NASのアクセスログ管理で万が一の情報漏えいに備える!

NASのウイルス対策やアクセス制御など、「情報漏えいを未然に防ぐ機能」のほか、NASへのアクセスログ管理による「監視機能」をご用意。
万一の時も迅速な原因特定が可能です。

不正アクセス編情報漏えいをしっかり監視する体制はできていますか?

case1

出来心や悪意のある従業員による人的情報漏えいの監視

図:出来心や悪意のある従業員による人的情報漏えいの監視

case2

情報漏えい時の原因特定や漏えい範囲を確認する方法の確立

図:情報漏えい時の原因特定や漏えい範囲を確認する方法の確立

▼

監視いざという時に備えて
不正アクセスを監視できる

万が一情報漏えいが疑われる場合、迅速な初動対応や原因の調査をするために、アクセスログは非常に重要な役割を果たします。また、情報を流出させないために社員のセキュリティ意識の向上としても活用できます。LAN DISK Hシリーズのログ管理機能なら、不審なアクセスがあった場合、管理者にアラートを出せる他、長期間にわたってアクセスログを厳重に保管することができます。またUSBメモリーを制御キーとして利用すれば、ログの削除や改ざんを防止することができます。

イラスト:操作履歴をチェック

図:不正アクセスを監視

長期保管に対応

共有フォルダーへのアクセスログをハードディスク上の隠しフォルダー内にCSVファイルで収集・保存できます。ハードディスクの容量が許す限り保存されるため、長期間のアクセスログを保管する事が可能です。

さらに膨大なアクセスログから簡単に目的の記事を抽出できる専用の閲覧ツールを提供 ※Windowsアプリ

アラート機能

アクセスログの中から設定した条件に適合する値を検知するとアラートを出すことができます。管理者以外のアクセスや業務時間外のアクセス、グループ外からのアクセスの検知などに有効です。

削除・改ざん防止機能

USBメモリーを管理者用の制限キーとして使用できます。制限キーが接続されていない状態ではログにアクセスできず、ログに関する操作を不可にすることで、内部からの不正な操作を防ぎ、ログの証拠性を高めることができます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】