無線LANの特長

パソコンだけでなく、ゲーム機やスマートフォンなど、さまざまな機器をワイヤレスでインターネットに接続できる無線LAN。
移動や持ち運びの多い機器に最適な接続方法です。

無線LANの特長

LANケーブルを使わずに、無線での通信を使ってパソコンとルーターをつなぐ方法が「無線LAN」です。
配線がいらないため、 電波が届く範囲なら家じゅうどこでもインターネットができるようになります。

図:無線LANと有線LANの接続の違い

家のインターネット環境を無線LANにするためには、回線終端装置(ONU)または加入者網終端装置(CTU)などとパソコンとの間に、それぞれ親機(発信側・ルーターまたはアクセスポイント)と子機(受信側・アダプターまたはコンバーター)のセットが必要です。

ノートパソコンには最初から子機が内蔵されているものもあるので、 その場合は子機の無線規格に対応している親機を購入することで、無線LANでの通信ができるようになります。
デスクトップパソコンや無線子機が内蔵されていないノートパソコンの場合は、別途無線LAN子機を購入して取り付けすることで、無線LANを利用することができます。
無線LAN子機製品一覧

バリアフリーな無線LAN

無線LANの最大のメリットは、配線が必要ないこと。ケーブルで物理的につなぐ有線LANと違い、部屋の中に長いケーブルをはわせる必要がありません。
また、ネットブックやノートPCもケーブルを引きずることなく持ち運ぶことができるので、 床の配線につまづいて悔しい思いをすることもありません。

さらに、iPhoneをはじめとしたスマートフォンも、無線LANに対応しています。
ネットを見たり、動画などサイズの大きなデータのダウンロードをするには、高速な無線LAN環境は必須といえます。

有線LANに比べると、コンクリートや鉄の壁は電波が届きにくいなどのデメリットもありますが、 家じゅうのパソコンや対応機器が配線なしでインターネットにつながるメリットは大きいはず。
ただし、必ず親と子がセットになっていないとその役割を果たせないのでご注意を。

無線LANのいろいろな規格

無線LANには、周波数の帯域や特長の違いから転送スピードの違ういくつかの規格があります。

それぞれの規格の特長を知ることで、ご利用の環境で無線LANをより快適に使うことができます。

無線LAN規格の違い

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】