HOME > 商品情報 > ハードディスク > ハードディスク総合サイト > ネットワーク接続ハードディスク「LAN DISK」 > ネットワーク接続ハードディスク(NAS)とは?

ネットワーク接続ハードディスク(NAS)とは?

NAS=「ネットワークハードディスク」とは、その名の通り、ネットワーク(LAN)上に接続することができるハードディスクです。

ネットワークに接続された記憶装置という意味で「NAS(Network Attached Storage)」という略称で呼ばれることもあります。

普通のハードディスクと何が違うの?

ハードディスクというと、一般的にはパソコンに内蔵するタイプや、USBで接続するタイプのハードディスクが多く知られています。これらは基本的に、パソコンと1対1で直接接続して使用します。

たとえば、1台のUSB接続のハードディスクに保存したデータを2台以上のパソコンで共有して使おうとすると、使うたびにつなぎ換えが必要です。実際にその手間を考えると、USB接続のハードディスクは、2台以上のパソコン間でのデータ共有には向いていません。

これに対して、ネットワーク接続ハードディスクは名前の通りネットワーク上=LANに接続します。そのため、1対多の接続が可能となり、複数のパソコンから同時に接続することができます。

図:ネットワーク接続ハードディスクと普通のハードディスクとの違い

ネットワークにつながると何ができる?

ネットワークハードディスクなら、ネットワークを経由して同時に2台以上のパソコンからアクセスできるので、複数台のパソコン間のデータの共有がずっと簡単になります。

ネットワークに接続するので、無線LAN経由での接続もOK。同じネットワーク内なら、複数のケーブルでゴチャゴチャしがちな床も気にせずどこからでもアクセスできます。

たとえばリビングに置いたネットワーク接続ハードディスクのデータに、2階の自分の部屋からアクセスするといった使い方もできます。

ファイルを保存するだけじゃない多機能なNAS

ネットワーク接続ハードディスクは、接続の形式が違うだけで、「データを保存する」という基本的な使い方は一般的なハードディスクとほぼ同じです。

しかし、内部にはCPU・OSなどを搭載しており、構造はむしろパソコンに近くなっているのが特徴です。
そのため、単にデータを保存するだけでなく、保存したデータを管理・活用するための様々な機能が搭載されている機種もあります。

LAN DISKシリーズでは、デジカメ内のデータをケーブル1本でコピーできる「デジカメコピー機能」や、その画像をアルバム管理できる「フォトアルバム機能」、音楽データをiTunesで管理する「iTunesサーバ機能」など様々な機能が搭載されています。
さらに、特定の機能に特化したLAN DISK AVシリーズなどもありますので、使い方や環境によって、自分に合ったLAN DISKを選ぶことができます。

LAN DISK比較表
シンプルモデルから多機能モデルまで、IODATAのLAN DISKシリーズを一覧で比較できます。
録画用ハードディスク
外付ハードディスク
ポータブルハードディスク
カセットHDD
ネットワークハードディスク
内蔵ハードディスク
SSD

製品一覧

製品のご購入
直販サイトで購入「ioPLAZA」
パートナーショップで購入「Internet P@rtner Shop」
お問い合わせ

購入前のお問い合わせ

商品選びで悩んだら…
お気軽にお問い合わせください。

購入後のお問い合わせ

サポート情報
ユーザー登録
ドライバダウンロード
修理の受付
商品Q&A

I-O DATA

COPYRIGHT©I-O DATA DEVICE,INC.