HDLMシリーズ専用交換ハードディスクユニットHDM-OPシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDM-OPシリーズ

ネットワークミラーリングディスク「HDLM-Uシリーズ」「HDLM-GWINシリーズ」、専用の交換用ハードディスクユニットです。「HDLMシリーズ」のディスクドライブ交換がフロント側から簡単にできます。

HDLM series - Option HDD unit xxxGB
直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDM-OP160 4957180051789 160GB   ¥12,500   詳細  在庫限り 2009/6/1価格改定  後継品HDM-OP250
HDM-OP250 4957180051796 250GB   ¥13,600   詳細  2009/6/1価格改定
HDM-OP300 4957180051802 300GB   ¥14,600   詳細  2009/6/1価格改定
HDM-OP400 4957180061702 400GB   ¥18,900   詳細  2009/6/1価格改定
HDM-OP500 4957180069517 500GB   ¥23,200   詳細  2009/6/1価格改定
HDM-OP750 4957180069524 750GB   ¥26,400   詳細  2009/6/1価格改定
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ネットワークミラーリングディスク「HDLMシリーズ」専用 ハードディスクユニット

ミラーリング機能搭載のLAN接続ハードディスク、「HDLM-Uシリーズ」「HDLM-GWINシリーズ」専用の交換用ハードディスクユニットです。
ロックを解除しフロント側に引き出すことで、簡単に交換できます。
専用ハードディスクなので、RAID1動作において最大限のパフォーマンスを発揮します。※出荷時に搭載されているハードディスクと、同容量のハードディスクユニットをご利用ください。

「HDLMシリーズ」の特長:自動でデータを復旧

「HDLMシリーズ」は自動リビルド機能を搭載。
障害ドライブを交換するだけで、自動的にデータをリビルド(復旧)し、ミラーリング(RAID1)状態に戻ります。
データのリビルド中もファイルにアクセスすることが可能なので、復旧中に長時間待たされることはありません。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】