メモリー増設前の確認

今使っているパソコン、本当にメモリー増設が必要?対応するメモリーはどれ?
メモリー増設前に、まずはこちらをチェックしてみましょう!

現在のメモリー容量の確認

チェックしておくこと

まず、お使いのパソコンに搭載されているメモリー容量を確認しましょう。
ソフトウェアによって大容量のメモリーを必要とする場合もあるのでまずはココでチェック!

Windows Vista/Windows XPの場合

(1)[スタート]ボタンをクリック

(2)メニューの[マイコンピュータ]を右クリック

(3)[プロパティ]を選択

(4)全般タブを選択(通常は選択されています)

カタログなどに記載のメモリー容量より少なくなっている場合があります。これは、メモリーの一部を「ビデオメモリー」として使用しているためです。

また、OSによってはメモリー容量がMB表示になりますが、1024MB=1GBで計算してください。

※ビデオメモリー(VRAM) … ディスプレイに表示されるグラフィック内容を保持するメモリ。

Macの場合

(1)メニューバーの[アップルマーク]をクリック

(2)メニューの[このMacについて]をクリック

(3)[このMacについて]のウインドウに、現在のメモリー容量が表示されます。

メモリーの使用率を確認

今現在のメモリー容量で足りているかどうかを確認します。

ウィルス対策ソフトやオフィス系ソフト、画像編集ソフトなど、使うソフトでメモリーの使用率は変わってきます。
メモリーが不足すると、ひとつの処理に時間がかかるなどの症状が発生します。

Windows Vista/Windows XPの場合

(1)「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を同時に押し、 [タスク マネージャ]を選ぶ

(2)[パフォーマンス]タブを選ぶ

(3)PF(ページファイル)使用率を見る
※この時、「物理メモリの合計」-「PF使用量」が マイナスになるとメモリーが不足している状態です。

対応メモリーを確認

メモリーには形状やスピードなど規格が異なるいくつかの種類があり、パソコンによってご利用いただけるメモリーが違います。
誤ったメモリーを選ぶと、「形が合わず、取り付けられない」「つけてみたものの、動作が不安定」という事態に…。

今お使いのパソコンでご利用いただけるメモリーを探すには、 対応検索「PIO(ピオ)」でご確認ください。

対応検索『PIO』の使い方

対応検索「PIO(ピオ)」は、3ステップで簡単にあなたにあったメモリーを検索できます。

パソコンの名称や型番を入力し、検索結果からお使いのパソコンを選ぶだけの簡単検索です。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】