お客様への大切なお知らせ

重要なお知らせ:LAN接続ハードディスク「HDL-Uシリーズ」ご愛用のお客様へお詫びと無償点検修理のご案内

重要なお知らせ:液晶テレビ「FTV-320H,321H」をご愛用のお客様へ(重ねてのお願い)

セレクションガイド訂正案内はこちら(2008/11/5)

2008年11月12日

2008年5月21日

  • LAN接続ハードディスク「HDL-Uシリーズ」ご愛用のお客様へお詫びと無償点検修理のご案内

    日頃より弊社製品をご愛用賜り、誠にありがとうございます。

    平成20年4月18日付で経済産業省より公表された弊社LAN接続ハードディスク「HDL-160U」発煙故障に関しまして、調査を進めて参りましたが、結果として「HDL-Uシリーズ」(2006年10月生産終了)の生産製品の一部におきまして、電源ユニット故障の際、故障状態によっては若干の発煙を伴う可能性のあることが判明いたしました。 
    つきましては、対象製品をご使用のお客様に今後も安心してお使いいただくために、下記の要領にて製品の無償点検・部品交換をさせていただきます。お客様には大変ご迷惑をお掛けしますことを謹んでお詫び申し上げます。

    ■対象製品
    型名:「HDL-Uシリーズ」2004年3月~2005年1月 間の生産製品の一部 計18,109台
    以下範囲外の製品は当該問題発生の対象外となりますので、そのままご使用ください。

    <対象製品 製造番号 (シリアル番号) 範囲>

    製品名 シリアル番号範囲 製品名 シリアル番号範囲
    HDL-120U YWB0006001xx ~ YWB0007500xx HDL-160UR Y3E0000001xx ~ Y3E0000100xx
    YWB0011501xx ~ YWB0013000xx HDL-250U YWD0002801xx ~ YWD0004000xx
    YWB1013501xx ~ YWB1015000xx YWD0007501xx ~ YWD0008500xx
    HDL-160U YWC0006001xx ~ YWC0006500xx YWD1010001xx ~ YWD1012500xx
    YWC0006899xx ~ YWC0008500xx HDL-250UR Y3F0000001xx ~ Y3F0000100xx
    YWC0015199xx ~ YWC0017705xx HDL-300U YZE1003301xx ~ YZE1005300xx
    YWC1018711xx ~ YWC1020210xx HDL-300UR Y3G0000001xx ~ Y3G0000100xx
    YWC0020211xx ~ YWC0020710xx
    ※「製造番号範囲」末尾「xx」は任意の英数字となります。

    <製造番号記載位置>
    製品底部ラベルシールの「製造番号」右側に記載された英数字12桁が、製造番号(シリアル番号)です。

    ■問題内容
    上記対象製造番号の製品で、電源ユニットの故障が発生した場合、故障状態によっては実装された部品が発熱する場合があり、それに伴い若干の煙が発生する可能性があります。 なお、これにより発火に至る可能性はございません。

    ■対応内容
    対象の製造番号の製品につきましては、弊社にお預かりし無償点検修理をさせていただきます。


    <無償点検修理お申し込み方法>

    以下のインターネットページより無償点検修理のお申し込みをお願い致します。
    https://wssl.iodata.jp/support/form/hdl-u/

    インターネット環境が無い場合は、以下「お客様相談窓口」へお申込みいただけます。
    無償点検修理お申込み時のお願い
    保存データについて: 作業に際して、ハードディスクに保存されたデータに対する参照・消去等は一切行いませんが、念のため大切なデータにつきましては、製品引取り前にバックアップを行っていただきますようお願い申し上げます。
    点検修理期間について: 製品引取り日から点検修理を完了してお手元にお届けするまで5~10日かかります。
    ■本件に関するお問合せ先
    株式会社アイ・オー・データ機器 お客様相談窓口 0120-977-345
    ※受付時間/9:30~12:00, 13:00~17:00(月~金曜日 祝日を除く)

    お客様にはご心配とご迷惑をお掛けいたしますことを重ねて深くお詫び申し上げます。


2008年4月4日

  • 無線LANルーター「WN-GDN/R」シリーズ IPv6専用ポートの動作に関するお詫び

     日頃より弊社製品のご愛用を賜り、誠にありがとうございます。
    無線LANルーター「WN-GDN/R」シリーズ(下記製品名)におきまして、対応サービスとして案内しておりました「OCNシアター」について、 ご利用いただけない事が確認されました。
    誠に恐れ入りますが本製品シリーズにおきましては「OCNシアター」は対応外とさせていただきます。

    無線LANルーター単体モデル
    WN-GDN/R
    WN-GDN/Rと無線LANカードのセット品
    WN-GDN/R-S
    WN-GDN/Rと無線USBアダプターのセット品
    WN-GDN/R-U

    なお、ご不明な点がございましたら、お手数ですがサポートセンターまでお問合せください。

    お客様におかれましては、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますと共に、今後の再発防止及び更なる品質向上に努めて参りますので、今後とも弊社製品をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


2008年3月18日

  • 無線LANルーター「WN-APG/Rシリーズ」、「WN-WAPG/Rシリーズ」ご愛用のお客様へお知らせ

    日頃より弊社製品のご愛用を賜り、誠にありがとうございます。 この度、無線LANルーター「WN-APG/Rシリーズ」、「WN-WAPG/Rシリーズ」におきまして、セキュリティ上の脆弱性がある事が判明いたしました。

    本製品をご利用のお客様におかれましては、ご案内します方法にて対策を行っていただけますようお願い申し上げます。

    ご使用の皆様には大変ご迷惑をおかけ致します事を謹んでお詫び申し上げますと共に、更なる品質向上に努めて参りますので、今後とも弊社製品をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    ■対象製品
    WN-APG/R、WN-APG/R-S
    WN-WAPG/R、WN-WAPG/R-S
    ■脆弱性内容
    ルーターのシステムセキュリティ設定が「標準」であり、なおかつルーターの設定画面へのアクセスパスワード設定が行なわれていない場合に、悪意のある第三者によりルーターの設定が変更されてしまう恐れがあります。
    ■ご利用のお客様へ対処のお願い
    対象製品をご使用のお客様におかれましては、以下(1)、(2)のいずれかの対策を行っていただき、本脆弱性への対処を行っていただきますようお願い申し上げます。

    (1)ルーターのシステムセキュリティ設定を「標準」から「中」「カスタム」「高」のいずれかに変更してください。

    (2)ルーターの設定画面へアクセスするためのパスワードを設定ください。

    ルーターの「セキュリティ設定」、「パスワード設定」の方法につきましては、製品付属のCD-ROM内「オンラインマニュアル」をご参照いただくか、 下記の手順をご参照ください。
    ■セキュリティ設定、およびパスワード設定の変更方法
    共通
    (1)Webブラウザを起動して以下を開きます。 (本製品のIPアドレスを初期値から変更している場合は、変更したIPアドレスを入力してください。)
    http://192.168.0.1/
    設定画面が開けない場合は http://192.168.1.1/ と入力してお試しください。

     
    システムセキュリティ設定を変更する場合
    (2) 「高度な設定」をクリックし、「システムセキュリティ設定」をクリック、「セキュリティレベル」を「中」「高」「カスタム」のいずれかを選択し、設定ボタンを押します。
    システムセキュリティ設定画面
    パスワード設定を変更する場合
    (2) 「システムツール」をクリックし、「パスワード」をクリック、「新しいパスワード」に新しく設定するパスワードを入力します。(0~15文字) 「パスワードの再入力」に 新しく設定するパスワードを確認のため再入力します。(0~15文字)
    パスワード設定画面



    なお、WN-APG/R ファームウェア1.05J/W以前、WN-WAPG/Rファームウェア2.04以前の初期設定では、セキュリティレベルが「標準」、パスワード無しの状態となり、悪意のある第三者よりWAN側からルーターの設定画面にアクセス可能な状態となっております。
    最新のファームウェアを適用されると、初期設定ではセキュリティレベルが「中」の状態となりWAN側からルーターの設定画面にアクセスできない設定となりますので、ファームウェアのアップデートをお勧めいたします。

    ファームウェアは次のページからダウンロード可能です。
    ファームウェアのバージョンアップ方法は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、解凍したフォルダ内の「必ずお読みください.htm」をご確認ください。

    ◆ご不明な点がございましたら、お手数ですがサポートセンターまでお問合せください。


2008年3月17日

  • ハードディスクレコーダー Rec-POT EX「HVR-HD1000EX」 ご愛用のお客様へファームウェアアップデート開始のご案内

    2008年2月6日発行「I-O PRODUCTS NEWS」、および2008年3月12日発行「I-O PRODUCTS NEWS」にてご案内の内容を更新いたしました。


    日頃より弊社製品をご愛用賜り、誠にありがとうございます。
    2008年3月12日発行「I-O PRODUCTS NEWS 08-PN048」にてご案内いたしました、「ハードディスクレコーダーRec-POT EX「HVR-HD1000EX」ご愛用のお客様へファームウェアアップデートのご案内」でございますが、本日よりファームウェアのアップデートを開始いたします。
    対象製品をお持ちのお客様は、誠にお手数ではございますが下記の手順に従ってファームウェアアップデートをお申込みくださいますよう、お願い申し上げます。
    この度は、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします。
    今後、更なる品質向上に努めて参りますので、引き続き弊社製品をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

    シリアル番号
    ■対象製品
    Rec-POT EX「HVR-HD1000EX」(製品の詳細はこちら
    ■対象品の確認方法
    本体背面のシリアル番号:XTH00000001xx~XTH0000960xx
    (末尾「xx」は任意の英数字)
    ※「XTH0」以外で始まるものは、本件の対象製品ではございません。
    ※Rec-POT EX以外のRecーPOTシリーズ(Rec-POT Rシリーズ等)で問題は発生しません。
    ■ファームウェアアップデートのお申し込み
    <お申し込み手順>
    (1)以下の「ファームウェアアップデートお申込書」(PDFファイル)をダウンロードしていただき、印刷してください。印刷後、必要事項をご記入ください。
    PDFファイルファームウェアアップデートお申込書 (PDFファイル)

    (2)Rec-POT EXにご記入いただきました「ファームウェアアップデートお申込書」を同梱していただき、厳重に梱包の上、以下「修理センター」までご発送ください。
    【梱包のお願い】本製品内部には、精密部品(ハードディスク)が使用されています。梱包は製品箱をご利用いただくか、ダンボール箱に上下左右前後に十分な緩衝材を詰めて梱包をして、弊社着払いの宅配便にてお送りください。
    =発送先=
    〒920-8513 石川県金沢市桜田町2-84
    株式会社アイ・オー・データ機器 修理センター Rec-POT係
    電話番号:076-260-3646

    ※ファームウェアアップデート後、1週間程度で返却させていただきます。
    <保存された番組データについて>
    ファームウェアのアップデート時、保存された番組データは残りますが、輸送時のトラブルや不測の事態による番組データ消失の可能性がございます。
    恐れ入りますが、大切な番組データは別の機器にムーブしてあらかじめ退避してくださいますよう、お願いいたします。
    ■本件に関するお問合せ先
    株式会社アイ・オー・データ機器 サポートセンター
    東京:(03)3254-1036  金沢:(076)260-3646
    ※受付時間/9:00~17:00 月~金曜日(祝・祭日を除く)

2008年2月6日

  • DVDドライブ「DVR-SH20SDシリーズ」、Blu-ray Discドライブ「BRD-M4シリーズ」 パッケージ誤記訂正のお知らせとお詫び

    現在発売中のDVDドライブ「DVR-SH20SD」「DVR-SH20SDB」並びにBlu-ray Discドライブ「BRD-SM4」「BRD-SM4B」一部ロットにおいて、原産国表記に誤りがございました。 お知らせいたしますとともに謹んでお詫びし、訂正させていただきます。製品において仕様・性能の差異は全くございませんので、安心してお使い頂けます。
    ■対象製品…DVR-SH20SD、DVR-SH20SDB
    ■誤記箇所…各製品パッケージ裏面部分、原産国表示
    ■誤記内容…<誤> 原産国 MADE IN KOREA ⇒<正> 原産国 MADE IN CHINA
              
    2007年12月出荷時より、パッケージ表記に誤記。
    ■対象製品…BRD-SM4、BRD-SM4B
    ■誤記箇所…各製品パッケージ裏面部分、原産国表示
    ■誤記内容…<誤> 原産国 MADE IN JAPAN ⇒<正> 原産国 MADE IN CHINA
            2007年12月より出荷した一部ロットにおいて、「MADE IN JAPAN」表記のパッケージに、
            誤って中国製ドライブを梱包したものが市場に流出。




2008年1月28日

  • 液晶ディスプレイ「LCD-AD241Xシリーズ」製品ページおよびポケットガイド誤記訂正のお知らせとお詫び

    2008年1月23日発表の液晶ディスプレイ「LCD-AD241Xシリーズ」の製品ページ、ポケットガイド、製品リストにて
    以下のような誤記がございました。お知らせするとともに謹んでお詫びいたします。
    http://www.iodata.jp/news/2008/01/lcd-ad241x_owabi.htm

    ■訂正内容 「LCD-AD241Xシリーズ」の製品ページおよびポケットガイドにおいて、PCグリーンラベル(2007年度版)に
    適合と表記しておりましたが、誤記となりますのでPCグリーンラベルの表記を削除いたしました。
    ■訂正箇所 製品ページ上部
    製品ページ上部

    製品ページ仕様部分
    製品ページ仕様部分

    ポケットガイド、プロダクトニュース仕様部分
    ポケットガイド、プロダクトニュース仕様部分

2007年12月21日

  • データバックアップソフトウェア「イージーセーバー3.0(E-SAV3)」、
    「イージーセーバー3.0LE(E-SAV3LE)」および「イージーセーバー3.0Pro(E-SAV3PRO)」の
    大切なお知らせとお詫び


    弊社データバックアップソフトウェア「イージーセーバー3.0(製品型名:E-SAV3)」、「イージーセーバー3.0LE (製品型名:E-SAV3LE)」
    および「イージーセーバー3.0Pro (製品型名:E-SAV3PRO)」におきまして、特定の使用設定を行うとパソコン本体のハードディスクにある
    一部データを消去する可能性のある事が判明いたしました。

    本不具合は、2007年12月27日に予定しておりますソフトウェアバージョンアップで解消予定となっておりますので、
    アップデート対処を行っていただきますようお願い申し上げます。  なお、バージョンアップを適用するまでの間、
    安定して製品をご利用いただくための具体的な設定方法も下記に併せてご案内いたしますので、
    本製品ご利用のお客様におかれましては、本手順にて設定をご確認いただけますようお願い申し上げます。
    ご使用の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたします事を謹んでお詫び申し上げます。

    http://www.iodata.jp/news/2007/12/esav3_owabi.htm

    ■1.対象製品
    「イージーセーバー3.0」(型番:E-SAV3) バージョン 3.00~3.02
    「イージーセーバー3.0LE」(型番:E-SAV3LE) バージョン 3.00~3.02
    「イージーセーバー3.0 Pro」(型番:E-SAV3PRO) バージョン 3.00~3.02

    以下のイージーセーバー製品は、当該の不具合は発生いたしません。
    イージーセーバー、イージーセーバーLE、イージーセーバー2、イージーセーバー2LE、イージーセーバー2Pro、イージーセーバーPro2005
    ■2.不具合内容
    以下のいずれかの条件設定を行った場合に、パソコン本体のハードディスクCドライブ上の一部データが消去されてしまう可能性があります。
    【条件1】
    バックアップジョブ設定を初期設定から「フルバックアップ」かつ「バックアップの世代数指定」を行った場合
    【条件2】
    バックアップ保存先に書き込みの出来ないドライブを指定した場合
    ※書き込みの出来ないドライブの例: DVD-ROM、クローズ処理をしたDVDメディア、
    読み取り専用に設定されたハードディスク/ネットワークドライブ ほか
    ■3.ご利用のお客様へ対処のお願い
    【2007年12月21日~27日】
    既にご利用のお客様におかれましては、以下の設定確認手順にしたがって、早急に対処いただけますようお願いいたします。
    ・設定確認手順 「イージーセーバー3.0 バージョン3.00~3.02ご利用時のお願い」

    【2007年12月27日以降】
    弊社サポートライブラリに掲載されるアップデータを適用いただきますようお願いいたします。
    ・サポートライブラリアドレス http://www.iodata.jp/lib/ (2007年12月27日公開開始予定)
    ■4.本件に関するお問い合わせ先
    ご不明な点などがございましたら、以下の窓口までお問い合わせください。
    「イージーセーバーお客様専用窓口」 TEL:0120-977-345
    受付時間: 9:30~12:00、13:00~17:00
    営業曜日: 月~日曜日 ・・・2008年1月6日迄 (ただし2007年12月31日~2008年1月3日は休業)
    月~金曜日 ・・・2008年1月7日以降
      ※専用窓口のため、本件以外のお問い合わせはお受けできませんので、予めご了承ください。
    お客様にはご心配とご迷惑をお掛けいたしますことを重ねて深くお詫び申し上げます。

2007年12月4日

  • セレクションガイド2008年1月号 ノートパソコン対応情報ページ誤記のお知らせとお詫び
    弊社発行「セレクションガイド2008年1月号」(2007年12月3日発行)におきまして、ノートパソコン対応情報ページに以下の誤記がございました。
    多岐のページにわたる誤記となり、皆様には大変なご迷惑をおかけいたしますことを、謹んでお詫び申し上げます。

    訂正済みの「セレクションガイド1月号訂正版」を12月10日より順次発送させていただきますので、
    お手元の「セレクションガイド1月号」は破棄していただきますよう、お願い申し上げます。

    http://www.iodata.jp/news/2007/12/sg200801_owabi.htm

    ■誤記内容
    セレクションガイド本文63ページ~118ページ 内蔵HDD対応型番
    <誤>
    左から
    HDI-SAH7シリーズ、
    HDI-H7シリーズ(160GB~)と表記
    <正>
    左から
    HDN-SAH5シリーズ
    HDN-H5シリーズ となります

2007年11月7日

  • 無線LANルーター「WN-G54/R3」シリーズ パッケージ誤記のお詫びと
    ファームウェアアップデート対応のお知らせ

    無線LANルーター「WN-G54/R3」シリーズ(下記製品名)の一部出荷品におきまして、製品パッケージに誤記のあることが確認されました。
    お客様におかれましては、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
    本機能に対応可能となりますファームウェアのアップデートプログラムにつきまして、本日より公開を開始いたしますので、
    同機能をご利用のお客様はアップデートしていただきますようお願い申し上げます。
    今後はこのような誤記を発生させぬよう、十分に注意して参ります。引き続き、弊社および弊社製品ご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

    http://www.iodata.jp/news/2007/11/wn-g54r3_info.htm

    1.対象製品名
      WN-G54/R3 (ルーター単体モデル)
      WN-G54/R3-S (WN-G54/R3と無線LANカード 「WN-G54/CB3L」のセット品)
      WN-G54/R3-U (WN-G54/R3と無線USBアダプター 「WN-G54/USL」のセット品)
    2.対象範囲
      2007年7月以降に出荷いたしました製品となります。
    3.誤記内容
      以下写真のように、本ファームウェアアップデート適用前には対応していない「MACアドレスフィルター機能」について、対応している旨の表記となっております。
    4.ファームウェア アップデートプログラム
      以下のリンク先よりプログラムをダウンロードして、ファームウェアのアップデートを行ってくださいますようお願い致します。
      WN-G54/R3 WN-G54/R3-S WN-G54/R3-U

2007年9月10日

  • セレクションガイド10月号 誤記訂正のお知らせとお詫び
    弊社「セレクションガイド10月号」(2007年9月6日発行)におきまして、メモリーの対応に以下の誤記がございました。
    お知らせいたしますとともに謹んでお詫びし、訂正させていただきます。

    お手元のセレクションガイド10月号につきましては、該当箇所をお読み代えくださいますよう、お願い申し上げます。
    http://www.iodata.jp/news/2007/09/sg10_owabi.htm

    ■誤記内容
    セレクションガイド本文216ページ「プリンター用メモリー対応表」NEC
    「PR-L8200、PR-L8200N、PR-L8400N、PR-L8500N」の対応メモリー
    <誤>
    SDIM133-128MZ/S256MYおよび
    LP-SDIM133-S256Mが対応と表記
    <正>
    SDIM133-S256MYおよび
    LP-SDIM133-S256Mが対応
    (SDIM133-128MZは対応しておりません)

2007年7月4日

  • DVD製品パッケージ誤記訂正のお知らせとお詫び
    DVR-AM16CV」、「DVR-AM16CVB」、「DVR-UM16CV」の3製品のパッケージに以下の誤記がございました。
    ご案内いたしますとともに、お詫び申し上げます。


    http://www.iodata.jp/news/2007/07/m16cv_owabi.htm

    ■対象製品…DVR-AM16CV、DVR-AM16CVB、DVR-UM16CV
    ■誤記箇所…各製品パッケージ天板部分、2層DVD-Rの書き込みスピード
    ■誤記内容
    <誤>
    2層-R 書き込み 8倍速
    <正>
    2層-R 書き込み 4倍速

2007年4月17日

  • 総合カタログ5・6月合併号 誤記のお知らせとお詫び
    総合カタログ5・6月合併号におきまして、以下の誤記がございました。
    ご案内いたしますとともに、お詫び申し上げます。


    http://www.iodata.jp/news/2007/04/catalog.htm

    ■誤記箇所:P.1 「メモリー」ページ

    Windowsのデスクトップ用メモリー「DDR SDRAM」の
    製品型番DR400シリーズにおきまして、仕様アイコンが間違っておりました。

    仕様アイコン
     
     

     

2007年1月30日

  • クリエイティブ社商品 インナーイヤー型イヤフォン「Creative EP-630R2」
    PRODUCTS NEWS 誤記訂正のお知らせとお詫び


    2006年12月20日発行「I-O PRODUCTS NEWS 06-PN250」にてご案内いたしましたクリエイティブ社製インナーイヤー型イヤフォン「Creative EP-630R2」(弊社取扱商品)につきまして、ご案内いたしました製品仕様に以下の誤記がございました。
    お知らせいたしますとともに謹んでお詫びし、訂正させていただきます。
    (該当のI-O PRODUCTS NEWSにつきましては、正しい情報に訂正済みです。)


    ■誤記箇所
    製品仕様欄の「周波数特性」「インピーダンス」「音圧感度」の3箇所
    正しくは以下の<正>の値となります。

    <誤> <正>
    周波数特性 20Hz~20kHz
    インピーダンス 32Ω
    音圧感度 113dB
    周波数特性 6Hz~23kHz
    インピーダンス 16Ω
    音圧感度 106dB
    お客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

2007年1月23日

  • 液晶テレビ「FTV-320H」および「FTV-321H」をご愛用のお客様へ
    お知らせとお詫びを掲載いたしました。

http://www.iodata.jp/support/info/2007/ftv/


お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】