PC4-3200(DDR4-3200)対応 デスクトップ用メモリーDZ3200-Cシリーズ

仕様書印刷

DZ3200-Cシリーズ

「DZ3200-Cシリーズ」はDDR4-3200、PC4-3200対応の288pin超高速DRAM(DIMM)メモリーモジュールです。DDR4の中でも転送速度が25.6GB/s(※理論値)と高速なデータ転送レートを可能にしながらも、電源電圧は1.2Vと低電圧を実現しています。

また、下位互換であるDDR4-2666/DDR4-2400/DDR4-2133にも対応しているため、幅広いパソコンで使用可能。お使いのパソコンのDRAM速度が不明な場合にも、本商品をお選びいただければ安心です。

▶メモリーの増設方法はこちら

▶メモリーに対応のパソコンはここからチェック!
対応商品検索システムPIO

ご購入はこちら
型番 JANコード 仕様 価格 保守 サポート/取説 備考
DZ3200-C4G 4957180166049 4GB   オープン価格   ISS サポート
DZ3200-C8G 4957180166056 8GB   オープン価格   ISS サポート
DZ3200-C16GNEW 4957180166063 16GB   オープン価格   ISS サポート  7月末出荷予定
  • 表示価格と商品全般について ※取扱説明書やQ&A、ソフトウェア等の各種ダウンロードは 取説・Q&A・DLを、保守サービスをご検討の方は 保守をクリックしてご覧ください。
  •                         

DDR4-3200対応のDRAMを搭載!

DDR4 SDRAM

DZ3200-CシリーズはDDR4-3200、PC4-3200対応デスクトップ用(288pin)メモリーモジュールです。DDR4-3200規格での高速で安定した動作を実現します。

また、下位互換であるDDR4-2666/DDR4-2400/DDR4-2133にも対応しているため、幅広いパソコンでお使いただけます。

●メモリーに対応のパソコンはここからチェック!
対応商品検索システムPIO

DDR4環境パソコンの性能を最大限引き出します(※)

DDR4で高速なデータ転送レートを実現!

DDR4-3200(PC4-3200)対応のため、対応パソコンでは転送速度が25.6MB/sと高速なデータ転送を実現できます。
また、DDR4-2133、DDR4-2400、DDR4-2666にも対応しているため、DDR4対応のパソコン環境それぞれを最大の速度環境にて増設することが可能です。

※ メモリーの転送速度は理論値です。
※ OverClockは含みません。

メモリーを2枚同時に使用するデュアルチャネル

デュアルチャネルとは、チップセット内部のメモリーコントローラーが同容量・同仕様であるメモリー2枚に同時アクセスすることで、データの転送速度を2倍にする技術です。

DZ3200-Cシリーズはシングルチャネルの場合、理論値で約25.6GB/sとなりますが、デュアルチャネルでは約51.2GB/sのデータ転送レートを誇ります。

シングルチャネル デュアルチャネル
DDR4-3200 25.6GB/s 51.2GB/s
DDR4-2666 21.3GB/s 42.6GB/s
DDR4-2400 19.2GB/s 38.4GB/s
DDR4-2133 17.06GB/s 34.12GB/s

これが高品質の証!安心の無期限保証

これなら安心!無期限保証対象品 ※初回導入本体に限る

パソコンの安定動作にはメモリーモジュールの品質が重要です。アイオーは品質への自信から「無期限保証」を実現!安心してお使いいただけます。

マザーボードに装着しやすいエッジ端子形状

従来のDDR3までのメモリーモジュール形状は平坦であり、定規の目盛りのように一直線に端子が付けられていましたが、DDR4はエッジ端子部分の一部に傾斜をつけたことでマザーボードへの装着時に必要な力が低減しました。

メモリモジュールの破損や接触不良といったトラブルを防止します。

差し込みやすいエッジ形状!

エラー検出機能を各所に搭載

転送速度が高速化したことに伴い、DDR4にはノイズの影響から守るためのさまざまなエラー検出機能が搭載されています。
データ書き込み時にはデータ信号に加えCRC符号も合わせてDRAMに送り、DRAM内部で書き込みデータから生成したCRC符号と比較して、エラーを検出します。
また、コマンド信号とアドレス信号にはパリティを付加してエラー検出を行います。

エラーを見つけた場合にはメモリーコントローラへ通知し、これによりデータを高速転送しても高い信頼性を実現しています。

※エラー訂正機能は搭載していません。

”DDR4”とは?

DDR4-3200は搭載されているDRAM単体のスピードを表します。
メモリーモジュールのデータ転送速度が3200Mbpsのため、PC4-3200と表記します。

Double Data Rate 4 SDRAM

DDR規格以降のメモリーは、クロック信号(コンピューター各回路間の同期を取るための信号)の立ち上がり時・立ち下がり時の両方でデータの読み書きを実行できる、ダブルデータレート(DDR)モードで高速なデータ転送を実現しています。

DDR4 SDRAMは従来のDDR3 SDRAMと同じ8bitデータプリフェッチ(事前読出)となりますが、新たにバンクグループが導入され、異なるバンクグループに連続アクセスすることでデータ転送速度をDDR3の2倍に高めています。
さらに動作電圧もDDR3 SDRAMの1.5Vに対して1.2Vと低消費電力を実現し、パソコンのバッテリー稼働時間向上にも寄与します。

※ DDR4のバンクグループ

DDR3 SDRAMのメモリーセルアレイは8個のメモリーバンクに分割され、それぞれが一つの入出力バッファーに接続されていました。

これに対しDDR4 SDRAMでは2倍の16個のメモリーバンクに分割され、メモリーバンク4個ごとに一つの「バンクグループ」となっています。
入出力は各グループごとにローカルバッファーが用意されており、さらに一つのグローバルバッファーに接続されます。

異なるバンクグループに連続アクセスすることで、データ転送速度がDDR3の2倍に高まっています。

対応メモリーがすぐに見つかる!

対応商品検索システムPIOお使いのパソコンの型番を入力すると対応メモリーを検索できます。
対応商品検索システムPIO

メモリーの増設方法はこちら

デスクトップパソコンでのメモリー増設方法

このページのトップへ
PC版を表示