Windows 8.1(32/64ビット)、Windows 8(32/64ビット)、Windows 7(32/64ビット)、Windows Vista(32/64ビット)
Mac OS X 10.6~10.9、iOS 6~7、Android 4.0~4.4
●Web設定画面に必要なソフトウェア:Windows:Internet Explorer 9~11、
Mac OS X:Safari 6~7
●伝送方式:
IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3i(10BASE-T)
●通信方式:CSMA/CD、全二重/半二重
●伝送符号:
1000BASE-T:8B1Q4
100BASE-TX:4B/5B+MLT-3
10BASE-T:マンチェスタ符号
●LANポート:RJ-45×ポート 「Auto MDI/MDI-X」「オートネゴシエーション」対応
●WANポート:RJ-45×ポート 「Auto MDI/MDI-X」「オートネゴシエーション」対応
●その他機能:ペアリング(VPNクライアントの自動設定)、VPNコネクト用QRコード表示、IEEE802.3az、Magical Finder対応、Windows版NAT Traversal設定ツール、ファームウェア自動確認・更新機能
●電源:電源内蔵 / AC100V、50/60Hz
●消費電力:最大5W
●外形寸法/質量(本商品1台あたり):約120(W)×170(D)×35(H)mm/約550g
●使用温度範囲:0~40℃
●使用湿度範囲:20~80% (結露なきこと)
●取得規格:VCCI Class-B、RoHS指令準拠、電気通信事業法 設計認証
●保証期間:3年
RoHS
添付品
(BX-VP1-S)
壁掛用金具(2個)×2、取り付けネジ(4個)×2、ACケーブル(1.8m、PSE適合品)×2、ACケーブル固定クランプ×2、iOS接続シート
添付品
(BX-VP1)
壁掛用金具(2個)、取り付けネジ(4個)、ACケーブル(1.8m、PSE適合品)、ACケーブル固定クランプ

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】