• アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
  • アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
  • アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
  • アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
  • アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
  • アイ・オーのビジネスNAS「LAN DISK(ランディスク)」が生まれ変わりました!
業界初の最高保証レベルで
「ファイルサーバー」のスタンダードへ。
新しいランディスク、はじまる。

LAN DISK REBORN

LAN DISK REBORNLAN DISK REBORN

生まれ変わった
LAN DISK(ランディスク)の
「5つの安心」

業界最高レベルの5年保証を実現
最大150万円相当のデータ復旧サービス
有償保守サービス
独自技術「拡張ボリューム」
NarSuSを提供
業界最高レベルの5年保証を実現
最大150万円相当のデータ復旧サービス
独自技術「拡張ボリューム」
NarSuSを提供
有償保守サービス

業界最高レベル
5年保証を実現

安心01.

業界最高レベル!
5年保証!

ビジネス向けランディスクは業界最高レベルの5年保証です。RAID崩壊を防ぐ独自技術の「拡張ボリューム」、オンライン監視サービス「NarSuS」、こだわりのハードウェア設計、そして長年の事業展開による蓄積が、従来品では3年だった保証期間を5年にすることを実現しました。一般的なNASのリプレイス期間を標準保証でカバーできますので、企業、学校、官公庁、医療現場などあらゆるシーンで、長く、安心してお使いいただけます。

※NASの標準保証期間として。当社調べ(2022年10月時点)


5年間の標準保証!

5年保証を支えるのは独自保存技術「拡張ボリューム」。
その詳細はこちら!

拡張ボリュームについて

最大150万円相当の
データ復旧サービス

水没、傷などの物理障害を含む復旧サービス付き
安心02.

プラッターの傷など、
物理障害を含む
データ復旧サービス付き

ランディスクの内蔵ハードディスクに障害が発生し、読み込めなくなった際、保存データの復旧を試みるサービスを標準添付しています。

ハードディスクの障害にはファイルシステム障害など軽度の論理障害から、復旧に開封作業を要する重度の物理障害まで様々な原因があり、重度になると1回の復旧費用が数十万円になる場合も。このことから、一般的なNAS製品に添付されやすいのは軽度の論理障害のみをカバーするサービスですが、ビジネス向けランディスクは重度の物理障害をも対象とした、最大150万円までの作業費用をカバーするサービスを添付。万が一に備え、迷うことなくお選びいただけます。

※本サービスは復旧をお約束するものではありません。

※対象商品のハードディスクが故障した場合、対象商品の購入日を起算開始日として5年間、かつ、1年間ごとに1回、合計5回目まで、かつ、データ復旧作業費用合計150万円(税込)まで無償でデータ復旧サービスを受けることができます。

水没、傷などの物理障害を含む復旧サービス付き
物理障害を含むデータ復旧サービスがご利用可能! 物理障害を含むデータ復旧サービスがご利用可能!
障害
レベル
障害内容 利用について
軽度 論理障害(軽微なOS障害、ファイルシステム障害)
中度

初期化・削除、及び軽度で対応出来ない論理障害。

また、簡易的な物理障害。(不良セクタ)

重度 HDDの開封作業を要する、または中度で対応できない物理障害。

※条件あり

※「重度」障害の復旧には、
以下の条件を満たすことが必要です。

データ復旧サービスデータ復旧サービス

※上記条件を満たさない場合は、中度障害にあたる
論理障害のみ復旧対象となります。


有償保守サービスを用意

5年保証を支える
独自保存技術
「拡張ボリューム」

安心04.

「RAID崩壊」の
リスクに備える

NASの冗長化の手段として最も一般的なものといえばRAIDです。RAIDは長年に渡り使われてきた安定した技術ではありますが、一方で「RAID崩壊」のリスクがあることも事実です。

そんな法人向けNASのデータ消失リスクを低減したRAIDにかわる冗長化技術として当社独自技術「拡張ボリューム」を開発 。さらに拡張性にも優れ、ビジネスの成長に合わせた柔軟な容量の追加が可能です。

※LAN DISK Zシリーズは拡張ボリュームには対応しておりません。

「RAID崩壊」のリスクに備える

「拡張ボリューム」の特徴

1.安全性
RAID崩壊によるNASのデータ消失を防ぐ、
アイオー独自の技術です。

拡張ボリュームとは、ハードディスク2台を1組のペアとして使い「ファイル単位のミラーリング」を行う冗長化の技術です。あえてペア内で稼働時間に差をつけて読み書きさせるため、ペアが同時に故障する可能性は極めて低くなります。

安全性

安全性

2.メンテナンス性
リビルド時間を短縮し、
HDDが故障した際の素早い復帰を
可能にします。

HDD が故障し、交換作業をする場合も、全領域に対しリビルドを実施するRAID に比べ、使用領域だけをリビルドする拡張ボリュームなら、作業時間を大きく短縮できます。

メンテナンス性

3.拡張性
使いながら容量を拡張できるから、
必要な時に増設できて、
スモールスタートも可能。

ペアのHDDを順に換装するだけで、データを維持したまま実効容量を大きくできます。ホットスワップに対応しており、システムを止めずに実施することが可能です。

拡張性


拡張ボリューム RAID
内蔵HDDの同時故障リスク 低い 高い
リビルド時間

短い

(使用量に応じて変動)

長い
容量拡張

(運用中の増設も可)

詳しくはこちら

遠隔で状態を見守れる
安心管理サービスを無償提供

安心05.

オンライン監視サービス「NarSuS(ナーサス)」

ランディスクには、お客様に代わってランディスクの状態をネットワーク経由で見守るクラウド管理機能「NarSuS」を提供しています。

24時間ランディスクを管理し、トラブルが発生するとメールでの通知や対処方法をブラウザで確認することができるので、どなたでも簡単に運用管理することができます。

オンライン監視サービス「NarSuS」
NAS管理サービス「NarSuS(ナーサス)」NAS管理サービス「NarSuS(ナーサス)」

ランディスク遠隔管理サービス

「NarSus」について詳しくはこちら

信頼と実績の
ハードウェア設計

NAS用ハードディスクを搭載

ランディスク用ハードディスクを搭載

常時稼働を前提とした運用に耐えられるよう、電力消費を抑え、熱と振動への対策を施したランディスク専用のハードディスクを採用しています。
振動からHDDを守る設計

振動からHDDを守る設計

振動によるハードディスク故障を避けるため、リベット止めした剛性の高い筐体と、外部からの振動の伝わりを低減するインシュレーターを採用しています。
放熱効果と低振動を両立した大型ファン

放熱効果と低振動を
両立した大型ファン

放熱効果はもちろん、中空固定構造を採用することで、ファンの振動をハードディスクに伝えません。
熱による故障を抑えるハードディスクの縦型配置

熱による故障を抑える
ハードディスクの縦型配置

ハードディスクを立てて設置することより筐体上部に発生する熱だまりを解消し、効率のよいエアフローを実現しました。

LAN DISK REBORN!
一挙102商品をラインアップ!

LinuxベースOS
搭載モデル

詳細を見る
法人・企業向けNAS(Linuxベース OSモデル)

Windows OS
搭載モデル

詳細を見る
法人・企業向けNAS(Windows OSモデル)