PC組込用地デジキャプチャボード PCI ExpressモデルGV-MVP/HSBH

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

GV-MVP/HSBH

「GV-MVP/HSBH」は、地上デジタル放送のハイビジョン映像をパソコンで視聴・録画できる、PC組込用のPCI Express x1接続の地上デジタル対応TVキャプチャボードです。
ハイビジョン映像の美しさをありのままパソコンで観ていただくために、アナログTVキャプチャ開発で培ってきた技術とノウハウを活かして創り上げた高品質なコンパクト設計。
また、使いやすさと検索性にこだわったアイ・オーオリジナルのキャプチャソフト「mAgicTV Digital」を添付。おまかせ録画でどんどん録りためて「パソコンでハイビジョン」を楽しめます。

Graphic Video - mAgicTV Products / model HSBH
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
GV-MVP/HSBH 4957180078205 オープン価格   詳細 日本HP社オンラインストア「HP Directplus」専用モデル
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

感動高画質!迫力に満ちたハイビジョン映像をパソコンで「観る」「録る」!!

超高画質な地上デジタル放送のハイビジョン映像をパソコンで楽しめます。
もちろん「ハイビジョン画質そのまま」で地デジをパソコンに録画可能!最大1920×1080のフルHD解像度※1での録画にも対応しているので、ハイビジョンならではの高精細で迫力のある映像をパソコンのディスプレイでそのまま楽しめます。あなたのお部屋で競技場や劇場のリアル感が何度もよみがえります。

※1: 解像度は、放送している番組に依存します。(地上デジタル放送の番組は、最大1440×1080のHD解像度で放送されています。[2008年4月現在])

地上デジタル放送の魅力

地上デジタル放送は、ゴーストのない高音質の映像・音声が特長です。
デジタルのため映像や音質に劣化のないきめ細かな美しい映像を楽しむことができ、横縦比16:9のワイド画面の迫力、CD並みの高音質とたっぷりの臨場感が魅力です。
また、データ放送や字幕放送など、デジタル放送ならではのメリットを生かした様々なサービスを楽しめます。

地上デジタル放送の詳細については、社団法人 デジタル放送推進協会のホームページを参照ください。

地上デジタル放送の高画質番組を映し出すための妥協のない高品質設計

地デジの美しさや迫力をありのままに再現するため、アナログTVキャプチャ開発で培ってきた5年連続シェアNo.1※の技術とノウハウを活かし、「高画質」と「コンパクト化」にこだわり抜いた高品質な地上デジタル対応TVキャプチャボードを創り上げました。
※ BCNランキング「映像関連」2004~2008受賞

自作派に最適なコンパクト設計

地デジチューナー基板は、約125mmのコンパクト設計。省スペースパソコンにもスマートに増設できます。 また、地デジチューナー基板とB-CASカード基板を1スロット機構におさめる「B-CASスマートスロット構造」を採用。複数のスロットを占有しないので、スロットの空きが少ないパソコンや、筐体内部のスペースが狭いパソコンでも安心してお使いいただけます。

信頼の高品質技術で創り上げた「地デジ」ハードウェア

パソコンや基板上の不要なノイズをカット

回路設計の最適化を行い受信性能に影響が大きいパソコンの電源ノイズの影響を押さえ、基板上の不要なノイズを極限までカットするために回路の各所にフィルタ部品を選定して使っています。

高感度シリコンチューナー搭載

従来のCANチューナー(テレビチューナーモジュール)と同等の性能を発揮する、高感度シリコンチューナーを搭載。 RFトラッキングフィルタを内蔵しているため、コンパクトながらも最適なチャンネルチューニングを実現します。

受信感度を重視したF型コネクタを厳選して採用

ハイビジョン放送波を確実に取り込むために、接続性を重視し、ご自宅のアンテナ線から直接接続できるF型コネクタを搭載しました。

低消費電力を実現

ハイビジョンの視聴・録画を実現する高性能にも関わらず、当社アナログチューナー製品に比べて、通常使用時の消費電力を約30%削減しました。
※ 当社仕様値より算出。

信頼の国内設計

「信頼」と「高品質」そして「使いやすさ」をお客様にお届けするために、開発から製造まで一貫した国内生産を行なっております。

PCI Express x1インターフェイスを採用

パソコンとの接続には、これからの標準インターフェイスである「PCI Express x1」を採用しました。

<PCI Expressとは>

 PCIバスに代わる次世代インターフェイスとしてマザーボードやメーカー製PCで採用が進んでいる規格です。従来のPCIバスやAGPバスとは形状が異なるため、PCI Express用ボードはPCI Expressに対応した拡張スロット専用となります。

ハイビジョンを美しく再現する「Super Live Creationエンジン」を搭載!

高解像度の地デジをより美しく再現するためには「動画再生エンジン」の品質が重要です。
本製品は、オリジナルデコードアルゴリズムを用いた高品質動画再生エンジン「Super Live Creationエンジン」を搭載。MPEG2デコード処理の最適化により、ハイビジョン映像をなめらかに再現し、またハイビジョン本来のクリアでシャープな画質を再現しました。

デジタル放送をフルに愉しめるTVアプリケーション「mAgicTV Digital」

直感的な使いやすさに定評のあるTVキャプチャソフト「mAgicTV5」をさらに進化させ、地上デジタルテレビ放送に対応した「mAgicTV Digital」を添付。クオリティの高いハイビジョン映像の美しさをさらに引き立てる、黒を基調としたシックなデザインを採用しました。

1080iの映像表示で地デジを観る!

ハイビジョン「1080i」での映像表示に対応、ハイクオリティなテレビ視聴を楽しめます。 画面右端のチャンネル切替ボタンで、テレビリモコンのように簡単にチャンネルを切替えることができます。サブチャンネルへの切替時は、同じチャンネルボタンを押すだけの手軽さです。 もちろん、地上デジタル放送ならではの字幕放送、データ放送に対応。インターネット環境があれば双方向通信サービスも利用できます。

視聴ウィンドウサイズを自由に変更

ウィンドウサイズは好みに合わせてマウス操作で自由に変更できるので、あなたのパソコンライフに合わせた最適な地デジライフを満喫することができます。

フル画面表示でもゆがみなく表示!

フル画面表示した場合にも、番組のアスペクト比に従って映像を調整するので、ゆがみのない最適な映像表示が可能です。

情報収集に便利!データ放送で天気やニュースをチェック

地上デジタル放送の特徴であるデータ放送に対応。テレビを見ながら、その番組に連動したより詳しい説明や、ニュース、天気予報などの情報を手軽に収集できます。

※ データ放送の録画には未対応です。
※ マウスでデータ放送画面の直接操作はできません。

インターネット接続環境があれば、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる「双方向通信サービス」もご利用いただけます。
テレビのリモコンを操作するような感覚で「双方向リモコン」を使って、クイズやリクエスト番組など視聴者参加型の番組に参加できます。

※ 別途、通信料が必要となる場合があります。
※ 電話回線の必要なサービスには対応しておりません。

字幕放送に対応

地デジで放送される番組のナレーションやセリフ、物音や効果音などのテレビ音声を字幕として文字で表示することができます。 音を大きく出せない場合や、騒音などで音声が聞こえにくい場合でもテレビをお楽しみいただけます。
※ 字幕放送に対応した番組に限ります。
※ 字幕放送の録画には未対応です。

うっかり見忘れを防止!「視聴予約」に対応

あらかじめ観たい番組を視聴予約しておけば、その時間になると自動的に画面が表示されるので、うっかり見逃す心配がありません。

進化したEPG「mAgicガイド Digital」

新聞のテレビ欄のようなわかりやすいEPG(電子番組表)で、「観る」「録る」が簡単!

地上デジタル放送から流れてくるEPGを使うので、当日から一週間先までの最新の番組情報を、複雑な操作は不要でインターネット接続環境がなくても更新ができます。

観たい番組がすぐに見つかる!ジャンル別色分け番組表

録画するときは、見やすい一覧表から番組を選んで、右クリック「予約」でOK!予約した番組には赤いラインが付くので、予約忘れの心配もありません。また、録画済み番組は番組表の形式で表示することができるので、ひと目で分かります。

予約の解除も簡単!

間違えて予約しても、番組のダブルクリックで簡単に解除できます。

EPGを自動で更新

パソコンを使っている時(mAgicマネージャ常駐時)は、常にEPGが全チャンネル自動更新されるので、常に最新の番組情報を見ることができます。 さらに、おまかせ録画の自動予約更新を1日に最大3回設定できるので、番組変更や時間変更による録画ミスを防ぐことができます。更新後はスタンバイ、またはスリープに戻りますので無駄な電気を使用しません。

「おまかせ録画」で、観たい番組を見逃さない!

観たい番組タイトルや出演者などの「キーワード」を設定しておくと、その条件にあった番組を自動的に録画してくれる「おまかせ録画」が充実! 「キーワード設定」の他に放送局、ジャンル、期間、時間、曜日などのさまざまな条件を追加設定することができるので、自分の好みにあった番組をらくらく録画することができます。

知っ得POINT 除外キーワード設定も可能!

再放送番組の自動録画を防ぐのに便利な「除外キーワード」も設定可能。例えば、除外キーワードとして「再放送」を設定すれば、再放送の番組は録画されないので大変便利です。

「おまかせ録画」内容をメールでチェック

「おまかせ録画」で予約された番組情報をメールで送信することができるので、どの番組を録画するのかを随時チェックできます。

番組追従録画

スポーツ番組の延長などで放送時間が変更になった場合でも、録画予約していた番組を録り逃がす心配はありません!録画開始前に、放送波から番組開始・終了時刻の最新の情報を取得して、自動で時間追従するので、見たい番組を冒頭から終わりまでしっかり録画できます。

番組を冒頭から確実に録画!

「mAgicマネージャDigital」で録画予約開始時刻にマージンを設定することで、録画時に番組の冒頭部分が途切れることを防ぎます。お気に入りの番組を冒頭から録画できます。 ※ マルチ編成の番組をマージン設定して録画予約する場合、正しく録画されない場合があります。

自動録画停止機能

テレビ番組を見ている途中から手動で録画を始めた時に、録画終了ボタンを押すのが面倒・・・。 そんな時のために、EPGデータと連動して、番組終了にあわせて録画を自動的に停止する機能を搭載しました。

自動容量確保機能

ハードディスクの残容量を管理して、新規録画に必要な容量が足りない場合は古い番組から自動的に消去するので、録り逃す心配はありません。残しておきたい大切な番組はプロテクトをかけることもできるので、大切な番組が消えてしまうことはありません。

スタンバイ・休止状態からの録画にも対応

パソコンの状態がスタンバイまたは休止状態からでも、録画予約時刻になると自動的にパソコンが起動して録画を開始します。

最大8チャンネル同時録画に対応!

録りたい番組が重なっても安心!対応製品を自由に組み合わせることで、最大8チャンネルの番組を同時録画できます。これなら、主要テレビ局の放送を全チャンネル余すことなくすべて録画することも可能。好きな番組を好きな時に再生して楽しめる最強のメディアサーバーが、自宅のパソコンで実現します。
※チャンネル数に応じて対応製品をご用意いただく必要があります。
対応製品、複数同時使用時のご注意はこちら
最大8チャンネル同時録画に対応

アイ・オーのアナログキャプチャ製品とも組み合わせて使える!

mAgicTV5搭載アナログTVキャプチャ「GV-MVPシリーズ」との併用もOK! 「mAgicTV5」と「mAgicTV Digital」の2つのソフトウェアを切り替えて使用することで、裏番組も録画することができます。絶対キレイに残したい番組は「デジタル」で録画、とりあえず見たい番組は「アナログ」で録画、と使い分けることもできます。
対応製品、複数同時使用時のご注意はこちら

iEPG対応

EPGからの予約に加え、インターネットのiEPG対応番組サイトからの予約(録画・視聴)にも対応しています。

※iEPG及びiEPGデジタル、iEPGワンセグはソニーの商標又は登録商標です。

外付けハードディスクへの録画が可能

たくさん録画しすぎて、お持ちの内蔵ハードディスクがいっぱいになっても大丈夫!
パソコンならではのテレビ録画のメリットは、ハードディスクを増設できること。アイ・オーなら、デジタル放送の録画に最適な大容量のハードディスク※を多数ラインナップしているので、1時間で約7.1GB使用する地上デジタル放送も、安心してたっぷり録画できます。
※ ネットワーク接続のハードディスクには対応しておりません。

検索性に優れた「ライブラリ」で録画番組を管理

自動でジャンル分け

録画した番組は、mAgicガイドDigitalの「ライブラリ」にまとめて保存。「音楽」や「スポーツ」など13のジャンルに自動で振り分けされるので整理もラクラク。

優れた検索性

キーワード、曜日、放送局、時間、視聴回数、最終視聴日などさまざまな条件を組み合わせて検索できるので、見たい番組を一発で探すことができます。

ライブラリで、録画したすべての番組情報を管理!

外付ハードディスクに録画した番組の情報は、ライブラリから一括管理できます。別々のハードディスクに入っている番組情報がすべて表示されるので、わざわざハードディスクを指定する必要がなく、大変便利です。
※ 表示するには、録画時のドライブ文字に合わせてください。

前回見た続きからすぐに再生できる「レジューム再生機能」

以前に再生を終了したところから、すぐに再生を開始できます。番組ごとに再生位置を記録しているので、他の番組を再生した後でも問題ありません。
レジューム機能は有効/無効の設定が可能です。

CMスキップに対応

録画番組再生時にボタン1つでCMスキップができます。スキップ時間は好みに合わせて15, 30, 60秒から設定できます。

離れた場所からリモコンで操作!

ご家庭のテレビやレコーダーを操作する感覚で、「mAgicTV Digital」をリモコン操作できる別売リモコンをラインナップ。視聴・録画はもちろん、画面サイズの変更や早送り・巻戻し、データ放送などの操作ができます。

対応リモコン

GV-RCKIT3

※対応リモコンの操作方法はGV-MVP/HSBHの「オンラインマニュアル」をご参照ください。
※mAgicTV5と併用する場合は切り替えが必要です。

高解像度のハイビジョン環境を実現する、アイ・オーの豊富なラインナップ

ハイビジョンライフをもっとお楽しみいただける周辺機器を豊富にラインナップし、目的に合った組み合わせ方で使うことができます。

【観る】HDCP対応環境でハイビジョン視聴を楽しむ

デジタル放送をパソコンで、しかもハイビジョンで視聴するためには、著作権保護機能HDCPに対応した液晶ディスプレイとグラフィックボードが必要です。

【ためる】どんどん録りためるなら、外付ハードディスク

専用カートリッジディスクの交換により、ハードディスクがいっぱいになった場合でも、新たなデータの書き込みが可能になる「RHDシリーズ」。
大容量メディアとしてライブラリを簡単に構築するのに最適です。

カートリッジハードディスク「RHDシリーズ」
RHD-UXシリーズRHD2-UシリーズRHD4-UXEシリーズ

⇒録画時間の目安はこちら

【残す】BD・DVDメディアへのコピー/ムーブに対応!

録りためた地上デジタル放送を、BD・DVDメディアにコピー/ムーブすることができます。録りためたお気に入りの番組をずっと残しておくことができます。

※ブルーレイディスクに保存する場合、BD-REメディアが必要です。
※DVDメディアに保存する場合、CPRM対応のDVD-RWまたはDVD-RAM ドライブ、メディア、再生ソフトが必要です。
また、DVDへムーブされた映像は SD画質になります。

「ダビング10」に対応!

本製品を使ってパソコンに録画したダビング10対応番組を、BD・DVDメディアに9回までコピー(10回目はムーブ)できます。BDならハイビジョン画質そのままで残すことができます。

もちろん、コピーワンス番組のムーブにも対応。もっと自由に「地デジ」を楽しむことができます。
※コピー/ムーブした番組を、さらにコピー/ムーブすることはできません。

地上デジタル放送をご覧になるには

13ch~62chの受信に対応したUHFアンテナまたはCATVパススルー方式での受信環境が必要です。(CATVトランスモジュレーション方式での受信には対応しておりません。)

レビュー

アイ・オーのPC地デジチューナー1号機を最速レビュー
“自作で地デジ”に一筋の光?——アイ・オー vs バッファロー徹底比較
GV-MVP/HS─ ─待望の地デジ対応チューナーカードを使った
PC用デジタル放送チューナ3メーカー5製品を試す~メーカーごとの特徴が出た第1世代~
【特別企画】PC用単体デジタルチューナ購入ガイド-遂に登場した5機種を比較。第一弾ながら高い完成度-
地デジチューナーはCeleron環境でも使えるか?
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】