拡張ボリューム特集ページ

RAIDのさらに先をいく安心の技術【拡張ボリューム】法人向けNASのデータ消失を防ぐ!

法人向けNASの安全性を高めるために、冗長化を行うことはもはや常識。そして、NASの冗長化の手段として最も一般的なものといえばRAIDです。RAIDは長年に渡り使われてきた安定した技術ではありますが、一方で「RAID崩壊」のリスクがあることも事実です。RAID崩壊によるデータ消失の復旧には多大な費用や時間がかかり、ビジネスに「手痛い損失」を与える可能性も見過ごせません。

アイ・オー・データの「拡張ボリューム」は、そんな法人向けNASのデータ消失リスクを低減したRAIDにかわる冗長化技術。さらに拡張性にも優れ、ビジネスの成長に合わせた柔軟な容量の追加が可能です。

▼

法人向けNASの安全性を高める「拡張ボリューム」とは?

  1. RAID崩壊によるデータ消失を防ぐ、アイオーの新しい技術です。
  2. リビルド時間を短縮し、HDDが故障した際の素早い復帰を可能にします。
  3. 使いながら容量を拡張できるから、容量不足の問題を解決できます。

たとえばこんなお悩み・不安をお持ちの企業におすすめします!

その1 製造業A社 データ保管は安全性を一番重視したい
その2 サービス業B社 あとで容量を増やせるような拡張性がほしい
▼

「拡張ボリューム」の特長1 安全性 RAID崩壊によるデータ消失を防ぐ、アイオーの新しい技術です。

拡張ボリュームとは、ハードディスク2台を1組のペアとして使い「ファイル単位のミラーリング」を行う冗長化の技術です。あえてペア内で稼働時間に差をつけて読み書きするため、ペアが同時に故障する可能性は極めて低くなります。

書き込み時
読み込み時

一般的に1台のNASには同ロットのHDDが搭載されるため、各HDDの寿命は初期不良を除けば同程度と考えてよいでしょう。RAIDの場合、劣化もほぼ均等に進行するため、必然的に同時故障のリスクをはらむものとなっていました。拡張ボリュームでは、読み込み時のディスクを一方に固定することで稼働時間を偏らせ、ペアとなるHDDの劣化の進行度に差をつけます。これにより、同時故障、データ消失のリスクを大幅に低下させることに成功しました。

▼

「拡張ボリューム」の特長2 メンテナンス性 リビルド時間を短縮し、HDDが故障した際の素早い復帰を可能にします。

HDDが故障し、交換作業をする場合も、全領域に対しリビルドを実施するRAIDに比べ、使用領域だけをリビルドする拡張ボリュームなら、作業時間を大きく短縮できます。

HDD交換時におけるリビルド対象の違い
▼

「拡張ボリューム」の特長3 拡張性 使いながら容量を拡張できるから、容量不足の問題を簡単に解決できます。。

ペアのHDDを順に換装するだけで、データを維持したまま実効容量を大きくできます。ホットスワップに対応しており、システムを止めずに実施することが可能です。

6台のうち1台を4TBに交換 1TB×3組(実行容量3TB→1TB+1TB+4TB(実行容量6TB)
▼

比較表 RAIDと拡張ボリュームの違い

比較表
▼

製品ラインナップ

LAN DISK
Hシリーズ
中規模オフィス向け
(ハイエンドモデル)
HDL6-Hシリーズ6ドライブ
HDL6-Hシリーズ
6ドライブ
HDL4-HEXシリーズドライブ
HDL4-HEXシリーズ
4ドライブ
HDL2-H/TMシリーズ2ドライブ
HDL2-Hシリーズ
2ドライブ
HDL4-HRシリーズ4ラックマウント
HDL4-HRシリーズ
4ドライブラックマウント
LAN DISK
Xシリーズ
中規模オフィス向け
(スタンダードモデル)
DL4-X/TMシリーズ4ドライブ
HDL4-Xシリーズ
4ドライブ
HDL2-X/TMシリーズ2ドライブ
HDL2-Xシリーズ
2ドライブ
LAN DISK
Aシリーズ
小規模オフィス向け
(エントリーモデル)
HDL2-AAWシリーズ2ドライブ
HDL2-AAWシリーズ
2ドライブ
pagetop
このページのトップへ
PC版を表示