簡単&低コストに不正アクセスを監視できる! ファイルサーバーの情報漏えい対策 LAN DISK×VISUACT

年々増加する個人情報の流出や企業を標的としたサイバーテロ。万が一の場合に迅速かつ適切に原因究明できる体制を準備しておくことは、安全対策と同じく非常に重要です。アクセスログ監視システム組込済みモデル「VISUACT BOX」なら社内でも特に利用頻度の多いファイルサーバーを簡単&低コストに監視することができます。

ミラーポートに接続するだけ!
運用中のシステムでも安全に設置出来ます

「VISUACT BOX」は、特定用途向けプラットフォームの「HDL-Z2WECシリーズ」に、700社以上に導入実績のあるアズビル セキュリティフライデー株式会社のアクセス監視システム「VISUACT-L」を組み合わせることにより、既存のシステムに変更を加えることなく容易に設置・運用できるセキュリティシステムをご利用いただけるようにしたアプライアンスサーバーです。

ファイルサーバーのログを監視する「VISUACT BOX」

WEC-VISUACTLシリーズ

VISUACT TM

商品詳細

WEC-VISUACTLシリーズ

図:「VISUACT-L」の組み合わせ

特長

既存環境にノータッチで導入できます

  • 既存環境の運用を止めずに導入できます。
  • ファイルサーバーの設定変更(監査設定)や、ソフトウェアをインストールする必要がありません。

ファイルサーバーやネットワークに負荷をかけません

  • ファイルサーバーのCPU負荷ゼロ
  • ファイルサーバーのストレージ使用量ゼロ
  • ネットワーク負荷ゼロ

ファイルサーバーの種類を選びません

  • SMB/CIFSに対応したあらゆるサーバーに対応
  • サーバーを買い替えても使用できます。

信頼の VISUACTテクノロジー

  • VISUACTは日本を代表するトップ企業での導入実績多数! 700社以上で採用されています。
  • サーバー管理者でも収集したログを編集できません。

情報漏えい対策に!

ファイルサーバー内に保存されているデータは、顧客情報、取引先からの発注情報、外注先への委託情報、入出金記録など、情報漏えいにより会社経営に与える影響は甚大です。「VISUACT BOX」によるアクセス監視システムを導入することで、社内の内部犯行抑止につながります。

図:クラウドストレージならどこからでも業務データに アクセスできる

新種ウイルスへの対策に!

「VISUACT BOX」では、アンチウイルスソフトにパターンが登録されていない新種のウイルスに対しても、ファイルサーバーのアクセスログ取得により異常なアクセスを絞り込み、ウイルスに感染したPCの特定を行うことができます。

図:新種ウイルスへの対策

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】