有線LANの主な特長

パソコンでインターネットをしたり、ネットワークを構築する一番基本的な方法が「有線LAN」です。
ケーブルをつなぐだけのため、手軽で安定した通信が特長です。

有線LANとは

パソコンでインターネットをするには、回線契約時に設置業者が設置した機器(回線終端装置(ONU)または加入者網終端装置(CTU)など)と、有線ルーターとパソコンをLANケーブルでつなぐ必要があります。このLANケーブルを使った接続方法が「有線LAN」です。

文字通り「線」でつなげているので、有線ルーターとパソコンの距離が遠い場合などは、部屋の隅にケーブルを這わせるなどして配線します。
異なる部屋をネットワーク接続する場合にはあまり向きませんが、ドアなどの狭い隙間に通すためのフラットなLANケーブルも販売されています。

図:有線LANの接続イメージ

ルーターとパソコンの距離分の長さがあるLANケーブルが必要になりますが、高速で安定した通信を行うことができます。
また、無線LANと違ってケーブルでつながったパソコンだけが通信可能になるため、セキュリティを気にする方にもおすすめの方法です。

ルーターのインターネット設定もカンタン

有線LANの場合、有線ルーターとパソコンを直接ケーブルでつなぐだけなので、接続がとても簡単です。アイ・オーのルーターなら回線を自動判別して設定も自動で行うので、かんたんにインターネットに接続できます。

図:有線LANの設定手順
図:有線LANの設定手順
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】