ハードディスクとは

画像

形によって、外付けハードディスク、内蔵ハードディスクといった種類がありますが、一般的にハードディスクとは、データを保存するための装置です。HDDもしくはHDドライブと略することもあります。

データを保存するハードディスク(本体)の中にはプラッタと呼ばれる金属製の円盤が内蔵されており、このプラッタに磁気ヘッドを近づけることでデータを読み書きします。

ハードディスク各部の名称

図:ハードディスク各部の名称

ハードディスクの取り扱い

画像

ハードディスクは精密機器です。動作中はプラッタや磁気ヘッドが高速で駆動するため、衝撃を与えることが危険なのはもちろん、磁気、熱、湿気、さらにホコリなども大敵です。当然、読み書きの最中に電源を急に落とすことは厳禁です。

大事なデータは定期的にバックアップを!

画像

また、ハードディスクには寿命があります。駆動部分が多いことから、経年劣化による部品の摩耗などが故障の原因となることがあります。
不意の故障により保存されたデータが消えてしまうことを防ぐため、 ハードディスクのデータは定期的にバックアップしておくことをおすすめします。

バックアップとは?

大事な写真などの同じデータを2ヵ所に保存することです。データの移動ではなく、2重に保存しておくことです。万が一、データを紛失しても、バックアップしておけば、大事なデータを復元できます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】