SSDデスクトップワークステーション「PRO-BLADE STATION」
NVMeモジュラーSSD「PRO-BLADE SSD Mag」
【導入事例】株式会社ディーピーストック

導入事例TOPへ戻る

モジュール型NVMe™ SSDデスクトップワークステーション「PRO-BLADE STATION」PRO-BLADEシリーズ NVMeモジュラーSSD「PRO-BLADE SSD Mag」

取材日:2023年12月4日

PDFダウンロード

映像業界を悩ます転送速度の大問題を解決!
劇的なスピードアップ、効率化が実現した理由とは

PRO-BLADE STATION
PRO-BLADE STATION

ディーピーストックは、音楽やエンタメの現場におけるライブ撮影を専門とする国内トップクラスの映像制作プロダクションです。撮影・映像収録の高度な技術を有し、長年に渡り著名アーティストたちの活動を映像で支えてきました。そんな同社が近年抱えていた課題は、大容量化するデータへの対応、特に転送速度の改善です。これを解決するために導入したのが、「PRO-BLADE STATION」「PRO-BLADE SSD Mag」など一連の製品でした。その目覚ましい効果について、代表取締役の森俊樹様に詳しくお伺いしました。

担当アーティストの大規模ツアーや4K化を控えて環境を一新

SSDデスクトップワークステーション「PRO-BLADE STATION」を4台、モジュラーSSD「PRO-BLADE SSD Mag(以下SSD Magとも表記)」4TBを16枚、さらにドッキングステーション「PRO-DOCK 4」を一挙に導入されました。撮影・編集の現場では、これらの製品はどのように使われているのでしょうか。

株式会社ディーピーストック 森俊樹様
株式会社ディーピーストック 森俊樹様

森様撮影終了後、カメラのデータを保存用メディアに移すために使っています。扱うデータ量がとにかく膨大なため、安全かつ高速にデータをコピーするための仕組みが必要なのです。現場によって異なりますが、私たちがよく担当するアーティストの場合、1回のライブ撮影に20台近いカメラを使い、そのデータ量は4K撮影計算でトータル10TB程度になります。

具体的に、これらの製品をどのような構成で使われるのですか。

森様ライブ撮影の際は、PRO-BLADE STATION2台をライブ会場の控室へ設置します。ライブが終わったらカメラから記録済みのメモリーカード(CFexpressなど)を取り出し、ドッキングステーション(PRO-DOCK 4)や各種カードリーダー経由でPCに読み込み、PCに接続したPRO-BLADE STATIONでSSD Magにコピーします。その後、人の手でSSD Magを会社まで持ち帰り、会社に設置したPRO-BLADE STATIONを通じて記録用のHDDなどに書き込みます。

ずいぶん急いで作業されるんですね。

森様ツアーともなれば連日の公演となり、データ量も非常に多くなりますので、速く、確実に保存していく必要があります。処理が完了したらSSD Magはすぐに次の会場に届けて使い回すなど、工夫して効率的に運用します。

構成図

構成図

以前の環境では、どんな問題があったのでしょうか。

森様PCに直接カードリーダーを接続し、さまざまな規格のメモリーカードからHDDやSSDにコピーしていました。さらにリスク対策としてLTOへのコピーも行っており、とにかく時間がかかっていたのです。トータルでライブ1回のデータコピーに20時間以上かかることも。10TBのデータを取り込むのにPC3台をフル稼働させ、一晩中作業を続けるなんてことも珍しくはありませんでした。

そのような状況なら、速度は生産性に直接かかわりますね。

森様映像規格の進化に合わせて、常にその時代の最高レベルの作業環境を整えてきましたが、今回の導入のきっかけは、担当アーティストのツアーにおいて4Kでの撮影が始まったことです。もともと時間がかかることが問題だったのに、さらに飛躍的にデータが増えるとあって、なんとかしなければと慌てました。そんな折に販売代理店の方から紹介してもらったのが一連の製品だったのです。

PRO-BLADE STATION
PRO-BLADE STATION

快適な作業をサポートするためのさまざまな機能。マルチタスクでも速度は変わらず

今回の導入で業務はどのように変わりましたか。効果はいかがでしょうか。

森様まずはコピーに要する速度、時短という観点では素晴らしい効果です。桁違いに速くなって感動しました。実は今日この取材を受けたのも、その感動があったからなんですよね。正直な気持ちで受けています(笑)

転送速度に強みがある上、「PRO-BLADE STATION」とドッキングステーション「PRO-DOCK 4」を組み合わせるとマルチタスクでご利用いただけますよね。

森様以前はメモリーカードを1つひとつ順番に処理せざるを得なかったので、併行して作業できるだけでもシンプルに時短になりますよね。従来は1つのカードリーダーで1枚ずつコピーしていましたから、コピーを終えたらメモリーカードを手で差し替える必要がありました。このため、たとえば1枚あたりコピーに2時間必要だとして、10枚あれば2時間ごとに計10回の差し替え作業が発生し、この間作業者はPCから離れることができなかったんですよ。

スピードアップのために、ほかにもさまざまな工夫をしているそうですね。

森様さらなる高速化を図るために、レスパスビジョン社の「Rapid Copy」というアプリを使っています。複数コピーを同時実行する際、MacのFinderから行うと処理のスピードはどうしても落ちてしまいます。ファイルを2つ同時に処理すれば、速度は2分の1、3つになれば3分の1となるのが普通です。ところが、このアプリの同時実行機能を使えば、PRO-BLADE STATIONで一斉に複数ジョブを走らせても速度を落とすことはありません。これは作業効率の劇的アップに貢献してくれましたね。

ほかにはどんな使い方をされていますか。

森様PRO-BLADE STATIONは、一時的に大容量のSSDが必要な時などに便利に使えます。SSD Mag4枚をフル搭載したPRO-BLADE STATIONをさらに4台接続することで、計64TBのSSDが作れます。今、ここまで大容量のSSDは市販ではほぼ見つかりませんが、つなぐだけで簡単に実現できるんです。例えば編集作業を行う際、アーティストサイドから3公演分、計50TBのライブデータを「通し」で見たいという要望があっても、従来は容量が大きすぎて対応できず、分割して3分の1ずつなどとまとめていました。しかし、この仕組みを使えば数十台のカメラのデータを統合して一気に再生することも可能です。

「PRO-DOCK 4」はどのようにお使いなのでしょうか。

森様データを取り込む際にドッキングステーションが1つあるとやっぱり便利ですよね。現場ではさまざまな規格のメモリーカードを使いますので、担当者によってはずいぶん重宝しているようです。

Rapid Copyによる並列処理
Rapid Copyによる並列処理
PRO-BLADE STATION

PRO-BLADE STATIONを知ってしまったら、もう以前の時代には戻れません

映像制作・編集の現場で、ストレージに求められることはどんなことでしょうか。

株式会社ディーピーストック  森 俊樹 様

森様基本的なことですが、まずはデータが消失しないことです。今回の導入で、もちろんトラブルは皆無です。さまざまな製品がある中で、アイ・オー・データという、国内に拠点を持つ企業が提供しているという点は、大きな安心につながります。(※)PRO-BLADE STATIONは保証期間が5年と長期なのも非常に心強いです。もちろん速度も重要です。これは業務効率化、時短に直結するポイントですよね。

※アイ・オー・データ機器はウエスタンデジタルの国内総代理店です。

コストの面ではいかがですか。

森様今回、PRO-BLADE STATIONに加えて、SSD Magもまとまった枚数で揃えましたので、ストレージにかけるコストとしては安価とは言い難かったです。しかし、まとめて刷新したことで、それだけの大きな効果が確実にでています。アーティストのツアーに合わせた4K化というタイミングで、この製品に出会えて本当によかったと思っています。実は当初、どう考えてもデータ量に機材側の性能が追いつかないと、4K化をあきらめる選択肢もちらついていたので。

ディーピーストック様の業務に十分貢献できたようですね。

森様もう以前の時代には戻れませんよ。これから8Kの時代も視野に入ってきましたが、本シリーズには引き続き期待しています。

PDFダウンロード

導入企業概要

株式会社ディーピーストック

デジタル化以前の時代から最前線で活躍してきた森代表取締役を中心に、撮影・映像収録のプロフェッショナルたちが集結した企業です。専門はライブ撮影であり、放送、広告など多岐にわたる業界で実績を誇ります。国内外著名アーティストのMV、コンサート、CMなど、多くの話題作で撮影を担当しています。

企業名
株式会社ディーピーストック
所在地
東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目11-8
設立
2007年
ご担当者名
株式会社ディーピーストック 代表取締役 森 俊樹 様
このページのトップへ
PC版を表示