電波が届かない時には中継機を使う

無線LAN(Wi-Fi)ルーターを設置している部屋以外の場所でネットをつなぐ際に、つながりにくい、スピードが遅い、といったことはありませんか?そうした時に便利なのが無線LAN(Wi-Fi)中継機です。

無線LAN(Wi-Fi)中継機で電波がさらに遠くまで届く

無線LAN(Wi-Fi)の電波をさらに遠くまで届けられるのが無線LAN(Wi-Fi)中継機です。今まで電波が弱いため、無線LAN(Wi-Fi)が使えなかった部屋でも快適にネットを利用できるようになります。

図:Before/After

ワンプッシュで簡単に親機とつながる

WPSボタンを使えば、親機(無線LANルーターやアクセスポイント)と中継機のペアリング(接続設定)もボタンを押すだけで設定できます。親機の設定情報(SSIDと暗号キー)をそのまま中継できるので、もともと親機に接続していたスマホやパソコン、ゲーム機など子機側の再設定は必要ありません。

図:ワンプッシュで簡単に親機とつながる

目的に合わせてさまざまなラインアップをご用意

高速なモデルやコンセントに直接挿すモデルなど、様々なモデルをご用意しています。
無線LAN中継器の一覧はこちらをご確認ください。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】