検索

検索結果

画面で見るマニュアル

HDL-AAシリーズ HDL-AAWシリーズ HDL2-AAシリーズ HDL2-AAWシリーズ HDL2-Xシリーズ HDL4-Xシリーズ

ネットワーク接続ハードディスク(NAS)

このマニュアルをご覧いただくために

最新バージョンのWebブラウザーでご覧ください。

パッケージ(追加機能)については

パッケージ(追加機能)取扱説明書をご覧ください。

全ページをプリント全ページをプリント
「全ページをプリント」は、パソコンのみでお使いいただける機能です。

おすすめの使用環境

おすすめ環境 おすすめ環境 おすすめ環境 おすすめ環境 おすすめ環境 おすすめ環境

■ インターネット
インターネットにつなぐと、本製品のファームウェアやパッケージ(追加機能)を自動更新できます。

■ バックアップ用USB HDD
バックアップ機能を使い、重要なデータを履歴差分バックアップします。
対応USB HDD

■ UPS(無停電電源装置)
停電や電源トラブル時に本製品を守ります。
対応UPS

■ NarSuS
登録したLAN DISK に異常が発生した場合など、管理者にメールで通知します。

本製品のおすすめ設定

履歴差分バックアップ
バックアップした時点でのファイルやフォルダーの構造が日付ごとに丸ごと残ります。
ファイルを間違って消したり更新してしまった場合に、日付を指定して復元することができます。
また、フルバックアップとは違い、アイオー独自の差分バックアップ方式を使っているので、容量は最小ですみます。

起動スケジュール設定
使用する時間帯が決まっている場合は、本製品が利用されていない時間の消費電力を抑えられるだけでなく、可動部分の消耗による故障の低減につながります。

ファームウェアの自動更新
ファームウェアの更新(アップデート)には、新しい機能の追加のほかにも本製品の修正など、重要な更新が含まれます。常に最新の状態でご利用いただくためにファームウェアの自動更新をご利用ください。
出荷時:有効(そのままご利用いただけます。)

パッケージ(機能追加)
本製品の機能をアドオンパッケージにて拡張することができます。

設置する

本製品をネットワークに設置します。
  1. ネットワーク内のルーターなどが正常に動作していることを確認する

  2. ①添付のLANケーブルで、本製品とルーターをつなぐ

    ②添付のACアダプターをつなぐ

  3. ご注意

    必ずLANケーブルを先に接続してください。
    LANケーブルを接続する前に本製品の電源を入れると、正しくネットワークに参加できなくなります。

電源を入れる、切る

電源を入れる


電源を切る

電源を入れる

  1. 背面の前面の電源POWERボタンを押す

  2. 「ピー」と音が鳴ったことを確認する

これで電源が入りました。

電源を切る

  1. 背面の前面の電源POWERボタンを「ピッ」と音がなるまで押し続ける

    ※ 誤操作防止のため、軽く押してすぐに離しただけでは動作しないようになっています。

    「ピッ」と音がなったら、すぐに電源POWERボタンを離してください。
    そのまま押し続けると強制電源OFFになります。

    →前面ランプが緑点滅します。

  2. 電源が切れるまで待つ

    しばらくすると前面ランプが消灯し、自動的に電源が切れます。

ご注意

ランプが消える前に、絶対に電源ケーブルを抜かないください。故障の原因になります。

長期間使用しない場合

電源コードをコンセントから外しておくことをおすすめします。

導入用ソフトをインストールする

LAN DISKコネクトをインストールする(Windowsのみ)


Magical Finderをインストールする(Windows/macOS)


LAN DISKコネクトをインストールする(Windowsのみ)

  1. をクリック
    ※LAN DISKコネクトをインストール済みの場合は、設定画面を開くからご覧ください。

  2. ①[ネットワーク]をクリック

    ②記憶域の[LANDISK-XXXXXX]をダブルクリック

    ※「デバイスドライバーソフトウェアをインストールしています」と表示された場合は、再度アイコンをダブルクリックしてください。

    「記憶域」や[LANDISK-xxxxxx]が表示されない場合

    ●画面内の白いところを右クリックし、[グループで表示]→[カテゴリ]をクリックする または、[最新の情報に更新]をクリックする

    ● セキュリティソフトのファイアウォール機能を一時的に解除する

    ● 画面上部にネットワーク探索が無効と表示された場合は有効にする

    LAN DISKコネクトをダウンロードする方法

    以下の弊社Webページ「サポートライブラリ」からLAN DISKコネクトをダウンロードしてインストールできます。
    http://www.iodata.jp/r/5160

  3. [セットアップスタート]をクリック

  4. 画面下に表示された[実行]をクリック

    ユーザーアカウント制御が表示されたら

    アクセスを許可(ブロックを解除)してください。

  5. [LANDISK-xxxxxx]が開く
    ⇒LAN DISKコネクトはインストールされました。

    上のウィンドウが表示されない

    他のウィンドウに隠れていないかご確認ください。

これでインストールは完了です。

Magical Finderをインストールする(Windows/macOS)

かんたんIPアドレス設定ツール「Magical Finder」は、弊社Webページ「サポートライブラリ」からダウンロードし、インストールしてください。

Windows版 http://www.iodata.jp/r/3022

macOS版 http://www.iodata.jp/r/2118

設定画面を開く

LAN DISKコネクトで開く(Windowsのみ)


Magical Finderで開く(Windows/macOS)

事前に導入用ソフトをインストールしてください。

LAN DISKコネクトをインストールする(Windowsのみ)

Magical Finderをインストールする(Windows/macOS)

LAN DISKコネクトで開く(Windowsのみ)

  1. デスクトップ上の[LAN DISK]をダブルクリック

  2. [LANDISK-xxxxxx]を右クリックして、[設定画面を開く]をクリック

これで設定画面が開きます。

Magical Finderで開く(Windows/macOS)

  1. Magical Finderを起動する

  2. [ブラウザ]をクリック

これで設定画面が開きます。

はじめて設定画面を開く場合

はじめて設定画面を開いた時は、最初に管理者パスワードを設定し、初期設定へ進みます。
※初期設定の内容は、後で変更できます。

  1. 何も入力せずに、[ログイン]をクリック

  2. ①管理者パスワードを2回入力
    ※ 4 ~ 20 文字(半角英数記号)

    ②[適用]をクリック

  3. 必要に応じて設定する

    各タブの設定は、基本的に変更しなくても利用できます。

  4. タブ(項目) 内容
    名前

    本製品の名前、説明、設置場所を設定できます。名前を変更した場合は、ネットワーク上で表示される本製品の名前が変わります。

    ネットワーク

    本製品のIPアドレス設定ができます。(IPv4のみ)

    Microsoftネットワーク

    本製品が参加するネットワークの設定ができます。

    時刻

    本製品の時刻設定ができます。

    内蔵ボリューム

    本製品の暗号化の設定ができます。

    省電力

    本製品の省電力設定ができます。

    電源スケジュール

    本製品の起動時刻、終了時刻のスケジュール設定ができます。

  5. 設定したら、[全ての設定を反映する]をクリック

添付ソフトをインストールする

本製品の使用には必須ではありません。必要に応じてダウンロードしてください。

各ソフトウェアの使用方法については、各ソフトウェアのマニュアルをご覧ください。

ダウンロードできるソフトウェア

弊社Webページ「サポートライブラリ」でダウンロードできるソフトウェアは、以下のとおりです。
http://www.iodata.jp/lib/
※本製品の型番で探します。

■EasySaver 4 LE
多彩な機能でカスタマイズして、バックアップを設定できます。

■Sync with
フォルダー間を定期的に同期します。簡単なバックアップもできます。

■LAN DISK Admin
LAN DISKを複数台導入した場合の設定を一括で管理することができます。

■LAN DISK Restore
設定データをコピーして流用することで、複数台導入時の初期設定を省力化することができます。

■LAN DISK Key Server
ボリュームの暗号化機能によりUSBメモリーに保存されたキーをサーバー上に保存して、このサーバーをロックキーの代わりとして利用するソフトウェアです。
本製品の起動の度にロックキーを接続する作業が不要になり、ロックキーを安全な場所に常に保存しておくことができます。

■LAN DISK Backup Reader
本製品が故障し、専用フォーマットのUSB HDDからバックアップファイルが読み出せない場合に、パソコンからデータを読み出すことができます。

■Sight On
メールソフト感覚の簡単操作で、ユーザーによるファイル更新を知ることができます。ファイル更新時にポップアップで通知します。

共有にアクセスする

共有とは?


Windowsから共有にアクセスする


macOSから共有にアクセスする


共有とは?

本製品や本製品につないだUSB HDDへのファイルの読み書き(アクセス)は、ネットワーク上の他の機器からおこないます。 本製品に作成されている共有フォルダーを通して、ネットワークにつながっている機器からデータを共有することができます。

▼ご購入時の共有状態
※以下のフォルダーは、初期設定で管理者(admin)のみアクセスできます。

disk1 ご購入時にすでに作成されている内蔵ディスクの共有フォルダーです。
LAN DISK Log データーコピーや、バックアップなどの結果が記録されます。
※この共有フォルダーは削除できません。
usbx(xはポート番号) 本製品のUSBポートにつないだUSB HDDで、共有フォルダーが表示されます。
usb1ボリュームを共有モード(FAT/NTFS/専用)に設定時に、USB HDDを[USBポート1]につないだ場合は、[usb1]と表示されます。

▼共有フォルダーのアクセス権

詳細アクセス権設定 各共有フォルダーに対し、ユーザー・グループごとに権限を設定することができます。
全員共有 ネットワークに接続されているすべての機器からデータの読み書きができます。

設定方法は、共有を追加するをご覧ください。

Windowsから共有にアクセスする

Windowsでは、「LAN DISKコネクト」を使って、本製品へアクセスします。
インストール方法は、LAN DISKコネクトをインストールする(Windowsのみ)参照

  1. デスクトップ上の[LAN DISK]をダブルクリック

  2. [LANDISK-xxxxxx]→[disk1]の順にダブルクリック

    ※ユーザー名、パスワードを求められたら、アクセス用ユーザーのユーザー名、パスワードを入力します。

これで、データを読み書きできます。

管理者が共有にアクセスする場合

Windowsで次のログオンユーザーを作成し、Windowsにログオンすると、すべての共有フォルダーにアクセスできます。

ユーザー名 admin
パスワード 本製品の管理者パスワード
※管理者は、管理者以外の他のユーザー専用・グループ専用として作成した共有フォルダーにもアクセスできます。

※このアクセスをする場合は本製品をワークグループモードでご利用ください。ドメインモードでは、すべてのユーザーにアクセスを許可した共有フォルダーのみアクセスできます。

macOSから共有にアクセスする

macOSでは、Finderのメニューで本製品の共有フォルダーをマウントしてからアクセスします。

  1. Finder の[移動]メニュー→[サーバへ接続]をクリック

  2. ①「サーバアドレス」に[landisk-xxxxxx]をクリック

    ※ xxxxxx は、本製品のシールに記載のMAC アドレス下6 桁です。

    ②[接続]をクリック

    接続できない場合

    本製品からLAN ケーブルを抜き、ゆっくり4 秒数えてから再びLAN ケーブルをつないでください。

  3. ①[登録ユーザ]を選ぶ

    ② アクセスのためのユーザー名(名前)とパスワードを入力

    ③[接続]をクリック

  4. ①[disk1]を選ぶ

    ②[OK]をクリック

これで、データを読み書きできます。

NarSuS登録をする

この項目は、お使いの製品とは関連がない内容です。

NarSuS(ナーサス)とは?


ご利用環境


登録手順


登録手順(インターネット接続できない環境)

NarSuS(ナーサス)とは?

「NarSuS(ナーサス)」とは、製品の状態をインターネット経由で管理できるクラウド管理機能です。
お客様に代わってNarSuSデータセンターが製品の状態を把握し、万が一の障害をいち早く察知し通知します。

製品と離れたところからでも状態を確認

Web上の管理画面なので、どこからでも状態を確認できます。

トラブル時にすばやくメールでお知らせ

製品にトラブルが発生したら、NarSuSデータセンターが状態を察知し、NarSuSデータセンターからメールでトラブルをお知らせします。

トラブル対処ガイダンス

トラブル発生の際に状況に合わせた対応ガイドを表示します。
イラストつきのガイドにしたがって操作するだけで、難しいバックアップの再構築やHDD交換など、迷うことなく対処できます。

セキュリティへの配慮

NarSuSの通信は、製品からNarSuSデータセンターへ、HTTPSで暗号化された一方通行の送信をおこなっています。
そのためNarSuSデータセンター側から、直接製品に接続することはありません。
また、製品から送信するデータは、製品の稼働情報のみであり、 利用されているユーザーの情報やユーザーデータ(ファイルなど)が送信されることはありません。

ご利用環境

対象製品の設置環境

インターネット接続可能な環境でご利用いただけます。

※ httpsで通信するため、ポート443の解放が必要です。

※ Internet Explorerでご利用の場合、[インターネット オプション]→[セキュリティ]を開き、[信頼済みサイト]に"https://www.narsus.jp" を登録しておいてください。

※ NarSuSは、IPv4ネットワークでのみ使えます。

対象製品の設置環境

以下の各Webブラウザーの最新バージョンをご利用ください。
・Internet Explorer(IE8以上)
・Chrome
・Firefox
・Safari
・Microsoft Edge

登録手順

本製品をインターネットに接続できない場合

手順が異なります。
登録手順(インターネット接続できない環境)をご覧ください。

  1. 「初期設定」画面を閉じると、下の画面が表示されるので、[登録]をクリック

    ※ 後で登録:この画面を閉じますが、次回もこの画面が表示されます。

  2. [NarSuSを利用]をクリック

    プロキシサーバーの設定

    インターネット接続にプロキシサーバーの設定が必要な場合は、この画面で設定できます。

  3. NarSuSの登録状況でどちらかをクリック

    ※ 追加で登録する場合は、 ログイン後[製品追加登録]をクリックします。

  4. 必要事項を入力し、[登録/更新]をクリック

    ※ 画面例:新規登録の場合

  5. 内容を確認し、[この内容で登録する]をクリック

    ※ 追加登録の場合は、[OK]をクリック

    ※ 画面例:新規登録の場合

  6. [NarSuSへ]をクリック

    ※ 登録内容がメール送付されます。

設定・登録に失敗した

■ 以下を確認してください。

• インターネット接続できること

• LAN ケーブルが抜けていないこと

• プロキシサーバーの設定が必要な場合、設定が正しいこと

• 本製品のTCP/IP設定が手動の場合、設定が正しいこと

■ お使いのWebブラウザーのキャッシュ(Cookie)をクリアした上で、再度お試しください。

登録手順(インターネット接続できない環境)

  1. インターネットに接続できるパソコンなどから、Webブラウザーで、以下のURLにアクセスする

    https://www.narsus.jp/user-reg(別ウィンドウ)

  2. NarSuSの登録状況でどちらかをクリック

    ※ 追加で登録する場合は、 ログイン後[製品追加登録]をクリックします。

  3. 必要事項を入力し、[登録/更新]をクリック

    ※ 画面例:新規登録の場合

  4. 内容を確認し、[この内容で登録する]をクリック

    ※ 追加登録の場合は、[OK]をクリック

    ※ 画面例:新規登録の場合

  5. 利用コードをメモする

    ※ 送付されるメールにも記載されています。

ここから本製品の画面

  1. はじめて設定画面を閉じると、下の画面が表示されるので、[登録]をクリック

    ※ 後で登録:この画面を閉じますが、次回もこの画面が表示されます。

  2. [ユーザー登録のみ]をクリック

  3. 利用コードを入力し、[保存]をクリック

ファームウェアの更新について確認する

この項目は、お使いの製品とは関連がない内容です。

本製品がインターネットに接続できる場合


本製品がインターネットに接続できない場合


本製品がインターネットに接続できる場合

本製品は、ファームウェアの自動更新機能が有効に設定されています。
そのため、常に最新のファームウェアでお使いいただけます。

本製品がインターネットに接続できない場合

以下の手順で更新してください。

  1. 本製品の最新ファームウェアを入手する
    http://www.iodata.jp/lib/

  2. 本製品の設定画面を開く

  3. [システム]→[ファームウェア]→[更新]をクリック

  4. [ファームウェアファイルを指定する]を選び、[更新]をクリック

  5. ファイルを指定し、[実行]をクリック

Trend Micro Nas Securityを有効にする

この項目は、お使いの製品とは関連がない内容です。

本製品には、アドオンパッケージ「Trend Micro NAS Security」のライセンスが付いています。
添付の『Trend Micro NAS Security はじめにお読みください』をご覧になり、パッケージの追加後、使えるようにしてください(アクティベート)

共有するにあたって

アクセス権の設定例


共有フォルダー使用上のご注意


ユーザー、グループ、共有を作成する方法については、共有を追加するをご覧ください。

アクセス権の設定例

アクセス権限の優先順位

●アクセス権限は、「読み取り」と「読み書き」を設定できますが、「読み書き」が優先されます。
※グループとユーザーによる優先順位の違いはありません。

●共有フォルダーを読み取り専用の設定にした場合は、ユーザーやグループの設定に関係なく、読み取りのみとなります。

あるフォルダーに、以下のグループやユーザーに対する詳細アクセス権を設定する場合(user2が重複していることに注意)

グループ名 所属するユーザー
ROgroup user1,user2
RWgroup user2,user3

▼例1
グループ全体を読み取り権限に設定するが、グループ内の特定ユーザーのみを読み書き権限にする場合


※user1は、ユーザーの読み書き指定が優先され、読み書きのアクセスとなります。

▼例2
ユーザーとユーザーが属するグループに異なるアクセス権を付与した場合


※user1は、ユーザーの読み書き指定が優先され、読み書きのアクセスとなります。
※user2は、RWgroupグループの読み書き指定が優先され、読み書きのアクセスとなります。

▼例3
二つのグループにそれぞれ読み取り権限と読み書き権限を設定した場合


※ user2 は、RWgroup グループの読み書き指定 が優先され、読み書きのアクセスとなります。

▼例4
共有フォルダーの読み取り専用チェックをつけた場合

ユーザー、グループに対してどのような設定を実施しても、共有フォルダーの読み取り専用チェックをつけると、許可されたユーザーによるアクセスは読み取りとなります。

共有フォルダー使用上のご注意

●本製品に保存できるファイルやフォルダー名は、OSにより制限があります。

●サブフォルダーには、アクセス権を設定できません。

●Windows 7、Vista上の表示と共有フォルダー上の表示の違いに関する注意
標準インストールされるサンプルピクチャーフォルダーのファイルは、Windows 7、Vista上では画面例(上)のように表示されています。画面例左のサンプルピクチャーを共有フォルダー上にコピーすると、画面例(下)のように全く名前が異なって表示されます。
実際のファイル名は、LAN DISK共有フォルダーで表示されるアルファベット文字のファイル名で正しいようですが、Windows 7、Vista上のサンプルピクチャーのフォルダーは実ファイル名を表示しない設定になっています。
このように名前=ファイル名ではないフォルダー表示設定が可能ですので、ご注意ください。

共有を追加する

①ユーザーを追加する


②グループを追加する


③共有フォルダーを追加する


①ユーザーを追加する

ユーザーに関する事項

●[ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[一覧]で、ユーザーが追加されていることを確認できます。

●ユーザーは300 まで登録できます。

●使える文字には、制限があります。文字制限一覧

  1. ユーザーがネットワーク(パソコン)にログオンする際の[ユーザー名]と[パスワード]をメモする

  2. [ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[追加]を クリック

  3. ①手順1のメモを参考に、ユーザー名とパスワード(確認含む)を入力

    ②[追加]をクリック

    ※設定項目については、ユーザー参照

②グループを追加する

グループに対してアクセス権を設定すると、グループに属するすべてのユーザーに同一の権限を設定することができます。グループは設定しなくてもユーザーのみで共有設定ができます。

グループに関する事項

●[ユーザー&グループ]→[グループ]→[一覧]で、グループが追加されていることを確認できます。

●グループは100まで登録できます。

●1グループには、ユーザーを300まで登録できます。

●使える文字には、制限があります。文字制限一覧

  1. [ユーザー&グループ]→[グループ]→[追加]を クリック

  2. ①[名前]を入力

    ②[未登録ユーザーリスト]からグループに登録するユーザーを選ぶ

    ③[選択]をクリック

    ④[追加]をクリック

    ※設定項目については、グループ参照

③共有フォルダーを追加する

共有フォルダーに関する事項

●「usbx」や「LAN DISK Log」などの削除不可能な共有を除いて最大300まで作成できます。

●使える文字には、制限があります。文字制限一覧

  1. [共有]→[フォルダー]→[追加]をクリック

  2. ①共有フォルダーを設定

    ※設定項目については、フォルダー参照

    ②[追加]をクリック

[詳細アクセス権設定]について

「読み取り」「読み書き」のアクセス権を個別に設定できます。
禁止になっているユーザーやグループを選択し、[選択]をクリックすると、そのユーザーやグループが該当するアクセス権に追加されます。
該当するアクセス権のユーザーやグループを選択し、[除外]をクリックすると、そのユーザーやグループが禁止ユーザー、禁止グループに追加されます。

禁止ユーザー/グループ このフォルダーへの読み書きを禁止するユーザー/グループです。
読み取りユーザー/グループ このフォルダーの内容を読み取りのみ可能にするユーザー/グループです。
読み書きユーザー/グループ このフォルダーの内容を読み書き可能にするユーザー/グループです。

共有フォルダーを変更・削除する

共有フォルダーを変更する


共有フォルダーを削除する


共有フォルダーを変更する

ご注意

ファイル数の多い共有フォルダーを変更すると、変更が完了するまでに時間がかかる場合があります。また、変更が完了するまでこのフォルダーにはアクセスできません。

  1. [共有]→[フォルダー]→[変更]をクリック

  2. ①変更する共有フォルダーを選ぶ

    ②設定を変更

    ③[変更]をクリック

  3. ※設定項目については、フォルダー参照

共有フォルダーを削除する

ご注意

●共有フォルダーを削除すると、共有フォルダー内のデータも 同時に削除されます。必要なデータはあらかじめバックアップしてください。

●削除する共有フォルダー内のファイルを編集などに使っている場合、削除後、保存先が見つからないなどのエラーとなります。削除前に、削除する共有フォルダーにアクセスしているユーザーがいないかご確認ください。

  1. [共有]→[フォルダー]→[削除]をクリック

  2. ①削除する共有フォルダーを選ぶ

    ②[選択]をクリック

    ③[削除]をクリック

一覧からも変更・削除できます

[共有]→[フォルダー]→[一覧]を開き、共有フォルダーの右にある[変更]、[削除]をクリックします。

ユーザーを変更・削除する

ユーザーを変更する


ユーザーを削除する


ユーザーを変更する

  1. [ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[変更]を クリック

  2. ①変更するユーザーを選ぶ

    ②設定を変更

    ③[変更]をクリック

  3. ※設定項目については、ユーザー参照

ユーザーを削除する

  1. [ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[削除]を クリック

  2. ①削除するユーザーを選ぶ

    ②[選択]をクリック

    ③[削除]をクリック

一覧からも変更・削除できます

[ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[一覧]を開き、ユーザー名の右にある[変更]、[削除]をクリックします。

グループを変更・削除する

グループを変更する


グループを削除する


グループを変更する

  1. [ユーザー&グループ]→[グループ]→[変更]を クリック

  2. ①変更するグループを選ぶ

    ②設定を変更

    ③[変更]をクリック

  3. ※設定項目については、グループ参照

グループを削除する

  1. [ユーザー&グループ]→[グループ]→[削除]を クリック

  2. ①削除するグループを選ぶ

    ②[選択]をクリック

    ③[削除]をクリック

一覧からも変更・削除できます

[ユーザー&グループ]→[グループ]→[一覧]を開き、グループ名の右にある[変更]、[削除]をクリックします。

ゴミ箱機能

ゴミ箱機能を使うと、その共有フォルダーからファイルを削除してもすぐにファイルがなくならず、いったん[trashbox]フォルダーに保管されます。

すでに作成済みの共有フォルダーにゴミ箱機能を有効・無効にする場合は、共有フォルダーを変更・削除するをご覧ください。

ここでは、[trashbox]フォルダーからファイルを取り戻す方法を説明しています。

ご注意

●[trashbox]フォルダー内のファイルは、自動的に消去されません。
定期的に[trashbox]フォルダー内のファイルを削除することをおすすめします。そのままにしておくと、ファイルを削除するたびにファイルがたまり、ディスクの使用領域が減っていきます。また、通信速度の低下やバックアップ失敗につながることがあります。

●[trashbox]フォルダー内のファイルを削除すると、該当ファイルはハードディスクから完全に消去されますのでご注意ください。

●ご利用のアプリケーションによっては、その動作中にファイル作成→削除を繰り返すものがあります。結果、[trashbox]フォルダー内のファ イルが大幅に増えている場合がありますので、定期的に[trashbox]フォルダー内を確認することをおすすめします。

●ゴミ箱機能を無効にした場合には、[trashbox]フォルダーは削除され、[trashbox]内のファイルは完全に消去されます。

[trashbox]フォルダーからファイルを取り戻す

  1. ネットワーク上から本製品の共有フォルダーにアクセスする

  2. [trashbox]フォルダーを開く

    →削除したファイルが表示されます。

  3. 必要なファイルを元の共有フォルダーに移動(またはコピー)する

一括登録をする

ユーザー・グループ・共有フォルダーのリスト(CSVファイル)を作成し、本製品に読み込ませると、一括登録をすることができます。

※弊社製HDL-XRシリーズ用の一括登録用CSVファイルも使えます。

CSVファイルを準備する


一括登録をする

CSVファイルを準備する

●CSVファイルの要件

・各要素をカンマ(,)で区切っていること

・文字コードがUTF-8,Shift-JISであること

※下記以外の要素が存在すると、エラーとなり正常に処理できません。

●設定書式

最初に英字で設定項目を表した後、要素が続きます。

▼ユーザー

設定項目 書式
追加 adduser, 名前, パスワード, 使用量制限, プライマリーグループ, フルネーム, コメント
変更 moduser, 名前, パスワード, 使用量制限, プライマリーグループ, フルネーム, コメント
削除 deluser, 名前

▼グループ

設定項目 書式
追加 addgroup, 名前, 使用量制限, グループメンバー
変更 modgroup, 名前, 使用量制限, グループメンバー
削除 delgroup, 名前

▼共有フォルダー

設定項目 書式
追加 addshare, 名前, コメント,RO ユーザー,RO グループ,RW ユーザー,RW グループ, 読取専用,* バックアップ,* バックアップパスワード,MicroSoft ネットワーク共有, ゴミ箱, 隠し, 使用量制限,*AppleShare,*Ftp,*リモートアクセス, ゲストユーザー禁止,*DLNA,*TimeMachine
変更 modshare, 名前, コメント,RO ユーザー,RO グループ,RW ユーザー,RW グループ, 読取専用,* バックアップ,* バックアップパスワード,MicroSoft ネットワーク共有, ゴミ箱, 隠し, 使用量制限,*AppleShare,*Ftp,* リモートアクセス, ゲストユーザー禁止,*DLNA,*TimeMachine
削除 delshare, 名前

※ * は、出荷時状態で対応外である項目です。弊社製HDL-XRシリーズ用csvと互換とするために実装しています。AppleShare,TimeMachine,Ftp等はパッケージを追加すると対応できます。対応外項目は無視された形で共有設定がなされ、対応外項目を示すエラーシステムログは1回の一括登録につき各項目1度のみ出力されます。

※設定項目「グループ」内のグループメンバーで、複数のメンバーを指定する場合は、""で囲み、ユーザー名ごとに, で区切ります。

●設定書式カスタマイズ

設定する項目や順序を定義できます。

※項目定義レコードを記述しない場合、デフォルトで上記設定書式と同じ順序で設定レコードを認識します。

※各項目の設定形式と指定しない場合のデフォルト値を“設定形式/ デフォルト値”の形で示しています。

※決められたフィールド名以外の文字を記述した場合、エラーとなり設定されません。

・ユーザー設定項目定義

行頭に"#user_config" という文字列がある場合、そのレコードをユーザ項目定義レコードとして処理する。

例) #user_config,Name,Password,Limit,PrimaryGroup,FullName,Comment

▼フィールド名と設定項目の対応

フィールド名 設定項目 設定形式 デフォルト値
Name 名前 文字列 (指定必須)
Password パスワード 文字列 (空)
Limit 使用量制限 数字文字列( 小数点以下第1 位可) 0
PrimaryGroup プライマリーグループ 文字列 (空)
FullName フルネーム 文字列 (空)
Comment コメント 文字列 (空)

・グループ設定項目定義

行頭に"#group_config" という文字列がある場合、そのレコードをグループ項目定義レコードとして処理する。

例) #group_config,Name,Limit,Member

▼フィールド名と設定項目の対応

フィールド名 設定項目 設定形式 デフォルト値
Name 名前 文字列 (指定必須)
Limit 使用量制限 数字文字列( 小数点以下第1 位可) 0
Member 所属ユーザー(形式:" で囲み、ユーザごとに, で区切る) " で囲み、ユーザーごとに, で区切る (空)

・共有フォルダー設定項目定義

行頭に"#share_config" という文字列がある場合、そのレコードを共有フォルダー項目定義レコードとして処理する。

例) #share_config,Name,Comment,RoUser,RoGroup,RwUser,RwGroup,ReadOnly,Win,Trash,Hidden,Limit,NoGuest

▼フィールド名と設定項目の対応

フィールド名 設定項目 設定形式 デフォルト値
Name 名前 文字列 (指定必須)
Comment コメント 文字列 (空)
RoUser 読み取りユーザー " で囲み、ユーザー名ごとに, で区切る (空)
RoGroup 読み取りグループ " で囲み、グループごとに, で区切る (空)
RwUser 読み書きユーザー " で囲み、ユーザーごとに, で区切る (空)
RwGroup 読み書きグループ " で囲み、グループごとに, で区切る (空)
ReadOnly 読み取り専用 1-> 有効,0-> 無効, 空-> 無効 無効
Win:MS ネットワーク共有 1-> 有効,0-> 無効, 空-> 無効 無効
Trash ゴミ箱 1-> 有効,0-> 無効, 空-> 無効 無効
Hidden 隠し共有 1-> 有効,0-> 無効, 空-> 無効 無効
Limit 使用量制限 数字文字列( 小数点以下第1 位可) 0
NoGuest ゲストユーザ禁止 1-> 有効,0-> 無効, 空-> 無効 無効

※上記フィールドを一部のみ定義した場合、未定義のフィールドは定義したフィールド以降に不特定の順序で内部で定義されます。

●CSVファイルの記述例

ケース1

ユーザー追加 User1を追加 Group1をプライマリーグループに設定
User2を追加 Group1をプライマリーグループに設定
User3を追加 特記事項なし
グループ追加 Group1を追加 グループのメンバーとしてUser1,User2を設定
Group2を追加 グループのメンバーとしてUser3を設定
共有フォルダー追加 AllShareを追加 登録済のユーザーのみがアクセス可能な設定
UrwGroを追加 User1,User3に読み書き権限、Group1に読み取り権限を設定

▼上記設定内容のCSVファイル

adduser,User1,password1,,Group1,, コメント
adduser,User2,password2,,Group1,, コメント
adduser,User3,password3,,,
addgroup,Group1,,"User1,User2"
addgroup,Group2,,User3
addshare,AllShare, 全員,,,,,0,0,,1,0,0,,1,1,1,1,
addshare,UrwGro, 混在,,Group1,"User1,User3",,0,0,,1,0,0,,1,1,0,0,,1

ケース2

ユーザー追加 User1を追加 パスワードをpassword1とし、その他項目はデフォルト値
グループ追加 Group1を追加 使用量制限を100.0GB とし、その他項目はデフォルト値
共有フォルダー追加 AllShareを追加 コメントを全員とし、その他項目はデフォルト値

▼上記設定内容のCSVファイル

adduser,User1,password1
addgroup,Group1,100.0
addshare,AllShare, 全員

ケース3

ユーザー追加 User1を追加 使用量制限を100.0GBとし、その他項目はデフォルト値
User2を追加 全項目デフォルト値
User3を追加 全項目デフォルト値
グループ追加 Group1を追加 グループメンバーをUser1とし、その他項目はデフォルト値
Group2を追加 全項目をデフォルト値
共有フォルダー追加 Share1を追加 User2、User3 に読み書き権限を設定し、Group1 に読み取り権限を設定し、Windows 共有を有効にし、その他項目はデフォルト値
Share2を追加 全項目デフォルト値

▼上記設定内容のCSVファイル

#user_config,Name,Limit
adduser,User1,100.0
adduser,User2
adduser,User3
#group_config,Name,Member
addgroup,Group1,User1
addgroup,Group2
#share_config,Name,RwUser,RoGroup,Win
addshare,Share1,"User2,User3",Group1,1
addshare,Share2

既存のユーザー、グループ、共有フォルダーを一括編集/ 一括削除する場合

既存のユーザー、グループ、共有フォルダー(以下、共有)を一括編集する場合は、書式の先頭要素を adduser、addgroup、addshare ではなく、moduser、modgroup、modshare とします。 名称要素に既存の編集したいユーザー、グループ、共有の名称を指定し、一括追加と同一の書式で編集内容を記述します。 また、存在しないユーザー、グループ、共有の名称を指定した場合は、記述した内容で新規のユーザー、グループ、共有が作成されます。 既存のユーザー、グループ、共有を一括削除する場合は、書式の先頭要素を adduser、addgroup、addshare ではなく、deluser,delgroup,delshare とします。名前の項目に既存の削除したいユーザー、グループ、共有フォルダーの名称のみを記述します。

一括登録をする

  1. [一括登録]→[CSV一括登録]をクリック

  2. ①[参照]をクリックし、CSVファイルを選ぶ
    ②[適用]をクリック

    ⇒ランプが点滅し、点灯で完了

一括登録の結果確認

●[情報]→[システムログ]でご確認ください。
※エラーが表示される場合は、【CSV一括登録でエラーが表示される】参照

本製品のバックアップ方法

本製品では、以下のバックアップ方法があります。

バックアップ(履歴差分バックアップ)

本製品に増設したUSB HDDや別のNASの共有フォルダーへ履歴ごとにバックアップする機能です。

・ ユーザー、グループの情報や、各共有フォルダーのアクセス権設定などは保存することができません。

・ ジョブは7個まで登録できます。

・ 履歴差分バックアップは、バックアップした時点でのファイルやフォルダーの構造が日付ごとに丸ごと残ります。
ファイルを間違って消したり更新してしまった場合に、日付を指定して復元することができます。
また、フルバックアップとは違い、アイオー独自の差分バックアップ方式を使っているので、容量は最小ですみます。

データコピー

データコピー元共有フォルダー内のファイルを同一のツリー構成そのままデータコピー先共有フォルダーへコピーする機能です。
古いLAN DISKのデータをそのまま新しいLAN DISKへ移行できるため、LAN DISKの入れ替え時のデータ移行に便利です。

・ ユーザー、グループの情報や、各共有フォルダーのアクセス権設定などは保存することができません。

・ ジョブは20個まで登録できます。

・ 同じジョブの2回目以降のコピーは、変更・されたファイルだけをコピーします。

※[強制フルコピー]の項目にチェックを付けた場合、2回目以降もフルコピーされます。

クイックコピー USBメモリーやデジタルカメラをUSBポート1に接続すると、自動的にUSBメモリーやデジタルカメラのデータをあらかじめ指定されている共有フォルダー内にコピーする機能です。
USB HDDを利用したミラーリング

ミラーリングとは、ファイルやフォルダー構造を、別のHDDにまったく同じ構成で複製する機能です。本製品では、USB HDDを利用してのミラーリングができます。

※ RAIDモードを「拡張ボリューム」でお使いの場合、この機能を使えません。

ご注意

●バックアップ/データコピー/クイックコピーはデータのみのバックアップです。本製品のシステムも含めてバックアップする場合は、USB HDDを利用したミラーリングをご利用ください。
●複数のジョブを同時に実行することはできません。バックアップ実行中に異なるバックアップジョブを実行した場合は、現在実行中のバックアップジョブが終了してから実行されます。
●バックアップ中、ファイル共有などが遅くなる場合があります。
●バックアップ元には[この装置上]および[ネットワーク上]の共有フォルダーを300個まで指定できます。
●ネットワーク経由のバックアップは、ネットワーク上の任意のWindows共有をバックアップ元、先に指定できます。
●バックアップ元とバックアップ先は別のディスクにすることをおすすめします。万一、ディスクが故障した場合でもどちらかのデータを取り出すことができます。
●バックアップ中はバックアップ元やバックアップ先にアクセスしないでください。データ不整合、バックアップ失敗の原因となります。
●USB HDDにバックアップする場合は、事前にUSB HDDを接続しておいてください。
●ネットワーク(ルーター)を超えてバックアップする場合
・バックアップ設定では、バックアップ元を装置名またはIPアドレスで指定してください。
・本製品はバックアップ通信に「TCP: 139番」「TCP:445番」を使います。バックアップ元の本製品を接続しているルーターがNAT設定されている場合は、「TCP:139番」「TCP:445番」宛の通信がバックアップ元の本製品に届くように、ポートフォワード設定が必要です。
・バックアップ通信は暗号化を行っていませんので、VPN環境下でのご利用をおすすめします。
●ネットワーク経由でのバックアップでは、その時のネットワーク上のパソコンやトラフィックなどの通信状態により、正常に完了しないことがあります。正常にバックアップされたことを、毎回確認することをおすすめします。
●バックアップ先に指定する[この装置上]の専用フォーマットの共有フォルダーは、読み取り専用に設定されファイル共有サービスからの書き込みができなくなります。
●コピー先がFAT32形式の場合、ファイルシステムの制限のため、ファイルサイズが4GB以上のファイルはコピーできません。
●コピー先にNTFS形式のUSB HDDを選ばないでください。NTFS形式のUSB HDDに書き込みはできません。

バックアップ

設定の前に本製品のバックアップ方法をご覧ください。

バックアップを設定する


今すぐバックアップする


バックアップを停止する


バックアップしたデータを確認する


バックアップからデータを復元する


バックアップを設定する

ご注意

●USB HDDにバックアップする場合は、事前に専用フォーマットをおこなってください。USB HDDをフォーマットする
●バックアップ先に、本製品の内蔵ディスクまたは専用フォーマットされたUSB HDDを指定した場合のみ、履歴差分バックアップとなります。それ以外を指定した場合は通常のバックアップとなります。
●バックアップ先には、1ジョブにつき1つの共有のみ指定できます。
●スケジュール設定をおこなう場合は、他のスケジュール設定と重ならないようご注意ください。
●バックアップ先に指定する本製品の共有フォルダーは読み取り専用に設定されます。ファイルの削除、書き込みをするためには、バックアップ設定を解除する必要があります。
●設定するWindows共有フォルダーがリストに表示されない場合は、項目左側のテキストボックスに直接"¥¥ホスト名¥共有フォルダー名"の形式で入力してください。ホスト名の代わりにIPv4形式やIPv6(コロン区切り)形式でも設定できますが、その際の対象機器側IPアドレスは固定設定にしてください。
● macOSからアクセスする共有フォルダーをバックアップする場合、フォルダー・ファイル名に「\/:*?"<>|」を使わないでください。使った場合、バックアップに失敗します。

  1. [データバックアップ]→[バックアップ]→[追加]をクリック

  2. ①バックアップ内容を設定

    ※設定項目については、バックアップ参照

    ②[追加]をクリック

バックアップ先容量の目安について

本製品のバックアップ対象のデータ量と履歴数により、バックアップ先USB HDDの容量を調整することをおすすめします。

【参考】履歴10回(月~金の2週分)を残す場合
条件:バックアップ対象のデータ量が100GBで、毎日10GBずつ更新されるとします。
このとき、バックアップ先に保存されるデータ量は、最大190GBとなります。(初回フルバックアップ100GB + 10GB×9回(更新数))
以降は、最大履歴数の10回を維持し続けます。
この場合、バックアップ対象のデータ量が増えても、本製品+1TBの容量のUSB HDDをバックアップ先にすることで十分の容量だといえます。

▼設定項目

ジョブ名 任意の名前
履歴数 10
スケジュール 有効
月~金にチェックし、時刻は00時00分
※起動スケジュールの時刻と重ならないようにする必要があります。
オプション チェックしない

▼バックアップ元設定

オプション チェックしない
バックアップ元情報 バックアップ対象の共有フォルダー
※ユーザー名、パスワードは空欄

▼バックアップ先設定

バックアップ先 USB HDDが接続されているポート
※ユーザー名、パスワードは空欄

すべての内蔵ディスクをバックアップする

オプションにある[ローカル全共有フォルダーを対象(外付けボリューム共有は対象外)]をチェックします。本製品の内蔵ディスクすべてがバックアップ元になります。

今すぐバックアップする

  1. [データバックアップ]→[バックアップ]→[一覧]をクリック

  2. 実行するバックアップジョブの右にある[バックアップ開始]をクリック

    設定したスケジュールでバックアップする

    [有効]にチェックをつけます。

  3. [実行]をクリック

    →バックアップが開始(ランプが点滅)

    →“ピッピッピッ”(STATUSランプが点灯)

    →バックアップ完了

ご注意

●ブザーが「ピーピーピー」と鳴り、ランプが赤点滅する場合は、【エラーのログが表示された、バックアップ(データコピー)を実行するとブザーが鳴りエラーとなる】をご覧ください。
●エラーが発生した場合は、[LAN DISK Log]共有の[Backup]の[ジョブ名]以下をご確認ください。バックアップしたデータを確認する参照

バックアップを停止する

  1. [データバックアップ]→[バックアップ]→[一覧]をクリック

  2. 停止するバックアップジョブの右にある[停止]をクリック

複数のバックアップジョブを停止する

停止するバックアップジョブにチェックをつけ、下の[複数停止]ボタンをクリックします。

バックアップを再度開始する場合

[バックアップ開始]をクリックすると、バックアップを最初から開始します。

ご注意

現在バックアップ中のジョブのみ停止できます。

バックアップしたデータを確認する

ご注意

●[LAN DISK Log]共有の[Backup]の[ジョブ名]以下にバックアップの結果を記録します。失敗した場合は 「( バックアップ実行日時)_failed.log」というファイル名のログファイルが生成されますので、内容を確認してください。
●バックアップデータを見せないようにしたい場合は、【バックアップ、データコピー先のデータを見せないようにできますか?】をご覧ください。
●バックアップ先の共有フォルダーは読み込み専用に設定されています。そのためデータを取り出すことはできますが、書き込むことはできません。

  1. ネットワーク上から、本製品の共有フォルダーを表示

    バックアップ先に設定した共有フォルダーを開く

  2. バックアップのジョブ名のフォルダーを確認します。
    [ジョブ名]
     →[年月日・時刻]
      →[バックアップ元ホスト名]
       →[バックアップ元ホストの共有名]

ジョブ名 バックアップ設定時に指定した[ジョブ名]のフォルダーです。
年月日・時刻 バックアップを開始した年月日・時刻を元にして、自動で作成されるフォルダーです。[20131231000000]の場合は、2013年12月31日00時00分00秒に開始しています。
バックアップ元ホスト名 バックアップ元で選ばれたホスト名のフォルダーです。本製品上を選択した場合は「localhost」となります
バックアップ元ホストの共有名 バックアップ元で選択された共有名のフォルダー です。バックアップ元にサブフォルダーを指定した場合、共有名の後に"_"で区切られてサブフォルダー名が追加されます。

履歴差分バックアップできていない?

●バックアップ先が、本製品の内蔵ディスクまたは専用フォーマットされたUSB HDDでない場合、履歴差分バックアップされません。
●履歴差分バックアップされていますが、データを見やすいように全てのファイルが表示されています。履歴差分バックアップされていないファイルは、以前のバックアップフォルダーから参照されていますので、容量を消費しません。

バックアップの結果を確認する

[LAN DISK Log]共有の[Backup]の[ジョブ名]以下にバックアップの結果を記録します。
「(バックアップ実行日時)_summary.log」というファイル名のログファイルで内容を確認してください。
失敗した場合は「[バックアップ実行日時](fullまたはdiff)_failed.log」というファイル名のログファイルで、内容を確認してください。(fullはフルバックアップ、diffは履歴差分バックアップしたことを表します)

■ログファイルの内容と対処:ログ内容を「Error」で検索し、検索に掛かった場合は対処をご覧ください。

ログ内容 意味 対処
NoSpaceError バックアップ先の容量が足りません。 バックアップ先の容量を確保してください。
NoEntryError フォルダーやファイルが見つかりません。 バックアップ中にファイル・フォルダーを変更しないようにしてください。
ExistsError 以下のうちいずれかに該当します。
・バックアップ元にあるファイルと同名のフォルダーがバックアップ先に存在します。
・バックアップ元にあるフォルダーと同名のファイルがバックアップ先に存在します。
同名のファイル、フォルダーのうち片方の名称を変更してください。
TimeOutError ネットワーク上のバックアップ元への接続がタイムアウトしました。 バックアップ元や本製品のネットワーク設定を確認してください。
DisableFileSystemError バックアップ先が対象フォーマットではありません。 バックアップ先が専用フォーマットまたはFAT32 フォーマットであるか確認してください。
NotShareModeError 対象のボリュームが共有モードではありません。 対象のボリュームが共有モードであるか確認してください。
UnMountedError 対象のボリュームがマウントされていません。 対象のボリュームがマウントされているか確認してください。
ShareNotExistsError 対象の共有フォルダーが存在していません。 対象の共有フォルダーが存在しているか確認してください。
PermissionError ファイルやフォルダーのアクセス権がありません。 対象のファイルやフォルダーのアクセス権を変更してください。
NameTooLongError 以下のうちいずれかに該当します。
・ファイル名やフォルダー名の長さが255バイトより大きい。
・ファイルやフォルダーのパス長が4095バイトより大きい。
対象のファイル、フォルダーの名前またはパス長を変更して ください。

バックアップからデータを復元する

  1. [データバックアップ]→[バックアップ]→[一覧]をクリック

  2. 復元するバックアップジョブの右にある[復元]をクリック

  3. ①内容を確認し、[バックアップ履歴]で復元するバックアップの日時を選ぶ

    ②[実行]をクリック

復元について

●復元先に同じ名前のファイルが存在する場合は上書きされます。
●バックアップに存在しないファイルが復元先にあった場合でも、そのファイルは削除などされません。
●復元先が読み取り専用の場合、復元できません。

復元の結果を確認する

[LAN DISK Log] 共有の[Restore]の[ジョブ名]以下に復元の結果を記録します。
「( 復元実行日時)_summary.log」というファイル名のログファイルで内容を確認してください。
失敗した場合は「( 復元実行日時)_failed.log」というファイル名のログファイルで、内容を確認してください。

■ログファイルの内容と対処:ログ内容を「Error」で検索し、検索に掛かった場合は対処をご覧ください。

ログ内容 意味 対処
NoSpaceError 復元先の容量が足りません。 復元先の容量を確保してください。
NoEntryError フォルダーやファイルが見つかりません。 復元中にファイル・フォルダーを変更しないようにしてください。
ExistsError 以下のうちいずれかに該当します。
・復元元にあるファイルと同名のフォルダーが復元先に存在します。
・復元元にあるフォルダーと同名のファイルが復元先に存在します。
同名のファイル、フォルダーのうち片方の名称を変更してください。
TimeOutError ネットワーク上の復元元への接続がタイムアウトしました 復元元や本製品のネットワーク設定を確認してください。
DisableFileSystemError 復元先が対象フォーマットではありません。 復元先が専用フォーマットまたはFAT32 フォーマットであるか確認してください。
NotShareModeError 対象のボリュームが共有モードではありません。 対象のボリュームが共有モードであるか確認してください。
UnMountedError 対象のボリュームがマウントされていません。 対象のボリュームがマウントされているか確認してください。
ShareNotExistsError 対象の共有フォルダーが存在していません。 対象の共有フォルダーが存在しているか確認してください。
PermissionError ファイルやフォルダーのアクセス権がありません。 対象のファイルやフォルダーのアクセス権を変更してください。
NameTooLongError 以下のうちいずれかに該当します。
・ファイル名やフォルダー名の長さが255バイトより大きい。
・ファイルやフォルダーのパス長が4095バイトより大きい。
対象のファイル、フォルダーの名前またはパス長を変更してください。

データコピー

設定の前に本製品のバックアップ方法をご覧ください。

データコピーを設定する


今すぐデータコピーする


データコピーしたデータを確認する


データコピーを設定する

ご注意

●データコピー元、先にはそれぞれ、1ジョブにつき1つの共有のみ指定できます。
●スケジュール設定をおこなう場合は、他のスケジュール設定と重ならないようご注意ください。
●設定するWindows共有フォルダーがリストに表示されない場合は、項目左側のテキストボックスに直接"¥¥ホスト名¥共有フォルダー名"の形式で入力してください。ホスト名の代わりにIPv4形式やIPv6(コロン区切り)形式でも設定可能ですが、その際の対象機器側IPアドレスは固定設定にしてください。
●macOSからアクセスする共有フォルダーをデータコピーする場合、フォルダー・ファイル名に「\/:*?"<>|」を使わないでください。使った場合、データコピーに失敗します。

  1. [データバックアップ]→[データコピー]→[追加]をクリック

  2. ①データコピー内容を設定

    ※設定項目は、データコピー参照

    ②[追加]をクリック

今すぐデータコピーする

  1. [データバックアップ]→[データコピー]→[一覧]をクリック

  2. 実行するバックアップジョブの右にある[データコピー開始]をクリック

    設定したスケジュールでデータコピーする

    [有効]にチェックをつけます。

  3. [実行]をクリック

    →データコピーが開始(ランプが点滅)

    →“ピッピッピッ”(ランプが点灯)

    →データコピー完了

ご注意

●ブザーが「ピーピーピー」と鳴り、ランプが赤点滅する場合は、【エラーのログが表示された、バックアップ(データコピー)を実行するとブザーが鳴りエラーとなる】をご覧ください。
●エラーが発生した場合は、データコピーしたフォルダー内の[LAN DISK Log] 共有の[Data Copy]の[ジョブ名]フォルダーをご確認ください。データコピーしたデータを確認する参照

データコピーしたデータを確認する

  1. ネットワーク上から、本製品の共有フォルダーを表示

    データコピー先に設定した共有フォルダーを開く

  2. データコピー元と同じ構成のフォルダーが作成されていることを確認

データコピーの結果を確認する

[LAN DISK Log]共有の[Data Copy]の[ジョブ名] 以下にデータコピーの結果を記録します。
「(データコピー実行日時)_summary.log」というファイル名のログファイルで内容を確認してください。
失敗した場合は「(データコピー実行日時)_failed.log」というファイル名のログファイルで、内容を確認してください。

■ログファイルの内容と対処:ログ内容を「Error」で検索し、検索に掛かった場合は対処をご覧ください。

ログ内容 意味 対処
NoSpaceError データコピー先の容量が足りません。 データコピー先の容量を確保してください。
NoEntryError フォルダーやファイルが見つかりません。 データコピー中にファイル・フォルダーを変更しないようにしてください。
ExistsError 以下のうちいずれかに該当します。
・データコピー元にあるファイルと同名のフォルダーがデータコピー先に存在します。
・データコピー元にあるフォルダーと同名のファイルがデータコピー先に存在します。
同名のファイル、フォルダーのうち片方の名称を変更してください。
TimeOutError ネットワーク上のバックアップ元への接続がタイムアウトしました。 データコピー元や本製品のネットワーク設定を確認してください。
DisableFileSystemError バックアップ先が対象フォーマットではありません。 バックアップ先が専用フォーマットまたはFAT32 フォーマットであるか確認してください。
DisableFileSystemError データコピー先が対象フォーマットではありません。 データコピー先が専用フォーマットまたはFAT32 フォーマットであるか確認してください。
NotShareModeError 対象のボリュームが共有モードではありません。 対象のボリュームが共有モードであるか確認してください。
UnMountedError 対象のボリュームがマウントされていません。 対象のボリュームがマウントされているか確認してください。
ShareNotExistsError 対象の共有フォルダーが存在していません。 対象の共有フォルダーが存在しているか確認してください。
PermissionError ファイルやフォルダーのアクセス権がありません。 対象のファイルやフォルダーのアクセス権を変更してください。
NameTooLongError 以下のうちいずれかに該当します。
・ファイル名やフォルダー名の長さが255バイトより大きい。
・ファイルやフォルダーのパス長が4095バイトより大きい。
対象のファイル、フォルダーの名前またはパス長を変更してください。

クイックコピー

設定の前に本製品のバックアップ方法をご覧ください。

使えるデジタルカメラやUSBメモリー


クイックコピーを利用する


コピーしたデータを確認する


使えるデジタルカメラやUSBメモリー

ご注意

●クイックコピーは、[USBポート1]でのみ利用できます。他のUSBポートではご利用いただけません。
●コピー先のディスクに空き容量が十分あることをご確認ください。
●[USBポート1]でUSB HDDを使うために、[USBポート1]の設定を変更した場合は、クイックコピーの設定に戻してください。USBポート1の設定
●すでに[USBポート1]にUSB機器をつないでいる場合は、そのUSB機器の取り外し処理をおこってください。

使えるデジタルカメラやUSBメモリーは以下のものです。
・USBマスストレージクラスの転送に対応し、かつ、そのモードに設定されているデジタルカメラ
・FATまたはNTFS 形式のデジタルカメラ、またはUSBメモリー
※最新の対応機器については、弊社Webページの商品ページをご覧ください。

クイックコピーを利用する

ご注意

ブザーが「ピーピーピー」と鳴り、ランプが赤点滅し、エラーになる場合は、以下をご覧ください。ログにクイックコピエラーが表示された

  1. 本製品のUSBポート1にUSBメモリーをつなぐ

    →ランプが点滅し、しばらくすると点灯

    →コピーを開始します。(ランプが点滅)

  2. “ピッピッピッ”と音が鳴り、ランプが点灯

    →コピー完了。そのままUSBメモリーを取り外せます。

データのコピー先について

データは、コピー先に指定された共有フォルダー(出荷時は[disk1]) の下に、自動で作成される[QuickCopy]フォルダー内にコピーされます。
さらにその下に「実行時の[日付]フォルダー」を作成し、そのフォルダーにファイルがコピーされます。
複数のUSBメモリーなどをコピーする場合でも、「実行時の[日付]フォルダー」で区別されますので、上書きされることはありません。

コピーしたデータを確認する

  1. ネットワーク上から、本製品の共有フォルダーを表示

    [disk1]フォルダーを開く
    ※出荷時の設定です。データのコピー先を変更した場合は、そちらを開いてください。

  2. [QuickCopy]フォルダーを確認
    ※クイックコピー時に自動で作成されるフォルダーです。

    [QuickCopy]フォルダー内に、バックアップを開始した年月日・時刻を元にして、自動で作成されるフォルダーです。
    [20160531000000]の場合は、2016年5月31日00時00分00秒にバックアップを開始したことになります。

クイックコピーの結果を確認する

[LAN DISK Log] 共有内の[QuickCopy]フォルダー以下にクイックコピーの結果を記録します。
「(クイックコピー実行日時)_summary.log」というファイル名のログファイルで内容を確認してください。
「失敗した場合は ( クイックコピー実行日時)_failed.log」というファイル名のログファイルで、内容を確認してください。

弊社製EasySaver 4 LE を使う

弊社製EasySaver 4 LE を使って、パソコンのデータを本製品にバックアップしたり、逆に本製品のデータをパソコンにバックアップしたりすることができます。
詳細は、EasySaver 4 LEの取扱説明書を参照してください。
弊社Webページからダウンロードできます。

ご注意

EasySaver 4 LEを使ってバックアップする場合、バック アップ元(先)に使う本製品、あるいは、USB HDDを事前にネットワークドライブに割り当てておく必要があります。

USB HDDを利用したミラーリング

設定の前に本製品のバックアップ方法をご覧ください。

RAIDモードが「拡張ボリューム」の場合、この機能は使えません

本製品のバックアップ方法をご覧になり、他の方法でバックアップしてください。

ミラーリングに使えるUSB HDD


USB HDDでミラーリングする


ミラーディスクを保管する


保管したミラーディスクから復旧する


ミラーリングに使えるUSB HDD

※最新の対応機器については、弊社Webページをご覧ください。

ご注意

●ミラーリング実行中にUSBケーブルが抜けたり、USB HDDの電源が切れたりすると、故障の原因となります。ケーブルをしっかり接続してください。

ミラーリングで使える動作確認済みのUSB HDD 弊社Webページをご覧ください。
http://www.iodata.jp/pio/io/nas/landisk/hdd.htm
ミラーリングで接続する本製品のポート USB 3.0ポート(USBポート2USBポート3USBポート3または4)に接続します。他のUSBポートに接続してもミラーリングできません。すでにUSBポート2USBポート3USBポート3または4に、ミラーリング以外のUSB HDDを接続している場合は取り外してください。
ミラーリングに必要なUSB HDDの容量 ご利用の本製品の容量以上のUSB HDDをご用意ください。

USB HDDでミラーリングする

 
  1. 本製品の電源が入っていることを確認

  2. USB HDDの電源を入れる

    USB HDDの電源連動機能

    つなぐUSB HDDに電源連動機能がある場合は、手順3で本製品につないではじめて電源が入ります。USB HDDの電源連動機能については、USB HDDの取扱説明書をご覧ください。

  3. 本製品背面のUSBポート2USBポート3USBポート3または4にUSB HDDをつなぐ

    ご注意

    本製品は、電源が入っている状態でUSB HDDをつなげられます。ただし、本製品のランプが点滅中には、USB HDDをつながないでください。
    ※本製品にすでに別のUSB HDDをつないでいる場合には、そのUSB HDDのランプをご確認ください。

  4. [ボリューム]→[USB2USB3USB3または4]→[モード設定]をクリック

  5. ①[ミラーリングモード]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

    →ミラーリングの構築を開始

ご注意

ミラーリングの途中で本製品の電源を切るとミラーリングは完了しません。ミラーリングが完了したことを確認してから本製品の電源を切ってください。

「ピーピーピー」と鳴り、エラーが表示されたら…

エラーの内容により、USB HDDの容量が十分か、USB HDDに異常がないかを確認してください。

構築状況の確認

[情報]→[ボリューム情報]で、[USB2USB3USB3または4]の[ステータス]から確認できます。
・構築中:[ミラーリング(再構築中xx%)](xxは再構築の進捗率)
・構築完了:[ミラーリング]
※再確認する場合は、[情報]→[ボリューム情報]を開きなおしてください。

ミラーディスクを保管する

ミラーリング運用中にUSB HDDを取り外すことができます。

ミラーディスクの保管について

取り外したUSB HDDは、取り外した時点のミラーリング上に作成した「共有データ」、「登録ユーザー」、「グループ情報」、「ネットワーク設定」などすべての設定情報が記録されたミラーディスクとして保管できます。
本製品につなぐUSB HDD を定期的に交換することで、ミラーリングをおこないながら、ミラーリングしたディスク上に作成した共有データ、すべての設定情報を一定期間バックアップとして保管するといった運用もできます。

  1. [ボリューム]→[USB2USB3USB3または4]→[取り外し]をクリック

  2. [実行]をクリック

  3. 本製品のランプが赤点灯したら、USBポート2USBポート3USBポート3または4のUSB HDDを取り外して、保管する

  4. 別のUSB HDDをUSBポート2USBポート3USBポート3または4につなぐ

  5. 本製品の電源を入れる

    →ミラーリングの構築を開始

保管したミラーディスクから復旧する

  1. 本製品の電源が切れていることを確認する

  2. ミラーディスクをUSBポート2USBポート3USBポート3または4につなぐ

  3. ミラーディスクの電源を入れる

    ミラーディスクの電源連動機能

    つなぐミラーディスクに電源連動機能がある場合は、本製品の電源を入れると電源が入ります。ミラーディスクの電源連動機能については、ミラーディスクの取扱説明書をご覧ください。

  4. 本製品の電源を入れる

  5. [ボリューム]→[内蔵]→[ミラーディスクからの復元]をクリック

  6. [実行]をクリック

本製品が再起動されたら、USB HDDから内蔵へミラーリングを開始します。

USB HDDに関するご注意

本製品で共有モードに設定してあるUSBポートに、フォーマット済みのUSB HDDを接続すると、USB HDDを共有フォルダーとして使うことができます。

ポートに対する共有フォルダー名とポートの初期状態は以下のようになります。

ポート名 共有フォルダー名 ポートの初期状態
USBポート1 usb1 クイックコピー※
USBポート2 usb2 共有
USBポート3 usb3 共有
USBポート4 usb4 共有

※共有モードで使うためには設定が必要です。ポートの設定については、USBポート1の設定をご覧ください。

対応フォーマット以外ではご利用いただけません。本製品のミラーリング機能を使って作成されたミラーディスクを含みます。使うことができるフォーマット形式と読み書き制限については以下をご覧ください。

対応フォーマット形式 FAT ※1 NTFS 専用 ※4,5
本製品に接続して使う 読み書き可 読み込みのみ可 読み書き可
パソコンに接続して使う※2 読み書き可 読み書き可 読み込みのみ可※3

※1 FAT形式のフォーマットでは、2TB以上の容量を使うことはできません。本製品で2TBより大きい容量のUSB HDDをFAT形式でフォーマットする場合は、2TBのパーティションを作成してフォーマットされます。また、FAT32形式のフォーマットでは、1ファイル4GB以上のファイルを扱うことができません。

※2 2TBより大きい容量のUSB HDDはWindows Vista以降でのみご利用になれます。

※3 添付の「LAN DISK Backup Reader」を使う必要があります。(添付ソフトをインストールする参照)

※4 本製品で専用フォーマットしたUSB HDDは、弊社製HDL-XR、XV、AHシリーズでは使えません。

※5 弊社製LAN DISKで専用フォーマットしたUSB HDDも、本製品で使うことができます。

USBポート1の設定

出荷時のUSBポート1の動作モードは、[クイックコピーモード]に設定されています。この場合、増設するHDDをUSBポート1に接続してもそのままでは共有ディスクとして使えません。USBポート1でUSB HDDを使えるようにするには、以下の手順で、動作モードを[共有モード]に変更する必要があります。

クイックコピーモードとは?

USBメモリーやデジタルカメラを[USBポート1]につなぐと、自動的にUSBメモリーやデジタルカメラのデータを、あらかじめ指定した本製品の共有フォルダー内にコピーすることができます。
クイックコピーモードは、[USBポート1]でのみ機能します。また、USBポート1の動作モードがクイックコピーモードとなっている場合のみ機能します。(クイックコピー参照)

  1. [ボリューム]→[USB1]→[モード設定]を クリック

  2. ①[ポートモード]の[共有モード]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

USB HDDを増設する

USB HDDをつなぐ


USB HDDの接続を確認する


USB HDDにアクセスする


USB HDDをつなぐ

ご注意

■ つなぐUSB HDDの容量や対応しているフォーマット形式の違いについては、USB HDDに関するご注意をご覧ください。

■ 本製品のUSBポートには、USBハブをつながないでください。

■ バスパワーで動作するUSB HDDは使えません。必ずセルフパワーでご利用ください。

■ 対応していないフォーマット形式のUSB HDDを本製品につなぐと、ランプが赤く点灯し、ブザーが「ピーピーピー」と鳴ります。
Windowsパソコンか、本製品でフォーマットしてください。

※ フォーマットするとUSB HDD内のデータはすべて消えます。

■ 弊社製HDL-XR、XVシリーズで専用フォーマットしたUSB HDDをお使いの場合、1フォルダーに作成可能なフォルダー数は、31998個までとなります。

■ 下記状況では、USB HDDをつながないでください。

・ ランプが点滅中(本製品にアクセス中、設定画面操作中)

・ USB HDDのランプが点滅中など(USB HDDにアクセス中)

※ 本製品の電源が入っている状態でつなぐことができます。

■ USB HDDにつなぐ時や取り外す時は、共有サービスが停止するため、共有へのアクセスはできません。

  1. 本製品の電源が入っていることを確認

  2. USB HDDの電源をONにする

    ※ USB HDDの電源の入れ方については、USB HDDの取扱説明書をご覧ください。

    ※ USB HDDに電源連動機能がある場合は、本製品につないだ時にUSB HDDの電源が入ります。

  3. 本製品のUSBポートにUSB HDDをつなぐ

USB HDDの接続を確認する

[情報] → [ボリューム情報]をクリック

→USB HDDの状況が表示されます。確認したいHDDをクリックすると、詳細情報が表示されます。

USB HDDにアクセスする

ご注意

●NTFSフォーマットのUSB HDDは、読み込み専用です。書き込むことはできません。
●USB HDDを複数パーティションに分割していた場合は、先頭のパーティションのみ表示されます。

ネットワーク上から、本製品の共有フォルダーを表示する

→一覧に共有フォルダー[usbx]が表示されます。
※xにはUSB HDDをつないだ本製品の[USBポート] 番号が表示されます。

ディスク 表示
USB1 usb1
USB2 usb2
USB3 usb3
USB4 usb4
(内蔵ディスク) disk1

USB HDDを取り外す

ご注意

●ファイルコピー中に、USBポートにつないだ機器の接続や取り外しをしたり、本製品やUSB HDDの電源を切らないでください。コピーの処理が正常におこなわれません。
●USB HDDをバックアップ先に指定している場合、USB HDDを取り外すとバックアップできません。
●取り外しは、ここに記載されているように操作してください。本製品動作中(USB HDDにアクセスされている最中)に記載を無視して取り外すと、データの破損や本製品やUSB HDDの故障の原因になります。
●本製品をシャットダウンし、本製品の電源を切った後に取り外すこともできます。
●WindowsとmacOSで共有して利用していた場合
Windowsパソコンに直接つないでUSB HDD内を見ると、見覚えの無いファイル、フォルダーが見える場合があります。これは、macOSでフォルダーを作成したりファイルをコピーした際は、作成したファイル(フォルダー)の他に、別のファイル(フォルダー)が作成されるためです。このファイル(フォルダー)には、macOSユーザー用の必要な情報が書き込まれていますので、削除しないでください。

  1. [ボリューム] → [USBx] → [取り外し] をクリック
    ※[USBx]のxは、取り外すUSB HDDの接続ポート番号です。

  2. [実行]をクリック

  3. 「取り外し処理が完了しました」と表示されたら、取り外し処理をおこなったポートのUSB HDDを取り外す

ご注意

USB HDDの接続・取り外し中は、共有サービスが停止するため、共有へのアクセスはできません。

USB HDDをフォーマットする

ご注意

●フォーマットするとデータはすべて消去されます。USB HDD内に必要なデータがある場合は、事前にバックアップしてください。
●フォーマット中は、絶対に電源を切らないでください。
●本製品でUSB HDDをNTFS形式にすることはできません。Windowsパソコンに接続してフォーマットしてください。フォーマットの方法については、USB HDDの取扱説明書を参照してください。
※ただし、NTFS形式のUSB HDDは、本製品では読み取りのみ可能となり、書き込みはできません。
●2TBより大きい容量のHDDを、本製品でFAT32フォーマットした場合、2TBのパーティションでフォーマットします。すべての領域を使うには、専用形式でフォーマットしてください。
●USB HDDのフォーマット開始時やフォーマットの終了時は、共有サービスが停止するため、共有へのアクセスはできません。本製品にアクセスしていないことを確認してから実行してください。

  1. [ボリューム] → [USBx] → [フォーマット] をクリック
    ※[USBx]のxは、取り付けたUSB HDDの接続ポート番号です。

  2. ①[フォーマット形式]を選ぶ
    ※暗号化については、本製品の暗号化機能をご覧ください。
    ※USB HDDをバックアップ先にする場合は、[専用形式]を選びます。

    ②[実行]をクリック

  3. 「フォーマットしますか?」と表示されたら、[OK]をクリック
    →フォーマットを開始します。しばらくお待ちください。

  4. フォーマット時間の目安

    ●USB 2.0専用フォーマット時間 → 約2時間30分 (弊社製RHD4-UX12TRW(RAID 0)
    ●USB 3.0専用フォーマット時間 → 約30分(弊社製HDS2-UT6.0(RAID 0))

 

USB HDDをペアとして増設する

この項目は、お使いの製品とは関連がない内容です。

本製品をRAIDモード「拡張ボリューム」(出荷時設定)でお使いの場合、USB HDDを2台、拡張ボリュームのペアとして増設できます。そうすることで、本製品の容量を増やすことができます。

拡張ボリュームとは?

本製品で設定できるRAIDモードを参照してください。

増設の流れ

  1. USBポート3、4のモードを切り替える

    USB HDDのペアは、USBポート3、4に増設できます。
    出荷時のUSBポート3、4の動作モードは「共有モード」に設定されています。
    そのため、「拡張ボリュームモード」にモード変更が必要です。

      
  2. USB HDDをつなぐ

    最初につないだUSB HDDが認識されてから、次のUSB HDDをつなぎます。
    ※つないだUSB HDDは拡張ボリューム用にフォーマットされます。

異なる容量のUSB HDD2台をつなぐ

手順内でUSB HDDを順につなぎますが、先に容量が小さいUSB HDDをつないでください。容量が小さいUSB HDDを後でつなぐと、ペアが構成されません。
なお、増える容量は、容量が小さいUSB HDDによるものとなります。

USB HDDを1台だけつなぐ

USB HDDを1台だけ拡張ボリュームとしてつないだ場合、本製品の容量は増加しますが、ペアが構成されません。
そのため、RAID対応などの冗長性を持ったUSB HDDをつなぐことをおすすめします。

USBポート3、4のモードを切り替える

  1. USBポート3のモードを切り替える

    [ボリューム]→[USB3]→[モード設定]をクリック

      
  2. ①[ポートモード]の[拡張ボリュームモード]を選ぶ

    ② [ 適用 ] をクリック

  3. ブザーが鳴り続くので、FUNC.ボタンを押しブザーを止める

  4. 手順1~3と同様に、USBポート4も[拡張ボリュームモード]に変える

    ※ USB HDDを1台だけつなぐ場合は不要です。

USB HDDをつなぐ

  1. 本製品の電源が入っていることを確認

    ご注意

    ●下記状況では、USB HDDをつながないでください。
    ・STATUS ランプが点滅中(設定画面操作中)
    ・HDD ランプが点滅中(本製品にアクセス中)
    ・USB HDD のランプが点滅中等(USB HDD にアクセス中)
    ※本製品の電源が入っている状態でつなげられます。
    ●USB HDDにつなぐ時や取り外す時は、共有サービスが停止するため、共有へのアクセスはできません。

      
  2. USB HDDの電源をONにする
    ※USB HDDの電源の入れ方については、USB HDD の取扱説明書をご覧ください。
    ※USB HDDに電源連動機能がある場合は、本製品につないだ時にUSB HDDの電源が入ります。

  3. 本製品のUSBポート3にUSB HDDをつなぐ

    しばらくSTATUSランプが緑点滅します。緑点灯に戻るまでお待ちください。
    「ピー」と鳴り、緑点灯になれば、本製品の容量が増加しています。

    ここで「ピーピーピー」と鳴ったら…

    さらに、STATUSランプが赤く点灯した場合は、つないだUSB HDDにデータが入っています。このまま使っても問題ないか確認してください。
    問題なければ、USBポート3のモードをもう一度「拡張ボリュームモード」に設定してください。

  4. 本製品のUSBポート4にUSB HDDをつなぐ

    ※USB HDDを1台だけつなぐ場合は、手順4は不要です。

    しばらくSTATUSランプが緑点滅します。緑点灯に戻るまでお待ちください。
    「ピー」と鳴り、緑点灯になれば、USBポート3、4のUSB HDDでミラーリングされています。

    ここで「ピーピーピー」と鳴ったら…

    取り付けたUSB HDDについて、以下が考えられます。
    ●STATUSランプが赤く点灯した場合は、つないだUSB HDDにデータが入っています。このまま使っても問題ないか確認してください。
    問題なければ、USBポート4のモードをもう一度「拡張ボリュームモード」に設定してください。

    ●USBポート3につないだUSB HDDより容量が小さいことが考えられます。その場合、「容量不足」となり、後につないだUSB HDDは使われません。
    USBポート3につないだUSB HDDと同じかそれ以上の容量を持つUSB HDDをつないでください。

USB HDDがつながっているかを確認する

[情報]→[ボリューム情報]をクリックし、確認したいHDDをクリックすると、詳細情報が表示されます。

パッケージを追加/削除する

本製品の機能をアドオンパッケージにて拡張することができます。パッケージごとに追加・削除・更新ができます。
※追加したパッケージについては、パッケージ(追加機能)取扱説明書をご覧ください。

追加可能なアドオンパッケージ

弊社Webページでご確認いただけます。
http://www.iodata.jp/product/nas/info/landisk/hdl-h_package.htm

※ インターネットに接続できない場合は、インターネット接続できるパソコンなどでご覧ください。

本製品がインターネット接続できない環境にある場合

パッケージをUSBメモリーからインストールできます。
インターネット接続できるパソコンで、弊社Webページを開き、説明にしたがってください。

パッケージを追加する


パッケージを削除する


パッケージを追加する

  1. [システム]→[パッケージ管理]→[追加]をクリック

  2. ①追加するパッケージにチェック

    ②[追加]をクリック

  3. 各パッケージの詳細情報

    各パッケージの[詳細]をクリックすると、それぞれの詳細情報が表示されます。

パッケージを削除する

  1. [システム]→[パッケージ管理]→[一覧]をクリック

  2. ①削除するパッケージにチェック

    ②[削除]をクリック

  3. パッケージごとの削除

    各パッケージの[削除]をクリックすると、それぞれのパッケージが削除されます。

パッケージの自動更新設定をする

すでに適用したパッケージの更新が見つかった場合に、自動的に更新する設定をおこないます。
※出荷時設定で有効に設定されています。

最新のパッケージをご利用ください

本製品のハードウェア保証適用のために、ファームウェアまたはソフトウェアは常に弊社が提供する最新版に更新してご利用ください。最新版でない場合、保証適用を受けられない場合もあります。

  1. [システム]→[パッケージ管理]→[自動更新設定]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

    [時刻]

    更新チェックをする時刻を選びます。パッケージの自動更新時刻と更新通知時刻は共通です。
    ※仕様により、設定した時刻から1時間以内で動作します。

パッケージ情報を通知する

定期的に新しいパッケージの更新チェックをおこないます。

※ 出荷時設定で有効に設定されています。
一日一回チェックをおこない更新がある場合、お知らせ、ランプで通知します。

  1. [システム]→[パッケージ管理]→[更新通知設定]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

    [インストール済みパッケージのみ]

    チェックをつけると、インストール済みパッケージの更新時のみ通知します。

    [時刻]

    更新チェックする時刻を選びます。パッケージの自動更新時刻と更新通知時刻は共通となります。
    ※仕様により、設定した時刻から1時間以内で動作します。

使用量制限について(クォータ機能)

本製品に作成した共有フォルダーを使うユーザー、グループ、共有フォルダーごとに使用量の制限を設定することができます。また、[メール通知設定]をすると、特定のユーザー、グループ、共有フォルダーの使用率が設定した値を超えるとメールにて通知することができます。
※プライマリーグループが未設定のユーザーによる書き込みは、どのグループの使用量にも加算されません。
※ユーザー"admin" による共有フォルダーへの書き込みは使用量制限を設定できず、使用量制限にカウントもされません。

使用量制限により計算される使用量について

本製品に作成した共有フォルダーの設定により、コピーされたファイルの使用量は以下のように加算されます。
●共有フォルダー使用量制限が有効な共有フォルダーの場合
どのユーザーがファイルを保存しても、共有フォルダー使用量として加算します。ユーザー使用量、およびグループ使用量には加算されません。
●共有フォルダー使用量制限が無効、詳細アクセス権設定が有効な共有フォルダーの場合
ファイルを保存したユーザーの使用量、およびユーザーに設定したプライマリーグループの使用量として加算します。

ご注意

●OSやアプリケーションによって、データ容量の計算方法が違います。そのため、設定した制限設定値に満たない容量しか使用していなくても、ファイルの書き込みができなくなる場合があります。
●使用量制限を有効に設定する際や制限設定値を設定する際、登録されているユーザー数・グループ数・ファイル数により、設定に時間がかかる場合があります。
●ユーザー使用量設定、グループ使用量設定、共有フォルダー使用量設定は、共有フォルダー、USB共有に対しては無効です。
●フォルダー使用量制限を設定した共有フォルダーは、詳細アクセス権の設定をおこなっても、共有フォルダーにアクセスしたユーザーの使用量、プライマリーグループの使用量は加算されません。
●フォルダー使用量制限を設定した共有フォルダーは、Microsoftネットワーク共有サービスからのみアクセスできます。

使用量制限を有効にする

  1. [システム]→[サービス設定]をクリック

  2. ①[使用量制限]を[有効]にする

    ②[適用]をクリック

ユーザーごとに使用量制限を設定する

  1. [ユーザー&グループ]→[ユーザー]→[使用量制限]をクリック

  2. ①各ユーザーの使用量制限を設定

    ②[変更]をクリック

  3. ご注意

    ●制限設定値は半角数値のみ小数点1位まで設定できます。
    ●使用量制限値に[0]を設定した場合、使用量制限が無制限設定になります。

    一括入力する

    ①一括入力するユーザーにチェック

    ②使用量制限を設定

    ③[一括入力]をクリック

グループごとに使用量制限を設定する

  1. [ユーザー&グループ]→[グループ]→[使用量制限]をクリック

  2. ①各グループの使用量制限を設定

    ②[変更]をクリック

  3. ご注意

    ●制限設定値は半角数値のみ小数点1位まで設定できます。
    ●使用量制限値に[0]を設定した場合、使用量制限が無制限設定になります。
    ●グループ使用量は、使用量制限を指定したグループを、プライマリーグループに設定しているユーザーの書き込みのみ、使用量として加算します。グループ使用量機能を利用するには、あらかじめ使用量制限を設定するグループに所属するユーザーのプライマリーグループを、そのグループに設定しておく必要があります。

    一括入力する

    ①一括入力するグループにチェック

    ②使用量制限を設定

    ③[一括入力]をクリック

共有フォルダーごとに使用量制限を設定する

  1. [共有]→[フォルダー]→[使用量制限]をクリック

  2. ①各フォルダーの使用量制限を設定

    ②[変更]をクリック

  3. ご注意

    ●制限設定値は半角数値のみ小数点1位まで設定できます。
    ●使用量制限値に[0] を設定した場合、使用量制限が無制限設定になります。

    一括入力する

    ①一括入力するフォルダーにチェック

    ②使用量制限を設定

    ③[一括入力]をクリック

本製品の暗号化機能

本製品の暗号化機能は、本製品の内蔵ディスク、専用フォーマットのUSB HDDを丸ごと暗号化する機能です。
専用の鍵(ロックキー)をつながない限り、暗号化されたディスク領域にアクセスすることはできませんので、万一本製品の盗難にあった場合でも、記録された情報の漏洩を防ぐことができます。
暗号化にはAES方式(256bit)を使い、安全に処理されます。暗号化は、内蔵ボリュームが正常動作していれば、動作モードに関わらず設定できます。

・設定時に必要なもの
64MB以上の容量を持つ弊社製USBメモリー(ロックキーとして使用します。)

ご注意

■ ロックキーとして使うUSBメモリーに記録されているデータはすべて消去されます。

■ 暗号化されているUSBメモリーはご利用いただけません。弊社製ED-HBシリーズの場合は、アンロックした状態でご使用ください。

・ 暗号化のイメージ

ご注意

■ 内蔵ディスクに暗号化設定をした場合、本製品にロックキーをつながずに起動すると、本製品は「セキュリティロックモード」で起動します。「セキュリティロックモード」では、すべての共有サービスは停止し、共有フォルダー上に保存されたデータにアクセスできません。「セキュリティロックモード」は、ロックキーを本製品につなぐことで解除することができます。

※ 本製品の起動/再起動時には再びロックキーが必要です。スケジュール起動/終了する場合はご注意ください。

■「セキュリティロックモード」は内蔵ディスクの暗号化が解除されていない場合のモードです。USB HDDの暗号化だけが解除されていない場合は「セキュリティロックモード」になりません。この場合、暗号解除されるまで USB HDDにはアクセスできません。

■ 本製品の暗号化ボリューム機能はディスクを丸ごと暗号化します。ファイル単位、フォルダー単位の暗号化については、市販のアプリケーションをご利用ください。

■ 暗号化に利用するキーはロックキー内にのみ存在します。(本製品内には保存されません。)万一ロックキーが壊れたり、紛失した場合、暗号化ボリュームにアクセスできなくなります。必ず「マスターキー」と「スペアーキー」の複数のロックキーを用意し、万一に備えて「マスターキー」を安全な場所に保管しておいてください。スペアーキーの作り方は、スペアキーを作成するをご覧ください。

■ 暗号化されるのは内蔵ディスクおよび専用フォーマットのUSB HDD上のデータのみとなります。専用フォーマット以外のUSB HDDは暗号化されません。そのため、バックアップ機能で専用フォーマット以外のUSB HDD上、または、ネットワーク上の本製品からバックアップされたファイルは、暗号化されていない状態のファイルとなりますのでご注意ください。

暗号化ボリュームを作成/解除する

ご注意

●以下の設定をおこなうと、暗号化する内蔵ディスク上のデータ、USB HDD上のデータ、本製品につないだUSBメモリー内のデータがすべて消去されます。必要なデータがある場合は、あらかじめバックアップした上で実行してください。
●ロックキーに保存される鍵データは、ボリューム設定するたびに新規に生成されますので、本製品を複数使う場合は、それぞれに専用のロックキーを用意する必要があります。
●ロックキーをパソコンにつなぎ、フォーマット、ファイルやフォルダーのコピー、削除、リネームなどをおこなわないでください。鍵ファイルを削除すると、暗号化されたボリュームにアクセスできなくなります。他のUSBメモリーと混同しないように大切に保管してください。

内蔵ディスクの暗号化を設定する


USB HDDの暗号化を設定する


内蔵ディスクの暗号化を設定する

  1. [ボリューム]→[内蔵]→[フォーマット]をクリック

  2. ①ロックキーにするUSBメモリーを、USBポート1につなぐ

    ②ランプの緑点滅が終わるまで待つ

  3. ①[暗号化]の[有効]を選ぶ
    ※暗号化を解除する場合は[無効]を選ぶ

    ②[実行]をクリック

  4. 「フォーマットしますか?」と表示されたら、[OK]をクリック

    フォーマットを開始します。しばらくお待ちください。

ご注意

ロックキーは紛失しないよう、必ず安全な場所に保管してください。

ロックキーを保存する(Key Server機能)

「LAN DISK Key Server」は、ロックキーに保存されたキーをサーバー上に保存して、このサーバーをロックキーの代わりとして利用するソフトウェアです。
本製品の起動の度にロックキーをつなぐ作業が不要になり、ロックキーを安全な場所に保管できます。
弊社Webページからダウンロードしてください。設定方法については、「LAN DISK Key Server」付属のマニュアルをご覧ください。

USB HDDの暗号化を設定する

ご注意

●暗号化するUSB HDDは、本製品専用フォーマットにする必要があります。
●USBポート1はロックキーをつなぐポートとして予約されているため、暗号化できません。また、暗号化されたUSB HDDを USBポート1につないでも、アンロックできません。

  1. 暗号化するUSB HDDをUSBポート2につなぐ

  2. [ボリューム]→[USBx]→[フォーマット]をクリック
    ※[USBx]のxは、暗号化するUSB HDDをつないだUSBポート番号です。

  3. ①ロックキーにするUSBメモリーを、USB ポート1につなぐ

    ②ランプの緑点滅が終わるまで待つ

  4. ①[フォーマット形式]の[専用フォーマット]を選ぶ

    ②[暗号化]の[有効]を選ぶ
    ※暗号化を解除する場合は[無効]を選ぶ

    ③[実行]をクリック

  5. 「フォーマットしますか?」と表示されたら、[OK]をクリック

    フォーマットを開始します。しばらくお待ちください。

  6. ご注意

    ロックキーは紛失しないよう、必ず安全な場所に保管してください。

暗号化ボリュームにアクセスする

  1. 本製品の電源をOFFにする

  2. ロックキーを、USBポート1につなぐ

  3. 本製品の電源をONにする

  4. 本製品の起動が完了したら、ロックキーをUSBポート1から取り外す

    これで暗号化ボリュームにアクセスできます。

「セキュリティロックモード」を解除するには

内蔵ディスクに暗号化ボリューム設定をした場合、本製品にロックキーをつながずに起動すると、本製品は「セキュリティロックモード」で起動します。 「セキュリティロックモード」では、すべての共有サービスは停止し、共有フォルダー上に保存されたデータにアクセスできません。「セキュリティロックモード」は、ロックキーを本製品につなぐことで解除することができます。
※次回本製品の起動/再起動時には再びロックキーが必要です。スケジュール起動/終了する場合はご注意ください。
●「セキュリティロックモード」は内蔵ディスクの暗号化が解除されていない場合のモードです。USB HDDの暗号化だけが解除されていない場合は「セキュリティロックモード」になりません。
●「セキュリティロックモード」を解除するには、以下の操作をおこなってください。
◇ロックキーをUSBポート1につなぐ
正しいロックキーをつないだ場合、本製品は正常動作に戻り、共有フォルダー上に保存されたデータにアクセスできるようになります。解除後、ロックキーは取り外してください。
※次回本製品の起動時、または再起動時には再びロックキーが必要です。

Key Server機能使用時のアクセス方法

「LAN DISK Key Server」がインストールされたパソコンが起動してから、本製品を起動してください。

スペアーキーを作成する

スペアーキーを作るには、USBメモリーが必要です

●64MB以上の容量を持つUSBメモリーをご用意ください。
●USBメモリーにあらかじめ記録されているデータはすべて消去されます。
●暗号化されているUSBメモリーはご利用いただけません。弊社製ED-HBシリーズの場合は、アンロックした状態で挿入してください。
※本製品のキーサーバー機能でもロックキーを生成できます。方法は、キーサーバー機能をご覧ください。

  1. [ボリューム]→[ロックキー]→[ロックキー複製]をクリック

  2. ロックキー(マスターキー)を、USBポート1につなぐ

  3. [複製]をクリック

  4. 「キーを取得しました。USBメモリーを差し換えてください。」と表示されたら、USBポート1につないだロックキー(マスターキー)を、新しいUSBメモリーに差し換える

  5. [実行]をクリック

ご注意

ロックキーはなくさないでください。また、防犯上、安全な場所に保管してください。

ロックキーを削除する

ご注意

ロックキーを削除すると、暗号化ボリュームにアクセスできなくなります。必ず暗号化ボリュームの解除後に実行してください。暗号化ボリュームを作成/解除する参照

  1. 削除するロックキーを、USBポート1につなぐ

  2. [ボリューム]→[ロックキー]→[ロックキー削除]をクリック

  3. [削除]をクリック

    →ロックキーのキー情報を削除しました。

  4. ランプが緑点灯になったら、USBメモリーをそのまま取り外す
    ※取り外したUSBメモリーは、フォーマットしてからご利用ください。

キーサーバー機能

添付ソフト「LAN DISK Key Server」をご利用いただくと、キーサーバーが本製品と通信して安全にロックキー情報を交換できますので、毎回ロックキーを利用しなくても暗号化ボリュームにアクセスできるようになります。複数台の本製品のロックキーをまとめて管理する場合に便利です。また、キーサーバーは最大3台まで設定可能です。キーサーバーを複数台利用すると冗長性が上がります。

事前にキーサーバーとするパソコンに「LAN DISK Key Server」をインストールしてください

● LAN DISK Key Sever Ver.1.20 以降をご使用ください。
●あらかじめ本製品の暗号化処理をおこない、ロックキーを準備しておいてください。

キーサーバーを設定する


キーサーバーへ本製品のキーを登録する


本製品のロックキーを生成する


ロックキーの対象機器を変更する


キーサーバーを設定する

キーサーバー機能を利用する場合は、使用するキーサーバーを有効にします。

  1. [ボリューム]→[ロックキー]→[キーサーバー]をクリック

  2. ①[有効]にチェックをつける

    ②[キーサーバー](必要に応じて[ポート])を入力
    [キーサーバー]には、「LAN DISK Key Server」をインストールしたパソコンの名前またはIPアドレスを入力します。
    ※ポート未入力の場合は、51056になります。「LAN DISK Key Server」で利用するポート番号を変更している場合、変更したポート番号に合わせて設定してください。

    ③[適用]をクリック

キーサーバーへ本製品のキーを登録する

キーサーバーに本製品のキーの情報を登録します。あらかじめキーサーバー側で登録している場合は不要です。

事前にキーサーバーとするパソコンの「LAN DISK Key Server」で以下の設定をします

[連携許可設定]で[許可する]に設定を変更しておきます。
設定方法は、【LAN DISK Key Server 画面で見るマニュアル】をご確認ください。

  1. キーサーバーに登録するロックキーを、USBポート1につなぐ
    ※本製品用のロックキー以外は登録できません。

  2. [ボリューム]→[ロックキー]→[キーサーバー]をクリック

  3. [キー登録]をクリック
    ※キーサーバーを設定していない場合、設定してください。キーサーバーを設定する

  4. ①LAN DISK Key Serverの連携許可設定で登録したパスワードを入力

    ②[OK]をクリック

本製品のロックキーを生成する

キーサーバーに登録したキーからロックキーを生成します。

事前にキーサーバーとするパソコンの「LAN DISK Key Server」の設定をします

[連携許可設定]で[許可する]に設定を変更しておきます。
設定方法は、【LAN DISK Key Server 画面で見るマニュアル】をご確認ください。

  1. キーサーバーに登録するロックキーを、USBポート1につなぐ
    ※本製品用のロックキー以外は登録できません。

  2. [ボリューム]→[ロックキー]→[キーサーバー]をクリック

  3. ①生成するキーの[有効]にチェックをつける

    ②[適用]をクリック
    ※キーサーバーを設定していない場合、設定してください。キーサーバーを設定する

  4. [ロックキー生成]をクリック

  5. ①LAN DISK Key Serverの連携許可設定で登録したパスワードを入力

    ②[OK]をクリック

ロックキーの対象機器を変更する

他の本製品で利用していたロックキーを本機用に変更する機能です。
変更後のロックキーは本機専用となり、元の製品では使用できなくなりますのでご注意ください。
※通常本操作は必要ありません。本製品の入れ替えが必要になった場合などにご利用ください。

用途例

環境 古いLAN DISK にUSB HDDを接続し、暗号化して運用
用途 USB HDDとロックキーをそのまま新しいLAN DISKで使う
方法 以下の方法で、新しいLAN DISKに入れ替え、ロックキーの対象機器を変更する
  1. 対象を変更するロックキーを、USBポート1につなぐ

  2. [ボリューム]→[ロックキー]→[対象変更]をクリック

  3. [対象変更]をクリック

チェックディスクを実行する

ハードディスクのチェックを定期的に実行すると、ハードディスクのエラー発生を早期に発見し対処できます。

チェックディスクには、以下の特徴があります。

・ チェックディスクは、ファイルシステムに論理的な障害が発生していないか検査し、修復をおこないます。

・ チェックディスク中に電源を切らないでください。完了するまでお待ちください。

・ チェックディスク中に以下の操作はできません。

- 共有フォルダーへのアクセス

- 各種設定変更

- ファームウェア更新

- パッケージ追加、削除、更新

- スケジュールシャットダウン

- バックアップ

- データコピー

- クイックコピー

・ 購入初期の正常な本製品の場合は約1分で完了します。

※ 非常に時間がかかる場合があります。

・ 専用フォーマットのUSB HDDのチェックディスクは、フォーマット直後でも5分以上かかります。容量や転送速度、お使いの状態により、非常に時間がかかる場合があります。

ご注意

チェックディスクは、以下のハードディスクに対して実行できます。
・内蔵ディスク
・USB HDD(専用フォーマット形式)
FAT 形式やNTFS 形式のUSB HDDについては、パソコンにUSB HDDをつないでチェックディスクをおこなってください。方法は、各OSのヘルプ等をご確認ください。

  1. [ボリューム]→[内蔵]→[チェックディスク]を クリック
    ※USB HDDの場合は、[ボリューム]→[USBx]→[チェックディスク]をクリック

  2. [実行]をクリック

ご注意

●チェックディスクを中断することはできません。チェックディスク中に電源を切るなどして中断しないでください。システムが破損するおそれがあります。
●FAT/NTFSでフォーマットされているUSB HDDはチェックディスクできません。(直接パソコンに接続し、Windows上などでエラーチェックをおこなってください。)

メール通知機能を利用する

メール通知機能については、メール基本設定をご覧ください。

アクティブリペアを実行する

ハードディスクのチェックを定期的に実行すると、ハードディスクのエラー発生を早期に発見し対処できます。

アクティブリペアでは、ハードディスク(内蔵ディスクまたはミラーリングしているUSB HDD)の一部に不良セクターが発見された場合、他の正常なハードディスクからデータを読み込んで異常のあるハードディスクに書き込み、ハードディスク不良によるデータ損失を未然に防止する機能です。
アクティブリペアには、以下の特徴があります。
・ハードディスクに何らかのリードエラーが発生している場合、検出あるいは修復をおこなうことができます。
・アクティブリペア中、設定画面その他の動作が遅くなる場合があります。
・アクティブリペア実行中は、外部からの操作等をおこなっていない状態でも、対象ハードディスクがアクセス中の状態になります。
・アクティブリペア結果をメール送信できます。
・アクティブリペアは、バックグラウンドで処理するため、アクティブリペア中に他の操作をおこなうことができます。ただし、アクティブリペア中に電源POWERボタンで本製品の電源を切った場合、処理が中断されます。
・アクティブリペア中にスケジュールシャットダウン時刻になってもアクティブリペアが完了するまでスケジュールシャットダウンは開始されません。
・アクティブリペア実行中に、スケジュールバックアップ開始時間になった場合、スケジュールバックアップは開始されますが、アクティブリペアとバックアップの所要時間が長くなります。アクティブリペア時間とスケジュールバックアップが同時実行されないように設定することをおすすめします。
・スケジュールを設定して指定した時間にアクティブリペアを実行することができます。
・本製品は、アクティブリペアのスケジュール実行を有効に設定しており、毎月最初の土曜日の午前0時00 分よりアクティブリペアが自動的に開始されます。
・アクティブリペアのスケジュール実行時刻に本製品の電源がOFF の場合、アクティブリペアのスケジュール実行は行われませんので、スケジュール実行時刻には本製品を起動しておいてください。
・アクティブリペアのスケジュール実行は、月に1 回のみ動作するよう設定できます。

ご注意

出荷時状態でもアクティブリペアを実行可能ですが、実際に機能するのはUSB HDDとミラーリングをおこなっている場合のみです。

  1. [ボリューム]→[内蔵]→[アクティブリペア]を クリック

  2. [アクティブリペア開始]をクリック

スケジュールを設定する場合

上記画面で以下の操作をします。
①実行する曜日・時刻を選ぶ
②[適用]をクリック

メール通知機能を利用する

メール通知機能については、メール基本設定をご覧ください。

日付と時刻を変更する

  1. [システム]→[時刻設定]をクリック

  2. ①[同期]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

同期について

インターネットに接続できる環境にある場合は、[同期]を選んだ場合、設定の適用と同時に同期を開始します。

手動で設定する

①で[手動]を選ぶと、年月日時分を入力して設定することができます。

ネットワークを設定する

  1. [ネットワーク]→(設定するLANポート)→(設定するプロトコル)をクリック

  2. ①ネットワークを設定
    ※設定項目については、ネットワークをご覧ください。

    ②[適用]をクリック

設定について

ご家庭でお使いの場合
ブロードバンドルーターに本製品をつなぐ場合は、通常「IPアドレス設定方式」と追加設定の「設定方法」はともに[自動で取得する]に設定してください。

オフィスなどでお使いの場合
手動で設定する場合がありますので、ネットワーク管理者にご確認ください。

ご注意

●IPv4とIPv6のいずれか、または両方を同時に利用できます。
[NarSuS]、[Wake On LAN]機能は IPv6通信に対応しておりません。
●本製品にIPv6で接続するには、お使いのOSがIPv6に対応している必要があります。また、接続方法はOSやアプリケーションにより異なります。

プロキシを設定する

インターネットに接続する際に、プロキシを利用する必要がある場合に設定します。

  1. [ネットワーク]→[プロキシ設定]をクリック

  2. ①項目を設定

    ②[適用]をクリック

使用しない プロキシ設定を利用しません。
自動設定スクリプトを利用する 自動設定スクリプトファイルのURL を入力します。
※指定するURL については、ご利用のネットワーク管理者に確認してください。
手動設定 プロキシサーバーの[アドレス]と[ポート]を入 力します。
※指定するアドレス、ポートについては、ご利用のネットワーク管理者に確認してください。

管理者パスワードを設定する

管理者は本製品の全設定や、すべての共有(全員共有、ユーザー共有、グループ共有)にアクセスできる権限を持っています。
※すべての共有にアクセスできるのはWindowsパソコンからのみです。他の人にパスワードが漏れないようしっかり管理し、定期的にパスワードを変更してください。
※管理者パスワードは以下の場合に使います。
・本製品の設定画面を開く場合
・「LAN DISKコネクト」または「Magical Finder」からIP設定画面を開く場合
・管理者として共有フォルダーにアクセスする際のパスワード
・「LAN DISK Admin」使用時、対象機器の情報を取得・設定する場合
・「LAN DISK Restore」使用時、対象機器の情報を取得・復元する場合
・「SightOn」使用時、対象機器の共有フォルダーを監視対象とする場合

ご注意

パスワードは忘れないようしっかり管理してください。設定したパスワードを忘れた場合、本製品のRESETボタンを押すと、管理者パスワードとネットワーク設定が出荷時設定に戻ります。出荷時設定に戻す
また、RESETボタンは有効・無効に設定することができます。各ボタンを有効/無効にする

  1. [システム]→[管理者設定]をクリック

  2. ①新しいパスワードを2回入力
    ※4 ~ 20 文字(半角英数記号)

    ②[適用]をクリック

▼その他の設定項目

メール 必要に応じてメールアドレスを設定できます。 ここで設定したメールアドレスは、[システム]→[通知]→[メール]→[通知設定]の送信先メールアドレスの既定値となります。
ログインタイムアウト時間 操作がおこなわれなかった場合に、自動的にログアウトする時間を設定します。

シャットダウン/再起動する

  1. [システム]→[電源]→[シャットダウン]を クリック

  2. ・シャットダウンする場合は、[シャットダウン]をクリック

    ・再起動する場合は、[再起動]をクリック

あとは、画面の指示にしたがってください。

起動スケジュールを設定する

ご注意

●起動スケジュール設定を使う場合は、電源コンセントに常に つないだ状態にしておいてください。
●起動スケジュールによる終了(シャットダウン)に関して、指定した終了時間にバックアップ、データコピーがおこなわれている場合、処理が完了するまで終了しません。
●本製品の時刻を正しく設定してください。

  1. [システム]→[電源]→[スケジュール設定]を クリック

  2. ①それぞれ起動・終了を設定したい曜日をチェッ クし、時刻を設定する

    ②[適用]をクリック

[10分間共有フォルダーへアクセスがなくなるまで終了時刻を延期]

以下の条件を満たすまでシャットダウンを延期する機能です。
・過去10分間内蔵ディスクのデータ領域へのアクセスがない
・過去10分間USB HDDへのアクセスがない
※クラウドサービスと同期設定していると、終了しない場合があります。

AC電源連動設定をする

停電などでコンセントからの電源供給が途絶え、復帰したときに自動的に電源ONにする機能です。

  1. [システム]→[電源]→[AC電源連動設定]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

ご注意

停電から復旧して10分経過しても本製品が自動起動しない場合は、電源POWERボタンを押して起動してください。

省電力機能を使う

電力消費を抑えるため、一定時間アクセスがなければ内蔵ディスクの回転を停止します。また、本製品の省電力機能に対応しているUSB HDDを使うと、USB HDDも同時に省電力モードに設定することができます。

ご注意

●設定時間内にHDDにアクセスしなくても、本製品のシステ ムがHDDにアクセスした場合は、停止しません。
●HDD停止中にアクセスしなくても、本製品システムからのアクセスによりディスクがスピンアップする場合があります。
●冷却ファンは停止しません。
●本製品をDHCPクライアントモードでお使いの場合、IPアドレスを更新する際に、内蔵ディスクがスピンアップします。また、ネットワークの通信中やシステム処理のためにディスクアクセスすることがあります。DHCPサーバーのリース時間を長く設定すると、アドレス更新によるスピンアップ間隔も長くできます。
●定期的に本製品にアクセスするソフトウェア(例: 弊社製LAN DISK Admin、SightOnなど)をお使いの場合、本製品の省電力機能を有効にしても、HDDが停止しない場合があります。

  1. [システム]→[電源]→[省電力設定]をクリック

  2. ①停止までの時間を設定

    ②各ボリュームで[有効]を選ぶ

    ③[適用]をクリック

ボタンを有効/無効にする

FUNC.ボタン、RESETボタンの有効/無効を切り替える方法を説明します。

  1. [システム]→[ボタン]→[リセットボタン設定設定するボタンのアイコン]をクリック

  2. ①[有効]/[無効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

ご注意

RESETボタンを無効に設定した場合、RESETボタンによるネットワーク設定の初期化、および管理者パスワードのリセット機能が無効になります。設定した管理者パスワードを忘れた場合、本製品の設定画面を開くことができなくなります。管理者パスワードは厳重に管理してください。

自己診断する

  1. [システム]→[自己診断]をクリック

  2. ①診断する項目をチェック

    ②[実行]をクリック

Ping 以下の形式で入力した送信先ホストへのネットワーク通信が可能かを確認します。
IPv4アドレス or IPv6アドレス( コロン区切り) or ホスト名
Traceroute 以下の形式で入力した送信先ホストへのネットワーク通信経路を確認します。
IPv4アドレス or IPv6アドレス( コロン区切り) or ホスト名
サービス 本製品の各サービス(ファイル共有/NarSuS/UPS警告等) の稼働状態を確認します。
デバイス 本製品に接続されている機器(内蔵ディスク/USB HDD/USB UPS/USBプリンター) の各情報を確認します。
キーサーバー 本製品に設定したキーサーバーと接続/ 認識できることを確認します。
SNMPトラップ 本製品に設定したSNMPトラップ先ホストと接続/認識できることを確認します。
ネットワークシャットダウン 本製品に設定したネットワークシャットダウン相手ホストと接続/認識できることを確認します。
メール 本製品に設定したメール送信先アドレスへメール送信できることを確認します。
バックアップ 本製品に設定したバックアップジョブのバックアップ元/先と接続/認識できることを確認します。
データコピー 本製品に設定したデータコピージョブのデータコピー元/先と接続/認識できることを確認します。

ファームウェアを更新する

ファームウェアの更新(アップデート)には、新しい機能の追加のほかにも本製品の修正など、重要な更新が含まれます。
必ず最新のファームウェアを適用して本製品を使ってください。
本製品がインターネットに接続できる環境にある場合は、ファームウェアの自動更新機能を有効に設定しておくことをおすすめします。(出荷時設定:有効)
本製品がインターネットに接続できない場合は、ファームウェアを弊社Webページよりダウンロードできます。

ご注意

●ファームウェアを更新する際は、パソコンのファイアウォールの設定を解除してください。解除されていないと、正常に更新できない場合があります。
●ファームウェアの更新中は本製品の電源を切らないでください。更新中に電源を切ると、本製品を破損するおそれがあります。
●正しくファームウェアを更新するために、本製品にアクセスしているユーザーがいないことを確認してください。または、パソコンと本製品を1対1で接続して実行してください。
●ファームウェアバージョンを以前のバージョンに戻すことはできません。
●ファームウェアのアップデートをしても設定やデータは消えませんが、万一のため大切なデータのバックアップは必ずお取りください。

ファームウェアを手動更新する


ファームウェアの自動更新設定をする


ファームウェアの更新通知設定をする


ファームウェアを手動更新する

  1. [システム]→[ファームウェア]→[更新]を クリック

  2. ①[サーバーからダウンロードする]を選ぶ

    ②[更新]をクリック

  3. ①更新内容を確認

    ②[実行]をクリック

    ファームウェアの更新が開始されます。
    「ピッピッピ」となり、ランプが緑点灯すれば完了です。

再起動やシャットダウンをする場合があります

ファームウェアの更新の際、再起動やシャットダウンをする場 合があります。その場合は、その時点でファームウェアの更新は完了です。

複数の本製品をまとめて更新する

添付の管理ツール「LAN DISK Admin」でまとめて更新できます。詳しくは、LAN DISK Admin取扱説明書をご覧ください。

ご注意

ファームウェアを更新後、設定画面が変更される場合がありま すので、Webブラウザーのキャッシュを消去してください。
Internet Explorerの場合は、Webブラウザー画面上で、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら、[F5]キーを押します。
Safariの場合は、Safariを起動し、メニューより[Safari]→[キャッシュを空にする]をクリックし、表示される画面からキャッシュを空にします。

ファームウェアの自動更新設定をする

  1. [システム]→[ファームウェア]→[自動更新設定]をクリック

  2. ①[自動更新]の[有効]・[無効]を選ぶ

    ②自動更新時刻を設定

    ③[適用]をクリック

自動更新について

●自動更新時刻と更新通知時刻は共通となります。
●実際の自動更新は設定した時刻から1時間以内で行われます。

ファームウェアの更新通知設定をする

  1. [システム]→[ファームウェア]→[更新通知設定]をクリック

  2. ①[更新通知]の[有効]・[無効]を選ぶ

    ②更新通知時刻を設定

    ③[適用]をクリック

更新通知について

●更新通知時刻と自動更新時刻は共通となります。
●実際には、設定した時刻から1時間以内で自動更新されます。

アクセスログを確認する

本製品に対してどのような操作をおこなったかを記録することができます。
ファイルの参照・作成・編集などのアクセス記録がリアルタイムに記録されます。また、管理者宛にメールでログを一括転送するように設定できますので、監査記録として利用することができます。

アクセスログを有効にする


アクセスログを確認する


アクセスログを有効にする

  1. [システム]→[サービス設定]をクリック

  2. ①[アクセスログ]の[有効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

アクセスログを確認する

  1. [情報ログ表示]→[アクセスログ]をクリック
    →アクセスログが表示されます。

アクセスログのダウンロード

表示されたアクセスログの[ダウンロード]をクリックすると、アクセスログをダウンロードできます。

アクセスログの読み方

以下の順で表示されます。
日時,操作したユーザー,操作したホスト名,ユーザーのパソコンのIPアドレス,操作内容※,操作結果(OK:成功 fail(xxxx):失敗),操作したフォルダーとファイル

※操作内容
connect:クライアントPC が共有フォルダーに接続した
disconnect:クライアントPC が共有フォルダーの接続を解除した
open_read:対象ファイルを読み込みモードで開いた
open_write:対象ファイルを書き込みモードで開いた
close:ファイルが閉じられた
mkdir:フォルダー作成時
rmdir:フォルダー削除時
rename:ファイル/ フォルダーの名前が変更された
unlink:ファイル削除時

ご注意

アクセスログをメール送信する場合は、[システム]→[通知]→[メール]→[通知設定]で設定します。

システムログを確認する

  1. [情報ログ表示]→[システムログ]をクリック
    →システムログが表示されます。上から新しい順に100件表示されます。

フィルタリング設定 フィルタリングの設定ができます。[日時]、[レベル]、[カテゴリー]をそれぞれ設定し、[適用]をクリックすると保存されます。
ダウンロード ログを.csv 形式でダウンロードします。
ソート ログの並べ替え方法を指定できます。
フィルタリング 設定したフィルタリングの有効/無効を設定します。
日時 ログを記録した日時を表示します。
レベル ログの警告レベルを表示します。
カテゴリー ログのカテゴリーを表示します。
メッセージ ログの内容を表示します。

ご注意

ログ情報は、以下のような状況のときに古いログから削除されます。
・ログのサイズが一定のサイズを超えた場合
・本製品をシャットダウンした場合
※システムログをメール送信する設定については、メール基本設定をご覧ください。
※システムログの一覧は、ログ・お知らせ一覧をご覧ください。

各種情報を確認する

メイン画面


お知らせ


システム情報


ネットワーク情報


ボリューム情報


メイン画面

▼上部アイコン

マニュアル 本製品の【画面で見るマニュアル】を開きます。
メロディ(開始) 本製品のメロディを鳴らします。メロディが鳴っている間はメロディ(停止) ボタンとなります。
ログアウト 設定画面からログアウトし、トップページに戻ります。

▼通知エリア(左)

通知 警告などを表示します。

▼通知エリア(右)

LAN DISKの名前 LAN DISKの名前を表示します。
バージョン ファームウェアバージョンを表示します。
IPアドレス 本製品のLANのIPv4アドレスを表示します。
MACアドレス 本製品のLANのMACアドレスを表示します。
使用容量/全容量 現在の内蔵ディスクの使用容量と全容量を表示します。
※本製品のシステム用に、約6GB使われています。ご了承ください。

▼下部アイコン

ホーム クリックすると、メイン画面に戻ります。
表示されているアイコンをクリックすると、そのページにジャンプします。
戻る クリックすると、上位メニューに戻ります。
全ヘルプ すべてのヘルプを表示させます。
ヘルプ無し マウスオーバーでのヘルプを表示させません。

お知らせ

[情報ログ表示]→[お知らせ]をクリック
→お知らせが表示されます。
閉じると、警告レベルのお知らせは消去されます。

レベル お知らせのレベルを表示します。
メッセージ お知らせの内容です。
クリア レベルが「エラー」のお知らせを消去します。

システム情報

[情報ログ表示]→[システム情報]をクリック
→システム情報が表示されます。
項目名をクリックすると、設定画面が表示されます。

製品 本製品の型番です。
システムのバージョン 本製品のファームウェアバージョンです。
時刻 現在の時刻です。
時刻の同期 本製品の時刻をタイムサーバーから取得するかどうかについて表示します。
有効なサービス 本製品が提供しているサービスを表示します。
クイックコピー クイックコピー機能の有効/無効を表示します。
バックアップスケジュール バックアップスケジュールの有効/無効を表示します。
データコピースケジュール データコピースケジュールの有効/ 無効を表示します。
省電力モード 省電力モードの有効/ 無効を表示します。
ランプの明るさ 現在のランプの明るさです。
起動スケジュール 起動スケジュールの有効/無効を表示します。
温度 本製品の温度を表示します。
FANの回転数 FANの回転数を表示します。
プリンター プリンターの接続状態を表示します。
UPS警告 UPS警告機能の有効/無効を表示します。
UPS接続状態 UPSの接続状態を表示します。
UPSバッテリー残量 UPSのバッテリー状態を表示します。

ネットワーク情報

[情報ログ表示]→[ネットワーク情報]をクリック
→ネットワーク情報が表示されます。
項目名をクリックすると、設定画面が表示されます。

LAN DISKの名前 本製品に設定している名前です。この名前は、Windowsネットワークに接続しているクライアントから本製品を指定する場合などに利用します。
LAN DISKの説明 本製品に設定している説明文です。ネットワークで本製品を詳細表示した際に表示されます。
LAN DISKの設置場所 本製品の設置場所です。設定時に記入した場合に表示されます。

▼LAN1/LAN2

IPアドレス設定方式 本製品のIPアドレスを自動取得するか(DHCP機能)を表示します。
IPアドレス 本製品に設定しているIPアドレスです。DHCP機能が有効の場合は、DHCPサーバーから自動取得したアドレスが表示されます。(DHCP 取得失敗時: 192.168.0.200)
サブネットマスク/プレフィックス長 本製品に設定しているサブネットマスクです。IPアドレスとの組み合わせにより、通信できるネットワークが決まります。DHCP機能を有効にしている場合は、DHCPサーバーから取得したサブネットマスク値が表示されます。(DHCP 取得失敗時:255.255.255.0)
Wake On LAN Wake On LANの有効/ 無効を表示します。
フレームサイズ 本製品が通信する際に送り出す1回分のデータの最大値を指定します。
※ネットワーク上すべての製品が1000BASE-T でジャンボフレームに対応している場合のみご利用いただけます。
※ネットワーク上のすべての機器が同一の値でないと通信できません。設定をご確認ください。
MACアドレス 本製品のMAC アドレスです。出荷時点で本製品に書き込まれており、変更はできません。
リンク状態 現在のリンクスピードを表示しています。

▼共通

設定方法 デフォルトゲートウェイとDNSサーバーアドレスの情報取得方法を表示します。
デフォルトゲートウェイ 本製品に設定しているデフォルトゲートウェイです。
DNSサーバーアドレス 本製品に設定しているDNS サーバーアドレスです。

▼プロキシ

プロキシ プロキシ設定の有効/ 無効を表示します。

▼ Microsoftネットワーク

(ワークグループ設定時)ワークグループ名 本製品に設定しているワークグループ名です。
(ActiveDirectory設定時)ドメイン名(NetBIOS 名) 本製品で設定しているActive Directory のドメイン名(NetBIOS名)です。
(ActiveDirectory設定時)ドメイン名(フルDNS名) 本製品で設定しているActive Directory のドメイン名(フルDNS名)です。
(ActiveDirectory設定時)ドメインコントローラーの名前 本製品で設定しているNT ドメイン名です。
(NTドメイン設定時)ドメイン名 本製品で設定しているActive Directory のドメイン名(NetBIOS名)です。
(NTドメイン設定時)ドメインコントローラーの名前 本製品で設定しているNTドメインコントローラーの名前です。
WINS サーバーアドレス 本製品に設定しているWINS サーバーアドレスです。この設定により、ルーターで区切られたネットワークにおいても名前によるWindows ネットワーク共有サービスが受けられます。通常、ご家庭でご利用になる場合は設定の必要はありません。

ボリューム情報

[情報ログ表示]→[ボリューム情報]をクリック
→ボリューム情報が表示されます。
項目名をクリックすると、設定画面が表示されます。

▼モード

モード 本製品の動作モードを表示します。

▼内蔵ディスクのステータス
内蔵ディスクの動作状態を表示します。状態により複数表示される場合があります。

正常動作 内蔵ディスクは正常に動作しています。
構成異常 一部の内蔵ディスクが故障か接続されていない状態です。
[ディスク]の表示を確認し、故障したディスクの交換をしてください。
停止中 内蔵ディスクを停止した状態です。
マウント失敗 内蔵ディスクのマウントに失敗した状態です。
チェックディスク中 内蔵ディスクがチェックディスク中です。
フォーマット中 内蔵ディスクがフォーマット中です。
未フォーマット 内蔵ディスクは未フォーマット状態です。
セキュリティロック中 内蔵ディスクがセキュリティロックされた状態です。ロックキーで解除されます。
処理中 内蔵ディスクに対して他の操作中を実行中です。

▼ボリューム情報

全容量 内蔵ディスク全体の容量を表示します。
1Kbyte = 1000byte で算出しています。
使用容量 現在使っている容量を表示します。
フォーマット形式 内蔵ディスクのフォーマット形式を表示します。

▼ディスク
内蔵ディスク内蔵ディスクを構成するカートリッジの一覧を次の形式で表示します。(番号 状態 ディスク名 容量)

状態 未接続 内蔵ディスクが接続されていません。
状態 未接続 内蔵ディスクが接続されていません。
接続済 本製品で正常に認識されています。
容量不足 必要なサイズより小さなサイズの内蔵ディスクカートリッジです。適切な容量の内蔵ディスクカートリッジに交換する必要があります。
故障 読み書きエラーやS.M.A.R.T.診断エラーが発生した内蔵ディスクカートリッジです。新しいカートリッジに交換する必要があります。新しい内蔵ディスクカートリッジに交換する必要があります。無事なデータをバックアップして、修理に出してください。
異常 起動時に故障と判定されましたが、アクセスに成功したので、RAID崩壊を防ぐためRAIDに組み込まれた内蔵ディスクカートリッジです。(他にも故障した内蔵ディスクカートリッジがあります)まずデータをバックアップした後、この内蔵ディスクカートリッジおよび他の故障した内蔵ディスクカートリッジを新しい内蔵ディスクカートリッジに交換してください。
ディスク名 ディスクのモデルナンバーを表示します。
容量 ディスク容量を表示します。1Kbyte = 1000byte で算出しています。

▼USBのステータス
USB機器の動作状態を表示します。状態により複数表示される場合があります。

未接続 USB HDDが接続されていないか、取り外し処理をおこなったか、あるいは正常に認識されていない状態です。USB機器を接続していない場合、USB機器を接続できます。
使用中 USB HDDが正常にマウントされています。取り外す場合は、USB HDDの取り外し処理をおこなってください。
取り外し済 USB HDDは取り外し処理済です。USB HDDの取り外しができます。ロックキー暗号化用のロックキーが接続されています。ロックキーは本体から取り外すことができます。
セキュリティロック中 暗号化されたUSB HDDのセキュリティロックが解除されていない状態です。使うには暗号化フォーマット時に利用したロックキーを接続してください。
マウント失敗 USB HDDのマウントに失敗しています。USB HDDの取り外しは可能です。
待機中 ミラーに追加したボリュームにデータが入っているため、手動でのミラーリング開始操作を待っている状態です。USB HDDの取り外しは可能です。
容量不足 USB HDDが接続されており、正常に認識されていますが、RAIDに組み込めない状態です。接続したUSB HDDの容量がミラーリングするために必要な容量より小さい場合に表示されます。適切な容量のUSB HDDと交換してください。USB HDDの取り外しは可能です。
チェックディスク中 USB HDDをチェックしている状態です。取り外す場合は、USB HDDの取り外し処理をおこなってください。
フォーマット中 USB HDDをフォーマットしている状態です。取り外す場合は、USB HDDの取り外し処理をおこなってください。
故障 USB HDDが故障しています。USB HDDの取り外しは可能です。
未フォーマット USB HDDが未フォーマット状態です。USB HDDの取り外しは可能です。
ミラーリング ミラーリングモードに設定され、正常に動作しています。USB HDDは取り外さないでください。
ミラーリング(異常) ミラーリングモードに設定され、USB HDDのみで動作している状態です。
本製品の電源を切り、USB HDDを取り外してください。その後、本製品を修理に出してください。本製品が修理から返ってきたら、【保管したミラーディスクから復旧する】をご覧になり、復旧してください。 故障した内蔵ディスクを交換し、USB HDDからミラーリングをおこなってください。USB HDDは取り外さないでください。 故障したカートリッジを交換し、USB HDDからミラーリングをおこなってください。USB HDDは取り外さないでください。
ミラーリング(再構築中(*%)) ミラーリングモードに設定され、再構築を実行中です。USB HDDは取り外さないでください。

出荷時設定に戻す

IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す


本製品のすべての設定を出荷時設定に戻す


IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す

万一、本製品に設定したIPアドレスや、本製品設定時の管理者パスワードを忘れてしまった場合にする手順です。初期化される項目は下記の3つのみです。(以下の表以外のすべての設定情報は変更されません。)

IPアドレス LAN1ポートのIPアドレスを[自動に取得する(DHCP)]に戻ります。
IPアドレスを手動設定していた場合は、最初から設定し直す必要があります。
管理者パスワード [未設定]に戻ります。管理者パスワードを設定していた場合は、最初から設定し直す必要があります。
フレームサイズ [未使用:1500byte]に戻ります。

ご注意

◆ 内蔵ディスクやUSB HDD内のデータは残ります。(消去されません。)

◆ 初期化処理中は、本製品の電源を切らないでください。
特に「内蔵HDDの完全消去」をチェックした場合は処理が完了するまでに長時間かかります。
処理完了後、本製品は再起動し再度アクセス可能になります。

◆ ネットワークに接続したまま実行できます。

◆ RESETボタンを無効に設定してある場合は、この機能を利用できません。この場合、パスワードも戻すことができませんので、管理者パスワードがわからなくなった場合の対応がおこなえなくなります。

  1. 本製品の電源が入っていることを確認(ランプが緑点灯)
    ※ランプが点滅中には、初期化しないでください。

  2. RESETボタンを針金などの先の細いもので約4秒押す
    →ランプが点滅し、「ピッ」と鳴ります。
    ランプが 緑点灯 または 赤点灯すれば完了です。
    緑点灯:DHCPサーバーあり
    赤点灯:DHCPサーバーなし

IPアドレスや管理者パスワードなどが初期値になっていますので、再度設定をやり直してください。

本製品のすべての設定を出荷時設定に戻す

設定画面から、本製品のすべての設定を初期化し、内蔵ディスクをフォーマットします。初期化される項目は次のとおりです。
・本製品のすべての設定
・内蔵ディスクの全データ

ご注意

●事前に本製品内のデータをバックアップしてください。(USB HDDのデータも事前にバックアップしてください。)
●USB HDDのデータは消去されませんが、取り外しておくことをおすすめします。
●動作モードもすべて初期設定に戻ります。USB HDDをミラーリングモードでご利用の場合、先にミラーディスクの保管をおこなってください。

  1. [システム]→[初期化]をクリック

  2. ①注意を読む

    ②[実行]をクリック

[内蔵HDDの完全消去]

[内蔵HDDの完全消去を行う]をチェックした場合、内蔵ディスク全体に0を書き込んだ後、フォーマットします。
0を全体に書き込むことにより、一般のツールから内容の復元処理をすることが難しくなりますので、ファイル断片からの情報漏れに強くなります。
本製品を廃棄や譲渡される場合におすすめします。
※目安の時間
完全消去:約14時間
非完全消去:約4分

すべての設定が初期値になっていますので、再度設定をやり直してください。

プリンターをつなぐ

本製品にプリンターをUSB接続することにより、共有プリンターとして利用できます。

プリンターをつなぐ


プリンターバッファをクリアする


ご注意

●本製品の電源のON/OFFに関係なく、プリンターの電源をON/OFFすることができます。本製品は、プリンターのホットプラグに対応しています。ただし、プリンターの電源をONにした後、印刷可能となるまでにしばらく時間がかかる場合があります。
●本製品につないだプリンターは、本製品の電源が入っている状態でも取り外すことができます。プリンターを使っていないことを確認後、本製品からUSBケーブルを取り外してください。
●Windowsパソコンのみ共有プリンターとして使えます。macOSでは使えません。
●本製品でプリンターを使うすべてのパソコンにプリンタードライバーをインストールする必要があります。(詳細はプリンターの取扱説明書を参照してください。)
●プリンターの双方向機能には対応しておりません。
●複合機(プリンター機能以外にスキャナーやリーダーライターの機能などを有するもの)をお使いの場合、プリンター機能のみ対応します。
●Microsoft Windows Printing System(WPS) 専用プリンター、プリンターメーカーが独自に採用しているプリンティングシステムのプリンターでは、その仕様上プリントサーバー機能はご利用いただけません。
●本製品にプリンターは1台のみ、つなげることができます。
●本製品の内蔵ディスクに空き容量が必要です。本製品を通して印刷時、プリントデータを本製品の内蔵ディスクにスプールするため、スプールデータ用の空き容量が必要になります。印刷できなかった場合は、不要なデータを削除して空き容量を増やしてください。

プリンターをつなぐ

  1. 本製品の電源が入っていることを確認

  2. プリンターの電源を入れ、プリンターが起動したこと を確認

  3. 本製品のUSBポート2にプリンターをつなぐ

プリンターがつながっていることを確認する

①[情報ログ表示]→[システム情報]をクリック
②[プリンター]欄が[接続済]になっていることを確認
※[未接続]と表示されている場合は、以下をお試しください。
・プリンターが正しく起動していること
・しばらく時間をおいてから、再度確認する

プリンターバッファをクリアする

  1. [システム]→[プリンターバッファークリア]をクリック

  2. [実行]をクリック

UPSをつなぐ

UPSをつなぐ


UPS警告を有効にする


UPSによるネットワークシャットダウン設定を有効にする


便利な使いかた

●UPS警告や定期的な再警告(1時間ごと)をメールで通知できます。定期通知設定
●停電から復旧した際に本製品を自動起動させられます。AC電源連動設定をする

UPSをつなぐ

  1. UPSの電源を入れ、UPSが起動することを確認

  2. 本製品のUSBポートにUPSをつなぐ

UPSがつながっていることを確認する

①[情報ログ表示]→[システム情報]をクリック
②[UPS接続状態]が[正常]になっていることを確認
※[正常]と表示されていない場合は、それぞれ下のような状況が考えられます。
[未接続][通信不能]→ UPSが本製品に正しく接続されていない
[バッテリー動作]→ 停電状態でUPSのバッテリーによる動作状態

ご注意

●本製品をUPSのバックアップ出力コンセントに、正しくつないでください。
●UPSと「つないだ後、取り外す」「取り外した後つなぐ」際は、「つなぐ」「取り外す」後30 秒以上間隔をあけてください。
●停電時、UPS のバッテリー残容量が約30%以下となった場合は、「停電後のシャットダウン」にて設定された時間よりも早くシャットダウンします。
●本製品は停電時のシャットダウンの際、UPSにシャットダウン信号を送ってシャットダウンします。UPSはシャットダウン信号を受信して数分後に電源出力コンセントの出力を停止しますので、次をお守りください。
・停電中には本製品の電源を手動で入れないでください。
・停電から復帰した場合でも、UPSがシャットダウン処理中の場合もあります。本製品の電源を入れるときは、UPSがシャットダウン処理から復帰しているかをご確認ください。

UPS警告を有効にする

本製品とUPSの接続状態を監視し、次の状態をランプやブザーでお知らせします。
・システム起動時に、UPSがつながれていない状態
・システム稼働中に、UPS接続ケーブルが抜けた状態

  1. [システム]→[電源]→[UPS設定]をクリック

  2. ①[UPS警告]の[有効]を選ぶ

    ②[適用]を選ぶ

UPSによるネットワークシャットダウン設定を有効にする

本製品は、ネットワークシャットダウン対応機器です。
UPSをつなぐと、停電時には自動的にシャットダウンすることができます。
ひとつのUPSに複数のLAN DISKシリーズの電源をつないでいる環境において、ネットワークシャットダウン機能を設定すると、UPSとつないでいないLAN DISKシリーズも停電時にシャットダウンすることができます。(最大5台)

下の図例は、以下のように構成されています。

ネットワークシャットダウン対応機器のマスター
「UPS監視ケーブル(USB)」をつなぎ、UPSを監視しています。
停電時には、UPSからの信号を受けて、シャットダウンコマンドをネットワークシャットダウン対応機器のスレーブに送信します。

ネットワークシャットダウン対応機器のスレーブ
ネットワークシャットダウン対応機器のマスターとは、ハブを介してLANケーブルでつながっています。
停電時には、マスターからのシャットダウンコマンドを受けて、シャットダウンします。

ハブ
各ネットワークシャットダウン対応機器をLANケーブルでつなぎます。
停電時に各ネットワークシャットダウン対応機器が通信できるように、UPSから電源を取ってください。

UPS
各ネットワークシャットダウン対応機器とハブに電源を供給します。
停電時には、ネットワークシャットダウン対応機器のマスターに信号を送信します。
マスターからのシャットダウン信号を受けて、UPS自身もシャットダウンします。

ご注意

●ネットワークシャットダウン対応機器の情報については、弊社Webページをご覧ください。(一部機器は、ファームウェアの更新が必要です)
●停電時、各ネットワークシャットダウン対応機器が通信できないと、ネットワークシャットダウンは実行されません。ネットワーク経路上のすべてのネットワーク機器について、UPSによる電源保護をする必要があります。

  1. [システム]→[電源]→[UPS設定]をクリック

  2. ①[ネットワークシャットダウン設定]を入力し、入力した行の[有効]にチェックをつける

    ②[適用]を選ぶ

有効 ネットワークシャットダウン設定を有効にしま す。
シャットダウンする LAN DISK名 停電時にシャットダウンする[LAN DISK名] (またはIPアドレス)を入力します。
管理者パスワード シャットダウンするLAN DISKの管理者パスワードを入力します。

Active Directoryへログオンする

Active Directoryが構築されたWindows ネットワークに本製品が参加できる機能です。Active Directory管理のユーザー情報、グループ情報を利用して本製品上の共有フォルダーにアクセス権限が設定できます。本製品へユーザー登録をおこなわずに済むので、ユーザー情報が一元管理できるほか、Active Directory管理下のユーザーが一度認証すれば同じActive Directory内の機器へ認証無しにアクセスできる一元認証機能が利用可能になります。

ご注意

●Active Directoryログオン機能は、ドメインユーザー数1000人、およびグループ数1000グループの環境で動作確認をおこなっております。それ以上の規模のドメインでは、本製品の応答が著しく遅くなったり、正常に動作できないことがあります。
●macOSでは利用できません。
●アクセス権を設定した共有フォルダーは、Active Directoryへ参加方法を切り替えると、本製品で設定していたユーザー、グループで利用できなくなります。また、参加方法を元に戻すと、ドメインモード(Active Directory)で設定したユーザー、グループでアクセス権を設定した共有フォルダーを利用できなくなります。そのため、各参加方法の切り替えをおこなう際は、あらかじめ共有フォルダーのアクセス権を無効( すべてのユーザーでアクセスできるよう) にしておくか、切り替え前にデータをバックアップしてください。

  1. ドメインコントローラーとなっているパソコンの時刻と、本製品の日付と時刻の設定を合わせる
    日付と時刻を設定する

    ご注意

    ドメインコントローラーの時刻と本製品の時刻が5分以上離れていると、ログオンに失敗します。

  2. 参加するドメインコントローラーの「ドメイン名(フルDNS名)」、「ドメイン名(NetBIOS名)」を確認し、メモする

    ドメイン名の確認方法

    「ドメイン名(フルDNS 名)」、「ドメイン名(NetBIOS 名)」はすでにActive Directory に参加しているパソコンから確認できます。(以下はWindows 7の例)
    ①[スタート]をクリックし、[コントロールパネル]を開きます。
    ②[システムとセキュリティ]→[システム]を開きます。
    ③[ドメイン]に表示されている文字列を確認します。
    この文字列が「ドメイン名(フルDNS名)」になります。ここで「ドメイン名(フルDNS名)」が[domain.local]の場合は「ドメイン名(NetBIOS 名)」は「DOMAIN」となります。

  3. 参加するドメインコントローラーの「ドメインコントローラーの名前」を確認し、メモする

    ドメインコントローラーの名前の確認方法

    「ドメインコントローラー」の名前は、ドメインコントローラーから確認します。
    ①[管理ツール]→[Active Directoryユーザーとコンピューター]を開きます。
    ②左のツリー表示より、[Domain Controllers]をクリックし、右側に表示されるものが「ドメインコントローラーの名前」になります。

  4. Administratorパスワードを変更する
    ※Active Directoryの仕様により、Administratorパスワードが1度も変更されていない場合、ログオンは失敗します。

  5. 本製品のLANポートにActive Directoryの構成された ネットワークへのLANケーブルを接続

  6. 本製品設定画面を開き、[ネットワーク]→[LAN1]→[IPv4]をクリック

  7. ①[IPアドレス]、[サブネットマスク]を設定
    ②共通設定の[設定方法]で[手動で設定する]を選ぶ
    ③[デフォルトゲートウェイ]、[DNSサーバー]を設定
    ④[適用]をクリック

     

  8. IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ

    ドメインコントローラーにアクセス可能な適切な値を設定してください。

    DNSサーバー

    ドメインコントローラーのIPアドレスを入力します。Active Directoryの名前解決がおこなえるDNSサーバーがドメインコントローラーと別のサーバーにて構築されている場合は、そのDNSサーバーのIPアドレスを入力します。

  9. [ユーザー&グループ]→[Microsoftネットワーク設定]をクリック

  10. ①Active Directoryについて設定
    ②[適用]をクリック

     

  11. ドメイン名(NetBIOS名)

    手順2でメモしたドメイン名(NetBIOS名)を入力します。

    ドメイン名(フルDNS名)

    手順2でメモしたドメイン名(フルDNS名)を入力します。

    ドメインコントローラーの名前

    手順3でメモしたドメインコントローラーの名前を入力します。

    管理者名

    Active DirectoryのAdministrator権限を持ったユーザー名を入力します。

    管理者パスワード

    [管理者名]で指定したユーザーのパスワードを入力します。

    WINSサーバー

    WINSサーバーがネットワーク内にある場合は、そのWINSサーバーのIPアドレスを入力します。

以上で、設定は完了です。
ユーザーやグループが取得されているかをご確認ください。([ユーザー&グループ]→[ユーザー]または[グループ]→[一覧])

ご注意

●ログインに失敗する場合は、Active Directoryへの参加ができないをご覧ください。
●サーバーに本製品の名前と同じコンピューターがすでに登録されていた場合は、登録されているコンピューターをいったん削除し、再度手順1から設定してください。
●ドメインコントローラーにIPv6で接続する場合、本製品が参照するDNSサーバーにドメインコントローラーのIPv6 PTRレコード(逆引きレコード)を登録しておく必要があります。

メール

メール基本設定


通知設定


メール基本設定

各種情報をメール送信するための設定をおこないます。本製品でメール通知機能を利用するには、メール基本設定が正しく設定されていることが必要です。

  1. [システム]→[通知]→[メール]→[基本設定]をクリック

  2. ①基本設定項目を入力

    ②[適用]をクリック

SMTPサーバー メール送信に利用する SMTPサーバーを設定します。プロバイダーや会社から指定されたサーバー名を入力してください。
SMTPポート メール送信に利用するTCPポート番号を指定します。(初期値:25)
ご利用のプロバイダがセキュリティ上の理由で25番ポートでのメール送信を遮断している場合は、適切な番号に変更してください。
SSL暗号化通信 SSL暗号化通信の有効/無効を設定します。[有効]に設定すると、SMTPSでメールを送信します。([無効]の場合はSMTP)
差出人メールアドレス 送信するメールアドレスの差出人を設定することができます。送信メールサーバーが差出人チェックを実行している場合や、どこから送られてきているのかを明確にしたい場合などに設定します。
メールエンコード 送信するメールのエンコードを選択します。受信するメーラーの設定に合わせてください。
認証 指定するSMTPサーバーがサポートしている認証方式を設定してください。
認証なし 設定はありません。
POP before SMTP POPサーバー、POPポート、ユーザー名、パスワードを入力します。
SMTP AUTH(PLAIN) ユーザー名、パスワードを入力します。
SMTP AUTH(LOGIN) ユーザー名、パスワードを入力します。
SMTP AUTH(CRAM-MDS) ユーザー名、パスワードを入力します。

Gmailを利用する場合

次の本製品とGmail の設定をおこなってください。
●Gmailのアカウント設定
※次の手順は2015年6月時点のものです。最新の各手順はGmailのヘルプをご覧ください。
次の設定1または2のどちらかを設定します。
・設定1:[安全性の低いアプリの許可]を有効に設定
Googleアカウントでログイン後、[アカウント情報]の[ログインとセキュリティ]から、[接続済みのアプリとサイト]の[安全性の低いアプリの許可]を有効にします。
・設定2:2段階認証プロセスを設定
※2段階認証プロセスを設定すると、他のGoogleアプリ用のパスワードの生成や設定など更に作業が必要になる場合があります。
①Googleアカウントでログイン後、[アカウント情報]の[Googleへのログイン]から、[パスワードとログイン方法]の[2段階認証プロセス]を有効に設定します。
②Googleアカウントでログイン後、[アカウント情報]の[Googleへのログイン]から、[パスワードとログイン方法]の[アプリのパスワード]で、本製品用のパスワードを生成します。

▼本製品のメール基本設定

SMTPサーバー smtp.gmail.com
SMTPポート 587
SSL暗号化通信 有効
差出人メールアドレス 任意のメールアドレス(通常はGmail のメールアドレス)
※送信されたメールのFrom: はGmailのメールアドレスになります。
メールエンコード UTF-8またはISO-2022JP
認証 SMTP AUTH(PLAIN) またはSMTP AUTH(LOGIN)
ユーザー名 Googleアカウントのユーザー名
パスワード Googleアカウントのパスワード
(2段階認証の場合、接続用に生成したパスワード)

通知設定

通知をするイベントを設定します。
メール通知イベントについては、ログ・お知らせ一覧を確認してください。また、本製品でメール通知機能を利用するには、メール基本設定が正しく設定されていることが必要です。

  1. [システム]→[通知]→[メール]→[通知設定]をクリック

  2. ①設定項目を入力

    ②[適用]をクリック

有効 チェックをつけると、エラー発生時および定期通知 時に、メールを送信します。
メールアドレス 送信先のメールアドレスを入力します。
詳細設定 チェックすると、[メール基本設定]の内容と同じ設定項目を設定できます。この設定は、[メール基本設定]より優先されます。(宛先によって異なる設定が必要な場合に使います)
※設定を変更したい項目のみ設定してください。空白項目は、[メール基本設定]のものとなります。
通知項目 チェックを付けた項目に該当するイベントが発生し た場合、メールによる通知をおこないます。以下の【送信されるメールについて】をご覧ください。

ご注意

[ボリューム使用量警告]と[使用量制限警告]は定期通知設定 の「定期通知」を有効にしないとメール通知されません。[定期レポート]は定期レポート設定の「定期レポート」を有効にしないとメール通知されません。

送信されるメールについて

通知項目により以下の内容のメールが送信されます。

通知項目 メール内容「本文例」
システムイベント システムログのカテゴリーが次のもの以外で、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
・バックアップ ・データコピー ・クイックコピー ・レプリケーション ・ログ ・温度 ・FAN  ・ディスク  ・ロックキー ・ボリューム  ・ボリューム使用量 ・使用量制限 ・UPS
「2015/11/06 23:00:11 新しいパッケージが公開されています。」
システムログ 機器のシャットダウン・再起動時、およびシステムログの内部記録サイズが一定以上となった際に、それまでに記録されているシステムログの最新分の内容が送信されます。
「2015/10/26 06:31:18 情報:LAN1:LAN1 がリンクしました。」
アクセスログ 機器のシャットダウン・再起動時、およびアクセスログの内部記録サイズが一定以上となった際に、それまでに記録されているアクセスログの最新分の内容が送信されます。
「2014-02-26 11:59:46 shingoy 1001-1617A(172.16.93.70): connect(ok): 開発部 開発部」
バックアップ・データコピー システムログのカテゴリーが「バックアップ」「データコピー」「クイックコピー」「レプリケーション」のいずれかで、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/06 23:00:11 週次バックアップの差分バックアップを開始しました。
温度・FANエラー システムログのカテゴリーが「温度・FAN」で、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/12 13:38:00 装置温度が異常です。装置の設置環境を見直してください。システムを強制終了 します。」
定期レポート 機器であらかじめ設定したタイミングで定期的に送信されます。
「ボリューム使用量レポート
内蔵ボリューム:
全容量 : 11158 GB ( 11981608009728 byte )
使用量 : 0 GB ( 673304576 byte ) 0.0%
ユーザー:
gx620:
制限設定値 : - GB
使用量 : 0.0 GB ( -% )
グループ:
gx620_G:
制限設定値 : - GB
使用量 : 0.0 GB ( -% )
フォルダー:
disk1:
制限設定値 : - GB
使用量 : 0.0 GB ( -% )」
UPS警告 システムログのカテゴリーが「UPS」で、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/12 13:38:00 UPS が接続されていません。」
ディスク情報 システムログのカテゴリーが「ディスク」「ロックキー」「ボリューム」のいずれかで、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/12 13:38:00 内蔵ディスク1 が故障しました。交換してください。」
ボリューム使用量警告 システムログのカテゴリーが「ボリューム使用量」で、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/12 13:38:00 セキュリティロックモードのため情報取得できませんでした。」
使用量制限警告 システムログのカテゴリーが「使用量制限」で、メール送信対象のログが記録される際に送信されます。
「2015/11/12 13:38:00 セキュリティロックモードのため情報取得できませんでした。」

定期通知

対象として設定した項目について定期的に状態を確認する機能です。

  1. [システム]→[通知]→[定期通知]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②定期通知項目を設定

    ③[適用]をクリック

有効 チェックをつけると、エラー発生時および定期 通知時に、メールを送信します。
通知項目 チェックをつけた項目に該当するエラーが発生している場合、1時間ごとにブザー、ランプ、メールによる再通知をおこないます。
エラーを解決すると警告は止まります。
エラー内容は、ログ・お知らせ一覧を確認してください。

▼定期通知項目

UPS 警告UPSの状態を確認
ディスクエラー ディスクエラーの状態を確認
ボリューム使用量警告 ボリューム使用量が設定した値に達したかどうかを確認
使用量制限警告 使用量制限が設定した値に達したかどうかを確認

定期レポート

指定日時にレポートメールを送信する機能です。

  1. [システム]→[通知]→[定期レポート]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②レポート送信する曜日と時刻を設定

    ③[適用]をクリック

送信されるメールの内容

メール本文は以下の部分から構成されます。
・内蔵ボリュームの合計容量・使用量
・ユーザーごとの使用量制限設定・使用量
・グループごとの使用量制限設定・使用量
・共有フォルダーごとの使用量制限設定・使用量
※ユーザー・グループ・共有フォルダーの各使用量制限設定をしていない場合は、その部分の使用量は0になります。

SNMP

SNMPトラップを有効にする

SNMPトラップ機能

SNMPトラップを有効にする

  1. [システム]→[通知]→[SNMP]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②項目を設定

    ③[適用]をクリック

ポート番号 ポート番号を入力します。
送信先ホスト IPv4アドレス、IPv6アドレス、コンピューター名の いずれかを入力します。

SNMPトラップ機能

SNMPトラップ機能を有効にした場合、お知らせに表示される「エラー」や「警告」の状態が発生すると、以下内容のSNMPトラップが送信されます。

バージョン 2c
コミュニティ public
トラップOID 1.3.6.1.4.1.4615.8.1.2.1

上記トラップには、メッセージコードと追加情報が付加されます。

メッセージコード

OID 1.3.6.1.4.1.4615.8.1.1.1.1
INTEGER(整数値)
お知らせに表示されるメッセージに対応するメッセージコード

追加情報

OID 1.3.6.1.4.1.4615.8.1.1.1.2
STRING(文字列)
お知らせメッセージに埋め込まれる追加情報(エンコード:UTF-8)
追加情報がない場合は、空文字となる。
メッセージコード・追加情報とお知らせに表示されるメッセージの対応は、ログ・お知らせ一覧をご覧ください。追加情報は「ログ・お知らせ一覧」のメッセージの%sに埋め込まれる情報です。
SNMP MIB情報ダウンロード(zip形式:1.57KB)

NarSuS

この項目は、お使いの製品とは関連がない内容です。

NarSuSに本製品の状態を通知します。
NarSuSのWebページで情報を見たり、トラブル発生情報をNarSuSからメールで受けとることができます。

(この機能は、出荷時設定で有効です。そのままご利用いただけます)

NarSuS通知を有効にする

  1. [システム]→[通知]→[NarSuS]をクリック

  2. ①[有効]を選ぶ

    ②[適用]をクリック

NarSuSで通知される内容については、ログ・お知らせ一覧をご覧ください。

動作環境/ハードウェア仕様

動作環境/ハードウェア仕様については、弊社Webページをご覧ください。

http://www.iodata.jp/product/nas/personal/hdl-aa/spec.htm http://www.iodata.jp/product/nas/general/hdl-aaw/spec.htm http://www.iodata.jp/product/nas/personal/hdl2-aa/spec.htm http://www.iodata.jp/product/nas/general/hdl2-aaw/spec.htm http://www.iodata.jp/product/nas/general/hdl2-x/spec.htm http://www.iodata.jp/product/nas/general/hdl4-x/spec.htm

オプションHDD

以下の弊社Webページをご確認ください。

http://www.iodata.jp/pio/io/nas/landisk/nas_hdd.htm

対応外付け機器

動作確認済み機器については、以下の弊社Webページの製品情報をご覧ください。

●USB HDD
http://www.iodata.jp/pio/io/nas/landisk/hdd.htm

●USB 機器・プリンター
http://www.iodata.jp/pio/io/nas/landisk/function.htm

●UPS
http://www.iodata.jp/pio/io/nas/landisk/ups.htm

各部の名称

①ランプ ランプ・ブザーの状態をご覧ください
②ファン 冷却用です。ふさがないでください。
③電源ボタン 本製品の電源を入/切します。電源を入れる、切る
また、エラー発生時にブザーが鳴りつづけている時に押すと、ブザーを停止します。
④RESETボタン 本製品のIPアドレスと管理者パスワードのみを出荷時設定に戻します。IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す
⑤USBポート2 USB機器を接続します。(USB 3.0)
⑥USBポート1 USB機器を接続します。(USB 2.0)
クイックコピーで使用します。
本製品の暗号化機能で使用します。
⑦LANポート LANケーブルでルーターと接続します。
⑧Link/Actランプ 点灯 Link状態
点滅 Act状態
⑨Link Speedランプ 橙点灯 1000BASE-Tで接続中
緑点灯 100BASE-TXで接続中
消灯 10BASE-Tで接続中
⑩電源コネクター 添付のACアダプターをつなぎます。
⑪ケンジントンセキュリティスロット 盗難対策にケンジントン製ロックを取り付けられます。
⑫ケーブルフック ACアダプターの抜け防止用です。引っ掛けて使用します。

前面

①HDD1/2 ランプ 緑点灯 内蔵ディスク正常認識時
緑点滅 内蔵ディスクアクセス時
赤点灯 内蔵ディスクエラー時
消 灯 内蔵ディスク未接続時
②電源ランプ ランプ・ブザーの状態をご覧ください。
③USBポート1 USB機器を接続します。(USB 2.0)
クイックコピーで使用します。
本製品の暗号化機能で使用します。

背面

①ケンジントンセキュリティスロット 盗難対策にケンジントン製ロックを取り付けられます。
内蔵ディスクも守ります。
②ケンジントンセキュリティスロット 盗難対策にケンジントン製ロックを取り付けられます。
③ファン 冷却用です。ふさがないでください。
④電源ボタン 本製品の電源を入/切します。電源を入れる、切る
また、エラー発生時にブザーが鳴りつづけている時に押すと、ブザーを停止します。
⑤RESETボタン 本製品のIPアドレスと管理者パスワードのみを出荷時設定に戻します。IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す
⑥USBポート2 USB機器を接続します。(USB 2.0)
⑦USBポート3 USB機器を接続します。(USB 3.0)
⑧LANポート LANケーブルでルーターと接続します。
ランプが2つ搭載されています。
上のランプは「Link Speedランプ」といい、橙点灯は1000BASE-T接続、緑点灯は100BASE-TX接続、消灯は10BASE-T接続を示します。
下のランプは「Link/Actランプ」といい、点灯はLink状態、点滅はAct状態を示します。
⑨電源コネクター 添付のACアダプターをつなぎます。
⑩ケーブルフック ACアダプターの抜け防止用です。引っ掛けて使用します。

前面

①FUNC.ボタン クイックコピー機能を実行する際に押します。
また、エラー発生時にブザーが鳴りつづけている時に押すと、ブザーを停止します。
②POWERボタン 本製品の電源を入/切します。
電源を入れる、切る
③USBポート1 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 2.0)
クイックコピーで使用します。
本製品の暗号化機能で使用します。
④POWERランプ 本製品の状態を示します。
ランプ・ブザーの状態をご覧ください。
⑤STATUSランプ
⑥HDD1 カートリッジを接続します。
脱着レバーは、カートリッジを取り出す際に利用します。
⑦HDD2
⑧HDD1ランプ
⑨HDD2ランプ
青点灯 内蔵ディスク正常認識時
青点滅 内蔵ディスクアクセス時
赤点灯 内蔵ディスクエラー時
消 灯 内蔵ディスク未接続時

背面

①ファン 冷却用ファンです。ふさがないでください。
②ケンジントンセキュリティスロット 盗難対策にケンジントン製ロックを取り付けられます。
③RESETスイッチ 本製品のIPアドレスと管理者パスワードだけを出荷時設定に戻します。IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す
④HDMIコネクター 使用しません。
⑤USBポート4 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 3.0/2.0)
⑥USBポート3
⑦USBポート2 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 2.0)
⑧LANポート1 添付のLAN ケーブルをつなぎます。
⑨LANポート2
⑩DC-IN 添付のACアダプターをつなぎます。
⑪100/10ランプ 橙点灯 100BASE-TX/10BASE-T で LINK 中
橙点滅 100BASE-TX/10BASE-T でデータを送受信中
消 灯 100BASE-TX/10BASE-T では 未接続
⑫1000ランプ 黄緑点灯 1000BASE-T で LINK 中
黄緑点滅 1000BASE-T でデータを送受信中
消  灯 1000BASE-T では 未接続

前面

①FUNC.ボタン クイックコピー機能を実行する際に押します。
また、エラー発生時にブザーが鳴りつづけている時に押すと、ブザーを停止します。
②POWERボタン 本製品の電源を入/切します。
電源を入れる、切る
③USBポート1 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 2.0)
クイックコピーで使用します。
本製品の暗号化機能で使用します。
④POWERランプ 本製品の状態を示します。
ランプ・ブザーの状態をご覧ください。
⑤STATUSランプ
⑥HDD1 カートリッジを接続します。
脱着レバーは、カートリッジを取り出す際に利用します。
⑦HDD2
⑧HDD3
⑨HDD4
⑩HDD1ランプ
⑪HDD2ランプ
⑫HDD3ランプ
⑬HDD4ランプ
青点灯 内蔵ディスク正常認識時
青点滅 内蔵ディスクアクセス時
赤点灯 内蔵ディスクエラー時
消 灯 内蔵ディスク未接続時

背面

①ファン 冷却用ファンです。ふさがないでください。
②ケンジントンセキュリティスロット 盗難対策にケンジントン製ロックを取り付けられます。
③RESETスイッチ 本製品のIPアドレスと管理者パスワードだけを出荷時設定に戻します。IP アドレス、管理者パスワードのみを出荷時設定に戻す
④HDMIコネクター 使用しません。
⑤USBポート4 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 3.0/2.0)
⑥USBポート3
⑦USBポート2 増設用ハードディスクなどをつなぎます。(USB 2.0)
⑧LANポート1 添付のLAN ケーブルをつなぎます。
⑨LANポート2
⑩DC-IN 添付のACアダプターをつなぎます。
⑪100/10ランプ 橙点灯 100BASE-TX/10BASE-T で LINK 中
橙点滅 100BASE-TX/10BASE-T でデータを送受信中
消 灯 100BASE-TX/10BASE-T では 未接続
⑫1000ランプ 黄緑点灯 1000BASE-T で LINK 中
黄緑点滅 1000BASE-T でデータを送受信中
消  灯 1000BASE-T では 未接続

ランプ・ブザーの状態

ランプの表示

緑点灯 正常に使用可能な状態であることを示します。
緑点滅 システム処理中を示します。
赤点灯 USB HDDの接続失敗など、警告レベルのお知らせがあることを示します。
赤点滅 本製品にとって重大な問題、エラーレベルのお知らせがあることを示します。
消 灯 本製品の電源が入っていないことを示します。
電源ランプ 緑点灯 正常に使用可能な状態であることを示します。
緑点滅 システム処理中を示します。
赤点灯 USB HDDの接続失敗など、警告レベルのお知らせがあることを示します。
赤点滅 本製品にとって重大な問題、エラーレベルのお知らせがあることを示します。
消 灯 本製品の電源が入っていないことを示します。
HDDランプ 緑点灯 正常状態であることを示します。
緑点滅 正常状態で、該当HDDにアクセスしていることを示します。
赤点灯 本製品はRAID 崩壊しているが、該当HDD は正常であることを示します。
赤点滅 該当HDD が故障していることを示します。
消 灯 該当HDDが未接続であることを示します。
POWERランプ 消 灯 コンセントにつないでいないことを示します。
赤点灯 電源は切ですが、コンセントにつないでいることを示します。
緑点灯 電源は入であることを示します。
STATUSランプ 緑点灯 正常状態を示します。
緑点滅 システム処理中を示します。
赤点灯 警告レベルのお知らせがある状態を示します。
赤点滅 エラーレベルのお知らせがある状態を示します。
HDDランプ 青点灯 正常状態であることを示します。
青点滅 正常状態で、該当HDDにアクセスしていることを示します。
赤点灯 本製品はRAID 崩壊しているが、該当HDD は正常であることを示します。
赤点滅 該当HDD が故障していることを示します。
消 灯 該当HDDが未接続であることを示します。

ブザーによる状態通知

「ピー」 1回 鳴る

◆ 正常に起動した

内蔵ディスクやカートリッジやUSB HDD を正常に取り付けた

◆ クイックコピー/ ボリューム設定変更/ などに成功した

「ピー」 3回 鳴る

◆ ルーターなどのDHCPサーバーからIPアドレスを取得できなかった
ルーターなどDHCPサーバーを設置するか、IPアドレスを固定する必要がある

内蔵ディスクカートリッジを取り付けたが、問題があった
故障や容量不足

◆ USB HDDを取り付けたが、問題があった。
故障や容量不足、フォーマット形式に対応していない
また、拡張ボリュームモードやミラーリングモードでは、USB HDDにデータが入っている

◆ 対応していないデジタルカメラやメモリーをつないだ(クイックコピーモード)

◆ クイックコピーに失敗したログを確認

◆ 設定変更/操作に失敗した

「ピッ」 3回 鳴る フォーマット/チェックディスク/バックアップ/ クイックコピーが正常終了した
「ピッ、ピッ」と鳴り続く RAID の構成に問題が発生している(内蔵内蔵ディスクカートリッジの故障など)
「ピーポー」と鳴り続く RAID が崩壊した(内蔵ディスクカートリッジの故障など)
「ドレミ」と鳴り続く UPSが接続されていない/停電状態(UPS警告が有効)
「ピピッ」と鳴り続く 警告対象が、使用量制限値に達した(使用量警告が有効)

鳴り続いているブザーを止める

電源ボタンを押してください。

※ 電源ボタンを押し続けると、電源が切れてしまいます。ご注意ください。

FUNC.ボタンを押してください。

出荷時設定一覧

▼カテゴリ:ネットワーク
設定項目 初期設定内容 備考
IPv4 LAN1 IPアドレス設定方式 自動で取得する(DHCP) -
IPv4 LAN1 IPアドレス設定方式 自動で取得する(DHCP) -
IPアドレス (設定なし) DHCPサーバーから取得
サブネットマスク (設定なし) DHCPサーバーから取得
フレームサイズ 1500 -
Wake On LAN 有効 -
LAN2 IPアドレス設定方式 自動で取得する(DHCP) -
IPアドレス (設定なし) DHCPサーバーから取得
サブネットマスク (設定なし) DHCPサーバーから取得
フレームサイズ 1500 -
Wake On LAN 有効 -
共通設定 設定方法 自動で取得する(DHCP) -
デフォルトゲートウェイ (設定なし) DHCPサーバーから取得
DNSサーバー (設定なし) DHCPサーバーから取得
IPv6 LAN1 IPアドレス設定方式 無効 -
IPv6 LAN1 IPアドレス設定方式 無効 -
IPアドレス (設定なし) -
プレフィックス長 (設定なし) 入力補助のため「64」と表示される
フレームサイズ 1500 -
Wake On LAN 有効 -
LAN2 IPアドレス設定方式 無効 -
IPアドレス (設定なし) -
プレフィックス長 (設定なし) 入力補助のため「64」と表示される
フレームサイズ 1500 -
Wake On LAN 有効 -
共通設定 設定方法 自動で取得する -
デフォルトゲートウェイ (設定なし) DHCPサーバーから取得
DNSサーバー (設定なし) DHCPサーバーから取得
プロキシ設定 プロキシ 使用しない -
▼カテゴリ:共有
設定項目 初期設定内容 備考
フォルダー disk1 コメント HDL-AA share -
フォルダー disk1 コメント HDL-AA share -
フォルダー disk1 コメント HDL-X share -
基本設定 Microsoftネットワーク共有 -
詳細アクセス権 有効 -
usb1 コメント HDL-AAX USB share -
基本設定 Microsoftネットワーク共有 -
詳細アクセス権 有効 -
usb2 コメント HDL-AAX USB share -
基本設定 Microsoftネットワーク共有 -
詳細アクセス権 有効 -
usb3 コメント HDL-AAX USB share -
基本設定 Microsoftネットワーク共有 -
詳細アクセス権 有効 -
usb4 コメント HDL-AAX USB share -
基本設定 Microsoftネットワーク共有 -
詳細アクセス権 有効 -
方式 Microsoftネットワーク共有設定 Microsoftネットワーク 有効 -
▼カテゴリ:ユーザー&グループ
設定項目 初期設定内容 備考
ユーザー 登録済みユーザーなし -
グループ 登録済みグループなし -
Microsoftネットワーク設定 設定方法 ワークグループ -
ワークグループ名 WORKGROUP -
WINSサーバー (設定なし) -
▼カテゴリ:ボリューム
設定項目 初期設定内容 備考
内蔵 フォーマット RAIDモード

単一ドライブ

拡張ボリューム

-
暗号化 無効 -
アクティブリペア スケジュール機能 有効 -
曜日(毎月最初) -
時刻 0:00 -
usb1 ポートモード クイックコピー -
クイックコピー共有 disk1 -
usb2 ポートモード 共有 -
usb3 ポートモード 共有 -
usb4 ポートモード 共有 -
ロックキー キーサーバー機能 無効 -
キーサーバー1ホスト (設定なし) -
キーサーバー1ポート (設定なし) 入力補助のため「51056」と表示される
キーサーバー2ホスト (設定なし) -
キーサーバー2ポート (設定なし) 入力補助のため「51056」と表示される
▼カテゴリ:サービス
設定項目 初期設定内容 備考
アクセスログ 無効 -
使用量制限 無効 -
UPS警告 無効 -
ファームウェア自動更新 有効 -
ファームウェア更新通知 有効 -
SNMPトラップ 未設定 -
NarSuS 未設定 -
アクセスログ 無効 -
Microsoftネットワーク 有効 -
▼カテゴリ:データバックアップ
設定項目 初期設定内容 備考
バックアップ ジョブなし -
データコピー ジョブなし -
▼カテゴリ:システム - 名前設定
設定項目 初期設定内容 備考
LAN DISKの名前 landisk-******(******は製品のLAN1ポートのMACアドレス下6桁が表示される) -
LAN DISKの説明 HDL-AA series -
LAN DISKの設置場所 (設定なし) -
▼カテゴリ:システム - 時刻設定
設定項目 初期設定内容 備考
時刻設定 同期 -
NTPサーバー ntp.nict.jp -
同期のタイミング 起動時 -
▼カテゴリ:システム - 管理者設定
設定項目 初期設定内容 備考
パスワード (設定なし) -
メール (設定なし) -
ログインタイムアウト時間 10分 -
▼カテゴリ:システム - 電源
設定項目 初期設定内容 備考
電源 スケジュール設定 起動・終了設定 (設定なし) -
AC電源連動設定 AC電源連動設定 無効 -
UPS設定 UPS警告 無効 -
停電後のシャットダウン 10分 -
ネットワークシャットダウン設定 (設定なし) -
省電力設定 時間設定 30分 -
内蔵ディスク 有効 -
USBxボリューム 有効 -
▼カテゴリ:システム - ボタン
設定項目 初期設定内容 備考
リセットボタン設定 リセットボタン 有効 -
▼カテゴリ:システム - ランプ設定
設定項目 初期設定内容 備考
ランプ設定 LEDの明るさ -
▼カテゴリ:システム - 通知
設定項目 初期設定内容 備考
NarSuS NarSuS 無効 -
定期通知 定期通知 有効 -
定期通知項目 UPS警告 有効 -
ディスクエラー 有効 -
ボリューム使用量警告 無効 -
使用量制限警告 無効 -
定期レポート 定期レポート 無効 -
曜日 (設定なし) -
時刻 (設定なし) -
メール 基本設定 SMTPサーバー (設定なし) -
SMTPポート 25 -
SSL暗号化通信 無効 -
差出人メールアドレス (設定なし) -
メールエンコード ISO-2022-JP -
認証 認証なし -
通知設定 登録済みメールアドレスなし -
SNMP SNMPトラップ 無効 -
ポート番号 162 -
送信先ホスト (設定なし) -
▼カテゴリ:システム - パッケージ
設定項目 初期設定内容 備考
自動更新設定 自動更新 有効 -
時刻 2~4のいずれか -
更新通知設定 更新通知 有効 -
インストール済みパッケージのみ 有効 -
時刻 2~4のいずれか -
▼カテゴリ:システム - ファームウェア
設定項目 初期設定内容 備考
自動更新設定 自動更新 有効 -
時刻 2~4のいずれか -
更新通知設定 更新通知 有効 -
時刻 2~4のいずれか -

文字制限一覧

各設定項目の文字制限

 
項目名 文字数 使える文字 使えない文字列
最小 最大 半角 全角
管理者パスワード 4 20 表1 × なし
LAN DISK の名前 1 15 表6 × ・ハイフンから始まる文字列
・数字のみの文字列
LAN DISK の説明 0 半角48
全角48
表4 なし
LAN DISK の設置場所 0 半角48
全角48
表4 なし
ユーザー名 1 20 表2 × ・ハイフンから始まる文字列
・数値のみの文字列
・既存のユーザー名と大文字小文字のみが異なる文字列
ユーザーフルネーム 0 半角48
全角48
表4 なし
ユーザーコメント 0 半角48
全角48
表4 なし
ユーザーパスワード 0 20 表1 × なし
グループ名 1 20 表2 × ・ハイフンから始まる文字列
・数値のみの文字列
・既存のグループ名と大文字小文字のみが異なる文字列
共有フォルダー 1 半角27
全角9
表4 ・ドル記号で終わる文字列
・半角スペースで始まる文字列
・半角スペースで終わる文字列
・半角スペースが連続する文字列
・# で始まる文字列
共有フォルダーコメント 0 半角48
全角48
表4 なし
ワークグループ名 1 15 表2 × LAN DISKの名前と同じ文字列
NTドメイン名 1 15 表2 × LAN DISKの名前と同じ文字列
NTドメインコントローラー名 1 15 表2 × LAN DISKの名前と同じ文字列
ドメイン名(NetBIOS名) 1 15 表3 × LAN DISKの名前と同じ文字列
ドメイン名(フルDNS名) 1 155 表3 × ピリオドで区切られた各フィールドが64文字以上の文字列
ドメイン管理者名 1 20 表3 × なし
ドメイン管理者パスワード 0 20 表1 × なし
ドメインコントローラーの名前 1 155 表3 × ピリオドで区切られた各フィールドが64文字以上の文字列
メール基本設定・メールアドレス 5 50 表5 × ・記号で始まる文字列
・記号で終わる文字列
・@ の後ろにピリオドが含まれない文字列
メール基本設定- 認証設定(ユーザー名) 1 155 なし
メール基本設定- 認証設定(パスワード) 0 20 なし

各設定項目の文字制限

共有フォルダーに保存できるファイル名、フォルダー名には以下の制限があります。
・半角255 文字(全角85 文字)までとなります。
※使う文字種によっては上記の数値よりも少なくなる場合があります。
・使える名前は、クライアントOS により制限されます。
※特にWindowsとmacOSが混在した環境でお使いの場合、macOSから「\/:*?"<>|」を使った名前を作成しないことを推奨します。

表:使える半角文字
※グレーの文字は使えません。

▼表1

▼表2

▼表3

▼表4

▼表5

▼表6

ログ・お知らせ一覧

※ レベルが「情報」のメッセージは、メッセージコードがシステムログに表示されません。

※ SNMPトラップで送信されるメッセージコードには"-"は含まれません。

※ メール通知、NarSuS、SNMPトラップは、[システム]→[通知]で有効に設定されている場合のみ通知されます。

※ 本製品で現在使用しないメッセージも含まれています。ご承知おきください。

すべて
お知らせ表示
メール通知
NarSuS通知
SNMPトラップ

▼カテゴリー:名前設定

200-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
名前設定の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

203-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

204-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
名前設定の設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:日付と時刻

300-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
時刻設定の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

300-0001

レベル:情報

メッセージ
NTP サーバーと時刻を同期しました。

説明
NTP サーバーと時刻同期を行い成功した。

通知:なし

303-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

304-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
時刻設定の設定変更に失敗した。

通知:なし

309-0000

レベル:警告

メッセージ
NTP サーバーと時刻を同期できませんでした。

説明
NTP サーバーと時刻同期を行い失敗した。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:ネットワーク

400-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
ネットワークの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

403-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

404-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
ネットワークの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:LAN1

500-0000

レベル:情報

メッセージ
LAN1 - DHCP成功 - アドレス : <IPアドレス> 更新間隔: <有効時間> 秒

説明
DHCPサーバーからのIPアドレスの取得に成功した。

通知SNMP

500-0001

レベル:情報

メッセージ
LAN1がリンクしました。

説明
ネットワークに接続された。

通知SNMP

508-0000

レベル:警告

メッセージ
LAN1がリンクしていません。

説明
ネットワークから切断された。

通知お知らせSNMP

509-0000

レベル:警告

メッセージ
LAN1 - DHCP失敗 - アドレス : <IPアドレス>

説明
DHCPサーバーからのIPアドレスの取得に失敗したため、IPアドレスを一時的に割り当てた。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:LAN2

600-0000

レベル:情報

メッセージ
LAN2 - DHCP成功 - アドレス : <IPアドレス> 更新間隔: <有効時間> 秒

説明
DHCPサーバーからのIPアドレスの取得に成功した。

通知SNMP

600-0001

レベル:情報

メッセージ
LAN2がリンクしました。

説明
ネットワークに接続された。

通知SNMP

608-0000

レベル:警告

メッセージ
LAN2がリンクしていません。

説明
ネットワークから切断された。

通知お知らせSNMP

609-0000

レベル:警告

メッセージ
LAN2 - DHCP失敗 - アドレス : <IPアドレス>

説明
DHCPサーバーからのIPアドレスの取得に失敗したため、IPアドレスを一時的に割り当てた。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:管理者

700-0000

レベル:情報

メッセージ
管理者情報を変更しました。

説明
管理者情報の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

703-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

704-0000

レベル:警告

メッセージ
管理者情報の変更に失敗しました。

説明
管理者情報の変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:ユーザー

800-0000

レベル:情報

メッセージ
<ユーザー名>のパスワードを変更しました。

説明
ユーザーのパスワード変更が正常に完了した。

通知:なし

800-0001

レベル:情報

メッセージ
<ユーザー名>を追加しました。

説明
ユーザーの追加が正常に完了した。

通知:なし

800-0002

レベル:情報

メッセージ
<ユーザー名>を削除しました。

説明
ユーザーの削除が正常に完了した。

通知:なし

800-0003

レベル:情報

メッセージ
<ユーザー名>の設定を変更しました。

説明
ユーザーの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

803-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

804-0000

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>のパスワード変更に失敗しました。

説明
ユーザーのパスワード変更に失敗した。

通知:なし

804-0001

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>の追加に失敗しました。

説明
ユーザーの追加に失敗した。

通知:なし

804-0002

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>の削除に失敗しました。

説明
ユーザーの削除に失敗した。

通知:なし

804-0003

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>の設定変更に失敗しました。

説明
ユーザーの設定変更に失敗した。

通知:なし

804-0004

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>は既に存在します。

説明
Web管理以外からの追加で、指定されたユーザーがすでに存在。

通知:なし

804-0005

レベル:警告

メッセージ
<ユーザー名>は存在しません。

説明
Web管理以外からの設定変更で、指定されたユーザーが存在しない。

通知:なし

804-0006

レベル:警告

メッセージ
これ以上ユーザーを作成できません。(<ユーザー名>)

説明
ユーザー数が作成可能な最大数に逹している。

通知:なし

▼カテゴリー:グループ

900-0000

レベル:情報

メッセージ
<グループ名>を追加しました。

説明
グループの追加が正常に完了した。

通知:なし

900-0001

レベル:情報

メッセージ
<グループ名>を削除しました。

説明
グループの削除が正常に完了した。

通知:なし

900-0002

レベル:情報

メッセージ
%sの設定を変更しました。

説明
グループの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

903-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

904-0000

レベル:警告

メッセージ
<グループ名>の追加に失敗しました。

説明
グループの追加に失敗した。

通知:なし

904-0001

レベル:警告

メッセージ
<グループ名>の削除に失敗しました。

説明
グループの削除に失敗した。

通知:なし

904-0002

レベル:警告

メッセージ
<グループ名>の設定変更に失敗しました。

説明
グループの設定変更に失敗した。

通知:なし

904-0003

レベル:警告

メッセージ
<グループ名>は既に存在します。

説明
Web管理以外からの追加で、指定されたグループがすでに存在。

通知:なし

904-0004

レベル:警告

メッセージ
<グループ名>は存在しません。

説明
Web管理以外からの設定変更で、指定されたグループが存在しない。

通知:なし

904-0005

レベル:警告

メッセージ
これ以上グループを作成できません。(<グループ名>)

説明
グループ数が作成可能な最大数に逹している。

通知:なし

▼カテゴリー:共有

1000-0000

レベル:情報

メッセージ
<共有フォルダー名>を追加しました。

説明
共有フォルダーの追加が正常に完了した。

通知:なし

1000-0001

レベル:情報

メッセージ
<共有フォルダー名>を削除しました。

説明
共有フォルダーの削除が正常に完了した。

通知:なし

1000-0002

レベル:情報

メッセージ
<共有フォルダー名>の設定を変更しました。

説明
共有フォルダーの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

1003-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1004-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の追加に失敗しました。

説明
共有フォルダーの追加に失敗した。

通知:なし

1004-0001

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の削除に失敗しました。

説明
共有フォルダーの削除に失敗した。

通知:なし

1004-0002

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の設定変更に失敗しました。

説明
グループの設定変更に失敗した。

通知:なし

1004-0003

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>は既に存在します。

説明
Web管理以外からの追加で、指定された共有フォルダーがすでに存在。

通知:なし

1004-0004

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>は存在しません。

説明
Web管理以外からの設定変更で、指定された共有フォルダーが存在しない。

通知:なし

1004-0005

レベル:警告

メッセージ
これ以上共有フォルダーを作成できません。(<共有フォルダー名>)

説明
共有フォルダー数が作成可能な最大数に逹している。

通知:なし

▼カテゴリー:使用量制限

1100-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
使用量制限の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

1100-0001

レベル:情報

メッセージ
各使用量制限の使用率は正常値です。

説明
各使用量制限の使用率が警告値を超えていない。

通知NarSuSSNMP

1103-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1104-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
使用量制限の設定変更に失敗した。

通知:なし

1104-0001

レベル:警告

メッセージ
セキュリティロックモードのため情報取得できませんでした。

説明
セキュリティロックモードのため使用量を取得できなかった。

通知お知らせメールSNMP

1104-0002

レベル:エラー

メッセージ
使用量制限情報を取得できません。

説明
何らかの異常状態のため使用量制限情報を取得できなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1104-0003

レベル:警告

メッセージ
RAID崩壊状態のため情報取得できませんでした。

説明
RAID崩壊状態のため使用量を取得できなかった。

通知お知らせメールSNMP

1110-0000

レベル:エラー

メッセージ
使用量制限の警告使用率<警告使用率>%を超えました。

説明
使用量制限対象のいずれかの使用率が警告値を超えた。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1110-0001

レベル:警告

メッセージ
ユーザー(<ユーザー名>)の使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
ユーザーの使用率が使用量制限の警告値を超えた。

通知お知らせメールSNMP

1110-0002

レベル:警告

メッセージ
グループ(<グループ名>)の使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
グループの使用率が使用量制限の警告値を超えた。

通知お知らせメールSNMP

1110-0003

レベル:警告

メッセージ
共有フォルダー(<共有フォルダ名>)の使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
共有フォルダーの使用率が使用量制限の警告値を超えた。

通知お知らせメールSNMP

1110-0004

レベル:警告

メッセージ
ドメインユーザー(<ドメインユーザー名>)の使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
ドメインユーザーの使用率が使用量制限の警告値を超えた。

通知お知らせメールSNMP

1110-0005

レベル:警告

メッセージ
ドメイングループ(<ドメイングループ名>)の使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
ドメイングループの使用率が使用量制限の警告値を超えた。

通知お知らせメールSNMP

▼カテゴリー:ボリューム使用量

1200-0000

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームの使用率は正常値です。

説明
ボリューム使用量の使用率が警告値を超えていない。

通知NarSuSSNMP

1204-0000

レベル:警告

メッセージ
セキュリティロックモードのため情報取得できませんでした。

説明
セキュリティロックモードのため使用量を取得できなかった。

通知お知らせメールSNMP

1204-0001

レベル:エラー

メッセージ
内蔵ボリュームの使用率を取得できません。異常がないかボリューム情報を確認してください。

説明
何らかの異常状態のため内蔵ボリュームの使用率を取得できなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1204-0002

レベル:警告

メッセージ
RAID崩壊状態のため情報取得できませんでした。

説明
RAID崩壊状態のため使用量を取得できなかった。

通知お知らせメールSNMP

1210-0000

レベル:エラー

メッセージ
内蔵ボリュームの使用率が<警告使用率>%を超えました。

説明
内蔵ボリュームの使用率が警告値を超えた。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:Microsoftネットワーク

1300-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
Microsoftネットワークの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

1303-0001

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1304-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
Microsoftネットワークの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:一括登録

1400-0000

レベル:情報

メッセージ
開始しました。

説明
一括登録を開始した。

通知:なし

1400-0001

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
一括登録を正常に完了した。

通知:なし

1403-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1406-0000

レベル:警告

メッセージ
ファイルサイズが20MBを超えています。

説明
20MB超のファイルが指定された。

通知:なし

1406-0001

レベル:警告

メッセージ
ファイルが不正です。

説明
不正なファイルが指定された。

通知:なし

1407-0000

レベル:警告

メッセージ
<コマンド名>:<対象名>の設定が不正です

説明
設定値として不正な値が指定された。

通知:なし

1407-0001

レベル:警告

メッセージ
<コマンド名>:<項目名>の項目は対応外です

説明
一括登録の対応外の項目が指定された。

通知:なし

1407-0002

レベル:警告

メッセージ
<コマンド名>:<項目名>の項目が指定されていない箇所があります

説明
必要な項目が指定されていない箇所がある

通知:なし

▼カテゴリー:バックアップ

1500-0000

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を追加しました。

説明
ジョブの追加が正常に完了した。

通知:なし

1500-0001

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を削除しました。

説明
ジョブの削除が正常に完了した。

通知:なし

1500-0002

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を変更しました。

説明
ジョブの変更が正常に完了した。

通知:なし

1500-0010

レベル:情報

メッセージ
開始しました。

説明
Web管理からバックアップが開始された。

通知:なし

1500-0011

レベル:情報

メッセージ
実行を開始しました。

説明
バックアップスケジュールに対して実際に処理を開始した。

通知:なし

1500-0012

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
バックアップが正常に完了した。

通知:なし

1500-0013

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>が待機状態となりました。

説明
バックアップジョブが待機状態となった。

通知:なし

1500-0014

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を開始しました。

説明
ジョブ1つのバックアップが開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0015

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>が完了しました。

説明
ジョブ1つのバックアップが正常に完了した。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0016

レベル:情報

メッセージ
バックアップ元: <UNC>を開始しました。

説明
バックアップ元1つのからのバックアップを開始した。

通知:なし

1500-0017

レベル:情報

メッセージ
バックアップ元: <UNC>が完了しました。

説明
バックアップ元1つのからのバックアップを正常に完了した。

通知:なし

1500-0018

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>のフルバックアップを開始しました。

説明
ジョブ1つのフルバックアップが開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0019

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>の差分バックアップを開始しました。

説明
ジョブ1つの差分バックアップが開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0020

レベル:情報

メッセージ
停止を開始しました。

説明
Web管理からバックアップが停止処理が開始された。

通知:なし

1500-0021

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を停止しました。

説明
ジョブ1つのバックアップが正常に停止した。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0022

レベル:情報

メッセージ
完了しました。(一部のジョブは停止しました)

説明
バックアップが完了したが、一部のジョブは停止している。

通知:なし

1500-0023

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>の復元を停止しました。

説明
ジョブ1つのバックアップの復元が正常に停止した。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0030

レベル:情報

メッセージ
復元を開始しました。

説明
Web管理から復元が開始された。

通知:なし

1500-0031

レベル:情報

メッセージ
復元が完了しました。

説明
復元が正常に完了した。

通知:なし

1500-0032

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>の復元が待機状態となりました。

説明
ジョブの復元が待機状態となった。

通知:なし

1500-0033

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>の復元を開始しました。

説明
ジョブ1つの復元が開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0034

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>の復元が完了しました。

説明
ジョブ1つの復元が正常に完了した。

通知メールNarSuSSNMP

1500-0035

レベル:情報

メッセージ
バックアップ元: <UNC>への復元を開始しました。

説明
バックアップ先1つからの復元を開始した。

通知:なし

1500-0036

レベル:情報

メッセージ
バックアップ元: <UNC>への復元が完了しました。

説明
バックアップ先1つからの復元が正常に完了した。

通知:なし

1503-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1503-0001

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。処理を中止しました。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0000

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の追加に失敗しました。

説明
ジョブの追加に失敗した。

通知:なし

1504-0001

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の削除に失敗しました。

説明
ジョブの削除に失敗した。

通知:なし

1504-0002

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の変更に失敗しました。

説明
ジョブの変更に失敗した。

通知:なし

1504-0003

レベル:警告

メッセージ
これ以上ジョブを作成できません。(<ジョブ名>)

説明
ジョブ数が作成可能な最大数に逹している。

通知:なし

1504-0010

レベル:警告

メッセージ
バックアップ元が指定されていません。バックアップ設定を確認してください。

説明
バックアップ元が指定されていない状態でバックアップが開始された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0011

レベル:警告

メッセージ
バックアップ先が対象フォーマットではありません。

説明
バックアップ先のボリュームが対象のフォーマットでない。

通知:なし

1504-0012

レベル:警告

メッセージ
<UNC>の設定が不正です。

説明
共有フォルダーがバックアップ用に設定されていない。

通知:なし

1504-0013

レベル:警告

メッセージ
<UNC>のボリュームがマウントされていません。

説明
共有フォルダーが存在するボリュームがマウントされていないためバックアップできない。

通知:なし

1504-0014

レベル:警告

メッセージ
<UNC>は存在しません。

説明
共有フォルダーが存在しない。

通知:なし

1504-0015

レベル:警告

メッセージ
<UNC>への接続に失敗しました。

説明
共有フォルダーにアクセスできない。

通知:なし

1504-0016

レベル:警告

メッセージ
<UNC>へのアクセス権限がありません。

説明
共有フォルダーへのアクセス権限がない。

通知:なし

1504-0017

レベル:警告

メッセージ
<UNC>に空きがありません。

説明
共有フォルダーに空きがない。

通知:なし

1504-0018

レベル:警告

メッセージ
バックアップに失敗しました。

説明
バックアップに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0019

レベル:警告

メッセージ
バックアップ元: <UNC>が失敗しました。

説明
バックアップ元1つからのバックアップに失敗した。

通知:なし

1504-0020

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>が一部失敗しています。

説明
ジョブ1つの一部のバックアップに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0030

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>のログファイルが作成できませんでした。

説明
バックアップログファイルが作成できない。

通知:なし

1504-0031

レベル:警告

メッセージ
復元に失敗しました。

説明
復元に失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0032

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>の設定が不正です。

説明
共有フォルダーが復元用に設定されていない。

通知:なし

1504-0033

レベル:警告

メッセージ
復元先が対象フォーマットではありません。

説明
復元先のボリュームが対象のフォーマットでない。

通知:なし

1504-0034

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>のボリュームがマウントされていません。

説明
共有フォルダーが存在するボリュームがマウントされていないため復元できない。

通知:なし

1504-0035

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>は存在しません。

説明
復元対象の共有フォルダーが存在しない。

通知:なし

1504-0036

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>への接続に失敗しました。

説明
復元対象共有フォルダーにアクセスできない。

通知:なし

1504-0037

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>へのアクセス権限がありません。

説明
共有フォルダーへのアクセス権限がない。

通知:なし

1504-0038

レベル:警告

メッセージ
復元対象<UNC>に空きがありません。

説明
復元対象共有フォルダーに空きがない。

通知:なし

1504-0039

レベル:警告

メッセージ
バックアップ元: <UNC>への復元が失敗しました。

説明
バックアップ先1つからの復元に失敗した。

通知:なし

1504-0040

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>への復元が一部失敗しています。

説明
ジョブ1つの一部の復元に失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0041

レベル:警告

メッセージ
バックアップを停止できませんでした。

説明
バックアップを停止できなかった。

通知:なし

1504-0042

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>を停止できませんでした。

説明
ジョブの停止に失敗しました

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1504-0043

レベル:警告

メッセージ
復元を停止できませんでした。

説明
復元を停止できなかった。

通知:なし

1504-0044

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の復元を停止できませんでした。

説明
ジョブの復元の停止に失敗しました

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:データコピー

1600-0000

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を追加しました。

説明
ジョブの追加が正常に完了した。

通知:なし

1600-0001

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を削除しました。

説明
ジョブの削除が正常に完了した。

通知:なし

1600-0002

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を変更しました。

説明
ジョブの変更が正常に完了した。

通知:なし

1600-0010

レベル:情報

メッセージ
開始しました。

説明
Web管理からデータコピーが開始された。

通知:なし

1600-0011

レベル:情報

メッセージ
実行を開始しました。

説明
データコピースケジュールに対して実際に処理を開始した。

通知:なし

1600-0012

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
データコピーが正常に完了した。

通知:なし

1600-0013

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>が待機状態となりました。

説明
データコピージョブが待機状態となった。

通知:なし

1600-0014

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を開始しました。

説明
ジョブ1つのデータコピーが開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1600-0015

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>が完了しました。

説明
ジョブ1つのデータコピーが正常に完了した。

通知メールNarSuSSNMP

1600-0016

レベル:情報

メッセージ
停止を開始しました。

説明
Web管理からデータコピーが停止処理が開始された。

通知:なし

1600-0017

レベル:情報

メッセージ
<ジョブ名>を停止しました。

説明
ジョブ1つのデータコピーが正常に停止した。

通知メールNarSuSSNMP

1600-0018

レベル:情報

メッセージ
完了しました。(一部のジョブは停止しました)

説明
データコピーが完了したが、一部のジョブは停止している。

通知:なし

1603-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

1603-0001

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。処理を中止しました。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1604-0000

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の追加に失敗しました。

説明
ジョブの追加に失敗した。

通知:なし

1604-0001

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の削除に失敗しました。

説明
ジョブの削除に失敗した。

通知:なし

1604-0002

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>の変更に失敗しました。

説明
ジョブの変更に失敗した。

通知:なし

1604-0003

レベル:警告

メッセージ
これ以上ジョブを作成できません。(<ジョブ名>)

説明
ジョブ数が作成可能な最大数に逹している。

通知:なし

1604-0010

レベル:警告

メッセージ
データコピー元が指定されていません。データコピー設定を確認してください。

説明
データコピー元が指定されていない状態でデータコピーが開始された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1604-0011

レベル:警告

メッセージ
データコピー先が対象フォーマットではありません。

説明
データコピー先のボリュームが対象のフォーマットでない。

通知:なし

1604-0012

レベル:警告

メッセージ
<UNC>の設定が不正です。

説明
共有フォルダーがデータコピー用に設定されていない。

通知:なし

1604-0013

レベル:警告

メッセージ
<UNC>のボリュームがマウントされていません。

説明
共有フォルダーが存在するボリュームがマウントされていないためデータコピーできない。

通知:なし

1604-0014

レベル:警告

メッセージ
<UNC>は存在しません。

説明
共有フォルダーが存在しない。

通知:なし

1604-0015

レベル:警告

メッセージ
<UNC>への接続に失敗しました。

説明
共有フォルダーにアクセスできない。

通知:なし

1604-0016

レベル:警告

メッセージ
<UNC>へのアクセス権限がありません。

説明
共有フォルダーへのアクセス権限がない。

通知:なし

1604-0017

レベル:警告

メッセージ
<UNC>に空きがありません。

説明
共有フォルダーに空きがない。

通知:なし

1604-0018

レベル:警告

メッセージ
データコピーに失敗しました。

説明
データコピーに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1604-0019

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>が失敗しています。

説明
ジョブ1つの一部のデータコピーに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1604-0020

レベル:警告

メッセージ
データコピーを停止できませんでした。

説明
データコピーを停止できなかった。

通知:なし

1604-0021

レベル:警告

メッセージ
<ジョブ名>を停止できませんでした。

説明
ジョブの停止に失敗しました

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:クイックコピー

1700-0000

レベル:情報

メッセージ
開始しました。

説明
クイックコピーを開始した。

通知:なし

1700-0001

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
クイックコピーを正常に完了した。

通知:なし

1703-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。処理を中止しました。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知お知らせ

1704-0000

レベル:警告

メッセージ
クイックコピーに失敗しました。

説明

通知お知らせSNMP

1704-0001

レベル:警告

メッセージ
<UNC>の設定が不正です。

説明
共有フォルダーがクイックコピー用に設定されていない。

通知:なし

1704-0002

レベル:警告

メッセージ
<UNC>のボリュームがマウントされていません。

説明
共有フォルダーが存在するボリュームがマウントされていないためクイックコピーできない。

通知:なし

1704-0003

レベル:警告

メッセージ
<UNC>は存在しません。

説明
共有フォルダーが存在しない。

通知:なし

1704-0004

レベル:警告

メッセージ
<UNC>に空きがありません。

説明
共有フォルダーに空きがない。

通知:なし

1704-0005

レベル:警告

メッセージ
クイックコピー先が対象フォーマットではありません。

説明
クイックコピー先のボリュームが対象のフォーマットでない。

通知:なし

▼カテゴリー:RAID

1800-0001

レベル:情報

メッセージ
RAIDを強制復帰しました。

説明
強制的なRAIDの構成処理が成功した。

通知:なし

1800-0002

レベル:情報

メッセージ
RAIDが正常状態に復帰しました。

説明
RAIDの状態が構成異常などから正常状態に復帰した。

通知メールNarSuSSNMP

1800-0003

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームからミラーリングを開始しました。

説明
USB3ボリュームから内蔵ボリュームへミラーリングを開始した。

通知:なし

1800-0004

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームへミラーリングを開始しました。

説明
内蔵ボリュームからUSB3ボリュームへのミラーリングを開始した。

通知:なし

1800-0005

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームを拡張ボリュームに組み込みました。

説明
USB3ボリュームが拡張ボリュームに組み込まれた。

通知:なし

1800-0006

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームを拡張ボリュームに組み込みました。

説明
USB4ボリュームが拡張ボリュームに組み込まれた。

通知:なし

1800-0007

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームからミラーリングを開始しました。

説明
USB2ボリュームから内蔵ボリュームへミラーリングを開始した。

通知:なし

1800-0008

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームへミラーリングを開始しました。

説明
内蔵ボリュームからUSB2ボリュームへのミラーリングを開始した。

通知:なし

1800-0010

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-再構築を開始しました。

説明
内蔵ボリュームの再構築が開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1800-0011

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-再構築進捗 %s%

説明
内蔵ボリュームの再構築が進行中。

通知:なし

1800-0012

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-再構築を完了しました。

説明
内蔵ボリュームの再構築が完了した。

通知メールNarSuSSNMP

1800-0020

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-再構築を開始しました。

説明
USBボリュームとのミラーリングの再構築が開始された。

通知メールNarSuSSNMP

1800-0021

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-再構築進捗 %s%

説明
USBボリュームとのミラーリングの再構築が進行中。

通知:なし

1800-0022

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-再構築を完了しました。

説明
USBボリュームとのミラーリングの再構築が完了した。

通知メールNarSuSSNMP

1800-0030

レベル:情報

メッセージ
RAID6への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0031

レベル:情報

メッセージ
RAID5への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0032

レベル:情報

メッセージ
RAID0への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0033

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリュームへの変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0034

レベル:情報

メッセージ
RAIDモードの変更が完了しました。

説明
RAIDモードの変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0035

レベル:情報

メッセージ
RAID1への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0036

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(6台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0037

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(5台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(5台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0038

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(4台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(4台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0040

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(3台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(3台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0041

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(2台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(2台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0042

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(1台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリューム(1台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0043

レベル:情報

メッセージ
RAID6(6台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(6台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0044

レベル:情報

メッセージ
RAID6(5台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(5台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0045

レベル:情報

メッセージ
RAID6(4台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(4台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0046

レベル:情報

メッセージ
RAID6(3台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(3台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0047

レベル:情報

メッセージ
RAID6(2台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(2台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0048

レベル:情報

メッセージ
RAID6(1台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID6(1台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0049

レベル:情報

メッセージ
RAID5(6台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(6台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0050

レベル:情報

メッセージ
RAID5(5台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(5台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0051

レベル:情報

メッセージ
RAID5(4台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(4台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0052

レベル:情報

メッセージ
RAID5(3台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(3台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0053

レベル:情報

メッセージ
RAID5(2台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(2台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0054

レベル:情報

メッセージ
RAID5(1台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID5(1台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0055

レベル:情報

メッセージ
RAID1(6台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(6台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0056

レベル:情報

メッセージ
RAID1(5台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(5台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0057

レベル:情報

メッセージ
RAID1(4台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(4台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0058

レベル:情報

メッセージ
RAID1(3台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(3台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0059

レベル:情報

メッセージ
RAID1(2台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(2台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0060

レベル:情報

メッセージ
RAID1(1台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID1(1台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0061

レベル:情報

メッセージ
RAID0(6台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(6台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0062

レベル:情報

メッセージ
RAID0(5台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(5台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0063

レベル:情報

メッセージ
RAID0(4台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(4台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0064

レベル:情報

メッセージ
RAID0(3台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(3台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0065

レベル:情報

メッセージ
RAID0(2台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(2台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0066

レベル:情報

メッセージ
RAID0(1台)への変更が完了しました。

説明
RAIDモードのRAID0(1台)への変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0070

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
RAIDに関する設定変更が正常に完了した。

通知:なし

1800-0100

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への組込が完了しました。

説明
拡張ボリューム(6台)への組込が正常に完了した。

通知:なし

1800-0120

レベル:情報

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への自動組込が完了しました。

説明
拡張ボリューム(6台)への自動組込が正常に完了した。

通知:なし

1804-0001

レベル:警告

メッセージ
RAIDの強制復帰に失敗しました。

説明
強制的なRAIDの構成処理に失敗した。

通知:なし

1804-0002

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームからミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB3ボリュームから内蔵ボリュームへのミラーリングの開始に失敗した。

通知:なし

1804-0003

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームへのミラーリングを開始できませんでした。

説明
内蔵ボリュームからUSB3ボリュームへのミラーリングの開始に失敗した。

通知お知らせSNMP

1804-0004

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームの容量不足のため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB3ボリュームの容量が小さいためUSB3ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0005

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームにデータが存在するため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB3ボリュームにデータが存在するためUSB3ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0006

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームが故障のため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB3ボリュームが故障のためUSB3ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0007

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームからミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB2ボリュームから内蔵ボリュームへのミラーリングの開始に失敗した。

通知:なし

1804-0008

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームへのミラーリングを開始できませんでした。

説明
内蔵ボリュームからUSB2ボリュームへのミラーリングの開始に失敗した。

通知お知らせSNMP

1804-0009

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームの容量不足のため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB2ボリュームの容量が小さいためUSB2ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0010

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームにデータが存在するため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB2ボリュームにデータが存在するためUSB2ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0011

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームが故障のため、ミラーリングを開始できませんでした。

説明
USB2ボリュームが故障のためUSB2ボリュームへのミラーリングを開始できなかった。

通知お知らせSNMP

1804-0030

レベル:警告

メッセージ
RAID6への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID6への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0031

レベル:警告

メッセージ
RAID5への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID5への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0032

レベル:警告

メッセージ
RAID0への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0033

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリュームへの変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0034

レベル:警告

メッセージ
モード変更を実行できません。内蔵ディスクが全て正常に接続されているか確認してください。

説明
内蔵HDDの台数がそろっていないためRAIDモードの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0035

レベル:警告

メッセージ
RAID1への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0036

レベル:警告

メッセージ
モード変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0041

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0042

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(5台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0043

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(4台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0044

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(3台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0045

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(2台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0046

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(1台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0051

レベル:警告

メッセージ
RAID6(6台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0052

レベル:警告

メッセージ
RAID6(5台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0053

レベル:警告

メッセージ
RAID6(4台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0061

レベル:警告

メッセージ
RAID5(6台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0062

レベル:警告

メッセージ
RAID5(5台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0063

レベル:警告

メッセージ
RAID5(4台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0064

レベル:警告

メッセージ
RAID5(3台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0071

レベル:警告

メッセージ
RAID1(6台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0072

レベル:警告

メッセージ
RAID1(5台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0073

レベル:警告

メッセージ
RAID1(4台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0074

レベル:警告

メッセージ
RAID1(3台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0075

レベル:警告

メッセージ
RAID1(2台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードの拡張ボリュームへの変更に失敗した。

通知:なし

1804-0076

レベル:警告

メッセージ
RAID1(1台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID1への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0081

レベル:警告

メッセージ
RAID0(6台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0082

レベル:警告

メッセージ
RAID0(5台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0083

レベル:警告

メッセージ
RAID0(4台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0084

レベル:警告

メッセージ
RAID0(3台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0085

レベル:警告

メッセージ
RAID0(2台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0086

レベル:警告

メッセージ
RAID0(1台)への変更に失敗しました。

説明
RAIDモードのRAID0への変更に失敗した。

通知:なし

1804-0090

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
RAIDに関する設定変更に失敗した。

通知:なし

1804-0100

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への組込に失敗しました。

説明
拡張ボリューム(6台)への組込に失敗した。

通知:なし

1804-0120

レベル:警告

メッセージ
拡張ボリューム(6台)への自動組込に失敗しました。

説明
拡張ボリューム(6台)への自動組込に失敗した。

通知:なし

1810-0000

レベル:エラー

メッセージ
RAIDが崩壊しました。

説明
故障などにより必要台数分のHDDが利用できなくなりRAIDを維持できない状態になった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1810-0001

レベル:エラー

メッセージ
RAIDの構成異常が発生しました。

説明
故障などにより一部HDDを利用できない状態になった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1810-0002

レベル:エラー

メッセージ
RAIDが異常状態になりました。

説明
USBボリュームのみで動作する状態になった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

1810-0023

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームの拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB3ボリュームの拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0024

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームが容量不足のため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB3ボリュームの容量が小さいため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0025

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームがデータが存在するため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB3ボリュームにデータが存在するため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0026

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームが故障のため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB3ボリュームが故障のため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0033

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームの拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB3ボリュームの拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0034

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームが容量不足のため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB4ボリュームの容量が小さいため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0035

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームがデータが存在するため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB4ボリュームにデータが存在するため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

1810-0036

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームが故障のため、拡張ボリュームへの組み込みに失敗しました。

説明
USB4ボリュームが故障のため拡張ボリュームへの組み込みに失敗した。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:RAIDボリューム

1900-0000

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームをマウントしました。

説明
内蔵ボリュームのマウントが正常に完了した。

通知NarSuSSNMP

1904-0000

レベル:エラー

メッセージ
内蔵ボリュームのマウントに失敗しました。

説明
内蔵ボリュームのマウントに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:ボリューム

2000-0000

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。

説明
モード設定のモード変更が正常に完了した。

通知:なし

2000-0001

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。ミラーリングが開始されています。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更が完了し、ミラーリングが開始された。

通知:なし

2000-0002

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB3ボリュームの容量不足のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB3ボリュームの容量不足のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0003

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB3ボリュームが未接続のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB3ボリュームが未接続のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0004

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB3ボリュームにデータが存在するため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB3ボリュームにデータが存在するためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0005

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB3ボリュームが故障のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB3ボリュームが故障のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0006

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、何らかの原因によりミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0007

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング中のUSBボリュームの取り外しを開始しました。シャットダウンが完了したら、USBボリュームを取り外してください。

説明
ミラーリングモードのUSBボリュームに対して取り外し処理を行った。

通知:なし

2000-0008

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームは拡張ボリュームに組み込まれました。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更が完了し、USBボリュームは拡張ボリュームに組み込まれた。

通知:なし

2000-0009

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームは容量不足のため、拡張ボリュームには組み込まれていません。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更は完了したが、USBボリュームは容量不足のため、拡張ボリュームには組み込まれなかった。

通知:なし

2000-0010

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームは未接続のため、拡張ボリュームには組み込まれていません。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更は完了したが、USBボリュームは未接続のため、拡張ボリュームには組み込まれなかった。

通知:なし

2000-0011

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームにデータが存在するため、拡張ボリュームには組み込まれていません。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更は完了したが、USBボリュームにデータが存在するため、拡張ボリュームには組み込まれなかった。

通知:なし

2000-0012

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームが故障のため、拡張ボリュームには組み込まれていません。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更は完了したが、USBボリュームが故障のため、拡張ボリュームには組み込まれなかった。

通知:なし

2000-0013

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USBボリュームは拡張ボリュームに組み込まれていません。

説明
モード設定の拡張ボリュームへのモード変更は完了したが、何らかの原因により、USBボリュームは拡張ボリュームには組み込まれなかった。

通知:なし

2000-0014

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB2ボリュームの容量不足のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB2ボリュームの容量不足のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0015

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB2ボリュームが未接続のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB2ボリュームが未接続のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0016

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB2ボリュームにデータが存在するため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB2ボリュームにデータが存在するためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0017

レベル:情報

メッセージ
モード変更が完了しました。USB2ボリュームが故障のため、ミラーリングは開始されていません。

説明
モード設定のミラーリングへのモード変更は完了したが、USB2ボリュームが故障のためミラーリングは開始されなかった。

通知:なし

2000-0020

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームのフォーマットを開始しました。

説明
内蔵ボリュームのフォーマットを開始した。

通知:なし

2000-0021

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームのフォーマットが完了しました。

説明
内蔵ボリュームのフォーマットが正常に完了した。

通知:なし

2000-0022

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームのチェックディスクを開始しました。

説明
内蔵ボリュームのチェックディスクを開始した。

通知:なし

2000-0023

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリュームのチェックディスクが完了しました。

説明
内蔵ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0110

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームのフォーマットを開始しました。

説明
USB1ボリュームのフォーマットを開始した。

通知:なし

2000-0111

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームのフォーマットが完了しました。

説明
USB1ボリュームのフォーマットが正常に完了した。

通知:なし

2000-0112

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームのチェックディスクを開始しました。

説明
USB1ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0113

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームのチェックディスクが完了しました。

説明
USB1ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0114

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームをマウントしました。

説明
USB1ボリュームのマウントが正常に完了した。

通知:なし

2000-0115

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームの取り外し処理が完了しました。

説明
USB1ボリュームの取り外し処理が正常に完了した。

通知:なし

2000-0120

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームのフォーマットを開始しました。

説明
USB2ボリュームのフォーマットを開始した。

通知:なし

2000-0121

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームのフォーマットが完了しました。

説明
USB2ボリュームのフォーマットが正常に完了した。

通知:なし

2000-0122

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームのチェックディスクを開始しました。

説明
USB2ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0123

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームのチェックディスクが完了しました。

説明
USB2ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0124

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームをマウントしました。

説明
USB2ボリュームのマウントが正常に完了した。

通知:なし

2000-0125

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームの取り外し処理が完了しました。

説明
USB2ボリュームの取り外し処理が正常に完了した。

通知:なし

2000-0130

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームのフォーマットを開始しました。

説明
USB3ボリュームのフォーマットを開始した。

通知:なし

2000-0131

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームのフォーマットが完了しました。

説明
USB3ボリュームのフォーマットが正常に完了した。

通知:なし

2000-0132

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームのチェックディスクを開始しました。

説明
USB3ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0133

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームのチェックディスクが完了しました。

説明
USB3ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0134

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームをマウントしました。

説明
USB3ボリュームのマウントが正常に完了した。

通知:なし

2000-0135

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームの取り外し処理が完了しました。

説明
USB3ボリュームの取り外し処理が正常に完了した。

通知:なし

2000-0140

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームのフォーマットを開始しました。

説明
USB4ボリュームのフォーマットを開始した。

通知:なし

2000-0141

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームのフォーマットが完了しました。

説明
USB4ボリュームのフォーマットが正常に完了した。

通知:なし

2000-0142

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームのチェックディスクを開始しました。

説明
USB4ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0143

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームのチェックディスクが完了しました。

説明
USB4ボリュームのチェックディスクが正常に完了した。

通知:なし

2000-0144

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームをマウントしました。

説明
USB4ボリュームのマウントが正常に完了した。

通知:なし

2000-0145

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームの取り外し処理が完了しました。

説明
USB4ボリュームの取り外し処理が正常に完了した。

通知:なし

2003-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2004-0000

レベル:警告

メッセージ
モード変更に失敗しました。

説明
モード設定のモード変更に失敗した。

通知:なし

2004-0020

レベル:警告

メッセージ
内蔵ボリュームのフォーマットに失敗しました。

説明
内蔵ボリュームのフォーマットに失敗した。

通知:なし

2004-0021

レベル:警告

メッセージ
内蔵ボリュームのチェックディスクでエラーが発生しました。

説明
内蔵ボリュームのチェックディスクに失敗した。

通知:なし

2004-0110

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームのフォーマットに失敗しました。

説明
USB1ボリュームのフォーマットに失敗した。

通知:なし

2004-0111

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームのチェックディスクでエラーが発生しました。

説明
USB1ボリュームのチェックディスクに失敗した。

通知:なし

2004-0112

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームのマウントに失敗しました。

説明
USB1ボリュームのマウントに失敗した。

通知お知らせメールSNMP

2004-0113

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームの取り外し処理に失敗しました。

説明
USB1ボリュームの取り外し処理に失敗した。

通知:なし

2004-0120

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームのフォーマットに失敗しました。

説明
USB2ボリュームのフォーマットに失敗した。

通知:なし

2004-0121

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームのチェックディスクでエラーが発生しました。

説明
USB2ボリュームのチェックディスクに失敗した。

通知:なし

2004-0122

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームのマウントに失敗しました。

説明
USB2ボリュームのマウントに失敗した。

通知お知らせメールSNMP

2004-0123

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームの取り外し処理に失敗しました。

説明
USB2ボリュームの取り外し処理に失敗した。

通知:なし

2004-0130

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームのフォーマットに失敗しました。

説明
USB3ボリュームのフォーマットに失敗した。

通知:なし

2004-0131

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームのチェックディスクでエラーが発生しました。

説明
USB3ボリュームのチェックディスクに失敗した。

通知:なし

2004-0132

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームのマウントに失敗しました。

説明
USB3ボリュームのマウントに失敗した。

通知お知らせメールSNMP

2004-0133

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームの取り外し処理に失敗しました。

説明
USB3ボリュームの取り外し処理に失敗した。

通知:なし

2004-0140

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームのフォーマットに失敗しました。

説明
USB4ボリュームのフォーマットに失敗した。

通知:なし

2004-0141

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームのチェックディスクでエラーが発生しました。

説明
USB4ボリュームのチェックディスクに失敗した。

通知:なし

2004-0142

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームのマウントに失敗しました。

説明
USB4ボリュームのマウントに失敗した。

通知お知らせメールSNMP

2004-0143

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームの取り外し処理に失敗しました。

説明
USB4ボリュームの取り外し処理に失敗した。

通知:なし

2010-0110

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームは未フォーマットです。

説明
USB1ボリュームは未フォーマット状態。

通知:なし

2010-0111

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームは専用フォーマット以外のためチェックディスクできません。

説明
USB1ボリュームが専用フォーマット以外のためチェックディスクできない。

通知:なし

2010-0120

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームは未フォーマットです。

説明
USB2ボリュームは未フォーマット状態。

通知:なし

2010-0121

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームは専用フォーマット以外のためチェックディスクできません。

説明
USB2ボリュームが専用フォーマット以外のためチェックディスクできない。

通知:なし

2010-0130

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームは未フォーマットです。

説明
USB3ボリュームは未フォーマット状態。

通知:なし

2010-0131

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームは専用フォーマット以外のためチェックディスクできません。

説明
USB3ボリュームが専用フォーマット以外のためチェックディスクできない。

通知:なし

2010-0140

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームは未フォーマットです。

説明
USB4ボリュームは未フォーマット状態。

通知:なし

2010-0141

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームは専用フォーマット以外のためチェックディスクできません。

説明
USB4ボリュームが専用フォーマット以外のためチェックディスクできない。

通知:なし

▼カテゴリー:ディスク

2100-0010

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク1が接続されました。

説明
内蔵ディスク1が接続された。

通知:なし

2100-0011

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク1が取り外されました。

説明
内蔵ディスク1が取り外された。

通知:なし

2100-0012

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク1を取り外しました。

説明
内蔵ディスク1を取り外しました。

通知:なし

2100-0020

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク2が接続されました。

説明
内蔵ディスク2が接続された。

通知:なし

2100-0021

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク2が取り外されました。

説明
内蔵ディスク2が取り外された。

通知:なし

2100-0022

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク2を取り外しました。

説明
内蔵ディスク2を取り外しました。

通知:なし

2100-0030

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク3が接続されました。

説明
内蔵ディスク3が接続された。

通知:なし

2100-0031

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク3が取り外されました。

説明
内蔵ディスク3が取り外された。

通知:なし

2100-0032

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク3を取り外しました。

説明
内蔵ディスク3を取り外しました。

通知:なし

2100-0040

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク4が接続されました。

説明
内蔵ディスク4が接続された。

通知:なし

2100-0041

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク4が取り外されました。

説明
内蔵ディスク4が取り外された。

通知:なし

2100-0042

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク4を取り外しました。

説明
内蔵ディスク4を取り外しました。

通知:なし

2100-0050

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク5が接続されました。

説明
内蔵ディスク5が接続された。

通知:なし

2100-0051

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク5が取り外されました。

説明
内蔵ディスク5が取り外された。

通知:なし

2100-0052

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク5を取り外しました。

説明
内蔵ディスク5を取り外しました。

通知:なし

2100-0060

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク6が接続されました。

説明
内蔵ディスク6が接続された。

通知:なし

2100-0061

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク6が取り外されました。

説明
内蔵ディスク6が取り外された。

通知:なし

2100-0062

レベル:情報

メッセージ
内蔵ディスク6を取り外しました。

説明
内蔵ディスク6を取り外しました。

通知:なし

2100-0110

レベル:情報

メッセージ
USB1にディスクが接続されました。

説明
USB1にディスクが接続された。

通知:なし

2100-0111

レベル:情報

メッセージ
USB1からディスクが取り外されました。

説明
USB1からディスクが取り外された。

通知:なし

2100-0112

レベル:情報

メッセージ
USB1ディスクを取り外しました。

説明
USB1からディスクを取り外しました。

通知:なし

2100-0120

レベル:情報

メッセージ
USB2にディスクが接続されました。

説明
USB2にディスクが接続された。

通知:なし

2100-0121

レベル:情報

メッセージ
USB2からディスクが取り外されました。

説明
USB2からディスクが取り外された。

通知:なし

2100-0122

レベル:情報

メッセージ
USB2ディスクを取り外しました。

説明
USB2からディスクを取り外しました。

通知:なし

2100-0130

レベル:情報

メッセージ
USB3にディスクが接続されました。

説明
USB3にディスクが接続された。

通知:なし

2100-0131

レベル:情報

メッセージ
USB3からディスクが取り外されました。

説明
USB3からディスクが取り外された。

通知:なし

2100-0132

レベル:情報

メッセージ
USB3ディスクを取り外しました。

説明
USB3からディスクを取り外しました。

通知:なし

2100-0140

レベル:情報

メッセージ
USB4にディスクが接続されました。

説明
USB4にディスクが接続された。

通知:なし

2100-0141

レベル:情報

メッセージ
USB4からディスクが取り外されました。

説明
USB4からディスクが取り外された。

通知:なし

2100-0142

レベル:情報

メッセージ
USB4ディスクを取り外しました。

説明
USB4からディスクを取り外しました。

通知:なし

2108-0010

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク1が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク1が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0011

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク1は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク1が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0012

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク1は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク1が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0013

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク1は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク1を取り外せない。

通知:なし

2108-0014

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク1は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク1を取り外せない。

通知:なし

2108-0015

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク1は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク1を取り外せない。

通知:なし

2108-0016

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク1は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク1を取り外せない。

通知:なし

2108-0020

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク2が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク2が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0021

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク2は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク2が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0022

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク2は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク2が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0023

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク2は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク2を取り外せない。

通知:なし

2108-0024

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク2は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク2を取り外せない。

通知:なし

2108-0025

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク2は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク2を取り外せない。

通知:なし

2108-0026

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク2は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク2を取り外せない。

通知:なし

2108-0030

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク3が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク3が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0031

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク3は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク3が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0032

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク3は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク3が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0033

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク3は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク3を取り外せない。

通知:なし

2108-0034

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク3は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク3を取り外せない。

通知:なし

2108-0035

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク3は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク3を取り外せない。

通知:なし

2108-0036

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク3は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク3を取り外せない。

通知:なし

2108-0040

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク4が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク4が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0041

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク4は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク4が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0042

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク4は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク4が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0043

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク4は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク4を取り外せない。

通知:なし

2108-0044

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク4は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク4を取り外せない。

通知:なし

2108-0045

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク4は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク4を取り外せない。

通知:なし

2108-0046

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク4は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク4を取り外せない。

通知:なし

2108-0050

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク5が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク5が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0051

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク5は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク5が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0052

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク5は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク5が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0053

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク5は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク5を取り外せない。

通知:なし

2108-0054

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク5は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク5を取り外せない。

通知:なし

2108-0055

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク5は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク5を取り外せない。

通知:なし

2108-0056

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク5は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク5を取り外せない。

通知:なし

2108-0060

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク6が故障しました。交換してください。

説明
内蔵ディスク6が故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0061

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク6は容量不足です。

説明
接続された内蔵ディスク6が容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0062

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク6は故障しています。

説明
接続された内蔵ディスク6が故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0063

レベル:警告

メッセージ
内蔵ディスク6は取り外しできません。

説明
内蔵ディスク6を取り外せない。

通知:なし

2108-0064

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないため内蔵ディスク6は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク6を取り外せない。

通知:なし

2108-0065

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のため内蔵ディスク6は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク6を取り外せない。

通知:なし

2108-0066

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているため内蔵ディスク6は取り外しできません。

説明
RAID異常のため内蔵ディスク6を取り外せない。

通知:なし

2108-0120

レベル:警告

メッセージ
USB2ディスクが故障しました。交換してください。

説明
USB2ディスクが故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0126

レベル:警告

メッセージ
USB2ディスクは故障しています。

説明
接続されたUSB2ディスクが故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0130

レベル:警告

メッセージ
USB3ディスクが故障しました。交換してください。

説明
USB3ディスクが故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0131

レベル:警告

メッセージ
USB3ディスクは取り外しできません。

説明
USB3ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0132

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないためUSB3ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB3ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0133

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のためUSB3ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB3ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0134

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているためUSB3ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB3ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0135

レベル:警告

メッセージ
USB3ディスクは容量不足です。

説明
接続されたUSB3ディスクが容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0136

レベル:警告

メッセージ
USB3ディスクは故障しています。

説明
接続されたUSB3ディスクが故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0140

レベル:警告

メッセージ
USB4ディスクが故障しました。交換してください。

説明
USB4ディスクが故障した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2108-0141

レベル:警告

メッセージ
USB4ディスクは取り外しできません。

説明
USB4ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0142

レベル:警告

メッセージ
RAIDが正常ではないためUSB4ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB4ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0143

レベル:警告

メッセージ
RAIDが構成異常のためUSB4ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB4ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0144

レベル:警告

メッセージ
RAIDが崩壊しているためUSB4ディスクは取り外しできません。

説明
RAID異常のためUSB4ディスクを取り外せない。

通知:なし

2108-0145

レベル:警告

メッセージ
USB4ディスクは容量不足です。

説明
接続されたUSB4ディスクが容量不足のためRAIDに組み込めない。

通知:なし

2108-0146

レベル:警告

メッセージ
USB4ディスクは故障しています。

説明
接続されたUSB4ディスクが故障しているためRAIDに組み込めない。

通知:なし

▼カテゴリー:アクティブリペア

2200-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
アクティブリペアの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2200-0001

レベル:情報

メッセージ
開始しました。

説明
アクティブリペアを開始した。

通知メールNarSuSSNMP

2200-0002

レベル:情報

メッセージ
停止しました。

説明
アクティブリペアを停止した。

通知メールNarSuSSNMP

2200-0003

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
アクティブリペアが正常に完了した。

通知メールNarSuSSNMP

2200-0004

レベル:情報

メッセージ
完了しました。

説明
エラーが検出されてアクティブリペアが完了した。

通知:なし

2200-0010

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-アクティブリペアを開始しました。

説明
内蔵ボリュームのアクティブリペアを開始した。

通知:なし

2200-0011

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-アクティブリペア進捗 %s%

説明
内蔵ボリュームのアクティブリペアが進行中。

通知:なし

2200-0012

レベル:情報

メッセージ
内蔵ボリューム-アクティブリペアを完了しました。

説明
内蔵ボリュームのアクティブリペアが完了した。

通知:なし

2200-0020

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-アクティブリペアを開始しました。

説明
USBボリュームとのミラーリングのアクティブリペアが開始された。

通知:なし

2200-0021

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-アクティブリペア進捗 %s%

説明
USBボリュームとのミラーリングのアクティブリペアが進行中。

通知:なし

2200-0022

レベル:情報

メッセージ
ミラーリング-アクティブリペアを完了しました。

説明
USBボリュームとのミラーリングのアクティブリペアが完了した。

通知:なし

2203-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2203-0001

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。処理を中止しました。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2204-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
アクティブリペアの設定変更に失敗した。

通知:なし

2204-0001

レベル:警告

メッセージ
アクティブリペアの開始に失敗しました。

説明
アクティブリペアの開始に失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2204-0002

レベル:警告

メッセージ
アクティブリペアの停止に失敗しました。

説明
アクティブリペアの停止に失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2204-0003

レベル:警告

メッセージ
アクティブリペアの処理中にエラーが発生しました。

説明
アクティブリペアの処理中にエラーが発生した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2208-0010

レベル:警告

メッセージ
内蔵ボリューム-修復できないエラーが発生しました。何度か実行しても正常終了しない場合データをバックアップ後、システム初期化を「内蔵HDDの完全消去を行う」オプションを付けて実行してください。

説明
アクティブリペアを行った結果、内蔵ボリュームで修復できないエラーが検出された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2208-0020

レベル:警告

メッセージ
ミラーリング-修復できないエラーが発生しました。何度か実行しても正常終了しない場合データをバックアップ後、システム初期化を「内蔵HDDの完全消去を行う」オプションを付けて実行してください。

説明
アクティブリペアを行った結果、ミラーリングボリュームで修復できないエラーが検出された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2208-0030

レベル:警告

メッセージ
システム-修復できないエラーが発生しました。何度か実行しても正常終了しない場合データをバックアップ後、システム初期化を「内蔵HDDの完全消去を行う」オプションを付けて実行してください。

説明
アクティブリペアを行った結果、システム領域で修復できないエラーが検出された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:ロックキー

2300-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
ロックキーの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2300-0001

レベル:情報

メッセージ
削除が完了しました。

説明
ロックキーの削除が正常に完了した。

通知:なし

2300-0002

レベル:情報

メッセージ
コピーが完了しました。

説明
ロックキーのコピーが正常に完了した。

通知:なし

2300-0003

レベル:情報

メッセージ
セキュリティロックモードを解除しました。

説明
内蔵ボリュームのセキュリティロックを解除した。

通知メールNarSuSSNMP

2300-0004

レベル:情報

メッセージ
対象変更が完了しました。

説明
ロックキーの対象変更が正常に完了した。

通知:なし

2300-0005

レベル:情報

メッセージ
キー登録が完了しました。

説明
ロックキーのキー登録が正常に完了した。

通知:なし

2300-0006

レベル:情報

メッセージ
キー生成が完了しました。

説明
ロックキーのキー生成が正常に完了した。

通知:なし

2300-0110

レベル:情報

メッセージ
USB1ボリュームのセキュリティロックを解除しました。

説明
USB1ボリュームのセキュリティロックを解除した。

通知メールSNMP

2300-0120

レベル:情報

メッセージ
USB2ボリュームのセキュリティロックを解除しました。

説明
USB2ボリュームのセキュリティロックを解除した。

通知メールSNMP

2300-0130

レベル:情報

メッセージ
USB3ボリュームのセキュリティロックを解除しました。

説明
USB3ボリュームのセキュリティロックを解除した。

通知メールSNMP

2300-0140

レベル:情報

メッセージ
USB4ボリュームのセキュリティロックを解除しました。

説明
USB4ボリュームのセキュリティロックを解除した。

通知メールSNMP

2303-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2304-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
ロックキーの設定変更に失敗した。

通知:なし

2304-0001

レベル:警告

メッセージ
削除に失敗しました。

説明
ロックキーの削除に失敗した。

通知:なし

2304-0002

レベル:警告

メッセージ
コピーに失敗しました。

説明
ロックキーのコピーに失敗した。

通知:なし

2304-0003

レベル:警告

メッセージ
セキュリティロックモードの解除に失敗しました。

説明
内蔵ボリュームのセキュリティロックモードの解除に失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2304-0004

レベル:警告

メッセージ
対象変更に失敗しました。

説明
ロックキーの対象変更に失敗した。

通知:なし

2304-0005

レベル:警告

メッセージ
キー登録に失敗しました。

説明
ロックキーのキー登録に失敗した。

通知:なし

2304-0006

レベル:警告

メッセージ
キー生成に失敗しました。

説明
ロックキーのキー生成に失敗した。

通知:なし

2304-0110

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームのセキュリティロック解除に失敗しました。

説明
USB1ボリュームのセキュリティロック解除に失敗した。

通知:なし

2304-0120

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームのセキュリティロック解除に失敗しました。

説明
USB2ボリュームのセキュリティロック解除に失敗した。

通知:なし

2304-0130

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームのセキュリティロック解除に失敗しました。

説明
USB3ボリュームのセキュリティロック解除に失敗した。

通知:なし

2304-0140

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームのセキュリティロック解除に失敗しました。

説明
USB4ボリュームのセキュリティロック解除に失敗した。

通知:なし

2305-0000

レベル:警告

メッセージ
キーサーバーへ接続が認証エラーになりました。(<キーサーバー>)

説明
連携が許可されていないか、パスワードが間違って設定されている。

通知:なし

2306-0000

レベル:警告

メッセージ
鍵ファイルが見つかりません。

説明
ロックキー内に鍵ファイルが存在しない。

通知:なし

2308-0000

レベル:警告

メッセージ
ロックキー用USBメモリーが接続されていません。

説明
暗号化で使うロックキー用USBメモリーが接続されていない。

通知:なし

2308-0001

レベル:警告

メッセージ
ロックキー用USBメモリーの容量が小さすぎます。

説明
暗号化で使うロックキー用USBメモリーの容量が64MB以下。

通知:なし

2308-0002

レベル:警告

メッセージ
接続されたロックキーは他のLAN DISKで使用されています。

説明
他の機器のロックキーが接続されている。

通知:なし

2308-0003

レベル:警告

メッセージ
ロックキーが接続されていません。

説明
ロックキーが接続されていない。

通知:なし

2309-0000

レベル:警告

メッセージ
キーサーバーと通信できません。(<キーサーバー>)

説明
キーサーバーとの通信でエラーが発生した。

通知:なし

2310-0000

レベル:エラー

メッセージ
セキュリティロックモードで起動しました。

説明
内蔵ボリュームがセキュリティロックモードで起動した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2310-0001

レベル:警告

メッセージ
キーサーバーが操作に対応していない古いバージョンです。(<キーサーバー>)

説明
キーサーバーが古いバージョンのため操作を実行できない。

通知:なし

2310-0110

レベル:警告

メッセージ
USB1ボリュームはセキュリティロックされています。

説明
セキュリティロックされたUSB1ボリュームが接続されたが、ロックキーが接続されていない。

通知お知らせメールSNMP

2310-0120

レベル:警告

メッセージ
USB2ボリュームはセキュリティロックされています。

説明
セキュリティロックされたUSB2ボリュームが接続されたが、ロックキーが接続されていない。

通知お知らせメールSNMP

2310-0130

レベル:警告

メッセージ
USB3ボリュームはセキュリティロックされています。

説明
セキュリティロックされたUSB3ボリュームが接続されたが、ロックキーが接続されていない。

通知お知らせメールSNMP

2310-0140

レベル:警告

メッセージ
USB4ボリュームはセキュリティロックされています。

説明
セキュリティロックされたUSB4ボリュームが接続されたが、ロックキーが接続されていない。

通知お知らせメールSNMP

▼カテゴリー:UPS

2400-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
UPSの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2400-0001

レベル:情報

メッセージ
UPSが接続されていることを確認しました。

説明
UPS警告が有効な状態でUPSが接続された。

通知メールNarSuSSNMP

2400-0002

レベル:情報

メッセージ
停電復旧により、通常動作に復帰しました。

説明
UPS警告が有効な状態で停電復旧により、通常動作に復帰した。

通知メールNarSuSSNMP

2400-0003

レベル:情報

メッセージ
停電復旧により、通常動作に復帰しました。

説明
UPS警告が無効な状態で停電復旧により、通常動作に復帰した。

通知:なし

2400-0004

レベル:情報

メッセージ
ネットワークシャットダウン要求を送信しました。- %s

説明
設定された機器に対してネットワークシャットダウン要求を送信した。

通知:なし

2400-0010

レベル:情報

メッセージ
シリアルにUPSが接続されました。

説明
起動時、シリアルポート1にUPSが接続されていることを検出した。

通知:なし

2400-0110

レベル:情報

メッセージ
USB1にUPSが接続されました。

説明
USBポート1にUPSが接続された。

通知:なし

2400-0111

レベル:情報

メッセージ
USB1からUPSが取り外されました。

説明
USBポート1からUPSが取り外された。

通知:なし

2400-0120

レベル:情報

メッセージ
USB2にUPSが接続されました。

説明
USBポート2にUPSが接続された。

通知:なし

2400-0121

レベル:情報

メッセージ
USB2からUPSが取り外されました。

説明
USBポート2からUPSが取り外された。

通知:なし

2400-0130

レベル:情報

メッセージ
USB3にUPSが接続されました。

説明
USBポート3にUPSが接続された。

通知:なし

2400-0131

レベル:情報

メッセージ
USB3からUPSが取り外されました。

説明
USBポート3からUPSが取り外された。

通知:なし

2400-0140

レベル:情報

メッセージ
USB4にUPSが接続されました。

説明
USBポート4にUPSが接続された。

通知:なし

2400-0141

レベル:情報

メッセージ
USB4からUPSが取り外されました。

説明
USBポート4からUPSが取り外された。

通知:なし

2403-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2404-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
UPSの設定変更に失敗した。

通知:なし

2404-0001

レベル:警告

メッセージ
状態取得に失敗しました。

説明
UPSの状態取得に失敗した。

通知:なし

2404-0002

レベル:警告

メッセージ
ネットワークシャットダウン要求の送信に失敗しました。- %s

説明
設定された機器に対するネットワークシャットダウン要求の送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2408-0000

レベル:エラー

メッセージ
UPSが接続されていません。

説明
UPS警告が有効な状態でUPSが取り外された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2410-0000

レベル:エラー

メッセージ
停電のため、バッテリー動作を開始しました。

説明
UPS警告が有効な状態で、停電によりUPSがバッテリー動作を開始したことを確認した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2410-0001

レベル:警告

メッセージ
停電のため、バッテリー動作を開始しました。

説明
UPS警告が無効な状態で、停電によりUPSがバッテリー動作を開始したことを確認した。

通知お知らせSNMP

2410-0002

レベル:エラー

メッセージ
停電後、指定した時間経過しました。

説明
UPS警告が有効な状態で、停電後、指定時間を経過した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2410-0003

レベル:警告

メッセージ
停電後、指定した時間経過しました。

説明
UPS警告が無効な状態で、停電後、指定時間を経過した。

通知お知らせSNMP

2410-0004

レベル:エラー

メッセージ
UPSのバッテリーローを検出しました。

説明
UPS警告が有効な状態で、バッテリーローを検出した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

2410-0005

レベル:警告

メッセージ
UPSのバッテリーローを検出しました。

説明
UPS警告が無効な状態で、バッテリーローを検出した。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:プリンター

2500-0000

レベル:情報

メッセージ
バッファーをクリアしました。

説明
プリンター用バッファーのクリアが正常に完了した。

通知:なし

2500-0110

レベル:情報

メッセージ
USB1にプリンターが接続されました。

説明
USBポート1にプリンターが接続された。

通知:なし

2500-0111

レベル:情報

メッセージ
USB1からプリンターが取り外されました。

説明
USBポート1からプリンターが取り外された。

通知:なし

2500-0120

レベル:情報

メッセージ
USB2にプリンターが接続されました。

説明
USBポート2にプリンターが接続された。

通知:なし

2500-0121

レベル:情報

メッセージ
USB2からプリンターが取り外されました。

説明
USBポート2からプリンターが取り外された。

通知:なし

2500-0130

レベル:情報

メッセージ
USB3にプリンターが接続されました。

説明
USBポート3にプリンターが接続された。

通知:なし

2500-0131

レベル:情報

メッセージ
USB3からプリンターが取り外されました。

説明
USBポート3からプリンターが取り外された。

通知:なし

2500-0140

レベル:情報

メッセージ
USB4にプリンターが接続されました。

説明
USBポート4にプリンターが接続された。

通知:なし

2500-0141

レベル:情報

メッセージ
USB4からプリンターが取り外されました。

説明
USBポート4からプリンターが取り外された。

通知:なし

2503-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2504-0000

レベル:警告

メッセージ
バッファーのクリアーに失敗しました。

説明
プリンター用バッファーのクリアに失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:サービス

2600-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
サービスの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2603-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2604-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
サービスの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:メール

2700-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
メールの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2700-0010

レベル:情報

メッセージ
テストメールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
テストメールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0011

レベル:情報

メッセージ
レポートメールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
レポートメールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0012

レベル:情報

メッセージ
システムイベントメールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
システムイベントメールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0013

レベル:情報

メッセージ
バックアップメールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
バックアップメールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0014

レベル:情報

メッセージ
温度・FANエラーメールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
温度・FANエラーメールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0015

レベル:情報

メッセージ
ディスク情報通知メールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
ディスク情報通知メールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0016

レベル:情報

メッセージ
ボリューム使用量警告メールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
ボリューム使用量警告メールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0017

レベル:情報

メッセージ
使用量制限警告メールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
使用量制限警告メールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0018

レベル:情報

メッセージ
UPS警告メールを送信しました。(<メールアドレス>)

説明
UPS警告メールの送信が正常に完了した。

通知:なし

2700-0019

レベル:情報

メッセージ
システムログをメール転送しました。(<メールアドレス>)

説明
システムログのメール転送が正常に完了した。

通知:なし

2700-0020

レベル:情報

メッセージ
アクセスログをメール転送しました。(<メールアドレス>)

説明
アクセスログのメール転送が正常に完了した。

通知:なし

2700-0030

レベル:情報

メッセージ
メールを再送しました。(<メールアドレス>)

説明
メールの再送が正常に完了した。

通知:なし

2703-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2704-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
メールの設定変更に失敗した。

通知:なし

2709-0000

レベル:警告

メッセージ
テストメールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
テストメールの送信に失敗した。

通知:なし

2709-0001

レベル:警告

メッセージ
レポートメールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
レポートメールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0002

レベル:警告

メッセージ
システムイベントメールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
システムイベントメールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0003

レベル:警告

メッセージ
バックアップメールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
バックアップメールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0004

レベル:警告

メッセージ
温度・FANエラーメールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
温度・FANエラーメールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0005

レベル:警告

メッセージ
ディスク情報通知メールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
ディスク情報通知メールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0006

レベル:警告

メッセージ
ボリューム使用量警告メールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
ボリューム使用量警告メールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0007

レベル:警告

メッセージ
使用量制限警告メールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
使用量制限警告メールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0008

レベル:警告

メッセージ
UPS警告メールの送信に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
UPS警告メールの送信に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0009

レベル:警告

メッセージ
システムログのメール転送に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
システムログのメール転送に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0010

レベル:警告

メッセージ
アクセスログのメール転送に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
アクセスログのメール転送に失敗した。

通知お知らせSNMP

2709-0020

レベル:警告

メッセージ
メールの再送に失敗しました。(<メールアドレス>)

説明
メールの再送に失敗した。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:定期レポート

2800-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
定期レポートの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2803-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2804-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
定期レポートの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:定期通知

2900-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
定期通知の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

2903-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

2904-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
定期通知の設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:SNMP

3000-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
SNMPの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3000-0001

レベル:情報

メッセージ
トラップを送信しました。

説明
SNMPトラップを正常に送信した。

通知:なし

3003-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3004-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
SNMPの設定変更に失敗した。

通知:なし

3009-0000

レベル:警告

メッセージ
トラップの送信に失敗しました。

説明
SNMPトラップの送信に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:NarSuS

3100-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
NarSuSの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3100-0001

レベル:情報

メッセージ
定期通知を行いました。

説明
NarSuSの定期通知を正常に送信した。

通知:なし

3103-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3104-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
NarSuSの設定変更に失敗した。

通知:なし

3105-0000

レベル:警告

メッセージ
利用コードが不正です。

説明
入力された利用コードが不正なコードだった。

通知:なし

3109-0000

レベル:警告

メッセージ
NarSuSサーバーへの接続に失敗しました。

説明
NarSuSサーバーとの通信が正常に完了しなかった。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:電源

3200-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
電源の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3200-0001

レベル:情報

メッセージ
シャットダウンを開始しました。

説明
Web管理からシャットダウンを開始した。

通知:なし

3200-0002

レベル:情報

メッセージ
再起動を開始しました。

説明
Web管理から再起動を開始した。

通知:なし

3203-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3204-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
電源の設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:ボタン

3300-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
スイッチの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3303-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3304-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
スイッチの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:ランプ

3400-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
ランプの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3403-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3404-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
ランプの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:省電力

3500-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
省電力の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3503-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3504-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
省電力の設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:パッケージ

3600-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
パッケージの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3600-0001

レベル:情報

メッセージ
追加完了しました。

説明
パッケージの追加が正常に完了した。

通知:なし

3600-0002

レベル:情報

メッセージ
更新完了しました。

説明
パッケージの更新が正常に完了した。

通知:なし

3600-0003

レベル:情報

メッセージ
削除完了しました。

説明
パッケージの削除が正常に完了した。

通知:なし

3600-0004

レベル:情報

メッセージ
新しいパッケージは公開されていません。

説明
新しいパッケージは公開されていない。

通知:なし

3600-0005

レベル:情報

メッセージ
ファームウェア更新が必要な新しいパッケージが公開されています。

説明
ファームウェア更新が必要な新しいパッケージが公開された。

通知:なし

3600-0010

レベル:情報

メッセージ
自動更新完了しました。(<パッケージ名>)

説明
パッケージの自動更新が正常に完了した。

通知:なし

3603-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3604-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
パッケージの設定変更に失敗した。

通知:なし

3604-0001

レベル:警告

メッセージ
追加に失敗しました。

説明
パッケージの追加に失敗した。

通知:なし

3604-0002

レベル:警告

メッセージ
更新に失敗しました。

説明
パッケージの更新に失敗した。

通知:なし

3604-0003

レベル:警告

メッセージ
削除に失敗しました。

説明
パッケージの削除に失敗した。

通知:なし

3604-0010

レベル:警告

メッセージ
自動更新に失敗しました。(<パッケージ名>)

説明
パッケージの自動更新に失敗した。

通知お知らせSNMP

3609-0000

レベル:警告

メッセージ
パッケージ公開サーバーへの接続に失敗しました。

説明
パッケージ公開サーバーとの通信が正常に完了しなかった。

通知お知らせSNMP

3611-0000

レベル:警告

メッセージ
新しいパッケージが公開されています。

説明
新しいパッケージが公開された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:ファームウェア

3700-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
ファームウェアの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3700-0001

レベル:情報

メッセージ
更新を開始しました。

説明
ファームウェアの更新を開始した。

通知:なし

3700-0002

レベル:情報

メッセージ
ファームウェアは最新です。

説明
現在のファームウェアは最新の状態。

通知:なし

3700-0003

レベル:情報

メッセージ
更新に成功しました。 : %s

説明
ファームウェアの更新が正常に完了。

通知:なし

3700-0010

レベル:情報

メッセージ
自動更新を開始しました。

説明
ファームウェアの自動更新を開始した。

通知:なし

3703-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3704-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
ファームウェアの設定変更に失敗した。

通知:なし

3704-0001

レベル:警告

メッセージ
更新に失敗しました。

説明
ファームウェアの更新に失敗した。

通知:なし

3704-0010

レベル:警告

メッセージ
自動更新の開始に失敗しました。

説明
ファームウェアの自動更新の開始に失敗した。

通知お知らせSNMP

3706-0000

レベル:警告

メッセージ
ファームウェアファイルが破損しています。

説明
ダウンロードしたファームウェアファイルが破損している。

通知:なし

3709-0000

レベル:警告

メッセージ
ファームウェア公開サーバーへの接続に失敗しました。

説明
ファームウェア公開サーバーとの通信が正常に完了しなかった。

通知お知らせSNMP

3711-0000

レベル:警告

メッセージ
新しいファームウェアが公開されています。

説明
新しいファームウェアが公開された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:ログ

3800-0000

レベル:情報

メッセージ
フィルタリング設定を変更しました。

説明
ログのフィルタリング設定変更が正常に完了した。

通知:なし

3803-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3804-0000

レベル:警告

メッセージ
フィルタリング設定変更に失敗しました。

説明
ログのフィルタリング設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:お知らせ

3900-0000

レベル:情報

メッセージ
お知らせをクリアしました。

説明
お知らせのクリアが正常に完了した。

通知:なし

3903-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

3904-0000

レベル:警告

メッセージ
お知らせのクリアに失敗しました。

説明
お知らせのクリアに失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:プロキシ

4000-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
プロキシの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

4003-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

4004-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
プロキシの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:システム

4100-0000

レベル:情報

メッセージ
システムを起動しました。

説明
システムの起動が正常に完了した。

通知メールNarSuSSNMP

4100-0001

レベル:情報

メッセージ
システムをシャットダウンします。

説明
システムのシャットダウンを実行。

通知メールNarSuSSNMP

4100-0002

レベル:情報

メッセージ
システムを再起動します。

説明
システムの再起動を実行。

通知メールNarSuSSNMP

4100-0010

レベル:情報

メッセージ
管理者ログインしました。 : %s

説明
Web管理へのログインが正常に完了した。

通知:なし

4100-0011

レベル:情報

メッセージ
管理者ログアウトしました。 : %s

説明
Web管理からログアウトした。

通知:なし

4103-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

4105-0000

レベル:警告

メッセージ
管理者ログインに失敗しました。 : %s

説明
管理者ログインに失敗した。

通知:なし

4105-0001

レベル:警告

メッセージ
ログイン中に他のPCからログインが実行されました。: %s

説明
管理者がログイン中に他のPCからログインが実行された。

通知:なし

4111-0000

レベル:警告

メッセージ
シャットダウンはキャンセルされました。

説明
スケジュールシャットダウンが起動時間を過ぎたためキャンセルされた。

通知:なし

▼カテゴリー:温度・FAN

4210-0000

レベル:警告

メッセージ
装置温度が異常です。装置の設置環境を見直してください。システムを強制終了します。

説明
装置内温度が高温に達したため、シャットダウンを行った。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

4210-0001

レベル:警告

メッセージ
FANが停止しました。FANの状態を確認してください。装置が高温となり障害の原因となりますので、システムを強制終了します。

説明
FANが停止したため、シャットダウンを行った。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:システム初期化

4300-0000

レベル:情報

メッセージ
初期化を開始しました。

説明
システムの初期化を開始した。

通知:なし

4300-0001

レベル:情報

メッセージ
初期化を完了しました。

説明
システムの初期化が正常に完了した。

通知:なし

4303-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

4304-0000

レベル:警告

メッセージ
初期化に失敗しました。

説明
システムの初期化に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:ツール

4400-0000

レベル:情報

メッセージ
設定取得を開始しました。

説明
LAN DISK Restoreで設定保存が開始された。

通知:なし

4400-0001

レベル:情報

メッセージ
設定取得を完了しました。

説明
LAN DISK Restoreで設定保存が正常に完了した。

通知:なし

4400-0010

レベル:情報

メッセージ
設定を開始しました。

説明
LAN DISK Restoreで設定復元が開始された。

通知:なし

4400-0011

レベル:情報

メッセージ
設定を完了しました。

説明
LAN DISK Restoreでの設定復元が正常に完了した。

通知:なし

4400-0020

レベル:情報

メッセージ
ネットワークシャットダウン要求を受信したため、シャットダウンを開始します。

説明
外部からのネットワークシャットダウン要求を受信したため、シャットダウンを開始した。

通知メールNarSuSSNMP

4403-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

4404-0000

レベル:警告

メッセージ
設定取得中にエラーが発生しました。

説明
LAN DISK Restoreの設定保存に失敗した。

通知:なし

4404-0001

レベル:警告

メッセージ
設定中にエラーが発生しました。

説明
LAN DISK Restoreの設定復元に失敗した。

通知:なし

4404-0002

レベル:警告

メッセージ
%s-設定中にエラーが発生しました。

説明
LAN DISK Restoreの設定復元で特定のカテゴリの復元に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:Dropbox

6004-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の同期に失敗しました。

説明
共有フォルダーのDropbox同期に失敗した。

通知お知らせSNMP

6004-0001

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>を同期できません。スキップします。

説明
Dropbox同期時に同期できないファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6004-0002

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>はアップロードできるサイズを超えています。スキップします。

説明
Dropbox同期時にアップロードできるサイズを超えるファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6004-0003

レベル:警告

メッセージ
対象フォーマットではありません。(<共有フォルダー名>)

説明
ボリュームが対象のフォーマットでない。

通知お知らせSNMP

6009-0000

レベル:警告

メッセージ
接続がタイムアウトしました。(<共有フォルダー名>)

説明
Dropbox同期時に接続がタイムアウトした。

通知お知らせSNMP

6010-0000

レベル:警告

メッセージ
サーバーに空きがありません。

説明
Dropbox同期時にDropboxサーバーに空きがなかった。

通知お知らせSNMP

6010-0001

レベル:警告

メッセージ
共有フォルダーに空きがありません。(<共有フォルダー名>)

説明
Dropbox同期時に共有フォルダーに空きがなかった。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:AmazonS3

6104-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の同期に失敗しました。

説明
共有フォルダーのAmazonS3同期に失敗した。

通知お知らせSNMP

6104-0001

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>を同期できません。スキップします。

説明
AmazonS3同期時に同期できないファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6104-0002

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>はアップロードできるサイズを超えています。スキップします。

説明
AmazonS3同期時にアップロードできるサイズを超えるファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6104-0003

レベル:警告

メッセージ
対象フォーマットではありません。(<共有フォルダー名>)

説明
ボリュームが対象のフォーマットでない。

通知お知らせSNMP

6106-0000

レベル:警告

メッセージ
アクセスキーが不正です。(<共有フォルダー名>)

説明
AmazonS3同期時にアクセスキーが不正だった。

通知お知らせSNMP

6106-0001

レベル:警告

メッセージ
シークレットキーが不正です。(<共有フォルダー名>)

説明
AmazonS3同期時にシークレットキーが不正だった。

通知お知らせSNMP

6109-0000

レベル:警告

メッセージ
接続がタイムアウトしました。(<共有フォルダー名>)

説明
AmazonS3同期時に接続がタイムアウトした。

通知お知らせSNMP

6110-0000

レベル:警告

メッセージ
共有フォルダに空きがありません。(<共有フォルダー名>)

説明
AmazonS3同期時に共有フォルダに空きがなかった。

通知お知らせSNMP

6110-0001

レベル:警告

メッセージ
バケットが存在しません。(<共有フォルダー名>)

説明
AmazonS3同期時にバケットが存在しなかった。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:AppleShareネットワーク

6200-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
AppleShareネットワークの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

6203-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。 しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

6204-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
AppleShareネットワークの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:FTP

6300-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
FTPの設定変更が正常に完了した。

通知:なし

6303-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。 しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

6304-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
FTPの設定変更に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:レプリケーション

6400-0000

レベル:情報

メッセージ
レプリケーションを開始しました。

説明
レプリケーションを開始した。

通知:なし

6400-0001

レベル:情報

メッセージ
レプリケーションを停止しました。

説明
レプリケーションを停止した。

通知:なし

6400-0002

レベル:情報

メッセージ
<共有名> のレプリケーションを再開しました。

説明
%s のレプリケーションを再開した。

通知:なし

6404-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有名>のレプリケーション先に接続できませんでした。[エラーコード:<rsyncエラーコード>]

説明
レプリケーション先に接続できなかった。

通知お知らせSNMP

6405-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有名>のレプリケーション先を認証できませんでした。[エラーコード:<rsyncエラーコード>]

説明
レプリケーション先を認証できなかった。

通知お知らせSNMP

6409-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有名>の接続がタイムアウトしました。[エラーコード:<rsyncエラーコード>]

説明
レプリケーション先への接続がタイムアウトした。

通知お知らせSNMP

6409-0001

レベル:警告

メッセージ
<共有名>の接続が中断されました。[エラーコード:<rsyncエラーコード>]

説明
レプリケーション先への接続が中断された。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:Azure

6504-0000

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の同期に失敗しました。

説明
共有フォルダーのAzure同期に失敗した。

通知お知らせSNMP

6504-0001

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>を同期できません。スキップします。

説明
Azure同期時に同期できないファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6504-0002

レベル:警告

メッセージ
<ファイル名>はアップロードできるサイズを超えています。スキップします。

説明
Azure同期時にアップロードできるサイズを超えるファイルをスキップした。

通知お知らせSNMP

6504-0003

レベル:警告

メッセージ
対象フォーマットではありません。(<共有フォルダー名>)

説明
ボリュームが対象のフォーマットでない。

通知お知らせSNMP

6506-0000

レベル:警告

メッセージ
アクセスキーが不正です。(<共有フォルダー名>)

説明
Azure同期時にアクセスキーが不正だった。

通知お知らせSNMP

6509-0000

レベル:警告

メッセージ
接続がタイムアウトしました。(<共有フォルダー名>)

説明
Azure同期時に接続がタイムアウトした。

通知お知らせSNMP

6510-0000

レベル:警告

メッセージ
共有フォルダに空きがありません。(<共有フォルダー名>)

説明
Azure同期時に共有フォルダに空きがなかった。

通知お知らせSNMP

6510-0001

レベル:警告

メッセージ
コンテナーが存在しません。(<コンテナー名>)

説明
Azure同期時にコンテナーが存在しなかった。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:TMNAS

6610-0000

レベル:警告

メッセージ
ウイルスが削除されました。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見され削除された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6610-0001

レベル:警告

メッセージ
ウイルスが隔離されました。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見され隔離された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6610-0002

レベル:警告

メッセージ
ウイルスが駆除されました。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見され駆除された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6610-0003

レベル:警告

メッセージ
ウイルスファイルの拡張子が変更されました。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見され拡張子が変更された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6610-0004

レベル:警告

メッセージ
ウイルスが放置されました。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見され放置された。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6610-0005

レベル:警告

メッセージ
ウイルスファイルを適切に処理できませんでした。共有:<共有フォルダー名>上のファイル:<ファイル名>

説明
ウイルスが発見されたが適切な処理ができなかった。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

▼カテゴリー:クローン

6700-0000

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
クローン機能の設定変更が正常に完了した。

通知:なし

6700-0010

レベル:情報

メッセージ
スレーブに設定を保存しました。

説明
マスターの設定変更に対するスレーブへの設定保存が正常に完了した。

通知:なし

6700-0020

レベル:情報

メッセージ
切り替えを完了しました。

説明
切り替えを完了した。

通知:なし

6700-0021

レベル:情報

メッセージ
自動切り替えを完了しました。

説明
自動切り替えを完了した。

通知メールNarSuSSNMP

6700-0030

レベル:情報

メッセージ
システム保存を開始しました。

説明
システム保存を開始した。

通知:なし

6700-0031

レベル:情報

メッセージ
システム保存を停止しました。

説明
システム保存を停止した。

通知:なし

6700-0032

レベル:情報

メッセージ
設定を保存しました。

説明
USBハードディスクへの設定保存が正常に完了した。

通知:なし

6700-0040

レベル:情報

メッセージ
システム復元を開始しました。

説明
システム復元を開始した。

通知:なし

6703-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

6704-0000

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
クローン機能の設定変更に失敗した。

通知:なし

6704-0001

レベル:警告

メッセージ
USBボリュームが接続されていないため、設定変更に失敗しました。

説明
USBが接続されていないため、設定変更に失敗した。

通知:なし

6704-0002

レベル:警告

メッセージ
USBが共有モードでないため、設定変更に失敗しました。

説明
USBが共有モードでないため、設定変更に失敗した。

通知:なし

6704-0003

レベル:警告

メッセージ
USBボリュームが専用フォーマットでないため、設定変更に失敗しました。

説明
USBが専用フォーマットでないため、設定変更に失敗した。

通知:なし

6704-0010

レベル:情報

メッセージ
スレーブへ設定を保存できませんでした。

説明
マスターの設定変更に対するスレーブへの設定保存に失敗した。

通知:なし

6704-0020

レベル:警告

メッセージ
切り替えに失敗しました。

説明
切り替えに失敗した。

通知:なし

6704-0021

レベル:警告

メッセージ
自動切り替えに失敗しました。

説明
自動切り替えに失敗した。

通知お知らせメールNarSuSSNMP

6704-0022

レベル:警告

メッセージ
マスターからの応答がありませんでした。

説明
監視対象となるマスターからの応答がなかった。

通知:なし

6704-0030

レベル:警告

メッセージ
システム保存に失敗しました。

説明
システム保存に失敗した。

通知:なし

6704-0031

レベル:警告

メッセージ
USBボリュームが接続されていないため、システム保存に失敗しました。

説明
USBが接続されていないため、システム保存に失敗した。

通知:なし

6704-0032

レベル:警告

メッセージ
USBが共有モードでないため、システム保存に失敗しました。

説明
USBが共有モードでないため、システム保存に失敗した。

通知:なし

6704-0033

レベル:警告

メッセージ
USBボリュームが専用フォーマットでないため、システム保存に失敗しました。

説明
USBが専用フォーマットでないため、システム保存に失敗した。

通知:なし

6704-0034

レベル:警告

メッセージ
システム保存の停止に失敗しました。

説明
システム保存の停止に失敗した。

通知:なし

6704-0035

レベル:警告

メッセージ
設定保存に失敗しました。

説明
USBハードディスクへの設定保存に失敗した。

通知:なし

6704-0040

レベル:警告

メッセージ
システム復元に失敗しました。

説明
システム復元に失敗した。

通知:なし

6704-0041

レベル:警告

メッセージ
USBボリュームが接続されていないため、システム復元に失敗しました。

説明
USBが接続されていないため、システム復元に失敗した。

通知:なし

▼カテゴリー:HOME-BOX

6800-0001

レベル:情報

メッセージ
設定を追加しました。

説明
設定追加が正常に完了した。

通知:なし

6800-0002

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
設定変更が正常に完了した。

通知:なし

6800-0003

レベル:情報

メッセージ
設定を削除しました。

説明
設定削除が正常に完了した。

通知:なし

6803-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

6804-0001

レベル:警告

メッセージ
設定追加に失敗しました。

説明
設定追加に失敗した。

通知:なし

6804-0002

レベル:警告

メッセージ
設定変更に失敗しました。

説明
設定変更に失敗した。

通知:なし

6804-0003

レベル:警告

メッセージ
設定削除に失敗しました。

説明
設定削除に失敗した。

通知:なし

6804-0010

レベル:警告

メッセージ
<共有フォルダー名>の同期に失敗しました。

説明
共有フォルダーのHOME-BOX同期に失敗した。

通知お知らせSNMP

6805-0000

レベル:警告

メッセージ
サーバーへの接続がエラーになりました。(<共有フォルダー名>)

説明
サーバーへの同時接続数が多すぎるか、BOX IDもしくはパスワードが間違って設定されている。

通知お知らせSNMP

6809-0000

レベル:警告

メッセージ
サーバーと通信できません。(<共有フォルダー名>)

説明
サーバーとの通信でエラーが発生した。

通知お知らせSNMP

6809-0002

レベル:警告

メッセージ
接続がタイムアウトしました。(<共有フォルダー名>)

説明
サーバーとの接続がタイムアウトした。

通知お知らせSNMP

6810-0000

レベル:警告

メッセージ
フォルダーがクラウドサーバーに存在しません。(<クラウドサーバーのフォルダー名>)

説明
同期対象のフォルダーが存在しない。

通知お知らせSNMP

6810-0001

レベル:警告

メッセージ
共有フォルダーに空きがありせん。(<共有フォルダー名>)

説明
同期時に共有フォルダーに空きがない。

通知お知らせSNMP

6810-0002

レベル:警告

メッセージ
サーバーに空きがありせん。(<クラウドサーバーのフォルダー名>)

説明
同期時にサーバーに空きがない。

通知お知らせSNMP

6810-0003

レベル:警告

メッセージ
<ファイルパス>はアップロードできるサイズを超えています。スキップします。

説明
ファイルのアップロードできるサイズを超えているためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0004

レベル:警告

メッセージ
<ファイルパス>は許可されていない名前です。スキップします。

説明
ファイル名が許可されていない名前か長すぎるためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0005

レベル:警告

メッセージ
サーバー側のアクセス権限がありません。 スキップします。(<ファイルパス>)

説明
サーバー側でファイルへのアクセス権限がないためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0006

レベル:警告

メッセージ
サーバー側でロックされています。スキップします。(<ファイルパス>)

説明
ファイルがサーバー側でロックされているためスキップされた。スキップします。

通知お知らせSNMP

6810-0007

レベル:警告

メッセージ
<ファイルパス>を同期できません。スキップします。

説明
ファイルが同期できなかったためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0008

レベル:警告

メッセージ
<ファイルパス>のパスが長すぎます。スキップします。

説明
ファイルパスが長すぎるためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0009

レベル:警告

メッセージ
サーバー上で同名となるフォルダ・ファイルが存在します。 スキップします。(<ファイルパス>)

説明
サーバー上の変換により同名となるフォルダ・ファイルが存在するためスキップされた。

通知お知らせSNMP

6810-0010

レベル:警告

メッセージ
対象フォーマットではありません。(<共有フォルダー名>)

説明
ボリュームが対象のフォーマットでない。

通知お知らせSNMP

▼カテゴリー:Working Folder

6900-0001

レベル:情報

メッセージ
設定を追加しました。

説明
設定追加が正常に完了した。

通知:なし

6900-0002

レベル:情報

メッセージ
設定を変更しました。

説明
設定変更が正常に完了した。

通知:なし

6900-0003

レベル:情報

メッセージ
設定を削除しました。

説明
設定削除が正常に完了した。

通知:なし

6900-0004

レベル:情報

メッセージ
同期方向の設定変更を有効にしました。

説明
隠しページから同期方向の設定変更を有効にする変更が正常に完了した。

通知:なし

6900-0005

レベル:情報

メッセージ
同期方向の設定変更を無効にしました。

説明
隠しページから同期方向の設定変更を無効にする変更が正常に完了した。

通知:なし

6903-0000

レベル:警告

メッセージ
システムが処理中です。しばらく待ってからもう一度操作をやり直してください。

説明
他の処理中のため、指定された処理を行えなかった。

通知:なし

6904-0001

レベル:警告

メッセージ
設定追加に失敗しました。

説明
設定追加に失敗した。

通知:なし