2025年10月 Windows 10サポート終了間近!Windows 11への切り替えにむけて今すぐ準備を!

アイ・オー・データの商品でよりスムーズなリプレイス アイ・オー・データの商品でよりスムーズなリプレイス

2025年10月のWindows 10
サポート終了にあたり、
多くの企業で社内PCのリプレイスが
すすんでいます。
アイ・オー・データの商品で、
よりスムーズなリプレイスを
実現しませんか?
また、Windows 11の機能を
活用するための便利な商品もご紹介します。

PCのデータをNASやHDDにバックアップ
PC廃棄の際は、データ抹消を忘れずに
より便利なTeams会議を実現
スナップレイアウト機能で生産性アップ
Type-C対応PCには、Type-C対応モニターがおすすめ

Windows 11に
アップデートする前に

PCのデータを
NASやHDDにバックアップ

Windows 11にアップデートする前に

PCをリプレイスする際は、旧PCのデータを忘れずにバックアップしておきましょう。過去、Windows 10の大型アップデートの際に一部環境に置いてファイル消失問題が発生し、大きな話題となりました。PCの故障や操作ミス以外でも、アップデートが原因でデータが消えてしまうリスクがあります。そうならないために、事前にNASやHDDにバックアップしましょう。

HDDやNASにデータをバックアップ

Windows 11のアップデート前に知っておきたいこと。
バックアップは大丈夫?

HDDやNASにデータをバックアップして、安心してWindows 11へアップデートする方法をご紹介します。Windows 10で「ファイル履歴」を使ってバックアップし、Windows 11からバックアップデータを復元します。

詳細はこちら

バックアップにおすすめのNAS・HDD

PCを買い替えるなら、
旧PCのデータ抹消を忘れずに

PCを買い替えるなら、旧PCのデータ抹消を忘れずに

PCを廃棄する際には、PCに保存された顧客情報や営業上流出してはならない情報が漏えいしないように、データを抹消する必要があります。万が一漏えいしてしまった場合、社会的な信用を落とし、時には訴訟につながるリスクも考えられます。

『ファイルの削除』『ごみ箱を空にする』『初期化』『クイックフォーマット』では、完全にデータ消去はされていないので、専用のソフトを用いたデータ抹消がおすすめです。

PC廃棄時のデータ消去はDiskRefresher5「D-REF5」におまかせ!

PC廃棄時のデータ消去はDiskRefresher5「D-REF5」におまかせ!

PC廃棄の際は、DiskRefresher5でデータを抹消しましょう。9種類の消去方式に対応し、目的に合わせて強固な消去が行えます。また、消去証明書の発行にも対応しているので廃棄後も安心です。

詳細はこちら
データ消去ソフト DiskRefresher5

データ消去ソフト
DiskRefresher5

商品詳細はこちら

Windows 11の機能を活用する

より便利なTeams会議を実現

Teamsのweb会議をより快適に

Windows 11から「Microsoft Teams」が標準搭載されます。それにより、Teamsのアプリがタスクバーに統合され、1クリックでビデオ会議やチャットができます。Teamsを利用するハードルが低くなるため、より一層ビデオ会議の利用シーンが増えるかもしれません。

そこで、Web会議やテレビ電話のコミュニケーションを円滑に進めるために、自分の環境にあったWebカメラとスピーカーフォンを選ぶことをオススメします。きれいな映像とクリアな音声でオンラインでの会話を1ランクアップすることができます。

無料アプリ「Camutil」を使えばWebカメラの明るさやコントラスト、ちらつき補正などの設定も可能です。

一度設定した項目はパソコンに保存することができるので、WebカメラのUSBケーブルを抜き差ししても、設定が反映されたままとなります。

スナップレイアウト機能で
生産性アップ

スナップレイアウト機能

Windows 11の新機能で、アプリ毎にウィンドウをリサイズして整列する「スナップレイアウト」機能が追加されました。マルチモニターとのHDMIケーブルを取り外しても、画面配置を割り当てておくことで、接続し直せば自動的にウィンドウの位置を保持することが可能です。

これによりマルチモニター環境がより快適になります。ケーブルの抜き挿しで解除されるウィンドウ配置が維持できるので、仕事が終わったら片付けができるモバイルモニターでも、PCを持ち運んだりしても、翌日すぐに昨日と同じ作業環境で作業することができます。

Windows 11環境をより快適にする

Type-C対応PCには、
Type-C対応モニターがおすすめ

Type-C対応PCには、Type-C対応モニターがおすすめ

最近のPCは、Type-Cポートが搭載されているものが非常に多いです。Type-C対応PCをお使いなら、Type-C対応のモニターがおすすめ。アイ・オー・データのType-Cモニターなら、ケーブル1本で接続するだけで、画面出力とPCへの給電が可能です。

フリーアドレスを導入している企業にもぴったり。PCの電源アダプターを持ち運ぶ必要がないので、ケーブル1本挿すだけでマルチディスプレイで作業できます。

フリーアドレスに最適な液晶モニター!Type-C&高さ調整で省スペースに設置

フリーアドレスに最適な液晶モニター!
Type-C&高さ調整で省スペースに設置

今回ご紹介する23.8型モニター「LCD-CF241ED-Fシリーズ」は、USB Type-C端子を搭載し、高さや角度を自由に調整できるフリースタイルスタンド採用で、スマートにマルチモニター環境を実現できます。

詳細はこちら
USB Type-C®搭載23.8型液晶ディスプレイ LCD-C241D-Fシリーズ

USB Type-C®搭載23.8型液晶ディスプレイ
LCD-C241D-Fシリーズ

商品詳細はこちら

ページの先頭へ