新商品情報 2012年

2012年04月25日 12-NR103

ハイビジョン番組がダビングできるハードディスクRECBOXにiVDR-S対応モデルが登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWDTCP-IP対応 iVDRスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク

  型番 JANコード 出荷予定 価格
2.0TB HVL-AVS2.0 4957180100180 5月中旬 ¥32,800

RECBOX(HVL-AVSシリーズ)は、録画した地デジを家の中でどこでも楽しめるDTCP-IP規格に対応したハイビジョンレコーディングハードディスクです。2TBの内蔵ハードディスクに加え、著作権保護技術「SAFIA」に対応した「iVDR-S」を挿し替えてハイビジョン番組の保存が可能です。
124/128度CSデジタル放送“スカパーHD”のハイビジョン番組録画(「スカパーHD録画」)や、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉からの録画、当社製地デジキャプチャー製品を搭載したパソコンからの番組のダビングなどに対応しています。
※本製品には、iVDR-Sは添付しておりません。対応iVDR-Sは「RMS-500」をお求めください。

カセットHDDで容量かんたん増設

カセットHDD「iVDR-S」でかんたん増設

内蔵ハードディスクの容量(2TB)に加えカセットHDD「iVDR-S」を挿し替えることで、さらにたくさんのテレビ番組を録画できます。カセットHDD単位でハードディスクの増容量ができるため、安価に必要なタイミングで容量追加、コンテンツのムーブ先の追加ができます。

また、iVDRスロットにはオートローディング機構を採用。カセットHDDを少し押し込んで入れるだけで出し入れが可能です。

対応カセットHDD:RMSシリーズIVSシリーズ

iVDR-Sを持ち出してWoooで見る

別の部屋やお友達の家など、iVDR-Sに対応した機器があれば、カセットHDDに移した番組をその場ですぐさま視聴可能。ムーブに時間を費やすことなく番組を持ち出すことができます。

録画した番組をかんたんに持ち出せる

テレビの内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組をバックアップできる

テレビ内蔵のハードディスクや通常の外付ハードディスクは、録画に使用したテレビ以外では再生できませんが、RECBOXはDTCP-IPに対応したテレビであれば、テレビが変わっても再生可能です。録り貯めた番組はRECBOXにダビングしておくことで、バックアップが可能です。

テレビの内蔵ハードディスクやUSBハードディスクに録画した番組をバックアップできる

HVL-AVRシリーズ(従来品)をお使いの方も無料で機能アップ

HVL-AVRシリーズRECBOX HVL-AVRシリーズ(従来品)をお使いのお客様も、アップグレードプログラムの適用によりHVL-AVSシリーズ相当に機能アップが可能です。アップデート後はカセットHDD「REC-iN」だけでなく、新たにiVDR-Sもご利用可能にになります。
アップグレードプログラムはサポートライブラリより無料でダウンロードいただけます。

添付品 ●LANケーブル(ストレートタイプ:1m) ●セットアップガイド(〈レグザ〉版、Wooo版、スカパー!HD版)、iVDR-Sロゴシール ●ACアダプター ●ACケーブル ●取扱説明書 RoHS
LANインターフェイス ●転送規格:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ●コネクター:RJ-45(Auto-MDI/MDI-X対応)
仕様 ●電源:DC12V ●消費電流:1.7A(TYP) ●質量:約2.2kg(梱包時:約3.2kg) ●外形寸法:約260(W)×240(D)×45.1(H)mm(突起部除く) ●保証期間:一年保証 ●各種取得規格:RoHS指令準拠、VCCI Class A、電気用安全法(PSE) ※ACアダプター

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】